2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2012年11月28日 合格後初釣りin青海南ふ頭公園

 【01//2012】

翌日に更新する予定でしたが、どうぶつの森をやったりアニメ化まで全√クリアを目論んでいたものの結局本格的に受験勉強に入るためにクド√途中で終わってしまっていたリトバスEXをやったりしているうちにいつの間にか時間が過ぎていました…。遅くなってしまってごめんなさい。

大学から合格をもらった26日。この日で僕の受験生生活は終了を迎え勉強という魔の手から完全に解放されました。ということは我慢していた釣りに堂々と行けることができます!そこで、川越の魚人さんとskypeで連絡を取り合い早速2日後に釣りに行くことに決定。場所は僕の湾奥釣り場の原点である青海南ふ頭公園。第3回一緒に釣りしましょう会以来行っていなかったので、気になってもいました。ただ最近はボの可能性が高い場所とのことで、魚を釣るというよりは手馴らしという名目で行くことにしました。

水曜日は予備校は2時間で終了ですがチュートリアルがあるのでそれを受けてから、池袋で川越の魚人さんと待ち合わせ。この時点で、予報とは全く異なり結構本格的な雨が降ってきました。どうしようか悩みましたが川越の魚人さんの晴れ男パワーを信じ、釣行を決行。
すると、有楽町線からゆりかもめに乗り換える際に雨足がさっき以上に強くなっていたもののテレコムセンターに着いた頃には雨が止み、コンビニに寄ってから青海南ふ頭公園に着いた頃にはお天道様が顔を出していました!おそるべし、川越の魚人さんパワー…。でも予報とは異なって雨が降ったということは僕が雨男ということですかね…、前は晴れ男だったはずなのですが…。

IMGP3649.jpg

IMGP3650.jpg

IMGP3651.jpg

兎に角晴れてよかった!これで何の支障もなく釣りができます。
今回、青海にはベテランそうなカレイ釣り師とサビキでセイゴ等を狙っている方の2人の先客がいらっしゃいましたが、幸いワンド部で竿を出している方はいらっしゃらなかったので僕らはワンド部で竿を出すことにしました。

IMGP3655.jpg

IMGP3652.jpg
ワンド前の街頭の下には明らかに釣り人のものと思われるゴミが…。こういうことする奴は本当に釣りする資格ないのでもう2度と釣りしないでください。(このあと片付けました。)

僕はまずメバル狙いで胴付きを1本とマハゼでも期待して(ココ重要!決してカレイなんか狙ってないんだからね!)投げを1本の計2本。
それにしても久々の青海にかなり感動。全く変わってなくてよかったです。こうして竿を出すのを3日前までの自習室に籠って勉強していた僕には当然ですが全く予想できませんでした。もし推薦に落ちてたら、この釣りしている時間も自習室に籠ってたわけですから本当に嘘みたいです。
これで魚がすぐに釣れたらさらに感動なのですが、さすがにそううまくいくはずもなく相変わらず明るいうちは激渋の釣り場であることも変わらないようで…。相変わらず暗くなってから期待するしかないですね。
ただ暗くなるまでぼっーとしているのは、非常に寒く暇なので今回はある秘密兵器を持ってきました。前にチラッとお教えしたと思いますがその秘密兵器とは…水中カメラ『うみなかみるぞう君』です。どういったものか説明するのはちと面倒なので詳しくはHPをご覧ください。ちなみに僕は現在は販売していないのですが、これの録画機能付きバージョンを購入しました。
さて、早速うみなかみるぞう君を落としてみます。が、ノイズがひどくカメラのピントがあっておらず何が何だかわからない状態になっていました…。実は、最初に若洲で使った時青と黄色のノイズがちょっと気になり初期不良の疑いがあったので問い合わせて修理してもらったのです。そして、本格的に受験勉強に入ったのでその後1回も使わず箱に厳重にしまっておいたのですがさらに悪化していました。青海の水中は前から気になっていたので残念。
でも前回若洲で試し撮りしたときの動画はyoutubeにUPしてあるので6月ごろのものですが興味のある方はご覧ください。






※3つの動画ともノイズが結構ありますが、これは電波を拾ってしまっているためで今販売されているものはノイズが生じずもっときれいに表示されるとのことです。

仕方ないのでうみなかみるぞう君は仕舞い、今度は去年9月30日をもって展示を終了し今は跡形もなく消え去ったという羊蹄丸跡地が前々から気になっていたので竿の番を川越の魚人さんにお願いし見に行くことにしました。

IMGP3667.jpg

IMGP3669.jpg

IMGP3673.jpg

写真の通り船は本当に消えており非常にすっきりしていました。でもまだ船を固定していたストラクチャーは残っているんですね。船にのるための階段も残っていたので新たな船とか持ってくる計画でもあるのですかね?だとしたらミリタリー好きとしてはぜひともたかつき型とか退役した自衛艦を設置してほしい…。まあ退役後は速やかに解体又は練習用に沈めるのでもう残ってないでしょうけど…。でもさわかぜくらいは残っているかもしれない!!あとはつゆき型もそろそろ退役するからぜひ展示してほしいですね。羊蹄丸が132mだから130mのはつゆき型も楽勝ですよ!今回はいけませんでしたが、夜どのような感じになるのか気になるので今度は夜に下見に行ってみます。
釣り座にもどる途中、夕日が非常に綺麗でので何枚か写真をパチパチ。これも川越の魚人さんパワーですね!

IMGP3660.jpg

IMGP3677.jpg

IMGP3659.jpg

釣り座に帰って投げや胴付きの餌を付け直しているうちに、辺りはすっかり真っ暗に。冬至まであと20日近くありますが、もう5時になる前で真っ暗になるんですね。
さて、暗くなったということはここからお魚さんがなんか釣れるのが期待できる時間となったということです。僕は早速ヘチを用意。実はブログ休止中川越の魚人さん・釣りバカ青年さんとハゼ釣りに1回、中学の友人りょうけと共に豊海運動公園(本当は豊海水産ふ頭で釣りしたかったのですが、釣り禁止の気がしたので移動しました)にルアー釣りに1回行ったのですがヘチはめちゃくちゃ久しぶりです。
まずは、EVER GREENと公園の境目のワンドの一番端からスタート。ちなみにこの時期なのでさすがに表層には上がってこないだろうと思いタナをべた底に固定し探ることにしました。
左から二つ目の柵内臓の電気の前まで探った時、ブルブルと違和感が。竿をちょっと上にあげてみるとおお!なんか掛かってる。急いで糸ふけができないように巻いていくとなかなかの重量感。水面から3m近くありましたが大きさは小さそうなのでぶっこ抜き。どうせコッパだろうと思ったら青海では初お目見えの種類でした。その正体は・・・これ↓

IMGP3678.jpg

なんと19cmのメジナちゃんでした。若洲なら普通ですが、青海ではかなり貴重ですね。驚きました。ただ、このメジナは針を奥まで飲んでいたのでちょっと小さいサイズではありますが川越の魚人さんにお持ち帰りしていただくこととなりました。
最初に言ったように今日はあくまで手馴らしだったので思わぬ珍客に大満足です。ただ自分で合わせたわけではなく向こうアワセだったのがちょっと悔しいですね。
その後、メジナが釣れた場所はウキ釣りの川越の魚人さんにお譲りし僕はへの字堤防の際の方まで遠征。への字堤防に向かう途中、突如空に大きな火球が現れました。すぐに消えましたが、ななめ下に向かって落ちていく感じだったのでかなり焦りましたが途中で消えたので隕石にはならずに済んだようです。それにしても火球をはじめてみました。当初、ネットでの騒がれてないし見間違いかなと思ったのですがこのサイトを見るにやはり火球でまちがいないようです。長野県上空ということは、かなり広範囲で見れたみたいですね。
火球は神出鬼没でめったに現れないので見れて非常にラッキーです。これはもしかすると、大物が釣れるかもしれません。
への字堤防に付き、わくわくしながら角に落とします。・・・・あたりがないのでワンド側に向かって蟹歩き…。ジョギング用の100mの目印まで着きましたが全くあたりなし…。どうやら火球効果は全くないようです。
そろそろ餌の確認のため仕掛けを上げようかと思っていると急に来ました。強い当たりが!急いでアワセましたが残念ながらスカッ…。長い間やってなかったのでコツを忘れ腕が落ちてしまったようです。まあ前から底辺に近かったですけどね(笑)。
エサを確認すると幸い半分残っていたのでこのまま続行。今度は200mの目印のところで弱弱しい当たり。今度は逃がすまいと素早く合わせたところ見事に針掛かり。釣れたのは21cmのセイゴ。

IMGP3681.jpg

ただ、針を呑んでおり針外しを釣り座に忘れてきたので急いでダッシュして戻り針外しで取ったのですが相当奥まで吞んでおりなんとか外した時にはお☆様に…。というわけでこの子も小さいながら川越の魚人に持ち帰っていただくことにしました。
川越の魚人さんもコッパを2匹釣っており、全体的にセイゴ・コッパサイズがいるようです。久々のヘチでボウズ覚悟で青海にきた僕にとってはコッパ・セイゴでも大満足。ただ、やっぱりできることなら大物を釣りたい!そこで早速餌をつけ大物も結構潜むはずのへの字堤防にまた行こうと思ったのですが時間はすでに納竿予定時刻の19:30の5分前。もっと遅くまでやってもよかったのですが、浪人生の間は暖房のついた自習室でぬくぬくと勉強をしていたので寒さ耐性がかなり弱くなってしまったようでこの時点で足先・手先が凍えるほど寒く鼻水やらくしゃみが連発で出て風邪をひきそうだったのでやはりあと5分で終わることにしました。ネットはちょいちょいやっていたので相変わらずグロ耐性と煽り耐性は抜群ですけど(笑)
そのため真ん中のスロープの辺りに落としてワンド側に探っていき餌がなくなったらor魚が釣れたら終了することにしました。スロープまで行き落とします。すると…10m歩かずすぐに弱弱しい当たりが!すぐに合わせるととても小さく大した引きもなくいとも簡単に上げることができました。掛かっていたのは15cmのコッパ。これは上唇に針掛かりしていたのですぐに逃がすことができました。
というわけで、無事に魚を釣ったのでこれにて終了~~。最後の最後で川越の魚人さんがナイスサイズのマハゼを釣り終わってみれば2人合わせ4目というこの公園では十分な釣果を得ました。ちなみに他の方もセイゴ・コッパを結構釣っていたのでいま青海はコッパ・セイゴパラダイスのようです。結局投げと胴付きのチョイ投げには最後のハゼ以外全くかからずどれも際だったのでやはりこの公園で数釣りしたいならヘチが有効ですね~。
帰りは豊洲で川越の魚人さんが合格祝いで豊洲の珈琲館でホットケーキとココアをごちそうしてくれました。いつもいつも本当にどうもありがとうごさいます。余談ですが、ここのホットケーキかなり量が多くておなか一杯になってしまいました…。

本日の釣果《2人の釣果》  ※()はcocoの釣果
コッパ (15~18cm) 3匹(1匹)
セイゴ  (21cm)  1匹(1匹)
メジナ  (19cm)  1匹(1匹)
マハゼ  (17cm)   1匹(0匹)
メバル  (10cm)   1匹(0匹)

本日の記録
場所:青海南ふ頭公園
時間:15:00~19:30
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均6.1℃ 最高8.2℃ 最低4.0℃
水温:15℃
湿度:平均58%
風向:北北東
風速:最大瞬間風速6.8m 最大風速4.3m 平均風速2.2m
潮:大潮 満潮5:20/16:19 干潮10:45/22:57
20121128

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B/SASAME ヤイバチヌ2号/VALCAN クロハリス2号)
●胴付き(Hayabusa 堤防メバル五目7号/第一精工 ナス型錘8号)
●投げ(FUJI ジェット天秤20号/OWNER 動体カレイアイナメ9号)


ブログランキング参加中~
↓(クリックしないなんて)こんなの絶対おかしいよ↓
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ


ちなみにうみなかみるぞう君ですが、その後問い合わせたところ、非常に丁寧に対応してくださり、録画機能付きは修理してもノイズが発生する可能性があるとのことで新みるぞう君(30m)と録画機械セットでの交換で修理とかえさせて下さいました。ご丁寧な対応、この場で重ねてお礼申し上げます。というわけですので、新しいものが届き次第水中動画を撮っていこうと思います。あまり遠くはいけませんが、ここの水中がみたいという方がいましたらどしどしリクエストしていただければと思います。

ここからは釣りとは関係ないですが…ちと近状を述べさせてください。
まず、最新の模試が帰ってきました!結果は総合56で前回よりも5UP!英語も5UPの46でかなりうれしいです。さらに生物は63、国語も61と着々と学力がついてきたのでこの調子なら大学に行っても大丈夫そうです!!
そして、早速教習所に入所してきました!

IMGP3684.jpg

今日から学科と技能が早くも始まります♪今はぶっちゃけニートに近いので予備校の授業がなく空いてる日はすべて学科と技能を受け、一刻も早く免許を取りたいと思います。そうしたら、遠くまで釣りに行きます。今まで磯・投げ情報の伊豆の記事とか常磐の記事とか他人事だったのですが、これからは自分で行けると思うとうれしいです。とにかく頑張りますね~!

そして最後に。過去の一緒に釣りしましましょう会の案内やアンケートなどの記事は順次消去させていただきますのでご了承下さい。
ではでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ、次回は横浜又は横須賀に行く予定ですのでお楽しみに~。
スポンサーサイト

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (16) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年7月9日 「第3回 一緒に釣りしましょう会」in青海南ふ頭公園

 【30//2011】

7月に開催された川越の魚人さん幹事の『第3回 一緒に釣りしましょう会』の模様をご報告いたします。大会からかなり時間が経ってしまいましたので一部フィクションが含まれてしまったかも知れませんが、お許しを。なおかなりの時間が経った釣行記のため、今回はコメント欄は設けません。

当日は梅雨のため雨が心配でしたがお天気に恵まれ釣りをするにはちょっと暑すぎる日和になってしまいましたが無事に予定通り開催することができました。なお今回の大会は釣った魚の大きさに応じて東北大震災の被災地に募金をしてもらうとチャリティー大会です。
13時半に集合してもらったところ今回の参加者である川越の魚人さん、臥龍さん、調布さん、にっくさん、龍猫さん、達人さん、cocoが無事に集合。horiさんも5分ほど遅れて到着し、今回の参加メンバーが全員揃いました。
全員集合後は自己紹介・大会概要の説明等を経て、各々目ぼしい釣り座へ移動し大会開始!釣り場には僕たち以外にほとんどおらず、皆さまお目当ての場所に無事入れたよう。

IMGP2041.jpg

IMGP2042.jpg

僕は、川越の魚人さんや達人さんが中央の階段前でサッパを狙うとのことなのでそのサッパを餌にさせていただき大きいスズキを釣るためにお二人の横で投げと泳がせをすることにしました。
大会開始後10分程経った頃、調布さんが大きなギマをゲットして戻ってきました!調布さん曰く26cmとのことで、ギマの中ではかなりのBIGサイズ!しかもそれだけではなく、臥龍さんが26cmと27cmのギマを釣ったという報告も入り幸先いい感じです。
僕もギマを狙うべく、投げ仕掛けを足下~沖10mまでの範囲に投入することに変更。しかし僕には全く釣れず。
この後なかなか釣れなかったサッパを川越の魚人さん、達人さんが立て続けにヒットしすかさず僕もそのサッパを頂き泳ぎ開始。(ちなみに達人さんは、この大会がサビキ釣り初とのこと。にもかかわらず、とても初心者とは思えないオーラでサッパをどんどん釣っておられました。本当にすごいです。)
サッパも手に入ったしあとは大物&ギマが掛かるのを待つだけ!しかし、30分‥‥60分と待っても一向に竿は揺れず…。常に新鮮な餌を保つべくこの間に投げでは4回ほど、泳がせでは3回ほど餌を交換したのですが全く意味なし。前述の通り、今日は暑すぎるのでただ当たりを待っているだけでは退屈で体力を奪われる一方です。このまま待ったままでは熱中症になりかねないのでコンビニで水分を買いに行きがてら退屈を紛らわすため公園内をぶらぶらすることにしました。
散歩するため公園内を見渡すといつの間にか僕たち以外にもたくさんの釣り人がいました。

IMGP2055.jpg

IMGP2056.jpg

そこでまずは釣り人がたくさんいるワンド側へ。マハゼとメバルとギマが釣れていたので通常の青海よりも活性は高い模様。僕はその活発な活性の恩恵を受けてませんが、他の方は活発な活性の恩恵を受けている様子なのでとても惨めな気持ちに…。
次はへの字堤防の周辺へ。への字堤防周辺に釣り人は誰もいませんでしたが、堤防を越えた緑色の道の方を見てみるとサッパがジャンプしながら泳ぎ回っており、その下にフッコやボラが!どうやらベイトであるサッパをフィッシュイーターであるフッコが追いかけているようです。

IMGP2049.jpg

だとしたら、僕の泳がせでも釣れそうな気がするものですが…。それにしても本当に活性高いですね。僕が魚たちが泳いでいるのをぼーっとみていると龍猫さんがやってきて、いろいろタメになることをお話してくれました。ありがとうございます。

IMGP2051.jpg
散歩中に見つけたショウリョウバッタの子ども

散歩を終えて、戻ってみると僕の泳がせ竿の糸が高切れしていました。川越の魚人さん曰く、泳がせの竿に魚が掛かったので上げようとしたもののプツッと糸が切れてしまったようです。竿&リールが海に落ちなくてよかった…竿&リールを保守してくださり感謝感謝です。
急いで糸を結び直し、再度泳がせを投入。するとすぐに大物がヒット!しかしまた糸が切れ終了…。この後もこの動作を3回ほど繰り返し、太陽が沈み始めた17時半のヒットを最後に静まりかえってしまいました。

IMGP2057.jpg

自分のへたくそな腕を改めて実感させらせましたよ…ハイ。その後、僕の隣で竿を出していた達人さんは弩ビックリの尺ギマを釣りあげました。しかし僕には海藻以外なにも掛からず19時になったので大会終了~。

IMGP2059.jpg
達人さんが釣ったギマ。画像ではわかりづらいですが、たしかに30cmありました。

IMGP2060.jpg
ギマの撮影をするときの定番ポーズ

中央階段横の植え込みの前に参加者全員が戻り、いよいよ川越の魚人さんによる結果発表です。
さあ気になる結果は…。

第4位調布さん ギマ1匹 サッパ2匹 120pt

第3位達人さん ギマ1匹 サッパ12匹 220pt

第2位川越の魚人さん ギマ1匹 サッパ17匹 270pt

第1位臥龍さん ギマ3匹 300pt

おめでとうございます
川越の魚人さんは、すでにお持ちしているということで調布さん、達人さん、臥龍さんに被災地の高校生が歌っているという『あすという日が』のCDが贈られました。このCDは売上を被災地復興に使うということで今回の大会の趣旨に合っていると思い、川越の魚人さんが選んでくださいました。


この後は、一旦解散し帰宅するもよし釣りを継続するもよしということで僕は釣りを継続することにしました。向かった先は、羊蹄丸横(9月30日で羊蹄丸の展示は終了しました)。ここは、カサゴやスズキの大物、チヌの実際も高くかなり期待できる場所です。
大会では投げと泳がせしかやらなかったので、新たにヘチを作り直しいざ第1落とし。今回はかなり気合を入れ、クロハリス&黒針にストロー虫という豪華絢爛なエサ&仕掛けです。すると1落とし目ですぐに小さい当たり!急いで合わせると無事に針掛かりしたようですが直後にものすごい勢いで横に下に抵抗しまくります。どうやらかなり大物の様子。僕はこれは絶対にバラしてはならないと思い、太鼓リールのドラグをONにして対抗します(かなりの音なので周りの方にかなり迷惑をかけてしまったと思いますが…)。2度3度水面に上がってきてもまだ体力はあるようで必死に抵抗します。そして5度目くらい水面に上げて、やっと疲れ果て果てた模様。もう抵抗もあまりしなくなりました。そこで先ほどからずっとタモ網を持って待っててくれた調布さんがすかさずタモ入れをしてくれ、無事取り込み成功!
さて上げってきた大物はといいますと…自分の相生橋下と有明西で釣った自己記録47cmを余裕で上回る59cmのフッコでした。

IMGP2061.jpg

大会時間外ということとあと1cm大きければスズキだったこともあり若干悔しさはありましたが、自分のような未熟者にこんなすごいフッコが釣れたのでうれしさが当然勝りました。これもご自分の釣りの時間を割いて僕のためにタモ網を構えて待ってくれた調布さんのおかげ。僕だけだったら絶対に取り込むことができなかったと思うので本当にありがとうございました。ちなみに、このフッコは川越の魚人さんがお持ち帰るとのことでしたので差し上げました。
さてこの調子で今後もばんばん釣ろうと思ったのですがハリスがボロボロ…。これは結びなおさないといけないと思ったらクロハリス&黒針を阿保なことに集合場所の荷物置き場に置いてきてしまったのに気付きました…。そこで、ポケットに緊急用として入れておいたいつも使っている透明ハリスに金チヌ針の仕掛けをつけて釣り再開。
しかし、さっきのすぐに来た当たりが嘘だったように当たりが皆無に…。20分くらい続けたもののその後も状況が変わらないので羊踏丸横は見切り、仕掛けを落としながら羊蹄丸の裏から宗谷丸横を通り潮風公園に行くことにしました。
そし40分ほどかけて潮風に到着。結果はと言いますと、釣果なし・当たり皆無…。餌に付けたストロー虫もかじられてる形跡すらありません。さすがにこれだけ長いヘチを歩ければ1匹くらいは追加できるだろうと思った僕がバカだった。ダメもとで潮風公園で20分くらいヘチって見たところ当たりが連発!しかし全く掛からないorz。30分ほど前から潮風で釣っておられたhoriさんもさっきから当たりが連発しているものの全く釣れないとのこと。どうやら小さいのがうじゃうじゃいるものの針が大きすぎて掛からないようです。これでは多分追加は望めないだろうと予測し、あまったストロー虫3本をhoriさんにでっかい発砲スチロールごと差し上げ(今から思えばかなり迷惑でしたね(汗;)ここで川越の魚人さん、調布さんと共に納竿。
帰りは、調布さんが豊洲まで車で送ってくださいました。タモアミの件といい本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。

本日の釣果(cocoのみ)
フッコ (59cm) 1匹

本日の記録&本日の仕掛けは省略


ブログランキング参加中
↓ハイサ~イ、ぽっちと押して♪。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ



次回:第4回一緒に釣りしましょう会又は12月11日隅田川に久々釣行のどちらかを予定
更新日時:今年中~1月上旬を予定

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年11月7日 『第2回 一緒に釣りしましょう会』

 【09//2010】

前々から計画していた『第2回 一緒に釣りしましょう会』を11月7日に青海南ふ頭公園で開催しました。前日まで7日の天気は曇りで降水確率40%の予報だったので少し心配だったのですが、当日は見事に晴れて日中は暑いほどでした。そのためか今までにないほどの混雑度だった青海南ふ頭公園。そんな中で、へちべぇさん、へちべぇJrさん、どんさん、ホリさん、shigeさん、RJTF(調布)さん、川越の魚人さん、cocoの計8名が健闘した今回の大会、さてさて結果の方は・・・。
 第1回では14:00集合だったものの今回は12:00を集合時間に設定。僕と川越の魚人さんは上州屋に寄った後に青海に向かったので11:40頃に釣り場到着。釣り場はいつもに比べるとかなり混んでました。
IMGP0119.jpg

IMGP0121.jpg
集合場所となる正面階段で大会の準備をしているとまもなく、海釣りは通算5回ほどで今回が湾奥釣り初となるもののかなり気合十分なshigeさん、メインは船釣りでイカやいろいろな魚種を釣りまくっているどんさん、湾奥のヘチでさまざまな魚を釣りまくっているへちべぇさん、へちべぇさんの息子さんであっ!と驚く大物を釣ってしまうへちべぇJrさん、青海南ふ頭公園に結構な頻度で通われているRJTFさんが順に到着。
ホリさん以外全員揃った(ホリさんからは遅刻するとのメールを事前に頂きました)ので、まずは各々の自己紹介をしそれから13:00まで昼食会を行いました。昼食会では参加者の方々とお話ができたので参加者同士で親睦を深めることができました。
昼食会を終えた後、記念集合写真を撮りルール説明を終えたところで13:00に釣り大会スタート!
今回、僕はヘチをメインにチョイ投げを置き竿にして挑むことにしました。餌はモエビとアオイソメ。他の方も、ほとんどの方はヘチ釣りがメインであとは投げや銅付きを置き竿にするというパターンでした。ちなみにどんさんは、投げをメインに落としこみを置き竿にしておりました。
開始してから20分後、Gett!杯以来毎回参加して下さっているベテランのホリさんが到着。ホリさんは、しばらくへの字堤防のすぐ脇で釣りをするご様子。
開始から1時間が経過、今のところ誰も魚を上げていません。僕としては開始1時間が経過した頃にはもうパラパラと魚が上がるかなと思ったのですが、かなり予想外れです・・・。
さすがに15:00には魚が上がるだろうと思ったのですが、結局そのまま誰も魚が釣れないまま15:00になってしまいました。周りで釣りをしていた他の方もまったく上がっていない様子・・・。今日はかなりの激渋です。
15:30頃ヘチの方を休憩し投げ竿の方を見ていたら、ティーグさんにそっくりな方が歩いてきました。そのことに気づいた時はもしティーグさんじゃなかったら恥ずかしいので声をかけるのをためらってしまったのですが、しばらくしてティーグさんにそっくりな方が川越の魚人さんとお話しています。それから川越の魚人さんに呼ばれて行ってみるとやはりティーグさんでした!ティーグさんとはブログ間のコメント交流では長いおつきあいですが、実際にお会いするのは初。想像していたより背がお高くて体格も良くかっこよかったです・・。今回は釣りに来たわけではなく、この大会の様子を見るためにわざわざお越しくださったとのこと!本当にありがとうございます(/o^∀^o)/ 。そのあとティーグさんとは10分少々お話した後お別れしました。今回はゆっくりお話できませんでしたので、今度お会いしたときにはゆっくりお話したいですね。
思わぬゲストさんとお別れした後、放置していた投げを上げたら根掛かりしており仕掛けが天秤ごとなくなってしまったので投げはこの辺で終了することにしました。なのでここからはヘチのみ。
しばらくヘチをモエビ2匹掛けで探ったもののあたりひとつ来ないので置き竿にしていると、潮風公園方面に遠征していたへちべぇさんが羊踏丸の下にフッコがうじゃうじゃいるけれども掛からないという情報を持ってきてくれたので、なにもいない海よりかは掛からなくてもなにかいた海の方がましだろうと思い、羊蹄丸の下に川越の魚人さんと共にプチ遠征に行くことにしました。
僕らが着いたころにはもういなかったのですが、たしかに釣れそうなオーラが出ています。
IMGP0131.jpg

IMGP0132.jpg
早速、羊蹄丸と宗谷丸の間を探ってみることにしました。すると、最初はまったくあたりがなかったのですが夕焼けが綺麗な16:30を過ぎた瞬間、本日初となるあたりが!早速合わせ針掛かりさせたもの途中でバラしてしました。残念・・・。
IMGP0135.jpg
へちべぇさんにもあたりが来たようで、3回ほどバラしてしまったとのこと。これは、時合到来か?と思ったもの僕にはあたりが遠のいてしました。しかし、へちべぇさんにはまだまだあたりが連発しているようでもう一度バラしたあと今大会全体で一番最初となる魚をゲットしました!上げた魚は20cm前後のセイゴ。大会規定で3ptゲット。そのあともセイゴを連発して上げてます。そして川越の魚人さんにもセイゴが掛かりました。どうやら本当に時合がきたようです。しかし・・・僕には来ない・・・。なんとか釣ろうと思い、タナをかえたり場所を移動したり餌をモエビ&アオイソのW掛けにした結果、やっとセイゴが掛かりました。本日初の魚です。
IMGP0146.jpg
このセイゴを釣った後、あたりが暗くなったのでライトを取りに行くため釣り座に帰還。
IMGP0143.jpg

IMGP0144.jpg
帰り際のライトアップされた羊蹄丸と宗谷丸
すると、shigeさんとRJTFさんもセイゴを釣っておられました。どうやらこっちでも釣れるようになったようなので、先ほどの投げの代わりに電気ウキをやってみることにしました。
10m先にウキを投げると30秒後、ウキが一瞬で沈みました。あげてみるとやはりセイゴ。これで2匹目。通算6ptゲットです。
IMGP0147.jpg
さらに、数を増やそうと10m先に投げるとまたウキがしずみました。しかしこんどはバラシ。このとき18:35でした。あと25分で大会終了です。最後は一発大物でメバルを釣ろうと思っていたのでウキフカセの方は川越の魚人さんにお願いして、僕は同じくメバルを釣りたいと思っていたshigeさんと共にワンドに行くことにしました。ワンド部に着いたころにはもう40分、あと20分です。さあ、一発大物なるか・・・。
エバグリ側の下の柱の周辺にあるメバルの根とワンドと直線部の境の角にあるメバルの根の周辺を狙っていたのですが、どちらも人が入っていたためしかたなくワンドの人が入っていないあいているところを探っていくことにしました。すると、隣で釣りをしていたshigeさんにあたりが!メバルかと思ったものの、掛かっていたのはセイゴでした。でも今まで掛かっていたものよりも少し大きめの25cmのセイゴ。shigeさんは、今回は通算5回目くらいの釣りでヘチ釣りは初とのことですが・・・まったく信じれないほど華麗な手つきで合わせて上げておりました。僕も負けじと探っていましたが、あたりひとつなし・・・。そしてそのまま19:00になり釣り大会が終了しました。
IMGP0151.jpg
なんとワンドではなにも釣れないまま終わってしました。かなしい・・・。釣り座にもどると僕の電気ウキ仕掛けにセイゴが2匹掛かったらしくそれを川越の魚人さんがあげてくださっていました。ありがとうございます~。
さて、大会が終了したので・・・皆さんの釣果に対するポイントを算出。そしてポイントの多さに基づき順位が決定いたしました。気になる順位はこちらです!!!

第3位 shigeさん 12pt
なんと、湾奥釣りが初のshigeさんが第3位です!結果はセイゴ20cm前後×3匹・25cm×1匹でした。    おめでとうございます   ヘチ釣り初でこの釣果なのですから、かなりすごいですよね!

第2位 ホリさん 24pt
後半は、まったくお会いすることができなかったのでどちらへ行ったのだろうと思ったら、潮風公園でかなり釣っておられました。結果はセイゴ20cm前後×8匹でした。    おめでとうございます    後半、潮風公園を選んだのが吉と出ましたね!

そして気になる第1位は・・・

第1位 へちべぇさん 33pt
さすがは湾奥のヘチ釣りのベテラン、他の方を抜いて堂々1位でした。結果はセイゴ20cm前後×11匹でした。    おめでとうございます   『第2回 一緒に釣りしましょう会』チャンピオンとしてこれからの釣果を期待しております!

残念ながら今回は賞を取れなかった皆さま、次回も開催しようと思ってますのでその時にリベンジしちゃってください! 

このあと入賞者には賞品を授与し、他の方には、メッシュの小物入れを授与。
それから、今回の大会の締めを幹事である僕が行い今回の大会は終了しました。

 大会終了後、僕と川越の魚人さんとshigeさんは21時近くまでワンドでメバルを狙うことにしました。しかしメバルはおろか釣れたのはセイゴ1匹・・・。
IMGP0155.jpg
それでも川越の魚人さんとshigeさんはセイゴを結構釣っておりshigeさんに至っては本日最大サイズとなる30cmを釣りあげました。
IMGP0156.jpg
楽しい30cmの引きを存分に味わえたようですのでよかったです。

 今回参加してくださったへちべぇさん、へちべぇJrさん、ホリさん、どんさん、RJTFさん、shigeさんそして僕と一緒に幹事をやってくださった川越の魚人さん、お忙しい中どうもありがとうございました。皆さんのおかげでかなり楽しい1日となりました。早くも話に上がった第3回も開催しようと思いますのでお楽しみに!!そのときはまたよろしくお願いします~。次回はカレイの時期になると思うので若洲とかでやるのも面白いですね。また、こちらも話に上がった皆さんで共同で作る釣果ブログの方も作成しようか検討しております~。もしよろしければ、ご協力お願いしますね^^。


本日の釣果《cocoのみ・大会終了後も合算》
セイゴ (20cm前後) 5匹

本日の記録
場所:青南埠頭公園
時間:大会は13:00~19:00 終了してからは19:30~20:40
エサ:アオイソメ・モエビ
潮:大潮 満潮5:49/16:49 干潮11:20/23:34
天気:
気温:最高19.9℃ 最低12.2℃
風向:北北西
風速:最大瞬間風速7.8m 最大風速4.7m 平均風速2.1m

本日の仕掛け
●投げ(第一精工 スパイク天秤15号・YAMASHITA 投げ釣り屋8号)
●電気ウキ(富士灯器 FF-A33号・YAMASHITA  波止メバル《ウキ仕掛》)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)


ブログランキング参加中
↓ク~リ~ック~お~願~い~し~ま~す~^^
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (20) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年7月17日 『第1回 一緒につりしましょう会』

 【27//2010】

前々から計画していた『第1回 一緒に釣りしましょう会』を7月17日に青海南ふ頭公園で開催しました。当初7人が参加する予定でしたが、お二人がお仕事で来れなくなってしまったのでヘチローさん、イッチーさん、ホリさん、川越の魚人さん、cocoの計5人の参加となりました。では当日の模様を簡潔に書きたいと思います。

『第1回 一緒に釣りしましょう会』の開始時刻は14:00からの予定だったのですが、幹事として少し早めにいた方がいいかと思い一緒にいろいろ計画して下さった川越の魚人さんと12:00に青海に行くことにしました。
青海に着くとやはりまだ参加メンバーは着ておらず、他の釣り人が5組だけ。(皆さんサッパを狙っていましたが、あまり釣れていない感じ。う~ん、今日はサッパは少ないのかな?狙う気はないけど。)
DVC00054.jpg

DVC00055.jpg
まずは昼食を取ってから、他の方がやらなくてもいいようにプログラムに入っていたごみ拾いを先に開始。
気合いを入れてごみ袋を数袋持ってきたのですが、予想に反してゴミが落ちてない!釣り場後ろの階段のところに吸殻や小さいゴミが目立つ程度でそれ以外には草むらや植木などに缶や大きめのゴミが少し落ちてるだけ。
なので2,30分ほどで終わってしまいました。嬉しい誤算です♪釣り人や公園利用の皆さん、これからもこの状態を保ちましょ~。
ゴミ拾いも終わりやることがないので、皆さんが来るまで先に釣りをしていることにしました。
ちなみ今日狙うのは大物のみ!だから今日はサビキや胴突きはやらず泳がせとヘチだけ。
この公園の場合、ヘチで夕方以前に釣れたことないのでまずは泳がせをすることにしました。
周りがあまり釣れてない中、川越の魚人さんが糸を垂れてから30秒で釣ったサッパを餌にして釣り開始!
前回は入れたらすぐ来たので今回もすぐ来ると思いワクワクしながら竿がしなる&ドラグが鳴るのを待っていたのですが・・・しばらくたってもまったく変化なし。
20分に1回餌の確認をするも、毎回ついていてしかも元気・・・。これは、粘りの釣りとなる予感。
なので、川越の魚人さんと雑談しながら当たり来るのを待っているといつの間にか14:00になっていました。
でもヘチローさん、イッチーさん、ホリさんの全員から、いろいろな用事で遅れると連絡が来ていたので誰かが来るまでこのまま2人で釣りを続行。
14:00を過ぎたあたりから川越の魚人さんの竿にはコンスタントにサッパが釣れるようになりましたが、僕の竿には何も来ない・・・。
結局何も来ないまま15:30になってしまいました。そろそろ泳がせで餌にしていたサッパが弱ってきたので新しいのに付け変えていると、ホリさんが到着~。
早速ホリさんにあいさつし、現在の釣果を報告。
ホリさんは僕たちの右側に釣り座を構え、投げやウキをやるご様子。
それからホリさんが仕掛け作りを終えたので一緒に雑談していると、遂に泳がせの竿がしなりました!
急いで竿を取って、慎重にヤリトリ。
が!あと少しと言うところでバラしてしまいました・・。あ~あもったいない。
このアタリの後はまた泳がせに当たりがなくなり、またホリさんや川越の魚人さんと雑談していると夕日が綺麗な17:00頃にヘチローさんとイッチーさん登場~。
DVC00056.jpg
お2人に軽く現在の状況を説明し、とりあえず全員揃ったので飲み会をすることに。
真ん中にあるスロープの前にシートを敷き、そこに皆さんが持っていた飲食物を並べよし!これから開始だ~というときに、また泳がせの竿にアタリ!
今度は先ほどの当たりとは違い瞬間的にしなってすぐドラグが鳴りそして竿尻が上に持ち上がりました。
急いで竿のところに向かい、今度はホリさんやイッチーさんのアドバイスを受けながらヤリトリ開始。
まず先攻は相手、糸をものすごい勢いで出してきます。
しかしこっちも負けてられません、ホリさん&イッチーさんのアドバイスの元竿を60°程の角度に保ちテンションをかけます。
DVC00057.jpg
しばらく一進一退の戦いをしているといつの間にか皆さんの心が一つになったように僕のヤリトリをじっと見守ってる!しかも他の関係ない方々も4,5人見守ってる!!
こんな状態の中でバラしたら、皆さん意気消沈してしまいます・・・、ものすごいプレッシャー(汗;)
そのためバラさないよう必死になって戦いましたが、やがて腕がいたくなりプレッシャーもすごいのでこのまま続けても勝ち目ないと思い、やむなくホリさんに交代。ウウ、スイマセン
ホリさんは急に交代を宣告されたにも関わらず華麗なヤリトリで相手をじわりじわりと弱まらせていきます。
しかし、相手も命掛かっているだけあって必死。
戦い開始から30分が過ぎても相手はまったく弱らず・・・、必死に抵抗。
戦い開始から40分後、いつの間にか当たりは暗くなって大物が上がってきても見えない状態になってしまいました。
そこで、イッチーさん&ヘチローさん&川越の魚人さんがライトで水中を照らして援護、僕はタモアミを持ちいつ上がってきてもいいように待機。
参加者全員が助け合って1匹の魚を釣り上げるように頑張ってる様子を見て、新ためて皆さんの心が一つになったことを実感しました。
戦い開始から約60分後、遂に80cmは越すであろう大物が水面に浮いてきました!すかさずタモ網を出動します。
そして、無事タモ入れ成功~。周りからは参加者じゃない方からも安堵と喜びが一緒になった歓声が沸き起こりました。
後半(というか殆どずっと)大物と戦ってくれたホリさん、いろいろ援護して下さったヘチローさん、イッチーさん、川越の魚人さん、そして僕らのことを見守ってくださったその他の方々のおかげで釣りあげることができました。本当にありがとうございます。
さて、掛かっていた大物は胴だけで55cm、尻尾も合わせると90cmを超える大型のアカエイでした。
P7170618.jpg
写真提供:ヘチローさん
IMGP2250.jpg
写真提供:川越の魚人さん
IMGP2247.jpg
写真提供:川越の魚人さん
上から、裏側から、前からといろいろな角度で記念に写真を取ったあと、リリース。
こんな大物を釣って大満足したので、今回はここで泳がせは終了。
ここからはヘチ釣りに専念することにしました。
先ほど、仕掛けは作っておいたので餌をつけて落とし込もうと思ったら風が強すぎで糸が落ちていかない(汗;)
なので前日と同様、さらに4Bを付けて10Bにしたもののこれでもダメ・・・。
さらに4Bを付け14Bにしたところやっと糸が落ちて行きました(汗;)。
まずは公園のワンド部へヘチってみるもまったくあたりなく、次に中央でヘチってみるもこちらも不発・・・、最後にへの字堤防の横でヘチってみるもハゼのあたりすらない・・・。
このままではヘチで1匹も釣れないような気がしてきたので、公園から離れ羊蹄丸の横に川越の魚人さんとヘチローさんと共にプチ遠征することにしました。
羊蹄丸の横についてみると、公園よりも3倍ほど込んでいます。
入りたかった場所に人がいたのでその横で落とし込み開始。
ここならセイゴくらいは来るだろうと思っていたのですが、公園同様当たり皆無・・・。
すると、少し離れた場所で竿を出してたヘチローさんがなにかを釣り上げました。
行ってみると、ここでは初めて見た24cm程の大きいカサゴでした。《写真は掲示板のヘチローさんのレスにあります。》
これをみて俄然やる気UP。しかし結局なにも釣れないまま切り上げ予定時刻の20:45になったので公園に戻ることに。
戻ってみるとイッチーさんがペン型釣り竿でメバルを釣っておりました。凄い!
それをみて釣り座で5分ほど落としてみたもののやはりなにも来ないので、21:00前に僕と川越の魚人さんは終了~。
参加してくれた方々に挨拶をして、2人で帰路につきました。

『第1回 一緒につりしましょう会』は参加者は少なかったものの大物が釣れたので僕の中では大成功だったと思います。これからは年に4回(各季節ごと)定期的に開催したいなと思っています。『第2回 一緒につりしましょう会』を早くても計画しております。掲示板に〈『第2回 一緒に釣りしましょう会』会議所〉という名前のトピを近いうちに開設しようと思っておりますので、参加したいと思っている方、興味のある方はこちらに目を通していただきご意見があれば遠慮なくお書きください。
最後になりましたが、今回お忙しいなか参加してくださったホリさん、イッチーさん、ヘチローさん、川越の魚人さん本当にありがとうござました。また参加くださいませ!


昨日、川越の魚人さんと若洲にクロダイを狙いにいってきました。
残念ながらクロダイは釣れなかったものの、フッコが釣れてなんとかボウズは回避できました。
僕は、明日から2週間沖縄に行くためおそらく更新できないので詳しくは川越の魚人さんのブログをご覧ください。

本日の釣果
【cocoの釣果】
アカエイ (約80cm) 1匹
【全体釣果】
・カサゴ×1(ヘチローさん) 
・メバル×1(イッチーさん) 
・サッパ×56(川越の魚人さん) 
・コッパ×2(川越の魚人さん) 
・アカエイ×1(ホリさんとcoco)

本日の記録
場所:青海南ふ頭公園
時間:12:00~21:00
エサ:アオイソメ
潮:中潮 大潮8:34/20:51 干潮2:34/14:40
天気:
気温:最高29.3℃ 最低24.6℃
風向:南
風速:最大瞬間風速13.9m 最大風速10.7m 平均風速7.4m

本日の仕掛け
●泳がせ(FUJI ジェット天秤10号・丸セイゴ針10号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉12B《合計》・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)


ブログランキング参加中
↓ポチっと押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ
にほんブログ村

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年7月11日 2週間ぶり釣行in青海南埠頭公園

 【12//2010】

6月27日に父とオールナイトでアオリイカ狙いで土肥港に行ったのを最後に期末テストがあったので釣行できず、やっと9日にテストが終わったので早速11日に『一緒に釣りしましょう会』開催にあたっての下見を兼ねてHGでもある青海南ふ頭公園に川越の魚人さんと行ってきました。青海南埠頭公園は4月に開催されたGett!杯以来なので約3カ月ぶりです。

10時に上州屋池袋店集合後、そこでアオイソを買ってからいざ釣り場へ!有楽町線、都営バスと兼ねて釣り場には11:50頃到着。釣り場は親子連れが2組と本気投げ釣りが1人の計3組で非常に空いていました。
IMG_0036.jpg

IMG_0037.jpg
写真は到着してから1時間後の公園。このときにはもう誰もいませんでした。
ちょうど大潮の干潮のピークなので、水面ははるか4mほど下。こんなに水位が下がってたのは初めてです。
まずはサッパを釣ってボウズを回避しようと思い、上州屋の3個入り190円のサビキをセットしてコマセもオキアミつけずいざ投入。すると・・・わずか10秒でウキが寝たので上げてみると、まぁまぁの型のサッパが1荷で2匹掛かっていました。
この公園で釣りを始めたのが去年の10月からなので、サッパを釣ったのはこの公園では初めてです。
IMG_0024.jpg
さらにまた落とすと、今度は10秒たたずウキがビューと沈んで1荷に3匹掛かっていました。
IMG_0023.jpg
3匹ともなると30cm級のセイゴよりも強い引きです。ただサッパの場合あっちこっちに泳ぎ回るのでセイゴのような引きではないですけども。釣りまくってる間に、自転車に乗ったルアーマンがやってきて「どうですか?」と聞いてきたので「サッパがいっぱい接岸していますよ~」とご報告すると喜んでワンドの方で探りに行きました。
この後も入れ食いが続き、途中フッコやセイゴやコッパが針に掛かったりしながら(セイゴ・フッコはすべてバラシ)わずか2時間経たずで早くも80匹に。ちなみにうち3匹にはサッパヤドリムシという寄生虫がついていました。
IMG_0029.jpg
(サッパヤドリムシというのはサッパの頭部に寄生して体液を吸う虫で大きさは1~2cm、湾奥ではよく見かけます。)
これだけサッパがいっぱい回遊しているのだから、もしかすると大型のフィッシュイーターが接岸しているかもと思いサビキを終了してサッパを使って泳がせをしてみることに。仕掛けはSimple is BESTだと思ってジェット天秤と丸セイゴ針だけとしました。
さらに泳がせと併用して、水が濁っているのでアナゴも行けるかと思いこちらも狙うことに。こっちの仕掛けもSimpleに丸型ナツメ錘とウナギ針のみ。
さぁ、はたしてこの2本の竿はしなってくれるでしょうか!ドキドキです。
30分後、両者とも変化なしと思ったら泳がせをしていた竿がしなってます。急いで竿を引いてみると、大物の手ごたえ!がしかしすぐに軽くなってしまいました。仕掛けを回収してみると天秤ごとなくなっていました。悔しい・・・。気を取り直してもう一度仕掛けを作りなおし、元気なサッパを引っかけもう一度投入しておきました。
ちなみにこの10分前に餌確認のために上げたサッパはこんなになってました↓絶対に何かいると確信。
IMG_0042.jpg
さらに30分後、そろそろヘチのころ合いかな?と思ってヘチ竿に糸を通して準備していると、突如泳がせに付けておいた鈴がけたたましい音で鳴っていました。そして次の瞬間深々と立てかけ置いた投げ竿が海中に引っ張られて180度に!つまりリールのところが上に上がっている状態。作業を中断し、急いで30mくらい離れた投げ竿のところに猛ダッシュ!間に合わないかと思いましたが、火事場の馬鹿力のような感じでいつもとはくらべものにならないくらい早いスピードで走りなんとか間に合いました。リール部が公園の柵の部分に引っかかってくれてよかった~。
しかし間に合ってホッとしてはいられません、持っている竿には大物が掛かっています。まずはドラグを緩くしてハリスプッツンを防ぎます。ガガガガガガガガガガガ~~~と糸が出ます。それにしてもすごい引きです。いつまでも主導権を握られせるわけにはいかないので時折巻いて弱まらせていきますがなかなかへばらない・・・。そんな時、先ほどのルアーマンの方が来て相手と真正面になるといいよ~と教えてくれました。そこで早速真正面に移動。この時点で、手は疲れ果て震えていますが、ここまで来て勝負放棄はできません。最後の力を振り絞り、やりとりすると、相手は疲れた模様で引きがストップ。今だチャンス!と巻いて行くとザブトンのような茶色の魚?が水面に一瞬見えました。と次の瞬間魚がもう一度抵抗したようでプツンと切れてしまいました。あと10mだったのに・・・。掛かっていた魚は、シルエット的にも引き的にもほぼ間違いなくアカエイだと思いますがなんとか陸に揚げてせいぜい大きさだけは測りたかったな。しかもバラシた少し後に雨が降ってきてかつ風も強くなったので、かなり凹んでしました。
もう一度大物を上げたいのでまた泳がせを投入し、僕はヘチで先ほどのルアーマンの方と一緒にスズキ系を狙うことにしました。このルアーマンの方も《釣りが好きな人のブログ》というブログを書いていらっしゃるようです。しかも、この方昔住んでいたところが現在の僕の家のすぐ近くだということが発覚!これで完全に意気投合してしまいました(笑)。
この後はこのルアーマンの方と世間話や釣りのお話をしながら探っていたので楽しいですが、肝心の当たりがない(汗;)。しかも雨も本降りに。急いでレインコートを着込み、ヘチ再開。そろそろ18時になり当たりもうす暗くなってきたので期待しましたが、ワンドの角でも、への字堤防の角でもどこでも当たりなく、というか風が強くて当たりがあってもわからず、雨もますます本降りになってラチがあかないので、本日は仕方なく納竿することにしました。余談ですが片付ける際に上げた泳がせの仕掛けが天秤ごとなくなっていました。ということは・・・また大物が掛かってた?!
IMG_0046.jpg
帰り際の一枚。雨がすごかったです。写真じゃわかりにくいけど。

最終結果はサッパ110匹ではたから見たら大漁な釣果だと思いますけど、なんだか納得行かない釣りでした。要因としてアナゴが釣れなかったこと、大物をばらしたこと、ヘチで何も釣れなかったこと・・・(ry でしょう。とはいえ、『一緒に釣りしましょう会』が近づいている中でサッパ110匹や泳がせでの大物と言う釣果は参加者の方々の士気が上がるものではないでしょうか?参加者のみなさん、ぜひサッパを釣ってそれから泳がせで大物釣っちゃってください!!もちろん、まだ参加者募集しております!ご遠慮なく参加表明しちゃってくださいね。一緒に釣りしましょう会の詳細は上の記事をご覧下さい。
IMG_0044.jpg
一緒に釣りしましょう会、飲み会予定地

本日の釣果《2人の釣果》
サッパ (10~18cm) 110匹
コッパ (10cm以下)   1匹

本日の記録
場所:都立青海南埠頭公園
時間:12:00~18:50
エサ:アオイソメ
潮:大潮 満潮4:58/18:48 干潮11:47
天気:
気温:最高28.1℃ 最低23.1℃
風向:南
風速:最大瞬間風速18.2m 最大風速13.5m 平均風速5.6m

本日の仕掛け
●サビキ(YAMASHITA 8号投げサビキ用ウキ・SUZUMI 大特価スキンサビキ5号)
●投げ(KAGEYAMA 丸型オモリ5号・SASAME ウナギ針10号)
●泳がせ(FUJI ジェット天秤10号・丸セイゴ針10号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・gamakatsu 黒チヌ針1号・呉羽化学 seaguarACE1.5号)


ちなみに27日に行った伊豆の釣果は、アオリイカ0でした。周りが結構釣れている中でのボウズので悔しいかったです。
あとは序盤にやった胴つき&投げサビキでアイゴ、サササノハベラ、小メジナ、サビハゼ、ネンブツダイでメジナ以外はすべて外道・・・。トホホ
でも、周りの人がイカを結構釣れていたので、イカの魚影は濃そうですよ。


ブログランキング参加中
↓よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。