2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2011年6月19日 最悪のテナガ釣り

 【26//2011】

前回の沖堤防釣行から2ヶ月後、そういえばそろそろ手長の季節じゃん!とふと気が付き、行かないけど今年はどんな状況なんだろうと思ってなんとなく今年の状況を調べてみると…今年の旧江戸川は去年以上に好調らしいじゃないですか!
これはもう
          _,,,,,         ―― |_| |_| >
         /川川ハ        | l ̄ | |    ノ   勉
        ///川川lト、      |_| 匚. |   \   強
       (ゞ川从川/_,―' ̄ヽ    | |   ノ    な
     __>ームヾ ̄(  _-、 |  |_|   \   ん
    /   |       y-  ノ_|       <   て
    '-,,_ |        |  ムkノ) l_ll_l ,-, )  し
       "|        |       // /   て
        |         |     匚/   ̄ヽ   る
       |     ___ |              ノ   場
       r―――"    ‐|  \\     \   合
       |          /     \\   <   じ
       人     乂  /       \\ ノ   ゃ
ニヽ   /  |    ヾ /    ___―― ̄    ね
__\ /  /|     l         ̄ ̄―――__  ぇ
     / /  \\  ヾ                 ν、
 ̄弋二/ ̄|   \\  \   \\            V⌒
 ̄ ̄\\\ ̄\  \\  \    \\
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|   "―_从从     \\
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\    |   ζ      \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|    ヾ  \\       \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\\ ̄フ \\ \\
というわけで、前からテナガエビを釣りたい!と言っていたおなじみやまじっちとたかかずと共に僕のテナガエビのHGである国府台テトラに行くことになりました。

テナガエビは本来夜行性なので朝早く行った方が好釣果を望めるのですが、今回は朝早く行くのはやめてくれという強い要望があったので、10時ごろ日暮里に集合していくことにしました。ちなみに重要な潮位ですが、ここの場合水門が開いていなければあまり変わらないので、僕は潮位は参考程度にしてあまり気にせず釣行します。
ちょっと遅れ、朝10:10に集合完了。そのあと京成線に乗り10:40頃国府台とうちゃ~く。相変わらず寂れた感じでとてもいい雰囲気の駅です。

IMGP2040.jpg

さらに駅から10分歩き釣り場に到着。が!端から端まで等間隔に釣り人が入っておりその間隔が入れそうで入れないスペースなので入れねぇーー!!もうチョイ他人のことを考えてほしいものですが…。
そして探すこと5分、なんとか一番奥の方に少しだけスペースがあったのでそこで釣りをすることにしました。

IMGP2023.jpg

IMGP2034.jpg

しかし、そこは僕の一番嫌いな場所でいままであまりいい思いをしてないし護岸をコケが浸食しまくっておりかなり滑りやすい場所なのです。まあ、ここしか空いてなかったからしかたないですが…。
くよくよしてられないので早速釣り開始。
ちなみに釣りを早く始めるために仕掛けは事前に作っておきました。なんという天才的な考え!!(←ごめんなさい、調子乗りました)
まずはやまびっちとたかかずに探り用短のべ竿を渡し、テナガエビ釣りのノウハウを伝授。しばらく様子を見てみると二人ともしっかりと釣り方がさまになっており一安心。

IMGP2022.jpg

そしてしばらくすると、やまびっちが手長を釣りあげました!

IMGP2026.jpg

早速針の取り方を教えてあげたのですが、めんどくさいという理由で完全に人任せ。今回が最後と条件付きで針はずしとエサつけを変わりましたが…いい加減甘えるなよ?!
さて、やっとやまびっちの世話も終わったので僕は210cmののべ竿を置き竿にしてテナガエビをねらいます。しかし、1本だけでは心細い気がするので予備で持ってきた210cmのリール竿も置き竿にするべく仕掛けを作ることにしました。1本は天秤仕掛けの脈、もう1本はウキです。
早く作って早く釣りしよ♪と思いながら、黙々と仕掛けを作っているとまたまたやまびっちがテナガエビを釣って針を取ってとご注文。しかも糸が絡まっていたので、それをほどく作業も追加で注文されイライラ度10ptUP。
でも怒るのをぐっと我慢し解いてあげることに。しかし随分と複雑に絡まっており20分経ってもほどけず…。
結局、道糸から切って仕掛けを1から作り直すことになってしまいました…。(ちなみに、その間やまびっちは予備で持ってきた探り竿で5匹くらい釣ってほくほくしており僕のイライラ度をさらにUPさせました)
やっと解き終わり今後こそ仕掛けを作ろうと思ったら、今度はたかかずがテナガエビを釣り、陸に揚げた瞬間何故かウキのゴム栓が破れしかもテトラに擦りつけて傷つけてたのかハリスまでプツン…。
たかかずは釣りは2回目なのでしょうがないのですが、さすがにこのタイミングでやられるとイライラ度がUPします。
たかかずの方の作業も終えやっと仕掛けつくりに専念できると思ったら、この後も定期的に結構な頻度でハリスを切られたり、餌付けをさせられたり、針を外させられたりして全く釣りをさせてくれません。
考えてみるともうすでに1時間半経っているのに、まだ一回も竿さえ出してないことに気付きました。このままでは釣りができずボウズになると思ったので新たな仕掛けを作るのを諦め、僕も探り竿で急いで参戦。
そして10分くらいで沖側のテトラの切れ目で14cmくらいのテナガを釣り、なんとかボウズを回避して一安心。
やまびっちとたかかずは全然釣れてないし、今しかない!と思ってさらに数を増やそうと仕掛けを落とします。10分…あれ?おかしいな?…20分…あれもうこの辺掘り尽くしちゃったのかな…(場所を大幅に移動)…30分…ここも釣れな…すごいいい穴なのに//

IMGP2030.jpg

結局2落とし目以降30分探ってみたものの何も釣れず…どうやら釣れるよタイムが終了してしまったようです。しかもいつもここで釣りをするたびに非常に腹を立たさせてくれるジェットスキーの往来がちょうどピークになり波が5分毎にくるので、もはや釣りなんてできる状態ではなくなってしまいました。

IMGP2024.jpg
広い川なのに何故かテトラの周辺を往来します。こちらが釣らせて頂いてるとはいえせいぜいあと300m隣でやって頂きたい…。

ここまで合計で10匹前後しか釣れておらず、おかずにするにはまだまだ少ない量なのでテナガエビも取れるのかという実験がけら秘密兵器を投入~。その秘密兵器とは度々登場して頂いてるお魚キラーさんです!

IMGP2031.jpg

お魚キラーを沖側のテトラの境に投入し、しばらく放置。僕は先ほど断念した仕掛けを作ったり、自作の胴付き仕掛け&投げ仕掛け等を作って待っていることにしました。
やがて結構時間がたち、わくてかしながら引きあげてみるとお~~~~~~~い!何もいねぇーじゃねーか!!
かなり期待して待っていただけにショックはかなりにもの、まあ実験という名目で投入したんですけどね。結局、その後も投入しては上げを繰り返したのですが何も掛からないのでお魚キラーを撤収。これからしばらくは探ってみてもなにも釣れなさそうなでひとまず休憩することにしました。

IMGP2029.jpg
休憩中見つけたカナヘビ。こんなに接写できるとは思わなかった…。

休憩しながらこのままでは1匹だけで終わってしまうのではないかと思っていたとき、やまびっちとたかかずに連続HIT。周りの人も、釣れ始めたようで釣れるよタイムが再来した様子。
僕も急いで探り用の竿を用意したのですが、またやまびっちが来てエビを取れ餌をつけろとご注文。せっかく釣れはじめたのにお前は俺に釣らせないようにしているのかと心の中で思い、僕のイライラ度もMAX寸前まで行きましたがぐっと我慢しやまびっちのご注文通りにしてあげました。すると、ウキウキしながらじゃあ~また釣ってる来ると言いながらかなりご機嫌な様子でご出征。
僕は、あ~むかつく!とか思いながら、テトラの上に立ち探り用のウキ下を調節していると突然ボッチャ~~ンという音とともに痛ってっっ~という声が後ろから聞こえてきました。
なんだ??と思い振り返ってみるとそこには一番滑りやすかったテトラから隙間に落ちたやまびっち君の姿が。
それを見た瞬間、僕は

__o
  / ―|―" __
 /  ̄| ̄ ヤ  ツ

     ( ^Д^)
    /⌒ /
    (ぃ9 |
    /  ∧
    /  ∧_二つ
   |  \
   / /~\ \
   / /  > )
  / ノ  / /
 / /   / /
`/ /   ( 丶
( _)    \_)

   _     _
  (ぃ9(^Д^) 9ぃ)
  | L| ⌒V /
   \_/  ヽ_/
 ___/   /
(  ___ |
 \ \  \ \
  丶 )  > )
  (ノ  / /
     ( ヽ
      \ノ


     /ヽ                 
     /   .ヽ               /.゙、
   /     ゙、             ,/`   ヽ
  ,/`      ヽ           ,/     .ヽ
  ,:'         ゙l             /゙   、   ヽ
.,,:'          一--.-,,,,,,,、 ,/  .,,i´     ヽ
,:'    _,、-‐、、、         `"   .,/       ヽ
/    -゛.__ ○ ヽ            ‘''ヽ、      ゙i、
l゙    `^ `゙''-、!               ゜       ゙l,
|         `        ,-''''"''ヽ、          |
!      、           ´…-、○ ヽ            |
!     .|ヽ              ゙ヽ .|          l゙
゙,     | `'-,_             `          l゙
゙l     .l゙   `"―---、、---ー フ             l゙   
ヽ    ヽ +             ,,′               l゙  プギャーーーッ
  `-    \,_   + + _,,/`          ,"
    `'、、    `"…、--ー‐″           ,,/′
      \::     / ̄ ̄^ヽ         丿
             l      l
       _ /,--、l       ノ
   ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l
  ,/   :::         i ̄ ̄  |
/          l:::    l:::    l
l   .   l     !::    |:::    l
|   l   l     |::    l:      l
|   l .   }    l:::::,r-----    l
ヽ  :l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /


と言いかけたのですが、なにやら大変な状況…。全身が動かないようでたかかずの手を借りてやっと抜け出せるようなレベルでした…。僕は、浅いから大丈夫だろうと思っていたのですが‥。
しばらくテトラから出ようと頑張りやっとテトラから脱出したと思ったら、そのままビニールシートに直行し倒れこみました。それでもまだ痛い痛い言って脇腹を押えていたので脇腹を見てみると、本当に洒落にならないあばらを骨折してても可笑しくないレベルの傷が…。
とても釣りをしているような状況ではないですぐに終了しやまびっちの看病をしたのですが、やまびっちは一人で寝てるから釣りをしていてよいと言います。それでも、とてもほっとけるような状況ではないので一応、持ってきた消毒薬で消毒。
しかし、僕たちにできるのは消毒だけ…。とりあえず1時間半ほど様子を見たのですが、それでもすごい痛そうにしており病院に行くにもこのままでは立つこともできない感じだったので♯7119という救急車を呼ぶべきかどうかを救急センターに相談できるところに電話しようかとも思ったのですがやまびっちはなんとか歩けるとのことだったので、3時ごろ釣りを終了しやまっびに早く病院に行ってもらうべく早急に帰路に着きました。
次の日やまびっちに結果を聞いてみると、なんと骨折もなくただの打撲だけだったそうです。脇腹を思いっきりテトラにぶつけたのに、打撲だけとかさすが柔道家!しかも携帯や財布等は万が一に備えて、ビニールシートの上に置いてたので被害は洋服だけで済みました。運良すぎだよ、やまびっち君!

今回の釣行、たかかずにとってはそこそこ釣れたので良かったかもしれませんが、僕にとっては仕事をいっぱい任され自由に釣りできずイライラが溜まったばかりでなく小型の1匹しか釣れず、やまびっちにとってもテトラから落ちたので最悪だったともいます。結局3人で13匹しか釣れませんでしたし、正直行かない方がよかった…。
今年はもうテナガ釣りにはいけませんが、来年はこんな釣行にならないようやまびっちがくるなら事前に自分でやれと忠告し、朝早く行って滑らない場所に陣取りたいと思います。
それと釣ったテナガですが半分以上が死んでいたので隣で竿を出していた年配の方に差し上げました。その方はすでに50匹くらい釣っており、聞けば朝方の釣れたそうな。やはりテナガは、朝早く行くに限りますね。
最後に、この場を借りてやまびっちに一言。落ちたとき m9(^Д^)プギャー とか思ってすみませんでした!!


本日の釣果《3人の合計》( )はcocoが釣った数
テナガエビ (10~15cm) 13匹(1匹)
IMGP2035.jpg
かなり見にくいですが、今回の釣果です。

本日の記録
場所:国府台テトラ先端部
時間:11:00~13:30
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均21.4℃ 最高25.0℃ 最低19.1℃
水温:不明
湿度:平均75%
風向:南
風速:平均風速8.4m 最大風速6.5m 最大瞬間風速2.9m
潮:中潮 満潮6:16/19:55 干潮0:49/13:05
2011619.png

本日の仕掛け
●ウキ1(OWNER 手造り浮子トップウキ85/OWNER 手長エビ針2号≪ハリス付き≫)
●ウキ1(メーカー不明 玉ウキ/SASAME 手長エビ2段針2号≪ハリス付き≫)
●ミャク(misaki やじろべえ天秤/OWNER 手長エビ針2号≪ハリス付き≫)



ブログランキング参加中
↓ポチッっと押してほしいなの。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

※今回はAA(アスキーアート)を導入しました。僕のPCではちゃんと表示されていますが、PCによっては訳のわからない表示になっている可能性がありますのでご了承ください。

次回:第3回一緒に釣りしましょう会in青海南ふ頭公園
UP予定日:未定
大変遅くなり申し訳ありません。

スポンサーサイト

Category: 川釣り

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年8月14日 2回目の手長釣り

 【24//2010】

更新遅くなってごめんなさい。今の時期は新学期の準備やら友達との交流やらで結構忙しいのでしばらく更新遅れることが続くと思いますが遅れても必ず更新しますので、多めに見てください。よろしくお願いします。

前日のハゼ釣りで餌が9割5分くらい余ってしまいとてももったいなかったので、次の日に一緒に伊豆旅行に行った高校の友達2人(以下KUMATA、トシ)と国府台テトラへテナガエビを釣りにいってきました。
朝6時半に大塚駅に集合して、8:00頃国府台テトラに到着。
釣り座は、前回の釣行で釣った場所が結構魚影もといエビ影が濃かったのでもう一度そこに構えることにしました。
今回は3人で4本の竿を出し3本はウキで残りの1本ではじめて挑む手長専用のやじろべえ天秤でやってみることに。
KUMATAとトシは海釣りはよくやるもののテナガエビは初めてとのことなので、まずは仕掛けを作ってやり軽く説明をしてからやってもらうことにしました。
釣りを始めたときは満潮でテトラがあまり露出しておらずまだ期待できないかもと思っていましたが、10分後トシがテトラの隙間に入れておいた仕掛けを上げたところ早くも手長エビが掛かっていました。
DVC00105.jpg
なかなか幸先の良いスタートに一同、やる気UP!
ちなみにファーストヒットは15cm程の♂のテナガエビでした。
続いて15分後、僕のウキがモゾモゾと動いたのでしばらく放置してるとク、ク、グ~ンと沈んだので上げたところ20cm程の大きい♂が掛かっていました。
前回の時に比べると釣れるものが大きいです。
さらに15分後、今度はKUMATAにヒット!しかしこれはダボハゼ・・・。
しかしKUMATAは諦めず同じところを丹念に探った結果、10cm弱の♀の手長を釣りあげました。
この後も続けて釣るぞ!と一同意気込んだのですが、KUMATAが釣りあげた手長を最後に本命はお休みモードに。
その代わりにダボハゼの猛攻を受け、ダボハゼが入れ食い状態・・・。
これはまずいと思い一旦竿をすべて上げ昼食を食べることに。
1時間後、昼食を食べ終え再開したところダボハゼは掛からなり手長がポツポツと掛かるようになりました。
しかし手長の当たりもまたどんどん遠ざかり30分~1時間に1匹釣れるか釣れないかくらいになってしました。
でも竿をあげると餌がなくなっているか減っている・・・。
これはもしかすると当たりが小さく今使っているウキの浮力では、当たりが出ないせいでは?と考えさっきのダボハゼの猛攻で上げたまま放置していたやじろべえ天秤を使ってやってみることにしました。
このやじろべえ天秤はミャク釣りの要領で釣るのですが、普通のミャクよりも当たりが大きく出るらしいのです。
ウキ釣りとは違い、テトラの小さい隙間にも入れられる事が出来るのでウキで狙えなかった場所を狙います。
すると・・・5分後まるでダボハゼの大きいのが掛かったような強い当たりがありました。
どうせダボだろうなと思いながらも半分期待して上げてみると、なんと超BIGな♂の手長が掛かっていました。
大きさは、はさみも入れると実に23cm!!こんな大きいのは初めてです。
DVC00108.jpg
23cmの手長を釣った後はすっかりこの天秤仕掛けにはまり、ウキはトシやKUMATAに任せずっとミャク釣り。
しかし、この1匹以外には小ぶりな抱卵していたメスが釣れただけで天秤仕掛けにも当たりが遠のいてしました。
結局こっちの天秤仕掛けを置き竿にしまたウキ釣りに変更。
前回といい今回といい、当たりが頻繁にある時とまったくないときの波があるので今回もまたしばらくするとまた当たりが来るだろうと目論でいたのですが、2時間たっても完全なお休みモード・・・。
しかも前回のときは正午当たりから釣りを終える18:00くらいまで潮がずっと引いて殆どのテトラがかなり露出したのですが、今回は11:00頃から引いて殆どのテトラの頭が少し出るくらいになった14:00にはなぜかもう満ちてきてしまったのでこれ以上の釣果は望めないと思い、少し早いですが16:30頃納竿することにしました。
DVC00107.jpg
一番潮が引いてたとき前後のテトラの露出状況。前回と比べてかなり高いことが分かる
納竿後、キープした手長エビの数を数えてみると18匹で、これに抱卵のため逃がした3匹の手長を合わせると合計21匹。
全体的に当たりが少なかったものの終わってみると結構釣れてました。しかも前回のときに比べると型物が大分多かったので今回は今回で満足です。
時期的に今期の手長釣りはこれで最後かな・・・来期も受験だから行けるわからないけども。

本日の釣果
テナガエビ (10~23cm)    21匹
ヌマチチブ   (5~8cm)  10匹前後
DVC00106.jpg
キープした18匹

本日の記録
場所:国府台テトラ
時間:8:00~16:30
エサ:アオイソメ
天気:時々
気温:最高31℃ 最低24.8℃
風向:南南西
風速:最大瞬間風速10.3m 最大風速5.2m 平均風速2.7m

本日の仕掛け
●ミャク(misaki やじろべえ天秤・SASAME エビ針2号《ハリス突き》)
●ウキ(SUZUMI 玉ウキ・SASAME 袖針2号《ハリス付き》)


ブログランキング参加中
↓クリックして応援よろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 川釣り

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年6月20日 今年初の手長釣りin国府台テトラ 

 【27//2010】

最近、更新が遅れてごめんなさい・・・。なるべく早く更新しようとは思っているのですが、忙しくてなかなか更新できません。まぁ少し余裕ができる日もあったのですが、その日(23日・水曜日)は月島の方へ釣りにいってしまいました(笑)。しかしいつまでもためるわけにはいかないのでこの3日のうちで溜まっていた分をまとめてUPしようと思います。もし遅れてしまっても許してくださいねm(。≧Д≦。)m

前々から川越の魚人さんと約束していた手長エビ釣りに20日に行ってきました。本来、僕と川越の魚人さんだけの予定でしたが、前日の学校でよく一緒に釣りに行く友達に「明日手長エビ釣りに行ってくる~」と話したところ、横で聞いていた釣り初心者の友達が「俺も行きたいな~」とかいうので、川越の魚人さんに相談したところ、「友達ご一緒でもかまいませんよ~」と優しい一言を言って下ったので一緒に連れていくことにしました。というわけで今回も前回のうみかぜ公園釣行同様、川越の魚人さんと僕の友達(以下とっぺと表記します)と3人での釣行です。
朝7:00に大塚駅に集合し日暮里で京成本線に乗り換え、8時少し過ぎに国府台駅到着。そこから歩いて10分ほどで国府台テトラ到着です。
IMG_9777.jpg

IMG_9788.jpg
なんという駅近釣り場!こういう釣り場は大好きです。たくさん釣れればもっと好きになりますけどね(笑)。
テトラの水門近くに釣り座を構えることにしました。手長なので簡単なウキ仕掛けを作り早速釣り開始。川越の魚人さんは竿2本、僕らも計2本で挑むことにしました。今回の餌はバリエーション豊かに、サシ・アオイソ・カニカマ・練り餌の計4種を用意。さてなにが一番釣れるかな~。ちなみに釣り初心者のとっぺには僕の竿・仕掛けを貸してさらに釣り方をレクチャーしてから釣りをはじめてもらいました。
釣り開始から10分後、とっぺが荷物を整理するんでおきっぱなしにしていた竿をあげてみると中型のオスの手長が釣れていました。どうやら手長はいる様子。とりあえず釣れてよかったです。この1匹のおかげで俄然やり気がでてきました。
しかし、このあとはあたりがあるもののなかなか針掛かりしてくれません・・・。手長の当たりはウキが一気に沈まずグン、ググン、ググググググンと沈む場合が多くこの最終段階になったらゆっくりあげれば大抵は掛かってくれるのですが、今回は最終段階で上げても針が外れてしまいます。
そんなことを僕らが繰り返していると、隣で川越の魚人さんが本日2匹目の本命をGet!しかもこの後も立て続けに2匹、3匹とGet!さすがは川越の魚人さん・・すごいです。ちなみに川越の魚人さんが釣った時のエサはサシとアオイソ。やはり活き餌の方が有利みたいです。
僕ととっぺは、袖針1号から川越の魚人さんが使っていた手長針に変更し再度開始。すると、10分後僕にもやっと1匹かかりました~。
IMG_9781.jpg
本日初Get!でうれしいです。しかもこのあとすぐにまた追加。この後も、好調に釣れます。どうやら釣れなかった原因は針だったみたいですね。それにしても針でこんなに違うとは・・・。
結局12時頃まではコンスタントに釣れていましたが、その後は潮が満ち始めたこともあり当たりが遠のいてしました。その代りにダボハゼが多くなって結構掛かってきます。
IMG_9793.jpg
最大サイズだったダボハゼ12cm
こいつら針を呑んでること多いので面倒くさい・・。
14時頃、手長エビ復活。少しずつ当たりが多くなってきました。まずは川越の魚人さんにヒット、次に僕にヒット!ちなみにとっぺはここまで1匹のみ・・、しかも本日用事があり15時までしかできないのであと1時間しかありません。このまま1匹のままで終了したら釣り嫌いになってしまう可能性があるのでここからは全力でとっぺをサポート。その甲斐あってか14時半ごろ1匹Get!さらに終了間際にもう1匹Get!しとっぺはここで終了。お土産にここまで3人で釣った手長エビ計15匹をプレゼントしお別れ~。「釣りって面白いな!今後竿一緒に買いに行こうぜ!」という言葉を残し大変ご満悦のご様子で帰っていきました。これで釣り仲間がまた増えるZE~!!。
さてここから後半戦に突入し川越の魚人さんと2人で続行!
朝、釣りを始めた時以上に潮が引いてるのでいろいろな場所が探れます。そのため探れなかった場所を中心に仕掛けを垂らしてみることに。
IMG_9792.jpg

IMG_9786.jpg
すると・・・ばんばんじゃんじゃん釣れます!大きさも大きいのが多く、どうやら僕らの行動は外れではなかったようです。途中、一時的に当たりがなくなった時があったもののすぐに復活。
結局後半戦は3時間で25匹を釣りあげることができ大変満足できたので18時頃納竿することにしました。

帰り際の国府台駅は人が僕ら以外におらず構内にはメジロの鳴き声が放送されており駅名看板が古く非常に趣がありました。
IMG_9804.jpg

帰った後釣った手長の半数を水槽へ、もう半数を下処理して素揚げにしてみました。
IMG_9808.jpg
非常においしかったです。今後機会があれば下処理の方法UPしますね。

今回手長エビは2年ぶりに行きましたが、昔のようにまたハマりました(笑)。今後は何回も何回も手長釣行すると思います。これから8月いっぱいは釣れるので最低でも5回くらいは行きたいな~。ちなみに、今回一番よく釣れた餌はアオイソでした。アオイソを1cm以下に切って針が見えないように付けると活性が良ければじゃんじゃん掛かってくると思いますよ~。

本日の釣果《3人の釣果》

手長エビ  (6cm~19cm)  40匹
ヌマチチブ (4cm~12cm) 10匹程
釣果の一部
写真は釣果の一部

本日の記録
場所:国府台テトラ
時間:8:30~18:00
餌:アオイソメ・サシ・カニカマ・練り餌
天気:時々
気温:最高26.4℃ 最低22.9℃
風向:南南西
風速:最大瞬間風速12.6m 最大風速5.2m 平均風速3.1m

本日の仕掛け
●ウキ1(SASAME 仕掛け同封棒ウキ・SASAME エビ針2号《ハリス付き》)
●ウキ2(会社不明 玉ウキ・SASAME エビ針2号《ハリス付き》)


ブログランキング参加中
↓ポチッっと押して応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 川釣り

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年1月6日  2010年初釣りは・・・

 【06//2010】

本日、世田谷区の二子玉川近辺に友達2人と初釣りにいってきました。

最初は海にする予定だったのですが、久しぶりに川にいってみることに。
8:50頃、二子玉川駅到着。
二子玉川駅
9:00頃、現地到着。
今回は、2,3年前にウグイ・オイカワが大量発生したちょうど二子玉川周辺で合流する支流の多摩川水系野川で釣りをすることにしました。
野川
よさげな釣り座を探しているときに釣り人のものと思われるゴミが落ちてました。
本当に困ります。
ゴミ
このあと、回収しました。
20分くらいかかりようやく良さそうな場所を発見。さっそく仕掛けを落としてみます。
今回は完全自作の丸ウキ仕掛けです。
ウキはまったく動きません。
ジーーーーーーーーッとしています。
いろいろと場所を変えたり、ウキ下を変えたり、餌を変えたりしてもダメ!
まったくあたりありません。
魚がいそうなのですが・・・いないんですかね・・・。
やがて、時が経ち13:00になってしましました。
今度は、橋のたもとで糸を垂らすことにしました。
すると、近くで釣りをしていたおじさんたちが、こっちのほうが釣れるよと言って場所を少し譲って下さいました。
おじさんたちに釣果を聞いてみると、今日は全然ダメ!とのこと。しかし、結構なペースで釣りあげていました!しかも容器の中をのぞくと魚が大量に入っていました!すっすごいです。魚がいるということはわかりましたよ~。
よし!ボウズ回避だ!と意気込みその方たちの隣に糸を垂らさせていただきました。
早速友達の1人に当たりが!上がってきたのは、小さいながらもオイカワです。
オイカワ
するとその5分後、またまたその友達の仕掛けにオイカワヒット!
連続で2匹釣ると、さきほどまで低下していたやる気がUP↑。
しかし、いくら頑張っても僕の仕掛けには一切あたりなし・・・。
友達は僕の竿で僕の作った仕掛けを使っているので、僕にも針かかりするはずなのですが・・。
隣の方々も~10cm程のオイカワやウグイをたくさん釣りあげています。
う~ん、さすがに魚にイジメられているとしか思えません。
小さい当たりでも対処できるように、ウキをポリカンウキから小型棒ウキに変更。
すると、コツと当たりがきました!しかし、針かかりせず・・・。
その後、この場所ではもうウキが動かなかったので、最後の望みをかけ多摩川本流に移動。
多摩川
最近、多摩川は綺麗になったと聞きますが、それでも少し濁ってましたね。
さっそく糸を垂らします。
しかし、流れが急すぎてウキがすぐに沈んでしまいます。
今日は、あいにく流れが急な所用のウキ・仕掛けは持ってきてなかったので、のべ竿は移動から1時間たらずで納竿。
そのあと帰ろうかとおもいましたが、リール竿を1本だけもってきてたのでそれで川の中ほどになげることにしました。
といっても、投げ仕掛けは1個ももってなく唯一ナス型オモリ4号が1つだけあったのでなんとか工夫をこらし、ミャク仕掛け完成。
でも持ってた針の中でハリスが一番太いのが0.4号の袖針なのであまり強く投げられません。
なんとか川の中ほどに投げられましたが、糸をまいてみると見るも無残な絡まり方をしていました。何回やっても絡まりそうなので、ここで完全納竿。

初釣りなのにボウズです。もうへこみます。海にしたほうがよかったかな~。次回は初釣りのカタキ(?)を取りたいです。
夕日と多摩川
友達と夕日と多摩川

本日の釣果 《3人の合計》
オイカワ (5~8cm) 2匹

本日の記録
場所:野川・多摩川
時間:9:00~17:00
エサ:アカムシ・ミナミヌマエビ(現地採取8匹前後)
天気:晴れ時々曇
気温:最高気温10℃ 最低気温-0.9℃
風速・風向:東北東 最大瞬間風速2.6m
※府中観測所の0:00~23:59の値 気象庁HPより引用

本日の仕掛け
●ウキ(自作:会社名不明 丸ウキ(ポリカンウキ・棒ウキ)・SASAME 袖針2号)
※ミャクは適当につくったため覚えてません。

Category: 川釣り

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2009年11月1日 またまたBBQがてら雑魚釣りin北区・荒川

 【01//2009】

11月1日にBBQがてら釣りに行ってきました。前回はあきる野市でしたが、今回は北区・荒川の旧岩淵水門近くでの釣りBBQとなりました。今回は昔僕が所属していてまだ父と妹が所属しているテニスサークルの顔合わせを兼ねたBBQなので、本日は釣りをする気なかったのですが、なぜか釣り竿と仕掛けとエサが父の車の中に(笑)まぁ自分でいれたんですけどね。というわけで釣りもすこ~しすることにしました。

10時にBBQ開場到着。12時半くらいまでBBQを楽しみ、13時頃から釣り開始。今回は、一緒にいた釣りは殆ど未経験だという小学校の時の友人2人と釣りをすることにしました。今回の仕掛けはハゼ用天秤の仕掛け×2、ウキ仕掛け×2の計4本。いざ仕掛けを投入し、釣り開始。ここ荒川ではハゼとブルーギル以外釣れた試しがないので、今回は違う魚も釣りたいな~と思い、針は袖針、丸セイゴ、赤虫、ハゼ針と多種用意。

10分くらいして友達がハゼ用天秤の仕掛け(袖針)を装着した竿でなにか魚を釣りました。行ってみると、ニゴイです。荒川にニゴイがいることは知っていましたが、釣ったことはなかったです。本来は外道とする魚ですが、雑魚釣りですので、ニゴイでも釣れて感激。荒川の下流にはそのほかにも、タイリクバラタナゴ、アユ、モロコ、金魚、コイ、フナ、ウナギ、シマイサキ、コトヒキ、クチボソなどなどたくさんの魚が生息しているそうですが、上のどれにも巡りあえたことはないです。

その後ウキに若干の当たりがありましたが、釣れず・・、17:00近くまでねばりましたがBBQの方の片付けや、駐車場の閉鎖時間もあるので釣り終了。自分は釣れませんでしたが、釣りほぼ未経験の友達が魚を釣って釣りを体験できたので良かったかなと思います。
釣り座風景
釣り座風景 カメラを忘れてしまったため携帯で撮影したので、画質わるいです。

本日の釣果《3人の合計》
ニゴイ  (約20cm) 1匹


ちなみに・・・

◆  続きを読む  ◆

Category: 川釣り

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。