2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:本牧海釣り施設 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2009年12月18日 本日の本牧回遊魚祭り

 【19//2009】

先週に引き続き、今日も若洲・お台場周辺&横浜の釣り日記の川越の魚人さんと釣行。
前日からウミタナゴが安定している横須賀うみかぜ公園・うみかぜ公園にするか、ここ最近カタクチイワシが回遊し始めた本牧海釣り施設にするか散々迷い、当日も最後の最後まで悩んだ挙句本牧海釣り施設に決定。

現地到着は10:30頃、釣り開始10:50頃。
10:30頃の旧護岸

10:30頃の渡り桟橋

10:30頃の新護岸
上:10:30頃の旧護岸 中:10:30頃の渡り桟橋 下:10:30頃の新護岸
回遊魚が多く回ってくる沖桟橋の渡り桟橋側の端が良かったが、あいにく地元の方でいっぱい。
鳥山
渡り桟橋側に現れた鳥山
しかたがないので沖桟橋真ん中あたりに釣り座を構えることに。まずは、川越の魚人さんと僕とでスキンサビキを1つずつ投入。
すると、5分も経たないうちに2本の竿がほぼ同時にピコピコと小さくしなる。あげてみるとイワシが鈴なりにかかっている。どうやらいつもつれるサイズよりかは一回り小さいようだ。
カタクチイワシ
その後も釣れ続けるかと思ったら10匹くらい釣ったところで、あたりがピタッと止んでしまった。
その1時間後・・・もう、夕方まで回遊来ないかなと思っていると、川越の魚人さんの竿が大きくしなった。早速上げると、26cm程のコノシロ。僕は、コノシロを写真でしか見たことがなかったので、とてもうれしいです。
コノシロ
その10分後、今度は僕の竿が大きくしなった。早速リールを巻くが、重くてなかなか上がってこない。巻くこと1分。60cmはあるだろうボラが顔を出した。川越の魚人さんにタモアミを用意してもらうが、あと少しというところで、バラシ。しかも仕掛けの下半分を持ってかれた!ボラは食用とはしないが、大きなボラだったので、写真に収めたかった。う~ん残念。
さて、その後は、まったく音沙汰なし。このまま沖桟橋中央付近にいても、イワシとコノシロだけで終わりそうな気がするので、沖桟橋根元に空いてる場所があるかもしれないと思い、根元付近にいってみた。
すると、内側ではあるが、ギリギリふたりくらい空いてるスペースがあったので、そこに移動することにした。
移動してまもなく、外側でサバが釣れ始めた。しかし、僕らには全く来ない。外側に、少しだけスペースがあったので、そこに僕が入れさせてもらうことにした。しかし、両隣りにはポツポツ来ているのに、僕には全く来ない。
このまま行くと群れが去ってしまうので、隣の方にタナをおしえてもらった。どうやら、海面から3~4mほどだという。
そんな表層にいるのか疑問に思いながら、一応言われたとおりにやってみる。すると3分後ぐぐっとあたりが!急いであげる。む~イワシとはあきらかに違う当たり。上がってきたのは25cm近くの、マサバ。人生初のサバが釣れたと、喜んでいたのもつかのま、ハリスが切れて海にお帰りになって行った。しばらく茫然としていたが、あきらめずにもう一度同じタナに入れる。すぐに当たりが。今度はバラさまいと思い、全神経を集中させすばやく上げる。あと30cm・・・あと20cm・・・あと10cm・・・引き込み成功!人生初のサバをゲット!
マサバ
川越の魚人さんが血抜きをして下さるそうなので、お願いをしさらに数をあげようということで、僕は釣り担当にさせていただいた。
そして結局4匹追加をし、回遊終了。しかし、その5分後内側に出していた川越の魚人さんの竿が大きくしなる。またまたサバをGET!さらにその10分後外側の川越の魚人さんの竿が大きく揺れまたまたサバゲット。この後はサバは来ず、代わりにイワシが回ってきた。イワシも表層気味。30分後には入れ食いではなくなってしまったがポツポツと当たりが来る。
時刻は4:00になった。5時に施設が閉鎖されてしまうので、そろそろかたずけることにした。そして仕掛け類をかたずけ終わり、あとは竿を上げるだけだというときに、川越の魚人さんの底に落としていた竿が、しなっている。さて、最後の魚は・・・15cmくらいのマアジのWだった。
マアジ
閉鎖15分前にかたずけを全部終了し、本日の釣行は終わった。
なんと12月なのに回遊魚がたくさん来て驚いた。こんなに釣れた本牧は初めてだ。
サバ5匹だけ、持ち帰らせていただくことにした。

川越の魚人さん、前回に引き続きいろいろとありがとうございました。
また、行きましょう!

本日の釣果
マサバ     (25cm~35cm)  7匹
マアジ     (15cm~17cm)  2匹
カタクチイワシ (8cm~15cm) 39匹
コノシロ         (26cm)  1匹
本日の釣果
本日の釣果の一部 この写真の後、アジ2匹・サバ1匹・イワシ20数匹が釣れた

本日の記録
場所:本牧海釣り施設
時間:10:50~16:30
エサ:コマセ
潮:中潮
天気:晴れ 
気温:最高9℃  最低3℃
風速・風向:南西  最大瞬間風速15.4m
仕掛け:全種盛り合わせサビキ(ぼうずのがれ)、スキンサビキ

※今回は形式・字体を少し変えてみました。
スポンサーサイト

Category: 本牧海釣り施設

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2009年10月25日 雨の本牧へ

 【27//2009】

試験も終わったので、日曜日に1ヵ月半ぶりにレインコートを着て友達と4人で本牧海釣り施設へいってきました。

途中バスを降り、SEAWOLFという釣り具店でイソメ、オキアミ、アミコマセ、クロダイ用のモエビを買い本牧海釣り施設に着いたのは8:00チョイ過ぎ。この日は、雨だったため、人も少ないと思いましたが、入場規制こそないものの渡り桟橋以外、満員状態でした。沖桟橋でサビキをする予定でしたが、空いてる場所がないので、渡り桟橋の沖桟橋よりで釣りをすることに。今回は1本はサビキ(6号)でもう1本は胴突きにしました。
渡り桟橋

沖桟橋

旧護岸
上:8:10頃の渡り桟橋 中:8:10頃の沖桟橋 下:8:10頃の旧護岸

8:30頃に仕掛けを作り終わり、釣り開始。その後1時間経っても、胴突きにもサビキにも当たりなし。周りも釣れている形跡がありません。この時間にサビキに当たりがないということは、しばらくは期待薄だろうと思い、サビキは友達に任せ、僕はヘチ釣りをすることに。

渡り桟橋の橋脚や沖桟橋のハシゴ周辺を中心に探りましたが、まったくあたりなし。気づいたら12:00になっていて、一旦みんなのいるところに戻りました。そうしたら、イソギンポが釣れていました。胴突きにかかったとのこと。これで一応は、ボウズ回避ですが・・・。
イソギンポ

13:00頃になり、沖桟橋の渡り桟橋よりの端が空いたのでそこに移動。そこではサビキOnlyにしました。サビキは友達に任せ、僕は、ヘチ釣りを再開。今度は旧護岸、新護岸を中心に狙いましたが、相変わらず当たりはなく・・・。風が強くなってしまったので、ヘチは終了。僕もサビキをすることに。

15:00頃、サビキの竿がぐぐーっとしなりました。友達が、急いで引きましたが、根がかりしてしまい、バラシ。凄い強い引きだったので、おそらくソーダガツオでしょう。とてももったいないです。たまたま僕はその場にいなかったので、とても後悔しています。

17:00になって暗くなったこともあり、ほとんど人がいなくなってしました。僕らは、まだ回遊魚を釣ってないので、あと1時間ねばることに。外海側が空いたので、そっちに移動。僕は、ブラクリで、根魚を狙うため渡り桟橋の階段付近で探ることにしましたが、まったくあたりがないので、40分足らずで終了。
サビキのほうを再開。

18:00になり、そろそろ帰るかと相談していると一番端の人が、30~40cm級の巨アジを連続ヒット。あと少し続きることにしました。しかし、タナが違うのか、まったく釣れません。全部の針にオキアミをつけたり、余ってるコマセを全部撒いたり、ケミホタルを付けたりして、いろいろ試行錯誤した結果、やっときました。ぶるぶるという当たり。さっきの二の舞にならないよう急いで引くと15cmくらいの豆アジではありますが、アジをゲット。本牧でアジを釣ったのは初めてです。総合的に見ても、アジを釣ったのは初めてかもしれません。
マアジ

その後は、残りの仕掛けとおまつりになってしまい無念の納竿。もしおまつりになっていなければ、あと3匹は追加できたかもしれません。残念です。まぁ、それでも18:00まで粘ったかいはあったかなと思います。今回も結局根魚系は釣れませんでしたが・・。
夜の渡り桟橋
18:30頃、帰る時の渡り桟橋。もう真っ暗です。

本日の釣果《4人の合計》
イソギンポ  (8cm) 1匹
マアジ    (15cm) 1匹

Category: 本牧海釣り施設

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2009年8月21日 本牧に釣りへ・・・・

 【22//2009】

今回は僕とS君とK君の3人で釣りへ行ってきました。

5時33分の電車に乗り・・・・のはずが起床5時35分・・・しまった!!・・・。今日は朝から最悪ムード全開です。その後10分後くらいに家を出るもいろいろ忘れ物をしてしまい、結局乗った電車は6時1分発。この電車もあと30秒遅れたら乗り遅れていました・・・。そのため友達と渋谷に5時55分待ち合わせてで6時5分の東横線に乗る予定が6時30分近くの電車になってしまいました。しかも、普通。横浜駅に着いたのは7時近く。そこから市営バスで本牧へと思いきや、またまたアクシデント。バス停に長蛇の列・・・。まさかと思いましたが、そのまさかが的中。そのまさかとは次のバスに乗れないこと。しかなく次の次のバスに乗りましが、こちらも満員。とてもすわれる状況ではなく。船員センター前あたりでとても空いて席に座ることができましたが25分くらいず―っとっちぱなしでしかも荷物をたくさん持っていたので疲れました。

やっとの思いで本牧海釣り施設へ到着。もう8時近くでした。もしかしたら、混んでるかもしれないと思っていたらなんと沖桟橋もいつもと比べて2倍以上空いてました。3人分入れるところももちろんあり朝から沖桟橋。来るときあれほど不幸が続いたので、福の神が助けてくれたのかもしれません。
8月21日写真① 8月21日写真②
↑2枚とも8時頃の沖桟橋

さっそくイワシ、アジを狙うため、ちょっと小さめの4号針のスキンサビキ投入。おお~早速来た!とはならずタナを変えても当たりなし。周りもあまり釣れていません。結局朝の9時半まで、S君が一匹釣ったイワシのみ。

ここからねばってもあまり来ないので2人を沖桟橋に残し、僕は根魚やその他の魚を求め、新護岸の渡り桟橋へと続く階段の下あたりに移動。そこではいまだかつてみたことのないこうけいを目の当たりにしました。なんと護岸で釣りをしている人が騒いでいます。なかにはタモ網をもったおじさんも4、5人いました。一体何事だと思い聞いてみると、水面をカレイやメバルやカサゴやアイナメが泳いでいるそうです。この時期にアイナメやカレイなんてちょっとおかしいので、本当かな?とおもいタモ網を持った人のところに行くと本当に40cmくらいのカレイが泳いでいました。しかも網には動じず、そのまま泳いでいます。そしておじさんキャッチ。いや~凄かったですね。因みにそのカレイは網の所有者と思われる親子に上げていました。その親子に頼み大きさを図らせていただくと37cm立派なカレイでした。僕もタモ網を持っていたので早速組み立てとろうとしたところ、さっきのおじさんが来て、「おい、坊や 魚捕ってきて上げるよ」と言ってタモ網を持ってとりにいって下さいました。僕はその間に投げウキ釣りと胴突きの仕掛けを作り投入。

20分後おじさんが戻ってきました。しかし、魚はいなかったとのこと。ちょっとがっかりしましたが、親切にしてくれたことを感謝しました。その10分後、さっきのおじさんがきて「坊や、カニでよければとってきて上げる」ということなのでお願いしました。でも、カニってどこにいるんですか?と聞いたら、その辺泳いでたり護岸に張り付いているよとのこと。見てみると本当に張り付いていました。5分くらいでおじさんがかえってきて、甲羅全長15cm以上のワタリガニをとってきてくださいました。嬉しい限りです。
8月21日写真③

30分後隣にいた中学生くらいの子が僕に網を貸して下さいと言ったので、なんかいるのと聞いたらタコがいるとのこと。クラゲかもしれないよといいながら貸してあげて見に行くとほんとうにタコが泳いでいました。網に入り上げてみると頭の大きさ10cm弱の足の長さ15~20cmくらいでそこまで大きくはありませんでしたが、とりあえず写真を撮らせていただきました。
8月21日写真④
その後、僕もタコや魚をさがしたのですが見つかりませんでした。

やがて潮が満ち始め、水面にいた魚がいなくなってしまいました。しかし、それと入れ替えにクラゲが大量発生。
8月21日写真⑤
透明のやつだけでなく赤い、いかにも毒があることがわかるクラゲもたくさん、浮かんでいます。それはさておき、釣り竿の方にはな~んにも当たりがありません。暇なので、さっき、カレイをもらっていた子が話かけてきたので一緒に付き合ってあげ遊んでいました(笑)

お昼になり、お昼御飯食べるということなので一旦子供と別れ、僕もお昼御飯食べることにしました。

ご飯を食べ、釣り再開。一旦竿をあげてみましたが、エサをとられた形跡はなく、まったく魚がきていない様子。その後も1時間・・・2時間経過しましましたが、当たりなし。さっきカニをとってくれたおじさん曰く階段の下が釣れるよとのことなので胴突きをそこに移動。

しかし、4時になっても当たりなし。そろそろイワシが来る時間なので沖桟橋から移動してきた友達にイワシが釣れる時間帯だよといい渡り桟橋の先端にイワシを釣りに行かせました。僕は護岸でねばりました。しかし、サビキにも、護岸にも当たりなし。いつもこの時間ならイワシ・サッパくらいは釣れるはずなんですがね・・・。20分くらいして友達二人が帰ってきました。なにか釣ったのかと思いどうした~と聞くと二人とも竿を折ってしまった様子。おいおい・・・俺の竿だぞ・・・。そうしたら隣のおじさんがきて直し方をアドバイスしてくれて直すことができました。とはいっても応急処置ですが。とにかくあのおじさんには感謝、感謝。

5時になっても護岸にもあたりはなく、6時になってもあたりはなく、波もつよくなってきたので納竿。サビキの方は5時近くにイワシを1匹だけS君が釣ったようです。

バス停でバスを待っているとさっきのおじさんがきたので、一緒に話しているとやはり、今年は例年より極端に魚が少ないらしいです。なんだか水面に魚が泳いでいたり、魚がすくなかったり、大地震や大津波などがくるのかもしれません。とにかく、今年は変です。おじさんも、なにか(自然災害が)来るなと言っていましたし、とても心配です。

そういえば、私、今日、ボウズ・・・・

本日の釣果 《3人の合計》  ()内のものは網ですくったもの
イワシ     (約15cm) 2匹 
(ワタリガニ) (約15cm) 1匹
8月21日写真⑥

施設のホームページを見ると21日は今月の中で一番最悪な釣果だったと思います。
タコやシャコを合わせて全体で7目・・・。全体での数はイワシ以外、100匹下回っていました。いつもつれていたはずのサッパも35匹。とてもおかしな日でした。

Category: 本牧海釣り施設

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2009年6月14日 本牧へ行ってきました!

 【15//2009】

6月14日にS君とK君と3人で本牧海釣り施設に行ってきました。

渋谷から電車に乗り、いろいろな交通機関を経て7時00分過ぎに本牧に着きました。
前回よりかは空いていましたが、それでも沖桟橋は人でごった返して、とても入れる状態ではなかったのですが渡り桟橋はとても空いてたので、前回同様、渡り桟橋に陣取りました。
6月14日写真①
6月14日写真②
上:7時頃の渡り桟橋 下:7時頃の沖桟橋
渡り桟橋に陣取り、とりあえず胴突き仕掛けを作っていると周りでイワシが釣れ始めました。これはチャンスだと思い、急いで胴突きを後回しにしてサビキ仕掛けを作り、釣り開始。するとコマセもつけずにすぐに当たりが。K君にも、当たりがどんどんきました。イワシの群れがきている最中にS君が到着しS君も急いでサビキ仕掛けを作り投入。しかし、時すでに遅くS君が着たとほぼ同時にイワシの群れが終わってしまいました。

その後は、ポツポツと迷いイワシ?が周りの人に来るも大きな群れは来ず、前回と同じく、当たりがまったくない状態になりました。仕方なく友達といろいろはなしていると隣のおじいさんの竿にイワシが連続で掛かっています。これは、また来たかと思いサビキをやってみると一時的なものだったようでまったく釣れませんでした。1時間・・・2時間と周りも僕たちもあたりがありません。当たりが来ないので前回、川越の魚人さんに教えていただいたウキの仕掛けを作ることにしました。少々、時間がかかりましたが、なんとか作ることができました。もちろんこの作った仕掛けも投入。ウキ釣りにもサビキにも胴突きにもまったくあたりがない状態が続きます。
6月14日写真③ 6月14日写真④
上:当たりのない状態の続く竿 下:当たりのない状態の続くウキ
10時半ごろ、当たりがまったくないので、あきらめたのか沖桟橋にいた人がどんどん帰っていき沖桟橋に空きが目立ち始めました。そこで、僕たちは沖桟橋に移動。移動してもやっぱり当たりがない状態が続きます。

12時になったのでご飯を食べに行きました。その後30分くらい休んだ後、沖桟橋に戻りましたが相変わらず、当たりがありません。その後も1時間・・・2時間当たりがない状態が続きます。3時になってイワシの群れが来なかったら帰ろうかなと思っていると2時半ごろ、近くの子連れにイワシが連続で掛かっています。お!来たなと思いさらに周りを見るとどんどん連れてきています。いままで静かだった沖桟橋がにぎやかになりました。僕たちも釣るぞとサビキを落とすとすぐに当たりが。上げてみると連続5匹hit!今日は、まだ1匹も釣れていなかったS君にも連続hit!。もちろんK君にもhit!30分くらいイワシの群れが着てましたが、だんだん減ってきてついにまた釣れなくなってしまいました。

また暇になるな~と思っているとK君にまたhit!どうやら群れは底近くから表層に変ったようです。僕も表層でやってみると本当にあたりがきました。しかもK君にはサッパが掛かりました。前回と合わせて、初のイワシ以外の魚だったのでうれしかったです。サッパが掛かってから5分くらいはイワシの群れがきていましたが、アタリも止み、また静かな状態が続くと思ったらどうやら小さい、群れはまだきているようです。10分おきにイワシが掛かります。しかし5時くらいまたまったくアタリがなくなってしまいました。
6月14日写真⑤

6時くらいまであたりがありませんでしたが、放置しておいた投げ竿を上げてみるとなんとメゴチが掛かっていました。今回2匹目のイワシ以外の魚だったのでこっちもうれしかったです。
6月14日写真⑥
6時20分ごろ1回イワシが掛かりましたが、雨が降ってきたので納竿。今回は数は少なかったものの種類は本牧にしては多かったと思います。

本日の釣果
カタクチイワシ (8cm~15cm) 43匹
サッパ      (18cm)     1匹
メゴチ       (6cm)      1匹
6月14日写真⑦

※次回は三浦半島に行きたいと思います。そのあと、また川越の魚人さんと磯子か大黒か本牧に行く予定です。川越の魚人さん、よろしくお願いします。


Category: 本牧海釣り施設

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2009年6月7日 本牧海釣り施設に釣りに行きました。

 【07//2009】

昨日、本牧海釣り施設に僕の友達のS君とY君、そして「若洲・お台場周辺&本牧の釣り日記」の管理人である川越の魚人さんとともに、釣りをしにいきました。
僕たちは、本牧海釣り施設まで比較的近い為、川越の魚人さんよりもはやく本牧に行って現地で逢うことにしました。

5時2分発の山手線に乗り、6時50頃本牧に着きました。
6月7日写真① 6月7日写真②
去年の5月以来だったのでとても久しぶりです。大漁旗があったので、もしかしたらたくさん釣れるかもしれないとちょっと期待。混み具合は前回と比べて全然すいていますが、それでもなんと総入場数は1200人近くとのこと。
まだ朝もはやいせいか沖桟橋以外は結構空きが目立っていました。僕達は沖桟橋で釣りをしたかったのですが、仕方なく渡り桟橋で釣りをすることにしました。あとから来る川越の魚人さんの分も取っといていざ釣りを始めました。
6月7日写真③ 6月7日写真④
2つとも7時頃の沖桟橋
釣り糸をおろしてから30分くらい経ってイワシの群れがきました。あわててサビキ竿をしゃくるとイワシ1匹ですが釣れました。がしかしバッカンにいれようとしたら落としてしまいそのまま海へ帰ってしまいました。その後はイワシの群れも来なくなってしまいただ釣り糸が垂れている状態だけになってしまいました。

8時30分頃、川越の魚人さんが到着。取ってあった場所で釣っていただくことにしました。しかし、せっかく来ていただいたのにまったく釣れる気配がありません。おまけに暑い。周りもまったく釣っている気配がなく3時間くらい続きます。その間、川越の魚人さんといろいろ話をしていましたが、3時頃にくるかもとのこと。
3時くらいに来ることを期待し休憩所で休むことにしました。
川越の魚人さん
12時くらいにうどんを食べてさぁ釣りを始めようと意気込みながら釣り座に戻る途中に僕の4組隣の人たちが60cmくらいのスズキを釣っていました。これは僕たちにも来るかも!?と期待していましたがまったくあたりがありません。まったくアタリがないので、川越の魚人さんにウキ釣り仕掛けの作り方を教えていただくことにしました。川越の魚人さんはとても教え方がうまく、僕はすぐに理解できました。

川越の魚人さんの言うとおり3時ごろになってようやくイワシの群れがやってきて、イワシを釣ることができました。しかし30分くらいで群れは止んでしまい、またさっきの状態が続きます。

4時くらいになり、沖桟橋にぼちぼち空き場所が出てきて、僕たちはそっちに移動することにしました。
移動したのはいいのですが、まったくアタリがありません。イワシの群れすらきません。6時くらいになってもまったくアタリがないので納竿することにしました。しかしかたずけているとイワシがボチボチ釣れていたのでまだかたずけていなかったサビキ竿で友達がイワシを釣ろうと健闘していましたが、結局すれずその日の釣果は3時くらいに釣ったイワシ37匹だけとなりました。4人で37匹は非常に少なくて残念です。帰る時はもう沖桟橋はがらがらでした。
6月7日写真⑤

川越の魚人さん、釣りのことたくさん教えてくださりありがとうございました。これからもたくさん釣りのこと教えてください。あと今日は僕たちにとって、とても楽しい1日となりました。また行きましょう!

本日の釣果
イワシ (約10cm~15cm) 僕達(3人) 10匹  川越の魚人さん 27匹  計37匹
やはり川越の魚人さんと僕達は熟練度がまったく違いますね。短期間でしかもひとりでこんなに釣ってしまうとはすごいです・・。
6月7日写真⑥

※来週の日曜日にまた本牧へリベンジしに行きたいと思っています。お楽しみに!!

Category: 本牧海釣り施設

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。