2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

2013年1月30日 久々のうみかぜ公園

 【25//2013】

※この記事は1か月前の釣行のものです。

1月初めごろから川越の魚人さんと釣りに行こうと約束していたのですが、なかなか二人の予定がつかず…。そしてやっと二人の予定がついた30日に一緒に釣行することとなりました。
場所は色々検討した結果、この時期でも比較的よく釣れていたうみかぜ公園に決定。というわけで川越の魚人さんとうみかぜ公園に行ってきました。僕は去年の3月以来10カ月以上ぶりです。


いつもなら横須賀中央から行きますがこの日は横須賀中央で各停に乗り換えて次の駅県立大学まで向かうことにしました。11時頃県立大学着。

IMGP3971.jpg

IMGP3970.jpg

IMGP3972.jpg

それからうみかぜ公園に行く前に上州屋に行き100gのイソメとアミコマセを購入。今回もゴールドオレンジです。

IMGP3978.jpg

そしてそのままうみかぜ公園へ向かい11時半ごろ到着。
この時期は毎度のことですが釣り人がかなり少なくがらがら。そして普段のうみかぜ公園とは違い風がなく全くの無風状態。かなり釣りやすそうです。

IMGP3973.jpg

IMGP3974.jpg

早速、胴付き1本と投げ2本を準備し投入。今回の投げ仕掛けも自作です。

IMGP4003.jpg

一応、胴付きはボウズ回避のためウミタナゴ狙い、投げはカレイ・キス狙いです。川越の魚人さんもウミタナゴやキス・カレイ狙いらしく、投げを1本とトリックサビキ1本とウキ1本を準備しておりました。

前回のうみかぜ釣行は全く生命反応がなく完全なるボウズだったのですがいつもは昼間でもウミタナゴが釣れるので釣果は問題ないと思ったのですが…ファッ!?1時間経っても全く生命反応なし…。澄んだ海を見ても魚が泳いでいる様子が見えません。

IMGP3977.jpg

前回のうみかぜ釣行がふと頭をよぎります…。ま、まあでもコマセを解凍して撒いたらさすがになにかしたら来るだろう…(震え声)。

1時間後、コマセが融けてきたのでいざ投入。

・・・

・・・

・・・

なにも来ません(涙)

ま、まあ明るいうちはダメだな、暗くなったら来るだろう…。ということでこの時間は釣りは半ば諦め、おなかが減ってきたので近くの業務スーパーで菓子パンを買いに行きました。

帰ってきて川越の魚人さんがくださったおにぎりを食べながら川越の魚人さんとしばし談笑していると、ハトが大量にやってきました。

IMGP3992.jpg

川越の魚人さんがおにぎりのご飯粒を投げてやると、我先にとご飯粒を食うハト達。非常に面白いです。やがて、スズメやヒヨドリもやってきて餌の取り合いバトルが勃発しておりました。

IMGP3990.jpg

IMGP3989.jpg

ご飯を食べ終わり川越の魚人さんが公園右端の突堤の様子を見てくるということで僕もご一緒することに。突堤には2人の先客がおりましたが、なにも釣れてない感じ…。

釣り座に戻る際前に5mあるかないかくらいの展望台と呼ぶにはおこがましいくらいの展望台に上ったとき自衛隊横須賀基地の方向にイージス艦が見えたので今回も展望台に昇って見てみたのですが、残念ながら停泊しておりませんでした。しょうがないのでポチポチ撮影し釣り座に帰還。

IMGP3998.jpg

IMGP3999.jpg

釣り座帰還後は投げて10分経ったら巻いて餌を交換して繰り返していたので餌の消耗が早く餌を追加購入することに。今度は普通のイソメです。ちなみにここまでの釣果はミズタマウミウシと思われる毒々しい色の生物とスナヒトデのみ…。

IMGP3985.jpg

IMGP4001.jpg

餌を買ってきた後、僕はまた投げて巻いてを繰り返していたのですが、だんだんとヒトデがかかるようになり情けないことに主に腕がかなり疲労…。仕方がないので置き竿にしてスマホをいじくっていると、突然ガタガタと竿が音を立てました!!念願の魚キターーーと思ったらお隣の二人組とオマツリ…。ここは23号を使えばそこまで仕掛けが流れないしお隣とも離れていたので大丈夫だと思ったのですが…。まあ明らかお隣さんが初心者ぽかったので警戒はしていたのですけどね。でもこちらも竿に目もくれずスマホをいじくってた訳で多少非はあるので素直に謝り倒したのですが、あちらさんはなんかブスッ!とした感じ…。どう考えてもせめて5:5くらいな気がしますが、親切な方も当然多くいらっしゃいますが団塊世代くらいの人は割とそういう人が存在するのでいちいち気にしないことにしています。

ただその隣の隣くらいで竿を出していたもはやうみかぜ公園の顔とも言えるしょうちゃんとそのご友人がオマツリを解いてくれてかなりホッコリした気分になりました。そして、その後なんでも教えてくださるしょうちゃんが今回も当然のように「これから足下、メバル釣れる!餌はアオイソ!暗くなるの待ってみ!」という若洲や川崎の常連なら教えてくれないであろう重要情報を話してくれました。しょうちゃん、毎回毎回本当に感謝感謝です。ただ本当はかなり失礼極まりないので目上の方をちゃん付けで呼びたくないのですが、本名を知らないし皆しょうちゃんと呼んでいるおり他の言い方だと逆におかしいのでしょうちゃんと呼ばせていただいてます。どうぞご了承ください。

時刻16時半ごろ、明るいうちにしょうちゃんの助言通り暗くなってからヘチをやるためヘチを用意。そして投げを1本体制に変更。

17時15分になり、辺りが真っ暗になったのでヘチ釣り開始。風がなくて非常に釣りやすい!うみかぜでこんなに快適なヘチ釣りができるのは初めてかもしれません。

それはさておき、底まで落として右側方向に探ること10分、ゴゴゴッ!というメバル特有の当たりが!巻き上がると案の定メバルでした。大きさは15cmほど。

IMGP4004.jpg

さすがはしょうちゃんです…。全く無生物状態だったのに助言通り本当に来ました。もう頭があがりませんね…。ちなみにこのメバルはリリース。そして川越の魚人さんも胴突きでメバルをゲットしこれで二人ともボウズ回避。うみかぜ釣行一回でなんだかんだ交通費や仕掛け・餌などなどで5000円近く掛かるのでボウズだったら鋼の心の僕でもさすがに凹みます!本当に良かったです。

メバルを釣った後、先ほどオマツリを解くのを手伝ってくださったしょうちゃんのご友人が話しかけてきて…そのまま意気投合。そして糸を垂らしながらその人としばし釣り談義。

どうやらその方は最近横須賀に来たようで、地元の九州でも釣りをやっていたもののこちらは釣り方が全く違ったので暫くは釣りをやっていなかったそうなのですがしょうちゃんに出会い、多分に漏れずしょうちゃんが一から教えてくださり今ではうみかぜで結構釣れるようになったそうです。そのほかにも長崎での釣りやら僕もかなり興味があるアンティーク釣り具やリールが流通する前の釣り方などなど色々とはなし気づいたら1時間ほど経っていました。釣り談義っていつの間にか時間忘れてしまいますよね…。

お話している間は当然探ってはいなかったのですが、かなり魚影が濃くなったようで糸を垂らしているとご丁寧に向こうから勝手に食って勝手に向こう合わせをしてくれメバル1匹とカサゴ2匹の計3匹釣りました。大きさはメバル・カサゴ各1匹は12㎝程、カサゴもう1匹は17cm。

IMGP4005.jpg

IMGP4006.jpg

IMGP4008.jpg

僕はお持ち帰り根魚サイズは18㎝以上と勝手に決めつけているので当然こいつらもリリース。それにしても昼間あんなに釣れないのに夜1時間足らずで向こう合わせで3匹釣れたということ昼間は魚たちは護岸の下の窪みにでも潜んでいるんでしょうかね~?僕たちがお話している間、川越の魚人さんは右側の突堤まで出張し同サイズのメバルを2匹釣っておりました。

話を終えた後も釣りを続けようと思ったのですが、無風だった時が嘘のように突然強風が吹いてきて海が荒れ始めるほどになったので続けるのを断念し18時半ごろ納竿。

帰りに冷強風に当たり体の芯から冷え込んだため、川越の魚人さんの粋な計らいで駅前のラーメン屋でラーメンをごちそうしてくださいました。お礼のしようがないほど毎度毎度……本当にありがとうございます。




本日の釣果(2人の釣果) ※()内はcocoの釣果
ウミタナゴ   (17cm)    1匹
メバル   (12cm~16cm) 6匹(2匹)
カサゴ   (12cm~17cm)  2匹(2匹)

本日の記録
場所:うみかぜ公園
時間:11:30~18:30
エサ:アオイソメ アミコマセ
天気:
気温:平均7.7℃ 最高14.5℃ 最低2.9℃
水温:10℃
湿度:平均41%
風向:北
風速:最大瞬間風速11.6m 最大風速6.6m 平均風速3.0m
潮:中潮 満潮6:54/18:33 干潮0:37/12:53
20130130.png

本日の仕掛け
●投げ1(第一精工 キング天秤23号/YAMASHITA 投げ釣り屋9号)
●投げ2(第一精工 キング天秤23号/自作仕掛け)
●胴突き(SASAME メバルカサゴ3セット7号/第一精工 ナス型錘4号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉2B/SASAME ヤイバチヌ2号/VALCAN クロハリス2号)




ブログランキング参加中
↓闇の炎に抱かれて押せ!!
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ




お知らせ

先日のミニ釣り会に参加してくださった方々ありがとうございました。僕は遅れての参加となりましたがとても楽しかったです。次回のご参加も心からお待ちしております。

さて本題に入らせていただきます。現在、『第6回 一緒にしましょう会』の計画を練っております。まだまだ決まっていないことだらけですが、これまでの方向をお知らせいたします。
まず日時ですが、こちらは3月23日が第一候補となっております。ただ、年度末で忙しい方も多いかと存じますので4月あるいは5月まで開催を引き延ばす可能性も多いにあります。
場所は今まで開催した、若洲海浜公園・青海南ふ頭公園ではなく横浜や川崎など湾奥以外での開催を予定しております。ただこちらもまだ決まっておらず最終的に湾奥に落ち着く可能性も存分に考えられますのでご了承ください。
『一緒に釣りしましょう会』について今お伝えできるのは情けないことにこれだけです…。今後早急に計画し皆様にお知らせいたしますのでもうしばしお待ちください。
スポンサーサイト

Category: うみかぜ公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2012年3月18日 うみかぜ公園でまさかの…

 【08//2012】

今回の釣行はずっと前のものです。そのためコメントは設けません。
作成はしていたのですが、うpを忘れていました…。
一応、言っておきますが今回は魚の画像は1枚もありません。
なお、前回の記事へのコメントの返信は時間がだいぶたてしまったので控えさせていただきます。COZYさん、臥龍さん申し訳ありません。



この日は小学校の時の友人りょうけとしょーへーと共に釣行してきました。
日時は結構前から決めていたのですが肝心の場所は決めておらず、結局春の陽気を遠征して味わいたかったし今まで10会以上行っているもののボウズの経験がなくいわば麻雀でいうアンパイ的な釣り場だったので横須賀のうみかぜ公園へ行くことにしました。ただ、天気予報では午後からにわか雨ということと15mを超える風が吹くとのこと…。それでもこの日以外にはみんなで行けないので釣行を決行しました。

7時に地元駅に集合し9時チョイすぎに横須賀到着。それからトコトコとうみかぜに向かいます。

IMGP3268.jpg

IMGP3269.jpg

途中の業務スーパーで55円のおにぎりと飲料を買い込みうみかぜ公園到着は9時40分頃。
この時点では風はほとんど吹いていません。ただ平日だったにも関わらずいつも人気の公園右側は釣り人でいっぱいというか釣り人は少なかったけどちょうどはいれないくらいのスペースで竿が並べられていたので、僕らはスケボー広場の前あたりに釣り座を構えることにしました。

IMGP3270.jpg

IMGP3271.jpg

釣り座を決めてから竿を準備しているとやがて10時になったので餌を買いにりょうけと共に上州屋へ。
当初アオイソメ100gとアミコマセのみ買う予定でしたが、店員さんに釣果を聞いたところイワイソメとアオイソメのW掛けでカレイが結構上がってますよとのことだったので見事口車に乗せらせイワイソメも購入。

IMGP3277.jpg

そしてウミタナゴも結構上がってますとのことだったのでオキアミも購入。しかし、これだけ買っても1500円未満。さすがは横須賀、東京だったら3000円近くしますね…。
餌を買って釣り座に戻り、早速イワイソメ&アオイソメをW掛けしてキャスト。前回、釣りバカ青年さんから教わったため前に比べるとずいぶん飛ばせるようになりました。投げのほかに、とりあえず胴付きとチョイ投げも投入。
しょーへーとりょうけもそれぞれ投げと胴付きorサビキを投入。
1時間…2時間と経過し、まあ最近はいつものことなんですが当たりなし。
周りの人もつれてない様子でしたが、一応様子を見てみるとやはりつれている人は少なくウミタナゴやハゼと思わしき魚それにピンキスが少々程度。それでも、この時はうみかぜ公園でボウズはいままでないし夕マズメがあるからあわてる必要はないと思っていました。

IMGP3279.jpg
途中トイレに寄った際に見つけた鳩。ひなたぼっこしていました。

やがて当たりがないままさらに1時間が経過し時刻は13時頃、雨の前特有のにおいがし始め風も強くなってきて午後から雨が降る予報だったことを思い出しました。これはやばいと危機感が芽生え始めます。

IMGP3282.jpg

とりあえず、直感的にあと30分は平気そうなので短竿にブラクリをくっつけ、護岸の右側にある階段状の場所へ。
なぜここに来たかというと、この階段の隙間で以前ギンポを大量に釣ったことがあるからです。しかもメバル・カサゴが釣れたとの情報もあり結構有望な場所なのです。
早速ブラクリを穴の奥に入れては糸を上下して誘い、出してはまた次の穴の奥に入れては糸を上下して誘いを繰り返すこと30分。磯場で遊んでいた子供たちに変な目で見られながらやったにも関わらず当たりすらなし。
まもなく空模様が怪しくなってきたのでりょうけとしょーへーと相談し雨が止んでからまた再開することにしていったん釣り竿を畳み、近くのマック関西ではマクドの愛称で親しまれている某ハンバーガーショップへ昼食がてら避難しに行くことにしました。
マックではさくらてりたまのバリューセットを購入。これ、今までのハンバーガーの中で私的ランキング№1!今までエビフィレオが私的ランキング№1だったのですが変わりました。とにかくうまい!まあどうでもいいことなのですが…(汗;
結局マックを食べながら僕の持ってきた桃太郎電鉄20周年を3人で楽しんで2時間後、うみかぜ公園に帰還。
雨はやんだいたもののすごい風で立つことも困難なくらい。ここはうみかぜ公園というだけに風は常に強いのですが、今回は尋常じゃないです。天気予報をみると15:00は風速が11mとの表示…。竿が5本くらいは言った竿ケースもズルズル引きずられる始末…。途中自衛隊のSH-60J/Kと思われるヘリコプターが3機づつ続々と基地に帰っていったのですがそれもおそらく風によるものですね。
しかし、かなり暴風のため結構いた釣り人は2人のみ。これはもう竿を出すしかないということでヘチだけ出すことにしました。ガン玉は驚異の15B(汗;
いざ、竿を出してみると15Bでも風であおられ海の中で入れられません。なんとか仕掛けを海の中へ入れ、低層まで落としましたが仕掛けが波に揺られつねにブルブル状態…。これじゃ本当に当たりが来てもわかったもんじゃありません。さらに、波を何回ももろに被りびちょびちょに…。それでも20分くらい続けてましたが、いろいろ危険なのでやむなく終了。
しかし!ここで終わらないのがcocoの悪いところ!これから風が弱くなるのを期待し、またマックに戻りマックシェイクとジューシーチキンetc…を購入して桃鉄の続きを楽しむことにしました。
やがて2時間が経ち、またうみかぜ公園へ。当たりはもう真っ暗で釣り人も皆無。風は期待した通り弱くはなっておらず相変わらず暴風でした。
しかし、ここでやめればボウズ確定なので、意を決して投げとヘチを出すことにしました。
しかし投げようとしたら風が強すぎて天秤がUターンし、地上に落下…。これではとても釣りにならないのですが、できるだけ風の影響を受けない方向に投げなんとか1色だけ投げることができました。
ヘチはさっきと同様15B。しかしさっきと同じく悪戦苦闘…。とりあえず投げを投げっぱなしの状態でヘチをし、エサ確認のため上げたところ仕掛けが豪快に絡み戦意喪失。
もうヘチは諦め、投げを上げようとしたところこちらは根掛かり…。頑張ってはずそうとしたものの、結局ちから糸ごと喪失…。
この二つが連続して起こり、さすがに諦めがついたので完全に終了することにしました。
今回は、うみかぜ公園自身初のボウズを記録しただけではなく雨にも負けテ、風にも負けテとんだ釣行となってしました。マック・エサでもかなりお金を使ってしましたし…。やはり、無理に決行するのはよくないと今ごとになって気づきましたよ…。まあこんなこと言って今後も同じこと繰り返すに1ペソかけられますが(笑)

IMGP3287.jpg
帰り際の公園、とにかく波&風がつよすぎた…。


本日の釣果
ボウズ

本日の記録
場所:うみかぜ公園
時間:10:00~20:30 ※途中4時間程休憩
エサ:アオイソメ・イワイソメ・オキアミ アミコマセ
天気:一時
気温:平均10.8℃ 最高18.1℃ 最低5.9℃
水温:約15℃
湿度:平均54%
風向:北東
風速:最大瞬間風速18.3m 最大風速10.9m 平均風速4.0m
潮:中潮 満潮6:59/20:41 干潮1:23/14:06
20120328

本日の仕掛け
●投げ(FUJI ジェット天秤25号/OWNER 胴体カレイアイナメ10号)
●チョイ投げ(メーカ不明 キス天秤/自作仕掛け《針:スピードガレイ9号 糸:YAMATOYO REDFIGHTER2号他》/第一精工 ナス型8号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉15B《合計》/SASAME ヤイバチヌ2号/VALCAN クロハリス2号)
●胴付き(自作仕掛け 《組み合わせ失念》/第一精工 ナス型8号)

本日の一枚
今回はよかった写真がないのでありません。


ブログランキング参加中
↓べ、別に押してほしいわけじゃないだからね!
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: うみかぜ公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2010年11月9日 回遊魚を求めてうみかぜ公園へ!しかし・・・

 【16//2010】

今回は久々の長編です!更新遅れてしまいごめんなさい(>△<)

11月9日は平日だけど自分の学校は創立記念日のためお休み
僕の場合、平日休み=問答無用で釣りへLets GO!という考えなのでこの日ももちろん釣りへ行ってきました(笑)。場所は前日まで回遊魚が爆釣という情報が出ていたうみかぜ公園。今回は、川越の魚人さんと僕の友達KUMATAと一緒です。
 川越の魚人さんは11時頃に釣り場に行くとのことなので平日とは言え万が一前回ような感じだったら嫌なので僕とKUMATAは先に行って場所を取ることにしました。
事前に購入しておいたアミコマセと釣り大会の時に川越の魚人さんからもらったアオイソメを持って朝6時半にKUMATAと集合しうみかぜ公園に向かいます。
途中、餌はKUMATAに持ってもらい朝8時ごろ横須賀中央駅到着。さて~これからうみかぜに行って回遊魚だぜ~!と話していた時、ふと僕がKUMATAが餌を持っていないことに気づきました。
そこでKUMATAに「あれ?KUMATA、餌は?」と聞いたところ「あ!電車の中に忘れた・・・」という回答が・・・。僕「え?マジですか!この時間釣り具屋開いてないから釣りできないじゃないですか!電車のどこに置いてきたの?」KUMATA「・・・・・座席の下・・・・」僕「いや、あれ匂いが拡散しないように何重にもくるんでましたよ。APEC目前の厳重警戒の時、いかにも怪しいそうなものを座席の下に忘れるなんて・・・かなりヤバくないですか!」KUMATA「(ひどく自信ありげ&呑気そうに)大丈夫前にも忘れたことあるから~」僕「(呆れたので)わかった・・・。前も忘れたから大丈夫だね。うん・・。そんなことより餌はどうするよ!お前バイオワームとか持ってないのか?」KUMATA「そんなもの持ってない(キリッ」僕「・・・」。
いつもはマルキューとガルプのバイオワームの両方を持ってくる僕ですが、今回に限ってたまたま持ってきてなかったので本当になにも餌とするものがありません。今回はルアーも持ってきてないし・・・あるのはエギだけ。
そこで10:00まではエギでイカを狙い、周りが撒いているであろうコマセを頼りに10:00まではコマセなしで投げサビキをやるということでまとまりました。
向かっている途中、近くのガソリンスタンドでパトカーが3台並んで給油している姿がなんか面白かったので、撮影。
IMGP0164.jpg
そして8:30頃うみかぜ公園到着。まず釣り場について驚いたのは、猛烈な追い風。ちなみに釣り場はカレイ釣り師と投げサビキ師が二十数人いて、カレイの実績がある左側と回遊魚の実績がある右側はほぼ満員だったので僕らはほとんど人がいなかった真ん中に入ることにしました。
IMGP0170.jpg

IMGP0169.jpg
真ん中は根掛かり多発の場所であるもののまずは釣り座を確保できたので一安心。ちなみにこの場所の足下にはたくさんのウミタナゴが泳いでいました。
無事に場所も確保できたのでまずは投げサビキと今回初挑戦となるカゴを作り、それからエギングをするためにルアー竿にアオリQRSをセット。
投げサビキの方はKUMATAに任せ僕はエギングをすることになったのであっちこっち移動してエギを投げていたものの何にもあたりなし。それどころか、海中にいっぱい海藻類が漂っているようで中層あたりでも必ず海藻が掛かってきます。こんな状態ではどうしようもないので早くもアオリは断念。
その代わりに、エギを底に這わせるだけのコウイカを狙うことにしました。こっちは底ONLYのためすぐ釣り場真ん中辺りだと根掛かりする可能性があるので、まずは安いエギでやってみることにしました。すると案の定3投目で根掛かりして、結果的にロスト。安いエギだったのであまり悲しくはなかったですがあとは高いエギしか持ってないので、コウイカも断念・・・。ということでエギングはこれにて終了。
あとは餌がないとどうしようもないので、餌を買ったらすぐにできるように対ウミタナゴ用のウキ仕掛けを作っているとやっと上州屋の開店時間になったのでKUMATAが餌を買いに行き、10:15頃帰還。これでやっと釣りができます。
周りにもまだ回遊魚が来ていないようなので、僕は早速ウキをやってみることに。作っておいたウキにアオイソをつけ落としてみるとすごい勢いで魚が群がってきました。
こんなに群がってくるなら数釣りは楽勝だろうと思っていると、いつの間にか餌が取られてしまいました。次も同じ結果に・・・。いままでのウミタナゴは結構簡単に針掛かりしたのですが今回は水が澄んでいるためか、かなり慎重にエサをついばんでいるようです。
そして結局1匹も掛けられないまま、11:30頃川越の魚人さん到着。川越の魚人さんには、KUMATAが買い忘れたオキアを買ってきて頂きました。ありがとうございます~。川越の魚人さんは、チョイ投げと投げサビキとウミタナゴ用に胴付きをされるとのこと。
川越の魚人さんが来て10分後、僕のウキがグググググッーとすごい勢いで海に引きづり込まれたので、上げてみると12cmのウミタナゴが掛かっていました。
IMGP0173.jpg
撮影している間も風が強くて、メジャーがひらひら(汗;。とりあえずなんとか本日最初の魚Get!です。
この後は当たりが遠のいてしまったので、僕は放置してたカゴ釣りをすることにしました。オキアミをつけ、コマセを入れ投入~。かなり強い追い風なのでウキが遠くまで飛んでいきました。なんだか気持ちいい!!これで釣れればさらに気持ちいいのですが、あいにく何も掛からず・・・。
この後も餌をつけてコマセを入れては投げをくり返していたのですがやはり何も釣れないので、ここら辺で昼食を取ることにしました。
昼食後、またカゴ釣りをしていると投げサビキをしていたKUMATAがカゴ釣りをやりたいとというのでバトンタッチ。そしてKUMATAが1投目を投げた瞬間・・・糸がブチッ!
どうやらトップガイドのところに糸が絡まっていたらしくそれをKUMATAが確認しないで投げたため、糸が切れてしまいました。うあ~ウキ、カゴ合わせて2000円近くしたのに~。
しかも、このあと不意に突風が吹いてきて僕が被っていた帽子が頭から外れ、そのまま海のはるか沖に落下・・・。
IMGP0174 2
↓拡大
IMGP0178.jpg
救出もできないほど沖に飛んで行ってしまったのであきらめることにしました。あ~結構気に入っていたのに~~。帽子さん、よい旅を(涙:)。
ま、まあ、2つとも無くなったものはしょうがない・・・。ここからは、気を取り直してウキ釣りに専念することにしました。
すると、さっきとは違いウキを浮かせてしばらくするとウミタナゴがかかってくれるようになりました。結構な頻度で釣れるのでなかなか面白い。最近のウミタナゴは小さいのばかりなので、13cmをキープラインに13cm未満は釣ったら即リリース。
IMGP0186.jpg
一応釣ったウミタナゴすべてを撮影したのですが、そんなにいっぱい同じ魚種があっても面白くないので、ウミタナゴを違う視線から撮影してみました。わかりますよね?optioの新機能デジタル顕微鏡モードで撮影したウミタナゴの体表です。鱗がかなり綺麗ですね!
IMGP0185.jpg
川越の魚人さんは、胴付きでやっていたのですがウミタナゴに混じってメジナやベラ、そしてハオコゼを釣っておりました。これらの魚はウミタナゴより下の層にいるので、ウキではなかなか釣れません。
この後も15時過ぎまで、ポツポツと釣れていたのですがある時を境にパタッと当たりがなくなってしました。なんでかわかりませんが、今日はウミタナゴにたくさん楽しませてもらったのでとりあえずウキ釣りを終了させ、そろそろいい加減くるであろうサバやカツオに備えることにしました。
ちなみにここまで周りで釣れたサバは目視出来た限りでわずか4匹・・・。昨日は昼ごろから爆釣だったとのことなのですが、今日は全く釣れる気配ありません・・・。
結局、16時まで待っても来ないので、KUMATAと㊙ポイントに穴釣りに行くことに。しかし、穴釣りも不発・・・。
しかたがないので穴釣りポイントの後ろにある高さ5mくらいしかない展望台に上って綺麗だった夕日に照らされた猿島を撮影。
IMGP0194.jpg
ちなみにここ高さ5m弱とは言え周りにそれ以上高いのがないので海が一望できましたよ。あと米軍・自衛隊・海上保安庁があるいわば日本の海の防衛拠点の方向を見たところ自衛隊のイージス艦と海保の巡視船が泊っているのを発見しました。
IMGP0190  2
ちょっとわかりづらいのですが、イージス艦の方はおそらくかたち的に護衛艦「こんごう」型ですね。横須賀だと「174 きりしま」かな?巡視船は写真左側に泊っていますが、種類は少しわかりません(後日、上から2番目の写真に写っているのに気付きました)。
IMGP0192.jpg
おっと、関係ない話をしてしまいました(汗;)。とにかく、穴釣りでは何も釣れなかったので釣り場に帰還。相変わらず回遊魚は釣れる様子がありませんが、それでもKUMATAは一生懸命投げ始めました。うん、えらいぞ!
しかし、一生懸命投げ始めたのはいいですが、なんとまたまたトップガイドに糸が絡まっていることを確認せず、投入。もちろん結果は投げた瞬間ブチッ!でした。
あ・・・またやった・・・。今日は、ウキをあまり持ってこなかったのでウキサビキはこれで終了・・・。
さて、困った・・・。あとはなにをやろうか。考えていると、思い浮かんだのが投げ釣り!最近、うみかぜ公園ではカレイが結構釣れているらしくなかなか好調なんだそうです。
というわけで、cocoの今シーズンのカレイ釣り、これにて開始。仕掛けは昨シーズンの残りの飛炎カレイです。久々の登場ですね~。
IMGP0195.jpg
今いる場所では根掛かり必須なので、公園右側に移動。回遊魚がまったく釣れないためかいつの間にか右側がかなり空いていました。
さっきのカゴ釣りで使った竿も使用し2本体制にてカレイを迎え撃つ準備完了。
20分後、エサ確認のため仕掛けを上げます。リールを巻いて、って?!なんだかものすごい重量感です!むむ、第1投目にしてまさかの本命ゲットか?とすごいワクワクしながら最初は引いていたのですが、巻いて5秒後には掛かっていた正体が判明。だってまったく引きがないんだもん。あいつしかあり得ない。仕掛けを上まであげてみると、やはり掛かっていたのは予想通りのやつでした。
それはマヒトデ15cm!
IMGP0202.jpg
まあ、そう簡単に釣れたら苦労しないよな・・・。
さあさ気を取り直して第2投。そしてまた20分後引いてみると・・・またまたヒトデが掛かっていました。
今度はモミジガイ10cm。
IMGP0196.jpg
3投目は場所を少し変えて、キャスト~。今度は10分後に引いてみると、さらにまたヒトデが掛かっていました。
しかしまた別の種であるイトマキヒトデ6cm。なんとヒトデだけで3目達成(汗;)。
さらに4、5投と続けたものの、ヒトデの猛攻にあうのみ・・・。しかし、ヒトデがいるところには絶対にカレイもいるのです!!あきらめないでさらに投げていれば必ず釣れると信じて続けようと思ったのですが、KUMATAが18:00には帰りたいと言ったのでしかたなく、ここで納竿することとなりました。
 結局、今回は回遊魚もカレイも釣れませんでした。ウミタナゴ君が結構な頻度で掛かってくれたのでそこそこ楽しめましたが、それでも納得いかない釣果でしたね。
今回の釣行でやはり釣りってのは自然が相手なんだなと改めて実感することができました。前の日には爆釣だったのに次の日になるとほとんど釣れなくなってしまうのですから本当にわからないですよね。
とりあえず、これで今シーズンの回遊魚は終了します。これからのメインはヘチと投げでの根魚・クロダイ&カレイですかね。まあ、どこかで長期間回遊魚が釣れているという情報が入ったら回遊魚を狙いに出撃するかもしれませんけど(笑)。最後まで読んでくださりありがとうございました。

本日の釣果《3人の釣果》
ウミタナゴ  (10cm~18cm) 25匹以上
キュウセンベラ  (15cm)     1匹
ハオコゼ       (5cm)     1匹
メジナ        (15cm)     1匹
IMGP0209.jpg

本日の記録
場所:うみかぜ公園
時間:8:00~18:00
エサ:アオイソメ、オキアミ アミコマセ
潮:中潮 大潮7:11/17:38 干潮0:20/12:25
天気:
気温:最高20.9℃ 最低11.8℃
風向:南西
風速:最大瞬間風速20.4m 最大風速13.2 平均風速5.3m

本日の仕掛け
●投げサビキ(YO-ZURI 秋桜8号・misaki ショートサビキ7号)
●投げ(FUJI ジェット天秤12号・SASAME 飛炎カレイ11号)
●ウキ(富士灯器 FF-3号・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)
※カゴ釣りは仕掛けを覚えていないため略。ちなみにウキはPEスカッド8号でした。ウミタナゴを釣ったのはウキです。


※11月18日、細部修正・加筆


ブログランキング参加中
↓ポチッと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: うみかぜ公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (12) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年10月24日 いつもと違ったうみかぜ公園

 【26//2010】

テストが終わったので、早速回遊魚を狙いにうみかぜ公園まで7月の大人数釣行で一緒に来た友達のうち4人(AIGIS、0BNN、kazuki、やっさん)と一緒に行ってきました。この時期のうみかぜ公園は朝早く行かないと場所がまったく取れないので、今回は交通機関的に釣り場から一番近いcocoの家にみんなが泊って山手線の新宿方面の始発で行くことにしました。とにかく今回はテスト開けでありnewデジカメのデビュー釣行でもあるのでいままでとは気合が違います。
 朝4時に起床し5:04発の山手線に乗って一同横須賀中央を目指します。今回は東急経由ではなく時間をなるべく短縮したいので品川から直接京急へ。
品川に着いたのはまだ人がまばらな5:40!いつもなら早くてもこの時間に家を出るのでこんなに朝早くの品川駅は初めてかもしれません。
IMGP0052.jpg
品川駅で京急改札に向かっているとこんなものを発見!
IMGP0049.jpg
デジタルタッチパネルの自販機です!JRがデジタルタッチパネルの自販機を設置したことはしっていましたが品川駅に設置したとはしりませんでした。なんだか次世代的ですよね。
品川で京急の特急に乗ったのは5:59、それから約1時間も経たない6:50頃に横須賀中央に到着。
IMGP0054.jpg
品川から1時間掛からないのには驚きました。いつも乗ってたのになんで気付かなかったんだろ?それにしても横須賀にいるのにまだ7:00を回ってないことにはすごいと思いました。
横須賀中央から少し早歩きでうみかぜ公園に向かい7:20頃にやっと到着。が、しかし・・・場所が全然開いてない~。
IMGP0056.jpg

IMGP0055.jpg

IMGP0057.jpg
僕の家に泊めてまで来たのに、東急経由よりも100円高い京急経由できたのに・・・。僕らが付いたころには駐車場は満車で何台も開くのを待っている状態でした。やはり電F派は相当不利ですね。
とにかく場所がないことには仕方ないので、横須賀海辺釣り公園に移動しようかと思いましたが、そっちも入れなかったらバカバカしいので場所が開くのを待つことにしました。中には若洲同様、投げ竿を2mくらいの間隔で5本くらい並べている地元のカレイ狙いと思われる常連がいたので少し腹が立ちました。まあ若洲よりかはましか。。。あっちは最高10本出してる人いるもんな。
そして待つこと40分、やっと2人分ほどのスペースが空いたので急いでそこに駆け込みなんとか場所確保!これで釣りができます。よかった~~~。
今回は、イカやクロダイが釣れているのでヘチやエギングの仕掛けも持ってきたのですがこんなに満員ではできないのでこちらは断念し、まずは投げサビキ1本と銅付き1本のみを出すことにしました。
銅付きはまだアオイソを買っていないので仕掛けを作るだけにし、アミコマセは前日に1パック買ってあったので投げサビキは仕掛けを作り即開始。
この日は風は強く投げるのが難しかったですがなんとか20m程飛ばすことができました。幸い潮はあまり動いてないので投げた後は釣りしやすい。
僕らは、朝食をまだ食べてなかったので2人と3人に別れ順番にご飯を食べにいきました。僕は前回同様この日も大好きなマックを食べてこれからに備えます。
マックを食べた後は、AIGIS、kazukiと共に上州屋へ。ここでアミコマセ2ブロックとアオイソメ100gとモエビ15匹を購入。
それから釣り座にもどりアオイソメとモエビをつけて銅付きも開始。先ほど場所が開くのを待っている時に、カワハギが釣れているのを見たので今回も銅付きにかなり期待したのですが、予想に反して入れてすぐにごく小さいあたりが数回あっただけでなんにも掛からず・・・。
投げサビキの方は周りも全く釣れていない状況なので当然釣れるはずなく、かなり暇な状態です。ヘチやエギで探ることもできないので暇つぶしにまだやっていなかったうみかぜ公園探索をすることにしました。
すると、遊具やソリ滑りや夏季用のじゃぶじゃぶ池などがあることが発覚。
IMGP0071.jpg

IMGP0072.jpg

IMGP0073.jpg

IMGP0074.jpg
ちなみにこの日は写真にはないですがスケボーの大会もやっていました。バーベキュー、釣り、スケボー、バスケ、テニス、水遊びといろいろできるうみかぜ公園は意外とオールマイティーですよね、改めて見直しました。
うみかぜ公園探索を終え釣りに戻りますが相変わらずなにも釣れない・・・。今回はうみかぜ初ボウズか!?いつもなら釣れないと竿を追加してなんとか坊主を防ぐのですが、今回は場所がないので竿を追加できない・・・。本当に坊主の可能性あります。
結局なにも釣れないまま、13:00が経過。このままではまずいので銅付きのエサをモエビ1匹から2匹に、アオイソメを半分からまるまる1匹に替えてアピールしようと銅付きを上げエサをつけ直そうと思ったその時、突如投げサビキの竿が倒れそうになりました。この時海とは反対方向を向いていたのでウキは見ていなかったのですが直感的に魚だ!と確信し急いで竿のもとに駆け寄り糸を巻きます。
すると、かなり強い引きで引っ張れます。おお!これはサバかソーダだ!混んでるので周りの人に迷惑がかからないように少し強引に引きます。今回はハリス4号の大物用サビキなので強く引いても安心できる。しかし、魚はそれでも横に走ったり沖に知ったり抵抗を続け結局隣の方のサビキと軽くお祭りしてからなんとか抜きあげ成功。掛かっていたのはうみかぜでは初となるゴマサバでした。隣の人にお詫びをしてちゃんとお祭りした仕掛けをほどいてから、サイズを測ってみると34cm。
IMGP0076.jpg
それからnewデジカメで初となる魚の写真を撮って生き締めをしてから氷漬けにして完了。
周りがまったく釣れてないのに僕に掛かったなんてかなり驚きました。きっと迷いサバがふらふらとやってきて釣れたんだと思います。とにかく釣れたのはかなり嬉しい!しかもゴマサバはマサバよりもおいしいので^^
この後も続くかなと思って投げサビキをずっと投げてはしゃくって巻いてを繰り返していたのですが、結局この1匹以降はなにも釣れませんでした。銅付きにも餌をつけなおしたので期待したのですが、結局変わらず。なので夜に期待することに。
しかし正午ごろから降ったり止んだりしていた霧雨が3:30頃に本降りになってきました。今回は全員雨具を持って来なかったので止むなくここで終わりにすることにしました。片づけを終えて帰るときにはあんなにいた釣り人がまばらに・・・。
IMGP0079.jpg

IMGP0078.jpg
雨具持ってくればヘチとかエギんグとかできたのに・・とか思いながら急いで駅に向かい4:40頃の快特にのって帰路に付きました。
IMGP0080.jpg
 今回の釣行は朝早くいったもののサバ1匹だけとかなり悪い釣果でした。それでも周りが釣れてない中でのサバは価値が高いですがやはりどこか満足行かない・・・。そろそろ回遊魚も終わりですかね~?あともう1回くらい様子を見に行ってみようと思いますが。
 ちなみに釣ったサバは三枚下ろしにして塩焼きにしてました。
IMGP0082.jpg
すぐに生き締めして氷漬けしただけあって匂いがまっくなくかなり美味でした。次回は味噌煮が食べたいな~。

本日の釣果《5人の合計》
ゴマサバ (34cm) 1匹

本日の記録
場所:うみかぜ公園
時間:7:30~15:30
エサ:アオイソメ・モエビ  アミコマセ
潮:大潮 満潮5:38/16:55 干潮11:25/23:46
天気:
気温:最高17.9℃ 最低13.5℃
風向:北
風速:最大瞬間風速9.4m 最大風速5.5m 平均風速2.8m

本日の仕掛け
●投げサビキ(YO-ZURI 秋桜8号・misaki ショートサビキ7号)
●銅付き(YAMASHITA 波止メバル9号・第一精工 ナス型錘6号)


ブログランキング参加中
↓もしよろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: うみかぜ公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (16) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年9月26日 うみかぜ公園またまた初魚種!

 【08//2010】

実はうみかぜ公園釣行の前の18日にも川崎東扇島西公園に高校の友達3人とともに行ったのですが、撮っておいた写真がどこを探しても見当たらず、釣果もサッパ3匹のみとまったくつまらないものだったのでこのときの釣行記は割愛させていただきます。
さてさて、そういうわけでやっとうみかぜ公園釣行まで記事が追い付きました。ずいぶん間があいてしまって申し訳ないです。今度は、なるべく釣行と釣行記の間が開かないように致します。
では釣行記をお送りいたします。
 上州屋横須賀中央店の釣果情報によると、うみかぜ公園で35cm程の脂が乗ったサバやアジやソーダガツオなどの回遊魚が釣れているとのことだったので26日に若洲・お台場周辺&横浜の釣り日記の管理人である川越の魚人さんと共にうみかぜ公園に行ってきました。
朝ゆっくりしてからうみかぜ公園に向かったので到着したのは11:30頃。
公園は休日だけあって大混雑しており、僕ら2人がそれぞれ1本ずつ竿を出せるスペースもないほど・・・。
DVC00016 (4)
このままでは釣りができないので川越の魚人さんとどうしようか考えていると、ちょうど前にいた方が『もし入るのでしたらここどうぞ、もう帰りますので』とわざわざ言ってくださりなんとかスペースの確保が完了。
僕らが入ったスペースは右寄りのスケボー場と駐車場に挟まれている道路の前で結構回遊魚が回ってくる場所なので本当にラッキーです。
釣り座を構え、一息ついて海を眺めているとカタクチイワシと思われる大群がやってきました。
写真では伝わりませんが、群れがずっと沖まで続いておりかなり幻想的でしたよ。
DVC00015 (4)
周りで釣りをしている方たちの釣り方の割合は、ウキサビキやカゴ釣りがほぼ100%だったので僕らもまずはウキサビキを1本ずつ用意。
それから足下を狙っている人が少ないので、エサを落としたらもしかしたら来るかもしれないと思い胴付きも1本用意して計2本で釣り開始。
仕掛けを作り終え投入してから、僕は周りの釣果がどんなもんか見てみることにしました。
その結果、公園左側は回遊魚はあまり来ておらずシロギスがぽつぽつ釣れている程度で、右側はサバやソーダガツオの回遊魚とメジナポツポツ釣れていることがわかりました。
メジナが来ているからもしかしら自分の胴付きにも掛かるかもと期待しながら釣り座に帰還。
すると川越の魚人さんが、僕の銅付きに魚が掛かったのであげておいてくれました。
掛かっていた魚は、メジナではありませんでしたが初魚種のシマダイ(イシダイの幼魚)。
シマダイとは嬉しい!!代わりにあげてくださった川越の魚人さんどうもありがとうございます。
DVC00056 (4)
開始早々シマダイとはなかなか幸先がいいので今日はあたり日かもと思っていた矢先に川越の魚人さんのウキサビキの竿がググ~ンとお辞儀!
急いで巻く川越の魚人さんですが、なかなか魚が寄ってこないで大暴れ。どうやら大物のようです。
1分後、大格闘の末やっとこさ魚をあげることができました。
掛かっていた魚は、32cmの脂たっぷりなソーダガツオ(マルソーダ)でした。
IMGP2521.jpg
写真は一番最後に釣ったカツオ  写真提供:川越の魚人さん
ソーダの写真を撮っているその時、僕の竿も大きくお辞儀。
急いで巻くもあえなくばらし・・・悔しいです。
このあと1時間の間に川越の魚人さんは2,3cm増しのソーダを2匹追加、僕はもう一度バラしていました・・・。
やがて、ソーダの当たりが遠のき僕ら含め周囲は沈黙モードに。
しばらくしたらまたソーダが回って来るかもという期待を胸に3時間ほど投げサビキを投げては巻いて投げては巻いてを繰り返していましたが、胴付きにシマダイがもう1匹かかっただけで一向に当たりがないので今回はソーダを釣るのを断念しウキサビキをやめ、ここからは根魚やクロダイを狙うためヘチに専念することにしました。
ヘチを開始したのは17時ですが、釣り人はまだまだたくさんいたのでその間を探っていくことにしました。
餌は近頃のヘチの貧釣果を挽回するするため公園に向かう途中で買っておいたモエビを使用(とかいいながら前回もモエビを使用していましたが汗;)。
まずは第1落とし・・・あたりないので場所を移動し第2落とし・・・さらに移動第3、第4、第5落とし・・・やはり釣り人が多くまだ明るいせいかヘチの方は全然当たりがありません。
それでも、釣れるという希望を忘れずひたすら場所移動→底から1mまで落として(底にするとハオコゼがよく掛かってくる)から徐々に棚を上げる→仕掛けをあげてまた移動を何回も繰り返しているとトイレの前あたりでググッと繊細だけど力強いあたりが。
早急に合わせを入れ、巻いてみるとなにやらすごい引きです。
なんだ!?カイズか、それともスズキか?とわくわくしながら格闘しているとやがて根に潜られてしまいました・・・(この時点で掛かったのは根魚だと断定)。
でも、ここであきらめずテンションをかけているとやがて根から離れまたすごい引きで抵抗しだしました。
今度こそ取り込んでやると思い、根に潜られないよう結構速いスピードで巻いていくとやっと水中に魚影が浮かび上がりました。
海面まで結構距離があるので、念のため川越の魚人さんに頼んで網を持ってきて取り込みを手伝って頂きやっとあげることができました。
掛かった魚は、案の定20.5cmのカサゴ。
IMGP2533.jpg
写真提供:川越の魚人さん
クロダイ系ではありませんでしたが、久しぶりの20cm越え根魚はかなり嬉しいです!
さらにヘチでの釣果をあげようと奮闘しましたが、このカサゴの他はあたりすらありません。
そのままあたりがないまま、あまり遅くなると次の日の学校に響くので18:30に納竿しました。
 今回の釣行は本命である回遊魚は釣れなかったもののヘチでの本命であるカサゴが釣れたので行って良かったです。
ただやっぱり回遊魚のあの強烈な引きを味わいたいので、次は大型回遊魚用のサビキ仕掛けを持って再挑戦しようと思います。
ただ次に釣りに行けるのはテストが明けた24日以降になってしまうので、それまでに回遊魚が回っているかが問題ですが、去年は11月中旬くらいまで釣れていたので大丈夫でしょう・・・多分。
 ちなみに川越の魚人さんからソーダを頂いたので釣ったカサゴと共に煮つけにしてみました。
ソーダの方は身がしまって硬くなってしまいましたがかなりおいしかったです。
カサゴの方はさすがに煮つけの代表格だけあって、絶品でした。
2品ともまた食べたいな~。
DVC00057 (3)
ソーダガツオの煮つけ
DVC00058 (2)
カサゴの煮つけ

本日の釣果 《2人の釣果》 ※魚はアイウエオ順
シマダイ        (15cm前後) 2匹
ソーダガツオ(マル) (32~35cm)  3匹
カサゴ           (20.5cm)   1匹
DVC00055 (4)

本日の記録
場所:うみかぜ公園
時間:11:30~18:30
エサ:アオイソメ・モエビ  アミコマセ
潮:中潮 満潮6:31/18:12 干潮0:13/12:21
天気:
気温:最高24.7℃ 最低16.2℃
風向:東
風速:最大瞬間風速8.9m 最大風速5.0m 平均風速2.3m

本日の記録
●ウキサビキ(YO-ZURI 秋桜8号・SUZUMI 大特価スキンサビキ8号)
●銅付き(YAMASHITA 波止メバル8号・第一精工 ナス型錘6号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)


ブログランキング参加中
↓1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: うみかぜ公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る