2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:磯子海釣り施設 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2011年1月5日 2011年初釣りin磯子海釣り施設

 【15//2011】

皆さま申し訳ございません。最近、勉強が忙しくなってきてかなり更新が遅れてきてます・・・。しかも勉強だけでなく、学校の方も結構忙しいので釣りでさえ全然行けない状況です・・。なるべく早く更新するよう頑張ってはいますが、おそらく今度しばらくは更新が遅くなります。さらに次回の釣行記からは予定が落ち着くまでは短編になりますので何卒ご了承を・・・。

本当は元旦から初釣りに行きたかったのですが、4日までは家族でスキーに行ったり七福神巡りに行ったり宿題をしたりとかなり忙しくて全く釣りに行けず・・・。
そして、5日にやっと余裕が出たので電車でGo“東京湾釣り日記”の管理人である川越の魚人さんと一緒に初釣りに行くことになりました。
今回はせっかくの初釣りなので、いつもの湾奥よりちょっと遠い横須賀のうみかぜ公園に行こうかと思っていましたが、最近横浜に全く行ってないので横浜に行くことに決定。
しかし、この時期は横浜も湾奥と同じく釣れる魚はかなり少ない・・。そこで少しでもたくさんの魚が釣れるようにといろいろな釣り場をリサーチし、その結果、横浜の中で一番釣れている釣り場が磯子海釣り施設だったのでここで初釣りをすることになりました。
 9:00に川越の魚人さんと池袋で集合し、一番安い東急経由で磯子まで向かいそこからバスに乗って11:00頃に磯子海釣り施設に到着。
IMGP0942.jpg

IMGP0944.jpg

IMGP0947.jpg
入口近くは結構空いていたものの、ちょっと奥へ行くと結構混雑しています。
IMGP0948.jpg

IMGP0954.jpg
僕らは、そこそこ空いていた釣り護岸のトイレがあるL字型に曲がったところから20mくらい先端よりのところに釣り座を構えることにしました。
IMGP0957.jpg
ここは竿を1人2本までしか出せないので、いろいろ悩んだ結果最初は五目狙いでチョイ投げとメジナ狙いで波堤チヌと4.5mの磯竿を使ったなんちゃって落とし込み釣りをすることに決定。
ん?なぜ落とし込みなんだ?磯子はヘチも十分狙えるだろうと思った方、いると思います。
実は波堤チヌドラグ付きにはドラグを最高まで緩めてもフリクションが残るので、ヘチ釣りには使えず、前打ち・落とし込釣り用だったのです・・・。
僕は、ど素人のためノンドラグモデルとドラグ付きモデルが併売している場合、ドラグ付きにはフリクションを残してあるということを全く知らずためらうことなくドラグ付きの方を購入してしまいました・・。
もっと調べて買っとけばよかったと、結構後悔しています。
しかしながら購入したものを悔やんでも仕方ないので、近いうちに長竿を購入して未だやったことのない前打ちに挑戦してみようと思います。
勿論、ちゃんとしたヘチ釣りをするためにヘチ用のタイコリールも今度こそ購入するつもりです・・。
おっと話がずれてしまいました(汗;)、釣行記に戻ります。
今回は、餌にアオサとアオイソメを用意したのでチョイ投げにはアオイソをなんちゃって落とし込みにはアオサをつけていざ釣り開始。
IMGP0950.jpg
メジナの特餌であるアオサは今回が初使用。そのため入れ食いになるかも!と思いながら落とし込んでみたのですが、現実はそう甘くなく全く当たりなし。
チョイ投げの方もときどきヒトデが掛かるだけでお魚さんはサビハゼさんでさえ掛かりません。
もちろん、この状況は隣で釣りをしていた川越の魚人さんも同じで、二人でこの激渋さに大苦戦・・・。
このままではボウズの可能性があるのでかなり焦っていたのですが、川越の魚人さんが視点を変えてトリックサビキをやってみると・・これが大当たり!
最初にクサフグが掛かり、次にイソギンポ、ウミタナゴ、チビメバル、ついには小さいながらも今回の本命メジナまでゲット!外道とする魚が多いとはいえ、これだけの快進撃に僕はただ驚くばかり・・・。
僕も川越の魚人さんの後に続こうと、まったく当たりがない挙句に根が掛りをして天秤ごとロストしたチョイ投げをしまい、2号ウキに針を2つつけアオイソメを房掛けにしてヘチに落としてみることにしました。
しばらくしてチビメバルが掛かりなんとか初釣りボウズは免れました。
IMGP0955.jpg

IMGP0956.jpg
2011年初釣魚なので、記念に拡大写真もパチリ
ということで2011年のcocoの初釣魚はメバル。大きければ申し分なかったけど、贅沢は言ってはいけませんね。
このメバルは、写真を撮った後、当然のことながらリリース。
15:30、続けてもう1匹釣ろうとウキ釣りは置き竿にし磯竿だけを持って一番先端へ。ちなみに餌はアオサとアオイソのW掛けです。
先端に移動してから30分後、5mくらい先を探っているとやっとこさ当たりがあったので即合わせると何かが掛かりました。波堤チヌで初の魚なので慎重に巻いていくと、魚が水面に見えてきました。しかし、水面に見えた瞬間になぜか針が外れ痛恨のバラシ・・・。
水面に見えた魚は結構沖で水面に出たので魚種の判断は難しいのですが、カサゴの可能性が一番高いですね。それも結構いい引きだったのでちょっと大きめだったのではないかと思います。本当に悔しい・・。
このあたりの後は、1回も当たりがなくやむなく釣り座に帰還。
釣り座にもどると、川越の魚人さんが僕のウキに掛かったウミタナゴを代わりにあげて下さっていました。大感謝です。
IMGP0958.jpg

IMGP0961.jpg
ついでにウミタナゴも記念に拡大写真をパチリ
しかもこのウミタナゴの他にも、川越の魚人さんの竿に掛かったサビハゼと大きなガザミ(もしかしたらタイワンガザミかも)もあげておりました。本当にすごいです・・。
僕は下手に移動するより釣り座周辺で探った方がいいと判断しトイレの前~釣り座までを探ってみることに。
しかし、この時期の磯子海釣り施設の閉館時間は17時なのであと30分もありません。
なのであまりじっくりは探っていられません。でもじっくり探れないのでは魚を釣るのは難しい・・・。案の定、この場所では1回も当たりにありつけないまま16:50になってしまったので急いで竿を片づけ施設を後にしました。
しかし初釣りでウミタナゴとちびメバルだけでは、非常に物足りない。そこで川越の魚人さんに我儘を言って施設の横にある電源開発前の護岸で18時まで竿を出すことにしました。
ここでは先ほどの落とし込みで対岸のヘチを探ってみることにしました。が、施設で釣りしていた時よりも3倍くらい強い風で思うように操れません。
とりあえず30分くらいやっては見たのですが、磯竿が風の抵抗を受けるので手がとにかくぶれて当たりもまったくわからないので落とし込みは仕方なくしまい、代わりにヒイカ狙いでエギングをやることにしました。
実はこの場所、常夜灯が何本もあってすごい明るいためかツツイカ類を始めオリイカなどの超1級ポイントなのです。
IMGP0968.jpg
風が強いので2号の餌木に1.5号のナス型錘をつけて、対岸の岸に餌木を当てて落とします。それからしゃくしゃくとサビいていくと、5投目くらいで急に重くなりました。そう、ヒイカを掛けた時のゴミを引っかけたような重さです。
絶対にイカだと思いこみウキウキしながらあげてみると・・・掛かっていたのは生物ではあるもののイカとは程遠いナマコでした・・。
IMGP0965.jpg
ということは壁にひっついていたものに引っかかったのでしょう。イカだと思い込んでいただけにかなり凹みました。
でも餌木でナマコが釣れるのは結構珍しいかもしれません。このナマコは写真撮影後リリース。
さて、今度こそイカを釣ろうともう1投くらいしたかったのですが、風がどんどん強くなってエギング竿でさえも操るのが難しくなったので、ここで納竿することにしました。
 今回は初釣りだったのに悲しい釣果でした。川越の魚人さんとのトータル釣果ならいいかもしれませんが、個人ではかなり悪いです。せいぜい木端でもいいからメジナを釣りたかった・・。あと施設終了後に少しだけ竿を出した電源開発前の護岸ですが、やはりこの場所は他のどの場所よりもイカがいそうな雰囲気をかもし出してます。次回いつここに行けるかわかりませんけども、その時は必ずイカを釣ってやるです!


本日の釣果《2人の合計》 ( )はcocoが釣った数
イソギンポ    (7cm)    1匹
ウミタナゴ    (14cm)    2匹(1匹)
ガザミ       (18cm)   1匹
サビハゼ     (10cm)   1匹
ナマコ     (15cm前後)  1匹(1匹)
ヒガンフグ  (15cm前後)  1匹
メジナ      (15cm)    1匹
メバル       (7cm)     3匹(1匹)
※新年に伴い、若干項目を追加しました。

本日の記録
場所:磯子海釣り施設、電源開発前の護岸
時間:11:00~18:00
エサ:アオイソメ・アオサ アミコマセ
天気:
気温:平均7.1℃ 最高11.5℃ 最低3.0℃
水温:12.0℃
湿度:平均46%
風向:西南西
風速:最大瞬間風速10.8m 最大風速6.6m 平均風速3.4m
潮:大潮 満潮6:16/16:51 干潮11:29/23:48
1月5日 潮汐表
※新年に伴い、若干項目を追加・修正しました。

本日の仕掛け
●チョイ投げ(FUJI ジェット天秤12号・OWNER 同体カレイアイナメ9号)
●ウキ(YO-ZURI 秋桜2号・YAMASHITA 波止メバル7号<ウキ仕掛>)
●エギング (上州屋 大特価2号餌木)
●落とし込み(YO-ZURI ガン玉4B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHAseaguarACE1.5号)



ブログランキング参加中
↓クリックして応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ


沖縄お土産キャンペーンの抽選をこの前行なわせて頂きました。
抽選方法は紙に応募者の名前を書いて箱に入れてシャッフルして僕が引くというシンプルな方法です。生憎、抽選の様子は写真に撮らなかったので写真はないですが・・。
さてきになる当選者ですが・・・多数の応募の中から見事当選された方は・・・



shigeさんです

おめでとうございます。早速、賞品をお送りしますのでメールにて住所と郵便番号と漢字でお名前をお教え下さいませ。なお今回は落選してしまった方、また別の機会にキャンペーンを行うかもしれませんのでその時にリベンジしてくださいませ!!
今度もcocoの釣行記をよろしくお願いします!
スポンサーサイト

Category: 磯子海釣り施設

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年1月22日 2年ぶりの磯子海釣り施設へ

 【24//2010】

本日、学校は入試のため休み。本当は自宅学習日ということで家で勉強をしてなくてはならないのですが、課せられた宿題すべてを終わらせたため釣りにいってもいいだろうということで行くことにしました。
今回は、この頃ウミタナゴやメバルの釣果が入場者数のわりに比較的多く釣れている磯子海釣り施設に行くことにしました。

6:00ちょいすぎに渋谷で友達2人と待ち合わせをして、東急・京浜東北線と経て7:40頃根岸駅到着。
根岸駅
本来磯子駅からバスなのですが、釣り餌を買うため根岸駅で降りて歩いていくことにしました。一応、施設なので餌は完備してあるのですが、どうも施設のエサって値段の割に少なくて生きが悪い気がするので海釣り施設ではこの頃買わないことにしています。
無事餌を購入し30分程歩きました。
良さそうな場所
釣り餌自販機
上下:歩いているときにみつけたもの
やっとこさ施設に到着。最初は、500円払わずに施設外でやっても釣れるのではないかと思い施設外でやってみることにしました。
早速胴突きは落とします。すると、5分足らずで大きい当たり!さっそくあげようとするとブルブルという感覚とともに思い感触。メバルっぽい当たりです。これは大きいぞと思い、意気込みましたが途中でまさかのバラシ・・・。
その後は当たりなし・・・。腹をくくって施設内に入ることにしました。
入場時の施設の人数は20名以下でした。さすがは平日とても空いてますね。
釣り場風景
今回はアイナメ狙いで入り口付近に陣取ることにしました。
今回は投げ・ヘチ・胴突き・ウキとバリエーション豊富の釣り方で挑みます。
投げとウキはゴロタ石の近くへ投げます。胴突き・ヘチは足下へ。
胴突き仕掛けを作っていると若干投げ竿が動いた気がしました。こういうときは巻いてみるに限ります。早速巻いてみると、サビハゼが掛かっていました。やった~、開始そうそうボウズではなくなりました!
≪写真忘れました≫
その3分後ウミタナゴが胴突きでHIT!さらにその30分後も胴突きで、その後にすぐにも友達の投げでHIT!さらにその30分後にまたまた胴突きでHIT!
ウミタナゴ
この勢いでずっと行ってくれるかと思いましたが、この4連続ウミタナゴのあとはシーンとしてしましました。
1時間・・・2時間と静かな状態が続きます。アイナメはおろかフグさえもかかりません。釣れるのは、ヒトデばかり。ヒトデだけで5目達成してしまいました(汗;
13時頃、置き竿にしていたヘチで探ることにしました。まずは僕らが陣取る入り口付近をアイナメ目的で重点的にさぐります。
開始そうそうあたりもないのに感触が異様に重くなりました。さっそくあげてみます。水面下まで上がってきました。なんだ~こりゃ~!岸まで上げます。すると正体発覚。どうやら特大ナマコのようです。なんか気持ち悪い~。
特大ナマコ
気を取り直しヘチ再開。続けて探ります。すると、またまた思い感触。なんとまたナマコです。異様にナマコが多いようです。
このナマコ2連続のあとはヒトデとゴミが釣れました。
この場所はダメっぽいので、施設先端部でヘチる事にしました。
先端部に行く途中35cmオーバーのカレイを釣っている人と、20cmオーバーのシロギスを釣っている人とメバル20cmオーバーを釣っている人がいました。すごいです。
ほぼなくして先端部到着。早速ヘチります。すぐにブルブルと大きなあたり。しかし根に入られてしまいました。仕方がないので置き竿にして待機。でも20分経っても出てきません。仕方がないのでひっこ抜きました。
作り直し再開。すると、近くに見るからに熟練のヘチ釣り師がやってきました。すると、その人はすぐにメバルを連続2回HITさせ、何事もなかったかのように去っていきました。凄いです!しかも1匹は20cm近くのでした。僕も将来はヘチ釣りを完全マスターしたいです。
すごいな~と思いながら、ヘチっていると僕のヘチにもぶるぶるあたり。早速合わせます。針掛かり。根にはいられないように慎重に上げます。上がってきました。なんと、18cm程の良型メバルです!うれしい!去年は11月までメバル等の根魚類が一切釣れませんでしたが、今年は海釣り釣行2回目でHIT!なかなか幸先がいいです。
≪写真忘れました・・・≫
メバルを釣ったあとも根魚等の追加に全力を注ぎましたが時刻4:10。施設終了が5:00なのでそろそろ片づけを開始。
4:20投げ竿を片づけていると置き竿にしていたヘチ竿にはげしい当たり。むむっ!根魚の追加かと期待しましたが、上がってきたのはウミタナゴ。まぁうれしいですけど。しかもそのあと残っていた竿に連続HIT!片づけてないほうの投げ竿にサビハゼが、胴突きにウミタナゴがHITしました。嬉しいです。そのあと、胴突き・ヘチだけを片付けずに施設を4:55に出ました。
なぜ、胴突き・ヘチを片付けなかったというと・・・施設外でもう1時間だけやろうということになったからです。やはり先ほどのアタリの正体がどうも諦めきれないので、1時間だけやることにしました。
胴突きの方は先ほどの場所に投下。ヘチは全体を探ることにしました。
釣り場風景②
しかし胴突きに1回だけ小さいあたりがあっただけで結局なにも釣れずに、18:00に完全納竿。
帰りの磯子海釣り施設入り口
帰る時の磯子海釣り施設

最後は不完全燃焼でしたがこの時期にしてはメバルも釣れたし良かったのではないでしょうか。ちなみに後日、本日の釣果をみてみると入場者数にウミタナゴ51、メバル13、シロギス2、カレイ・クロダイ・ハゼ・カサゴ1とありました。
どうやらしばらく釣れていなかったクロダイが釣れたようです。惜しいな~。アイナメは0だったようです・・・。
今後もう一度行ってみます!

ちなみに帰ったらメバルは刺身にウミタナゴは唐揚げにしました。めちゃくちゃうまかったです
ウミタナゴの唐揚げ

本日の釣果 《3人の釣果》
ウミタナゴ (10~20cm) 6匹
メバル    (18cm)   1匹
サビハゼ   (8cm)    2匹

本日の記録
場所:磯子海釣り施設
時間:8:00~18:00
エサ:アオイソメ
潮:小潮 満潮8:39/21:15 干潮2:15/15:15
天気:晴れ
気温:最高9.6℃ 最低3.8℃ 
風向・風速:北 最大瞬間風速17.3m 最大風速9.0m 
※横浜観測所の0:00~23:59までの値。気象庁HPより引用。

本日の仕掛け
●投げ×2(市販:FUJI ジェット天秤8号・15号・SASAME フロートシロギス)
●ウキ(市販:YO-ZURI 秋桜・YAMASHITA 波止メバル《ウキ仕掛け》)
●胴突き(市販:YAMASHITA 波止メバル《胴突き仕掛け》)
●ヘチ(自作:YO-ZURI ガン玉6B・SASAME チヌ針1号)

Category: 磯子海釣り施設

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (14) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。