2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2014年10月17日 久々釣行in若洲海浜公園

 【22//2014】

どうも~お久しぶりです!当ブログ管理人cocoです。最近全く更新しませんでしたがちゃんと生きてますよ(笑)

いや~大学生になると本当に更新する時間ありませんね。まあそれ以前に釣りに行く時間もあまりない訳ですが…。

ただそれでもブログを放置している間に2回釣行し1回目は9月に上総湊港へ、2回目は今月17日に若洲へ出撃してまいりました。

上総湊は兄が非番だから車でどっか行くということで着いていった形なので実釣3時間くらいでしかもボウズだったため近くの釣り餌屋のエサがぼったくり価格でしかもほぼ死んでたということを除いて特筆することはないと判断し飛ばさせていただき、今回は17日の釣行記を書かせていただきます。


17日は学校も休み。そしてお日柄もよく絶好の釣り日和!これは釣りに行くしかないということで釣り具を準備。準備と言っても最近は車で行くのでとりあえず色々積んで現地で整理するという怠け者スタイルになっております。これが便利すぎて釣り具を取捨選択しコンパクトにまとめる作業が出来なくなりつつあります。ヤバいヤバい・・・。

高校からの友人KUMATAも金曜日は午後から用事がないとのことで同行させることに。基本的にKUMATAと行くときは若洲なので今回も若洲に迷わず決定。

自宅の最寄駅で13時半に待ち合わせしPICK UP後はそのまま品川方面へ。どうして品川方面に行くかというとキャスティング品川店でエサと不足してた釣り具を買うため。

最近の某最大手釣具屋は増税と共に便乗値上げしてエサもいつの間にか値上がりしたので、どうせ車でいくなら生きがよくそこそこ安いと評判のこちらで買うことにしました。

道が予想以上に混んでおり14時半ごろキャスティング品川シーサイド店到着

DSC_0691.jpg

100g940円のアオイソと不足品、ついでにイオンで夜食を買い込みいざ若洲へ!

若洲までの道は比較的空いており30分ほどで到着。この時点で16時、なかなかいい時間です。

IMG_2590.jpg

電車でGo“東京湾釣り日記”の川越のGGさんはじめ多くの方が若洲の人工磯での釣行記を上げられているので僕らは堤防で竿を出し、堤防の近況を確かめることに。

言い忘れましたが今回はいつも使っていたカメラが壊れ入院中でサブのIXYも妹に貸してしまったので、XperiaZ1とEOS kiss x7iでの写真となります。

まずはキャンプ場前から堤防の空き状況を確認、入り口側は平日の通常日程度の人でしたが望遠で先端付近を覗いてみると人が全くいなかったので僕らは迷わず先端へ。

IMG_2593.jpg

IMG_2597.jpg

IMG_2605.jpg
こんな写真が撮れるのが一眼の良さですよね

先端に到着後、まずは投げ竿とチョイ投げを各一本ずつ用意。それと次に胴突きを用意し、いつでもヘチれるようにヘチも用意。

しかし風がめちゃくちゃ強く、海に一直線に投げても23号のジェット天秤が煽られ堤防側に戻ってくる始末…。

道糸がひっかかりこれでは釣りにならないので天気予報を信じ風が収まるまで投げもチョイ投げもアンダーキャストで1色程度に放置しKUMATAと雑談しながらご飯を食べたり、カメラをパチパチ撮影してやり過ごします。

IMG_2598.jpg

IMG_2607.jpg

IMG_2616.jpg

IMG_2615.jpg

IMG_2614.jpg

IMG_2619.jpg
以上の写真はすべて70-300mmの望遠レンズで撮影、素人以下の僕でもこんな写真が撮れるのですから素晴らしいです

辺りが暗くなり始めた頃、風が弱くなってきたので投げ直すため投げとチョイ投げを巻いたところ、チョイ投げの方になんとも小さい銀色の魚が掛かっておりました。

この大きさにこの色は間違いなくあいつか…と思ったらん?なんか丸っこいぞ

よく見てみるとイシモチでした!3年前に若洲でイシモチが大量発生し一度に一荷で釣ったことがありましたがまたもや釣れるとは…。

IMG_2629.jpg

大きさは11cmと本当に手のひらサイズ。写真撮影後は速攻リリースしました。

イシモチは群れる習性があるのであわよくばもう少し大きいサイズを…と目論み一色付近の同じ場所にもう一度投入しましたが結局この一尾きりで掛からず。

その後は特に何もないまま時間だけが過ぎ早くも19時

IMG_2632.jpg

IMG_2633.jpg
手持ち夜景モードで撮影、流石に三脚がないと綺麗に撮れないですね

僕がヘチ歩こうとタモ網を準備をしていると胴付きの竿がなんかしなったような気がしたので手に取ってみるとグンッ!グンッ!という引きが!

おお!これは久々に30㎝越えの(僕の中では)大物そうな感じです!

慎重かつすばやく巻き、ランディング時には万全を期して準備したばかりのタモ網を出動させ無事取り込み成功!

掛かっていた魚は35cmと魚成分が殆どなかった僕にとっては久々となる中々の大きさのセイゴ。

IMG_2630.jpg

余りにも釣らな過ぎてこの病みつきになる引きすら忘れていたので感激。やっぱりこのサイズともなればいい引きをしてくれますね~。

釣れてくれたことに感謝しこやつは写真撮影後即リリース。

すぐ目の前でライズ音も激しいしこの一尾でcocoの期待度はMAX。レインウェアに落とし込みベルト、タモ網、首掛けエサ箱という普段はあまりやらない本格ヘチ釣りスタイルに変身し早速ヘチる旅へ出発。

すぐに来てくれるかと思ったんですがあれ・・・?魚信すらないな…。おかしいなあ~ハハハッ!

《1時間経過》

最初につけたエサがまだ元気にウネウネしてるけど一応取り替えておくか…

《さらに数十分経過》

あ~~!根掛かって針が殉職した…もうやめよ。。。

と言った感じで活性はそこそこ高いはずだったんですがヘチでは全く当たりすら得られず、堤防の閉門時間となったのでいったん終了~。

バスならここで終わらないと帰れないですが今日はなんてったってマイカー、不完全燃焼の僕らはキャンプ場前で延長戦を行うことをためらいなく決定。

IMG_2641.jpg

IMG_2642.jpg

IMG_2640.jpg

キャンプ場前の真ん中付近に投げ×2、胴付き×1、落とし込み仕掛けの置き竿×1を構え、僕は再びヘチ歩いたのですが。。。結局1時間半やってもヘチに一度当たりのような感触があっただけで魚は掛からずKUMATAの終電がなくなってしまうのでここで泣く泣く完全終了。

釣果としてはかなりの貧果でしたが、少し大きめの当たりを味わえたので個人的にはよかったです。

次回は有明か青海辺りにフッコ釣りに行きたいなあ。


本日の釣果《2人の合計》
イシモチ (11cm) 1匹
セイゴ  (35cm) 1匹

本日の記録
場所:若洲海浜公園
時間:16:30~22:30
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均気温17.8℃ 最高気温23.5℃ 最低気温13.7℃
水温:21℃前後
湿度:平均53%
風向:北北西
風速:平均風速2.7m 最大風速5.2m 最大瞬間風速9.2m
潮 :小潮 満潮12:42 干潮5:35/19:11
20141017_1302_02_JZzn5u3Z.png

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B/SASAME 丸セイゴ12号/東レ 銀鱗3号)
●投げ(第一精工 ジェット天秤23号/SASAME ちょい投げ2本鈎8号)
●胴付き(YAMASHITA 波止メバル6号/第一精工 ナス型錘8号)  他
スポンサーサイト

Category: 若洲海浜公園

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2013年8月22日 久々の若洲堤防

 【12//2013】

時間に余裕ができた22日、久々に釣りに行きたくなり、高校の友人たち(KUMATA、トシ)に参加を打診。すぐに快諾してくれたので一緒に行くことにしました。場所は相談の結果、最近ご無沙汰だった若洲に決定!今回は免許取ってから初の若洲なので、若洲初の車釣行です!

若洲では朝早く行っても意味がないことが実証済みなので、ゆっくりと家を出て13時に家を出発。

池袋でKUMATAをPICK UPし、春日通り・白山通り・永代通りなどの主要幹線道路をずーっと行き14:30頃新木場到着。
IMGP4545.jpg

IMGP4546.jpg


そして新木場でトシをPICK UPし、途中のコンビニで昼食and夜食を買い15:00頃に若洲海浜公園とうちゃ~く。

IMGP4549.jpg

今回は、テトラや人工磯は色々な方がレポを書いておられるので僕らは堤防にて釣りをすることにしました。

車から釣り具を出し堤防へ。

平日で子供は夏休みの宿題に追われて釣りなんてしてる場合ではないから空いてるだろと思ったら…写真のように結構な人でした…。

IMGP4550.jpg

僕らは最初から先端に行く予定だったので一応先端まで行ったところ、堤防中央付近からは全くいなくなりなんなく先端に陣取ることができました。

IMGP4551.jpg

IMGP4554.jpg

どうせ夕方にならないと釣れないので、まずは投げを2本と胴突き1本を出し気分屋の魚をまったり待つことに。

その間はKUMATAやトシと駄弁ったり堤防裏側をぼーっと眺めていると、橋の向こう側で魚が何匹もはねているのを発見!頑張ってズームし撮影に成功しました。ボラかな?

IMGP4561.jpg
平和な空ですね。一眼持って来ればよかったと少し後悔。

IMGP4563.jpg

IMGP4564.jpg
ボラかな?

IMGP4566.jpg
魚だけでなくクロサギと思われる鳥も発見。こいつは主に子魚や甲殻類を食べるので、若洲にもたくさんのエサがあるんでしょうね。いいことです。

裏側は活性が高いのに、釣りエリアは足元にサッパらしき魚の大群が泳いでいるくらいで暇です。コマセとサビキを持って来てたらサッパを釣って暇をつぶしてたんですけどね~。

1時間後、おじさんが先端の方に歩いてきました。結構近くまで歩いてきたので隣でやるのかなと思い、誰もいなかったのでかなり広々と使っていたスペースを詰めようとしたのですが、どうやら隣でやるのではなく、立ち入り禁止の柵の中でやるようでためらいなく入っていきました…。

このあとも30分ごとに1人づつ先端に入っていき計3人が堂々と釣り…。

IMGP4553_201309112359297a9.jpg
拡大しません

悪名高き某黒い魚好きの集まり関係の方なのかはわかりませんがこういうのは本当に腹が立ちますよね。

ただ前にこういう日本人か疑ってしまう輩を注意してひどい目にあったので、へたれな僕は海に落ちろとか思いながら放置を決めこむことにしたのですが、この後こいつらは衝撃のことをいいやがります。それは後ほど。

さらに30分経った17:30。

僕らは相変わらず何もつれず駄弁っていたのですが、何しろ炎天下のためただ駄弁ってるだけでもかなり体力を奪われる…。

2㍑買った飲料もわずか2時間半で底をつき、入り口の自販機で飲み物を買ってこようと立ち上がった時、先ほどの不届き者の方からどよめきが。

海に落ちたのかと思いそちらを見てみるとなんとも丸々と太ったチヌ様を釣っていました。立禁の場所で釣って嬉しいのか甚だ疑問ですがね。

まあルール違反者が大物を釣っているわけですからそりゃー気分がいいものではありませんので、見たものを忘れ僕らは自販機へ。

自販機から帰ってきたころには辺りもだいぶ暗くなり若洲がちょうど釣れ始めるいい頃合いになったので僕はシー
バス狙いでルアーを、KUMATAは根魚も視野に入れてヘチ釣り開始。

IMGP4575.jpg

しかし、一向に釣れない!!僕は、高切れやスナップの止め忘れで戦死したルアーを2個出しながらも、ミノー、ペンシル、バイブ、メタルジグなどルアーやカラーをちょくちょく変えて1時間~1時間半近く堤防の先端付近をラン&ガンしていたのですが、一回だけおそらくフッコがついてきただけで当たりすらなし。

このままダメかと思っていた20時頃、KUMATAに待望の当たりが!

逃がすまいとKUMATAにアドバイスしながら見守り、無事に取り込みに成功。

釣れたのは大きさ30cmジャストのセイゴでした。

IMGP4576.jpg

久々に見る魚に一同歓喜です。実は、スズキ君を見るのは半年ぶりくらい…。自分がいかに釣りに行っておらずそして魚を釣っていなかったかがわかりますね(;´∀`)

このセイゴは丁重に針を外し海にお帰り頂きました。

僕もずーーっとボウズが続いているのでなんとかして釣りたい!そこでルアーを片付け僕も結局、いつものようにヘチ釣りをすることにしました(´∀`*)

仕掛けを作りいざ海に投入!というとき、ふと水面をみると岸壁の際から2m離れた辺りになにやら50cmくらいの棒切れみたいなものが浮かんでるのを発見。

ご法度ですが、流れ的に邪魔になる可能性があったので、どういった形状のものだろうと思いヘッドライドでその物体を照らしてみると、銀色にキラッと輝きました。

え?…え?…魚?一瞬混乱しましたが再度確認しようともう一度照らそうと思った瞬間その物体は物凄い早さで沖の方へ移動し、すぐに消失。

…一体なんだったんだでしょうか。一瞬の出来事でしたが、幻覚だとは思えません。形状的にダツが一番近いですが、果たして若洲にダツなんているのか…。

またはカマスかサヨリ辺りも形状的に考えられますが、50㎝近い奴なんて若洲に存在するのか…。

いずれにしろ謎です、だれかご存知の方いらっしゃいましたら教えてください( ゚Д゚)<ヨロシク!!

さていつまで考えてても仕方ないので切り替えてヘチ釣りに専念。

10分後、待望の当たりが!合わせると針掛かりし無事に取り込み成功!

掛かっていたのはKUMATAより1cm大きい31cmのセイゴでした。

IMGP4580.jpg

いやーやはりセイゴ君でもいい引きをしてくれますね!最高です!

勿論、この子も引きを楽しめさせてくれたことに感謝し速攻リリース。

この時点で20:30、本来だったらバスの時間の関係があるのでもう片付けに入らなくてはなりませんが何しろ今日は車。時間を気にする必要なんてありません(○´∀`○)

なので呑気にヘチ釣りを続けていたら、45分ごろ警備員の方が歩いてきて、僕にここの堤防は21時までですのでそろそろ片付くださいと一言。ああ、そうだ!堤防自体が21時までだったことをこの時始めて思い出しました…。

警備員さんにお詫びをし僕らは急いで釣り具を片付け。その片づけ中に警備員さんは、奥にいるルール違反者に丁寧な口調でこちらは釣り禁止ですよ、それにそろそろ21時なので上がってくださいと言っていたのですが、ここでこの不届きものは衝撃のことを言います。

ああ、わかったわかったと最初は応対していたのですが、警備員さんが「困るんですよ。こちらは釣り禁止ですよ」と言ってから態度が急変。

逆切れして「何を偉そうなこと言ってんだよ!この野郎!、いいか、俺らは絶対にここで釣りをするからな!こんな汚いことするほうがよっぽど危険なんだよ!(おそらく扉に新たに巻かれた有刺鉄線のことを言ってるんだと思います)、もしこれ以上の対策しようが俺らは今度は梯子を持って来て昇って釣りしてやるからな!」とそれそれは駄々っ子のような戯言を平然と言ってのけました。

もうね、幼稚園児以下かと…。さすがに、キレた僕ら一同。罵倒を言われ続けた警備員さんを慰め、あなたたち幼稚園児ですか?とか悪いのはあなたたちですよね?と口論覚悟でそいつらに言ったのですが聞こえなかったのか、無視されたのか…。

怒りの虫が収まらないので、今度は聞こえるように大声で言ってやろうと思ったのですが、警備員さんにあの方たちは私がなんとかしますので…と言われ仕方なく僕らは片付けに専念。

なんとか5分前に片付けを終了し9時1分前に堤防から脱出できました。その後、すぐに警備員さんがやってきたのにルール違反者たちは一向に来なかったことを考えると結局、あのままやってたのかもしれませんね…。

本当に腹が立つ奴らです。立ち入り禁止の場所で釣りをしたいという心理は非常にわかりますが、少なくともあの対応はありえないでしょ…。

その後、人工磯やキャンプ場前で2回戦も考えましたが、もう釣りをする気になれないので最後に少しでも怒りを抑えるため寝ていた猫に癒されてから帰路に着くことにしました。

IMGP4583.jpg

今回の釣行は久々に若洲に行けしかも魚も久々に釣ることができたのでよかったですが、同じ釣り人にあんな最低な人たちがいるのを知り怒りと悲しさが勝った釣行となってしまいました。どうせチラ裏のようなブログ見てないだろうけどさ、本当にさ、もう釣りすんなよ…。


今回の記事は愚痴ばっかになってしまい申し訳ありません。どうしても、許せないので書かせていただきました。このブログを読んで下さっている皆様はルールを順守してくださっている釣り人だと信じております。こいつらを反面教師に引き続きルールとマナー遵守し釣りをお楽しみください。よろしくお願いいたします。




本日の釣果《3人の釣果》
セイゴ (30~31cm) 2匹

本日の記録
場所:若洲海浜公園(堤防)
時間:15:30~20:45
エサ:アオイソメ
天気:時々
気温:平均気温29.6℃ 最高気温33.5℃ 最低気温27.0℃
水温:13℃
湿度:平均70%
風向:南
風速:平均風速4.5m 最大風速8.0m 最大瞬間風速12.9m
潮 :大潮 満潮5:49/18:35 干潮12:05
20130822_1303_02_DFABMEEV.png

本日の仕掛け
●投げ(FUJI ジェット天秤23号/YAMASHITA 投げ釣り屋さん)
●胴付き(hayabuya ちょっと底までコツコツ行こう!6号/第一精工 ナス型錘4号)
●ルアー(TailWalk Ocean Vib 75SS他)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉2B/SASAME ヤイバチヌ2号/東レ Lハード1.5号)

Category: 若洲海浜公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (12) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2013年1月8日 新年初釣りin若洲海浜公園

 【04//2013】

ここ2年、初釣りは水元公園でタナゴ釣りしがてら凧揚げをする(むしろ、逆のような気もしますが)のが通例となっていました。だから今年もその例に漏れず水元公園に行こうと考えていたのですが、急きょ同行することとなった高校の友人KUMATAが水元公園はいやや~とご託を抜かしてきたので水元公園は2月・3月に変更。そしてKUMATAにどこ行きたいの?と聞いたところ若洲がいいと言ってきたので結局釣り納め同様初釣りも我がホームグラウンド若洲海浜公園に決定。
…実はさっきから初釣り初釣り言っていますが、実は純粋な初釣りではありません。真の初釣りはあらかわ遊園の釣り堀でした。ただ釣りとはいえあくまで釣り堀という点、そして何も釣れなかった点からこの釣りは自分の中でノーカウント以前に存在していないということにさせていただきますのでどうぞよろしく。

KUMATAと若洲に行くときは早朝から行くことが多かったですが、最近このブログの若洲の記事を読み返して春夏秋冬通じ朝に釣れたためしがほぼなかったことに気づき今回は池袋に11時に待ち合わせることに。その後上州屋でアオイソメを購入し、新木場発12時4分のバスに乗り若洲到着は12時半頃。
平日のためか、この日は駐車場からが~らがら。

IMGP3897.jpg

そして堤防&磯はさらにが~らがら。

IMGP3915.jpg

人がいない日はあまり釣れためしがないので連続ボウズの危険がありますが、ポジティブに釣りやすいぜラッキーと考えることにしました。なお最近、磯は絶不調でコマセをまかないとあまり釣れないので今回竿を出すのは磯よりかははるかにましな堤防。早速堤防へ行こうと思ったのですがKUMATAがゲートブリッジに上っていないらしいので上ってから行くことにしました。
休日なら人がかなりいる遊歩道もこの日はが~らがら。

IMGP3911.jpg

考えてみたら冬の平日に風が強い海辺なんかに来る人はあまりいませんよね。それにしても昇った方ならわかると思ますがゲートブリッジ、大型トラックが通っただけで結構揺れて怖いですよね…。某トンネルのように崩れないか心配してしまいますが、実はゲートブリッジはそこかしこにセンサーが設置してあり24時間NTTの関連会社がコンピューターで橋の状態を監視しているのです。だから心配無用ですので、まだ上ってない方も安心して上ることをお勧めします。
話変わってしまいましたが、若洲堤防とキャンプ場前を改めて今度は遊歩道からみてみると本当に人が少ないです。上から見るので人の分布がよくわかりますがキャンプ場前はゼロ、堤防は釣り人が10人いるかいないかくらいですね。

若洲4

若洲3

若洲4

ただ、かなり水が澄んでおりきれいです。

IMGP3901.jpg

釣り納め時新うみなかみるぞう君を持ってこれなかったので今回持ってきたのですが、このくらいの澄み具合ならいい水中動画が撮れそうとか考えながら数枚写真を撮り堤防へ向かうことに。
僕らは夕マズメ前に先端に移動することを前提にまずは堤防の釣り禁側に柵がある真ん中あたりに陣取り投げ×3と胴付きを1本出すことしました。今回は一応本命カレイ、準本命にマハゼ・シーバスですが、連続ボウズなので何でも来てほしく小さ目の針をつけた仕掛けも複数用意。

IMGP3916_20130128213738.jpg

IMGP3917.jpg

ちなみに今回の餌はオレンジゴールドという普通のアオイソメを主にカレイの投げ釣り用に品種改良し体色が強い赤で丈夫で太いと言われるアオイソメが売っていたのでこちらを1パックと普通の1ックの計2パックです。

IMGP3923.jpg

IMGP3921.jpg

IMGP3922.jpg
2枚目がゴールドオレンジ、3枚目が普通のアオイソメ。

ゴールドオレンジは値段がちょっと高めなのですが普通のと同価格で売っていたのでついつい買ってしまいましたが、さてその実力やいかに。
釣り開始から30分後、KUMATAが竿をまいてみるとなんとここでは珍しいメゴチがかかっておりました。

IMGP3919.jpg

IMGP3920.jpg
勿論速攻リリース

人差し指に収まるくらいの小ささではありますが幸先いいかも!そして、このメゴチが掛かっていたのはゴールドオレンジをつけた竿。もしかしたらこやつかなりの実力保持者なのか!?
ゴールドオレンジにかなり期待しましたが、どうやらマグレ掛かりだったようでこの後は魚は音信不通に。暇なのでここで新うみなかみるぞう君登場。

IMGP3918.jpg

そしてKUMATAと一緒に水中映像を撮影。今回は前々から気になっていたケーソンのつなぎ目も撮影。しかしながら後程うpしますがびっくりするくらいの無生物状態…。魚が釣れないわけだ…。
結局この場所ではメゴチ以外はいつも釣れるぶよぶよの気持ち悪い貝以外掛からず、夕マズメが近づいてきたので16時半頃先端に移動。

IMGP3924.jpg
本当にこいつの正式名称なんなのでしょうか…?

ここでも最初にうみなかみるぞう君に活躍してもらい水中を撮影。あくまで足下だけですがこちらは小さいハゼの稚魚と思われる個体達が底を物凄いスピードで横切っているだけであまり期待はできそうにない感じ…。僕はまだボウズなわけですが、こんなで大丈夫なんでしょうかねえ…。
こんな水中をみて足下に胴付きを落とすほどバカではないので、胴付きは片付け完全に暗くなってからを期待して
今のうちにヘチ釣りを用意。暗くなったら状況が変わってくれるといいのですが…。そして投げは3本体制のまんまん維持。1本は真正面の赤い水上灯台方面へ、1本は左斜め45°へ、1本は極力左側へそれぞれ投入して待機。
先端で釣りを始めてから30分後の5時になり辺りは真っ暗に。よし、投げはKUMATAに任せてそろそろヘチ釣りを始めるかと思っていると灯台方向に投げていた竿先に付けていた鈴が鳴ったような…。急いで駆け寄ってあげてみるとかなり重い!絶対に魚が掛かっています!針から外れないようしっかり丁寧に巻いていくと準本命の大型ハゼの一荷でした!しかも手作り仕掛け。ボウズからの解放と久々の重みと自分の作った仕掛けでの初一荷だったのでかなりうれしいです。

IMGP3925.jpg

大きさは、それぞれ17.5cmと15cmとなかなかのサイズです。

IMGP3931.jpg

IMGP3930.jpg

このハゼを入れるためバケツを用意していると、今後は斜め45°方面に投げていた竿の鈴が鳴ったような気がしました。次も慎重にあげてみると…またまたハゼ。大きさは15cmとまずまず。

IMGP3931_20130128221626.jpg

ハゼ一匹でもつれれば十分と思っていたので、まさかのマハゼラッシュに驚き。しかし、これだけでは終わらずこの20分後今後は左方向に投げていたKUMATAの竿が思いっきりしなりました。急いで巻くとさっきとは違う強い引き!明らかにハゼではないようです。今度も慎重にあげてみると…またまた準本命でした。ただ次はハゼではなくセイゴ。大きさは25㎝と小さ目なのですが、ここ最近小物ばっかりだったせいかかなり大きく感じました。

IMGP3933.jpg
このセイゴはリリース。

どうやら本格的な時合のようです。ここまでメゴチを抜いて計4匹で当初の予想よりはるかに上回る釣果。うれしい誤算です。でもさすがにここで当たりが一段落したようで竿はシーンとしてしまいました。
ここで僕はヘチを開始。これだけ釣れたからもしかしたら…と淡い期待を持って探ったものの案の条足下には何もいないようで…。1時間後、釣納めと同様付けエサは1㎜も食われる様子なく元気に動き回っていました。ちょっと小腹が減ったので行きに買っておいた菓子パンを食べるため釣り座に帰還。途中、堤防から夜のライトアップされたゲートブリッジを写真に収めたことはなかった気がしたので帰り際常夜灯の上から撮影。

IMGP3934.jpg

IMGP3935.jpg

釣り座に帰還し菓子パンを食べながらKUMATAと談笑。この時は完全に時合終了でもうこれ以上釣果は望めないかと思いましたが6時40分ごろ再び灯台方面に投げていた竿の鈴が鳴りました。慎重にあげてみると…またまたマハゼでした。しかし、今度のはでかい!20㎝届きそうです。わくわくしながら測ってみると…残念、19㎝でした。しかし、それでも大満足。

IMGP3943.jpg

そして2回目の時合が到来したのかすぐにKUMATAの竿にもヒットした模様。急いで上げてみるとさらにでかそうなハゼが掛かっていました。しかし!取り込みまであと1mくらいというところでポトッ…。痛恨の針はずれ…。悔やんでいては仕方ないのですぐにエサをつけなおし再度左側に投入。すると、すぐにヒット。今度はいつも以上に慎重に巻き巻き。しかし…またまた針外れ…。2回連続はさすがに凹みます…。
しかし原因はすぐに判明。このKUMATAの竿は、どんな小さな魚でもいいから掛かってくれという願いの元キス針6号の仕掛けを結んでいたため針が小さすぎるのが原因でした。さっきのセイゴはよく掛かりましたね…。急いで自作のカレイ11号針を結んだ自作仕掛けに切り替え再度投入。しかし時すでに遅し、時合は遠のいたあとでした…。
またまた投げが大人しくなったので、またまたヘチ釣り再開。しかし、案の定またまた餌を食われる様子すらなく…、ちょっと疲れてきたので置き竿に。
そしてそのままKUMATAと本当に下らなすぎる話で大いに盛り上がってしまい竿たちのことを完全に忘れて放置していると…急に太鼓リールがガガッ!と音を立てました。どうやら魚がかかったようです。急な事態で焦りましたが持ってかれないよう急いで竿のもとに駆け寄り、竿を上に上げてみると軽い感触。この引きでこの大きさということはおそらく根魚だろうと予想しそのまま糸を巻いてみると案の条カサゴでした。大きさは13㎝と自己キープ制限サイズの18㎝を優に下回る大きさ。

IMGP3944.jpg

当然こいつは掛かってくれたことに感謝し速攻リリースしました。
ここからさらに3回目の時合到来かと思ったものの単発で終了。そういえば湾奥の根魚ってあまり時合関係ない気がします。4目釣れたからどうせなら5目釣ろう!とKUMATAと共に意気込みして他に釣れる可能性が高そうなヘチでソイかメバルを狙ったものの欲を出すと急に釣れなくなる現象でこの後は結局なにもつれず最終バスの時間が近づいてきたので8:40頃終了~。
納竿後急いで片付けたのですが手がかじかんで手間取ってしまい堤防閉鎖時間+3分遅れになってしまったのですが、ずっとヘッドライトを点けていたので係りのおじさんが待っていてくださいました。ご迷惑おかけしてすみませんでした。
ちなみに、KUMATAが腹減ったというので新木場駅に着いてから大好きな吉野家で夕食を取ることに。釣り終わりの飯ってなんでこんなにおいしいのでしょうかね…。

IMGP3948.jpg


結局終わってみれば4目計7匹と十分すぎる釣果でした。ふつうアオイソとゴールドオレンジの食いの違いですが、エサ付け担当だったKUMATAからの報告によればハゼは全部ゴールドオレンジだったとのこと。普通イソメとゴールドオレンジを交互に付けたので数は公平です。となるとやはり投げ釣りの特餌だけあり投げはこっちのほうがいいのかもしれませんね!



本日の釣果
カサゴ  (13cm)   1匹
セイゴ  (25cm)   1匹
マハゼ (15~19cm) 4匹
メゴチ  (5cm)     1匹

※本日の記録並びに本日の仕掛けは省略



釣行記遅くなってしまい申し訳ございません(> <)12月~1月中旬なんだかんだ忙しく教習所に行けずじまいだったので1月下旬以降教習所に行っておりました。おかげさまで遅くても来週終わりには卒検受けられそうです。おい、そのあと書く時間あるだろうと思われると思うのですが溜まったアニメ、ラノベ、ゲーム、PCゲームを消費するのに忙しくてその合間合間にブログをちびちび書いていたものですからね…。←
そして、この釣行で撮った水中動画ですが編集が必要だと思いますので編集してからうpする予定です。しばらくお待ちください。

Category: 若洲海浜公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年10月23日 『第4回 一緒に釣りしましょう会』in若洲

 【19//2012】

この釣行記は10月23日に若洲にて行われた『第4回 一緒に釣りしましょう会』のものです。日数がかなり経っておりますがよろしければご覧ください。

元祖Gett!杯から第3回までずーっと青海南でやっていた当大会。アクセス面等の問題でなかなか他の場所でできなかたのですが、第4回は遂に若洲にて開催することができました。そのためか、初回から参加して下さっている川越の魚人さん、horiさんはじめ2,3度目の参加となる調布さん、へちべぇさん、へちべぇJr.さん、臥龍さん、龍猫さん、達人さん、そして初参加となるShitさん、HARUさん、釣り小僧さん、たつぞーさんのcoco含め13名という過去最高の参加者数となりました。

前日まで天気が悪かったので開催できるか不安でしたが、参加者の中の誰かが晴れ男だったため当日は風が強いということを除けば文句なしの快晴。無事に開催できることとなりました。
集合は12時なので僕と川越の魚人さんは10時半に池袋へ集合し新木場へ。しかしバスの時間より30分も早く新木場についてしました。仕方なく11時33分発の都バスに乗るべく停留所で並んでいると達人さん、龍猫さんがご登場。ご挨拶をし、釣り談義をしていると30分なんてあっという間に過ぎバスがやってきて12時10分前に到着~。

IMGP2802.jpg
いつの間にか若洲に行くまでの道にこのような建造物が建っていました。おそらく東京ゲートブリッジ関連のものだと思いますが景観がいままでと全く変わってしまいました。

その後続々と皆様ご集合。残念ながら、horiさんと調布さんはお仕事で遅れてしまい、なおかつこちらの不手際で臥龍さんにご迷惑をお掛けしたものの無事に開会式、記念撮影を終えることができ、12時半ごろ釣り大会開始!各々お目当ての場所に向かっていきました。
僕は昼間のうちは投げ釣りと胴突きでハゼやギンポのような小魚を狙おうと思い、川越の魚人さんと達人さんと共に堤防へ。

IMGP2806.jpg

準備を終え、いざ投入~~。川越の魚人さんと達人さんはチョイ投げやサビキをされるとのことでした。

・・・・・・・・・

まあ予想はしておりましたが、3人ともピクリともあたりなし。
釣りをはじめてから30分後、ほぼ同時に調布さんとhoriさんが到着~。horiさんは人口磯へ、調布さんは僕らのところで一緒に釣りをされるようです。
調布さんは到着後ヘチでケーソンの間の周辺を攻めておられましたがやはり何もつれない模様。
まあ各人夕マズメの人口磯に期待しているのでお昼はこんなもんだよな~という感じで釣りよりもお話に夢中になっておりました。
それでも周りの人ですら何もつれてないので、さすがにつれなさすぎです。海の中に本当に魚がいるのか気になってしまいましたが、海の中を確認する手段はありませ・・・ん?そういえばMY CAMERAは防水6mだったはず!これをなんとか利用できないものか・・・。しかし↓のような形状ですのでさすがに無理か…。

IMG_3361.jpg

それでも水中写真撮りたいので何とか考え↓のようにして撮ることにしました。

IMG_3365.jpg

スナップつきサルカンは1つでは心細いので2つ装備しリールにいざ投入。どこかに引っかからないよう底から少し上げながら流れに流します。びくびくしながらも1分半ほど流してあげてみてみると・・・魚いるじゃありませんか!うじゃうじゃいます。動画はyoutubeにUPしましたので、見たい方は下の埋め込み動画をご覧くださいまし。



これで魚がいることは分かったので、僕は意気込んで群れがいる周辺を何回もしつこくさぐったのですが結局というかやはりというかあたり無し。しかし、魚がいるという事実を知った以上あきらめきれず、針を小さくしたりアオイソメをたくさんつけたり、誘いを大きくしたり色々行ってみたところ、結局というかやはりというかつれませんでした…。釣れない時は魚がいないのではなく魚が口を使わないということがわかったのでよかったということにしあきらめました(まあ誰でもわかりきっていることなんですけどね…)。

14時半になり堤防はつれないし夕マズメに備え早めに人口磯へ行こうということになりご一行移動。人口磯へ到着してみると風が半端じゃないくらい強い…。しかも釣り座の正面から吹いてきやがります。それでも堤防よりかは全然有望そうなので僕たちは全員トイレから200mくらいのところへ釣り座を構えることにしました。

IMGP2809.jpg

IMGP2811.jpg

釣りを始める前に僕は参加者の方々の様子を見ることに。まずは臥龍さんを見つけたので、駆け寄ろうとしたところちょうどなにやら釣ったご様子。行ってみるとなんとカイズでした!!驚き桃の木山椒の木!!しかもカイズ以外にもメジナを数枚上げておりさらに弩びっくり!僕が求め続けているクロダイを釣り、いたって普通の顔をしておられる臥龍さんに敬意を表し(cocoだったら一人で永遠にニヤつきまわりの人に僕がつったんすよwwと自慢しかねません)次の方の下へ。
お次にお会いしたのは、龍猫さん。前回同様、ルアーをされておりましたが風がきつくて思うようにできないようでした。そりゃこんな強い風じゃ厳しいですよね…。
お次にお会いしたのは、たつぞーさん。たつぞーも風に苦戦しておられるようでここまで釣果なしとのこと。風に加え日光も反射しているのでウキは非常に釣りにくそう…。

IMGP2810.jpg

他の方々も探してみたのですが、たまたま人口磯にいなかったのかcocoが見落としたのかゲートがしている場所まで行ってもお会いすることが出来なかったので人口磯の後方にある丘の上で釣り場全景を撮影したのち帰還。

IMGP2838.jpg
前まではなかったのですが、地震後に作られたようです。

IMGP2818.jpg
参加者を探している間に見つけた猫ちゃん。

IMGP2834.jpg
同じく参加者をさがしてる間に見つけたトノサマバッタ。

IMGP2837.jpg
トノサマバッタは、近づくと飛んでいってしまうのですが近づくことに成功したのでついつい接写しちゃいました。

IMGP2807.jpg
参加者を探している最中にふと東京ゲートブリッジを見ると車が通っていました。開通はまだですが、もう車が走れる環境にまで完成しているようです。

IMGP2821.jpg
人口磯左半分。

帰還後は、川越の魚人さんと調布さんの間に入れさせていただき5Bの自立電子棒ウキを用いてウキフカセ開始。今回は付け餌はアオイソメ、寄せ餌にアミコマセとアジパワーを用意しました。タナは根掛りを恐れ1ヒロほどにしておきました。本当は根掛りなんて恐れていたら駄目なのですが、学生にとって5Bの自立電子棒ウキをロストするのはかなり痛いので…。
ここは陸から3m以上には魚はいないと某釣り雑誌に書いてあったので、できるかぎり際ギリギリにウキを入れます。しかし、強風でウキがすぐに座礁してしまうのでちょっと遠くに投げます。それでも強風で思うように飛びません。しかも、反射している日光でウキがまったく見えません…。偏向グラスをもっていれば全然変わるのですが、度つきのレンズなんてとてもじゃないけど買えない…。
そんなこんなで色々試行錯誤していると、いつの間にかあたりが薄暗くなり風も収まってきて絶好の釣り環境となりました。

IMGP2819.jpg

IMGP2840.jpg

ちなみにここまで奇跡的にウキはおろか針のロストもゼロ!
そろそろ魚がつれるぞなと思っていたら、早速川越の魚人さんが魚をゲット!20cmほどのメジナでした。続いてお隣の方にもメジナがヒット。そしてまた川越の魚人さんがメジナをゲット。しかし、僕には全く当たりなし。やはりタナが原因のようです。
ウキを大事にして魚がつれないのでは本末転倒で全く意味がないと気づきウキのロスト覚悟で底すれすれにタナを移動。しばらく何の当たりもありませんでしたが、急にウキが言葉に言い表せない不穏な動きをし始めました。しばらく様子を見ていたところ、ウキが若干沈んだので合わせたところ見事にヒット!しかし、明らかにメジナとは違う引き。合わせた瞬間一気に底にもぐろうとしましたが根に入る前に竿を上にあげ底から剥がします。そして全力で糸を巻いたところ釣り上げることができました。釣れた魚は26cmというかなりBIGなカサゴでした。

IMGP2844.jpg

このサイズまでくると煮付けが非常にうまいのですが、腹が膨らんでおりマタニティの可能性が高かったので撮影後そっとリリース。
僕とほぼ同時に川越の魚人さんと、調布さんにメバルがヒットしたようです。ちなみにご一緒に釣りをしていた達人さんは、穴釣りをされておりドロメやダイナンギンポを4,5匹釣っておられました。
よっしゃ~このペースでまだまだ釣るぞ~~と思いつり座に急いで向かったのですが、ふと時計を見たところもう18時50分…。片づけを含め集合19時なので再度釣りをする時間などなく、調布さん、川越の魚人さん、達人さんと共に急いで納竿し集合場所へ急行しました。

皆様約束どおり19時に堤防入り口前に集合して下さったので早速参加者の釣果をお聞きして各自でポイントを算出。そして、順位が決定いたしました。

第3位 Shitさん 初参加でのTOP3入り!なんとカイズを釣っておれました!他にもメジナを数匹釣り180ptで3位!

第2位 へちべぇさん 第2回一緒に釣りしましょう会優勝者だけありやはりすごかった…。セイゴ・メジナを釣りまくって270Ptで2位!

第1位 臥龍さん 第3回一緒に釣りしましょう会優勝者で当大会2連覇!カイズのほかメジナを多数釣り470ptという圧倒的大差で堂々の1位!

おめでとうございます

第3位のShitさんと第2位のへちべぇさんには川越の魚人さんとcocoからのプレゼント図書カードと賞状を授与させていただき、第1位の臥龍さんには大会優勝商品のVISAギフトカードと同じく賞状を授与させていただきました。臥龍さん以外には参加賞として小物ケースをプレゼントさせていただきました。

img031.jpg
電車でGo“東京湾釣り日記”より引用

DSCF0173.jpg
電車でGo“東京湾釣り日記”より引用

DSCF0171.jpg
電車でGo“東京湾釣り日記”より引用

そして、第4位以下は次のとおりです。
第4位 たつぞーさん   160点
第5位 へちべぇJrさん 157点
第6位 horiさん     130点
第6位 川越の魚人さん    130点
第8位 coco         80点
第9位 HARU さん     60点
第10位 調布さん     50点

ちなみに魚に対する点数は以下のとおりでした。
img032.jpg
電車でGo“東京湾釣り日記”より引用

今回は魚の活性が高くかなり面白かったと思います。そして第3位~第6位までと第8位~第10位がとにかく接戦でした。非常に面白い結果ですね。僕は、カサゴを釣って80点獲得したから3位くらいにはいけるんじゃないの?!キタコレ!とか思っていましたが…非常に浅はかな考えでしたよ、ハイ。

さて大会終了後は懇親会に突入。残念ながら懇親会にご参加できなかった方とは現地でお別れし車でお越しいただいた方に電車でお越しいただいた方を乗せていただき新木場駅前のどさん子ラーメンと喫茶店シャノアールで釣り談義に花を咲かせ大いに盛り上がりました。当初21時までの予定だったのですが話が止まらず22時近くまで盛り上がってしまいました。今大会はいままでで一番楽しい一緒に釣りしましょう会だったと思います。
この懇親会では、釣り談義のほかに釣り同好会についても話し合われました。現在は、発足をするということのみしか決まっていない状況ですが、とりあえず専用サイトを作りましたので『Gett杯』と『一緒に釣りしましょう会』に参加して下さった方はぜひご入会下さい。そして『第5回 一緒に釣りしましょう会』もそろそろ計画立て始めますのでどなたでもどうぞご参加下さい!!お待ちしております♪


本日の釣果 (cocoのみ)
カサゴ (26cm) 1匹

本日の記録
場所:若洲海浜公園釣り堤防&人口磯
時間:12:30~18:50
エサ:アオイソメ アミコマセ・アジパワー
天気:
気温:平均21.3℃ 最高23.4℃ 最低19.2℃
水温:約20.5℃
湿度:平均76%
風向:南南西
風速:最大瞬間風速15.8m 最大風速11.3m 平均風速5.5m
潮:中潮 満潮1:33/14:26 干潮7:50/20:40
20111023_1302_02_RdSmAkMu.png

本日の仕掛け
●投げ(FUJI ジェット天秤23号/YAMASHITA 投げ釣り屋さん)
●胴付き(YAMASHITA 波止メバル6号/第一精工 ナス型錘8号)
●ウキフカセ(FUJI-TOKI 自立電子棒ウキ5B/HAYABUSA プロバリューチヌ金1号/KUREHA seaguarACE1.5号)


ブログランキング参加中
↓このボタンを押して魔法少女になってよ!
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 若洲海浜公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年12月27日 若洲にて2010年の竿納め

 【31//2010】

今まで書いていた2010年最後の釣行の記事があと3行くらいでUPできるぞというときにパソコンがフリーズして執筆中の記事がお無情にも跡形もなく消えたので、誠に申し訳ありませんが釣果だけ報告いたします・・・。
2010年最後の記事がこんな粗末なものになってしまうなんて本当に悲しい・・・泣きたい気分です・・・。
紅白も見ずに文字打ってたのに・・・。

2010年竿納めは湘南に行くつもりだったのですが、変更して若洲に行きました。
それで釣った魚は、カサゴ(14cm)×1 セイゴ(27cm)×1 久々のフッコ(40cm)×1でした!
しかも東京23区内とは思えない程綺麗な星空や夕日に照らされた富士山も堪能でき大満足で2010年の竿納めができました。この分なら、2011年の初釣りもよい結果になりそうです♪
IMGP0867.jpg


今年はいろいろな方に大変お世話になりました。
当ブログに多くの方が訪問してくれ、多くの方がコメントをくれ、そして僕が主催した釣り大会に多くの方が参加してくれ本当に嬉しい限りです。
来年も精いっぱいの誠意をこめてブログ運営に努めてまいりますので、ご声援のほどよろしくお願いします!
最後に、今年ご一緒してくださった川越の魚人さん、へちべぇさん、ホリさん、ヘチ釣り師Sさん、しんさん本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
では皆さん、よいお年を!



本日の釣果 《4人の釣果》
カサゴ (14cm) 1匹
セイゴ (26cm) 1匹
フッコ  (40cm) 1匹
IMGP0870.jpg

IMGP0872.jpg

IMGP0883.jpg

本日の記録
場所:若洲海浜公園
時間:12:00~20:30
エサ:アオイソメ・ジャリメ
潮:小潮 満潮9:36/21:27 干潮2:58/15:46
天気:
気温:最高11.9℃ 最低4.0℃
風向:西南西
風速:最大瞬間風速13.0m 最大風速10.5m 平均風速3.6m

本日の仕掛け
●チョイ投げ1(FUJI ジェット天秤15号・OWNER 同体カレイアイナメ9号)
●チョイ投げ2(FUJI ジェット天秤12号・SZM 投づりだ~い好き!!)
●胴付き(HAYABUSA ちょっと底までコツコツ行こう!6号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)



ブログランキング参加中
↓ポチッと押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 若洲海浜公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。