2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2014年8月6日 久々の湾奥釣りin城南島海浜公園

 【12//2014】

遠距離通学な上に課題などもあり学期中はほとんど釣りに行けず釣り欲が溜まっていたので、夏休み突入後一番最初の暇な日だった6日に早速釣行してきました。

暇とは言っても午前中はバイトだったため午後からの出撃です。

最近お会いしておらず久々にご一緒したかったので当日で申し訳ないと思いながらも川越のGGさんにご連絡したところ、快くOKを出してくださったのでご一緒することになりました。

本日は車釣行のため川越のGGさんと池袋で16時に待ち合わせし、風などを考慮し川越のGGさんのご提案で城南島へ

1時間ほどで城南島へつき早速釣り開始、釣り場には左右合わせて2組ほどの先釣者がいたので我々は真ん中付近で竿を出すことしました。

IMG_0949.jpg

IMG_0950.jpg

この日は台風の影響で風が強いためか飛行機がいつもよりも陸に近く来るたびに振動が凄い

IMG_0953.jpg

IMG_0954.jpg

いやでも城南島久々なんで最初からこんなもんだったかな?(笑)まあなにはともあえとにかく風は強いです。

川越のGGさんはウキフカセとサビキをするようでしたが僕は風が強いと釣りづらいと思いヘチ釣りからスタート

狙いは根魚兼シーバスのつもりでしたが

何にも当たりなし!


まあ当初から川越のGGさんに結構渋い状況だと言われていたので覚悟はしていましたが…。

釣り開始から30分後、左端の釣り人が帰ったので早速テトラの横に糸を垂らすと

すぐに当たりキターーーーー!

思わず焦って合わせすぎてそのまま魚がズッポーンと宙を舞ってしまいました(汗;

掛かっていた魚は17cmのシーバス。

IMG_0958.jpg

シーバスと呼ぶのもおこがましいくらいの大きさですが実はこれが今年初シーバスです。なんか納得できないですがまあボウズよりかは何倍もましので掛かってくれたことに感謝しリリースしようと思ったのですが針を呑んでしまい星になってしまったので川越のGGさんのカメさんへ進呈。

僕がコッパを釣って満足しながらヘチをしていると

あれ?川越のGGさんがなんかでかいの釣ってる!

寄ってみると湾奥では大型の25㎝に迫ろうかというメジナでした。コッパなんかで満足してた自分が小さい…

こんなもんが釣られるを目の当たりにすると殆ど当たりのないヘチなんてやってられない、でも今からウキフカセの仕掛けを作ってると時合逃しそうだし…と悩んでいるとなんと川越のGGさんが僕のためにウカフカセの仕掛けを作ってくださっていました。非常にありがたい…。

というわけで川越のGGさんのご厚意に甘え僕もウキフカセをすることに。

ウキをテトラの際ギリギリのところに安定させ待ちます、湾岸地区ならでは美しい夜景を見ながらひたすら待ちます。

IMG_0962.jpg

しかし当たりはありません。まあそんなすぐに来たら苦労はしないですよね。

10分後、のどが渇いたので飲み物を買ってこようかと思い川越のGGさんにウキを見といてもらおうと声掛けるためウキから目を放した瞬間

おお??ウ、ウキがなくなってるんじゃーー!

急いで川越のGGさんが竿に駆け寄り竿を引いてみると魚信で間違いないとのこと、そのまま僕に竿を渡してくれ私めが引かせて頂きました。

掛かっていたのは川越のGGさんのよりかは少し小さかったものの立派なメジナ様

IMG_0965.jpg

こんな美しい魚体のメジナ様を釣ることができたのははてさて何年振りだろうか…。

あれ?でも待てよ!!?

GGさんの竿にGGさんの仕掛けをつけGGさんが魚信を確認してから僕はただ引いただけじゃないか!

これって僕が釣ったことになるのか??


川越のGGさんにこのことを問うてみるとこのメジナはcocoさんの釣果で間違いないよという非常にありがたいお言葉を頂いたので僕の釣果として数えさせてもらうことにしました。ううーーありがとうございます…(涙;

興奮でのどが渇いたのも忘れウキフカセをやり続けていましたが、ふと気づいたようにのどが渇いたので買いに行くことに。

買いに行く途中、もしかしてセミの羽化がそこらじゅうで起こってるかもと期待し木の幹や枝を丹念に捜索すると2箇所で見つけられました!都内ではそうそう見れるものではないので記念に撮影。

IMG_0966.jpg

IMG_0968.jpg

幼虫段階の方は判断しかねますが羽化したての方は恐らくアブラゼミですね。今年生まれるセミたちはもしかすると東京オリンピックの時に鳴くセミになるかもしれません。オリンピックの時にセミが全く鳴いてない東京ってのは寂しいのでこいつらには大いに子孫を残してほしいものです。

釣り座に戻りウキフカセを再開したものの川越のGGさんの竿にガザミが掛かったのと、メジナらしい当たりがあった後は当たりなしのまま40分経過

この時点で時刻20:40。いつまにか辺りには僕らだけになっていましたしそろそろ時合も終了のようです。駐車場も21:00で閉まりちょうどいいのでここで納竿することにしました。

IMG_0970.jpg

結局終わってみればメジナ2匹などが釣れ3時間で十分な釣果でした、この調子が続ければいいんですがねー。
川越のGGさん、突然のお誘いでも快く来ていただきありがとうございました。夏休みもなんだかんだ忙しいですがご予定があればまたご一緒しましょう!


本日の釣果《2人の合計》
メジナ (22cm~24cm) 2匹
コッパ    (17cm)   1匹
ガザミ    (15cm)   1匹

本日の記録
場所:城南島海浜公園
時間:17:30~20:40
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均気温29.8℃ 最高気温33.6℃ 最低気温27.0℃
水温:29℃
湿度:平均64%
風向:南
風速:平均風速9.8m 最大風速13.6m 最大瞬間風速18.0m
潮 :若潮 満潮14:43 干潮7:26/19:39
20140806_1303_02_ADGPSZGP.png

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B/SASAME ヤイバチヌ2号/東レ 銀鱗3号)
●ウキフカセ(川越のGGさんの仕掛けを使わせていただいたため不明)

いつの間にか当ブログの訪問者が20万PVを越えていました。

最近は更新頻度もかなり悪いのにご訪問本当にありがとうございます。

ブログ開設当時はここまで多くの方に見ていただけるとは全く思っていませんでしたので感謝の一言に尽きます。

次いつ更新できるか保証はできませんが必ずや行いますので、今後も拙ブログを宜しくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト

Category: その他の湾奥釣り場

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2014年3月17日 超久々のルアー釣りin隅田川相生橋下

 【24//2014】

寒い間は全く釣りに行く気が起きず、気づいてみれば2014年はまだ一回も釣行なし。さすがにここまで来ると釣り人の性として無性に釣りに行きたくなります。

でも寒いし渋いしその癖エサは高いし…。うー…でも行きたい…。

とまあこんな感じの葛藤が心の中で2週間くらい続いていたのですが、天気予報でやっと15℃越える日がちらほら出てきたので小学校時代からの親友りょうけを誘い夜遅くまで13度くらいあるという17日に出撃を決意。でも水の中はまだまだ寒く激渋が予想されることから、まあ竿を振れればそれでいいやと思いエサは買わず腕ならしという名目でルアーオンリーで行くことにしました。


18時頃にcoco家で待ち合わせをし自転車で相生橋まで向かいます。自転車を漕いでいると風が気持ちいい!今年は3月上旬辺りまで極寒だったのでなおさらすがすがしいです。東大のある本郷通りを走り秋葉原を出て日本橋を過ぎて漕ぐこと4,50分、相生橋に到~着~。

IMGP4877.jpg

IMGP4880.jpg

ここ最近来ると必ずいた先釣者はいませんでしたがその代わりに水面は鏡状態で生物反応もなし…。まあ今回は、あくまで腕ならしなので釣果は期待していません(とかいいながら前日に上州屋で対湾奥シーバスに特化したルアー4個とソフトルアーを購入したのは内緒です)。

IMGP4883.jpg

IMGP4884.jpg

準備を終え早速釣り開始、まずはTail WalkのAll Round Minnow90Dのレッドヘッドで表層を探ります。

IMGP4907.jpg

普段、最初のパイロットルアーはsasukeのSF-95のレッドヘッドと決めてるのですがいつかのルアー釣行で無くして以来すっかり忘れて買ってなかったので仕方なく代用品としてずっと前に買ったルアーを使用します。
まずは明暗の境を中心に探り、次に反対側、次に周辺500m程をラン&ガンで攻め、最後にテクトロで橋の下まで戻ったのですが、最初の一投でライズらしき音がしただけで反応なし。カラーもピンク系、イワシ系、オレンジ系と代えたのですが結果は同じ。

次はJazzの暴君14gのグリーン系カラーで中層付近を同じ要領で探ることに。

IMGP4908.jpg

しかしこちらも不発。ここからシンキングミノー、ローリングベイトなどなど3,4回ルアーを変え探るも予想通りなんもなし。りょうけにも当たりすらありません。

この時点で時刻22:30、暖かいとはいえ流石にこの時間まで来ると肌寒くなってくるのであと30分ほどで終わらせることにしました。最後は僕の短いルアー人生で一番実績を上げてくれたマールアミーゴで底を責めることに。そういえば話変わりますが、この前上州屋に行ったらマールアミーゴが売っていませんでした。もう生産中止してしまったのでしょうか…
?それとも売り上げが落ちたから置かなくなったんですかね?どちらにしろ僕が一番愛用してたシリーズだけに悲しいです。

マールアミーゴもいつかの釣行で3つくらい無くし買おうと思ってたものの売ってなかったので残りの3種類をローテで使用しまずはグリーンスメルト・ホロから。

IMGP4911.jpg

3投位した辺りでガツガツっという底の石かなにかにあたったのか当たりなのかわからない微妙な反応が。あわよくばと期待しもう一度今度は低速で再び同じところを巻いてみるとまた同じ場所でガツッガツッという反応。・・・・・底の石か何かですね。その後3カラーすべてを試しましたが、結局イワシカラーを殉職させただけで当たりすら得られず。

そろそろ時間なのでやめようかと思いましたが、実は未経験のソフトルアーをどうしても試したくてあと20分だけやることに。ちなみにソフトルアーはエコギアの湾奥オレンジと14gのジグヘッドの組み合わせです。

IMGP4916.jpg

IMGP4915.jpg

ソフトルアーはテクトロが効果大という話をガルプというルアー雑誌で読んだ気がするので左右の明暗の境を攻めた後はすぐにテクトロにシフト。それからは20分ほどひたすたテクトロで結構遠くの方まで歩きましたが音沙汰なし。さすがに諦めてテクトロで橋の下に戻る途中、ハシゴに引っかかりリーダーごとブチッ…。これにて糸冬 了!

結局、当たり一つ得られず当初の目的通りただの腕ならしで終わってしまいました。まあそれだけだったらよかったのですがかなり久々だったものでルアーを4つほど無くしてしまったんですよね…。結構痛い出費です…トホホ…。



本日の釣果
ボウズ…

本日の記録
場所:相生橋周辺
時間:19:00~23:30
エサ:--
天気:
気温:平均気温12.1℃ 最高気温16.8℃ 最低気温6.6℃
水温:--
湿度:平均50%
風向:南
風速:平均風速3.1m 最大風速7.1m 最大瞬間風速13.6m

本日の使用ルアー
・Tail Walk/All Round Minnow90D レッドヘッド
・Tail Walk/All Round Minnow90D イワシホロ
・Jazz/暴君14g ライムチャート
・ラッキークラフト/ワンダー80ESG ギラチャート
・RAPARA/CD9 ピンクホロ
・ヤマリア/マールアミーゴG80 グリーンスメルトホロ
・ヤマリア/マールアミーゴG80 ピンクゴールド
・エコギア/パワーワームグラスミノー 湾奥オレンジ
・エコギア/3Dジグヘッド14g グロウ など他

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年12月11日 久しぶりに隅田川テラスへ! 

 【31//2011】

この日は、大学のすでに決まっている友人のりょうけとトーテムポールJrに参加を打診。すると、2つ返事で行くと言って来たので3人で釣行することになりました。ちなみにトーテムポールJrはりょうけと同じく中学からの友人なのですがあらかわ遊園の釣り堀を除けば釣りは初。ただ、ずっと前から本格的なつりをしたいと言っていたので、今回誘うことにしました。
今回の釣行は『第4回 一緒に釣りしましょう会』以来2ヶ月弱ぶり!場所は、僕の中では鉄板中の鉄板釣り場である相生橋下の護岸とヘチ釣りは初となる中央大橋下~水門横の護岸です。ターゲットはとにかく魚の引きを味わいたいのでセイゴということにしました。
場所移動が楽な点と勉強で運動不足の体を動かせる点で隅田川までは自転車で行くことに。まあ、一番の目的はたかが460円の電車賃の節約なのですが(^ ^汗;。
隅田川シーバスは夜釣りが基本なので、16時頃自宅を出発。途中東京駅周辺で道を間違えながらも、ちょうどいい17時半頃に相生橋下の護岸に到着。友人2人はルアーをやるのでそのまま相生橋下の護岸に残り、僕はヘチ釣りなので自転車で2分ほどの春海屋釣具店へ向かいます。
春海屋釣具店はたまにやっていないことがあるので心配でしたが、営業しており一安心。
ここの春海屋釣具店は多様の餌が相場価格で売っておりなかなか気に入っている釣具屋です。僕は、大中小3種類あるアオイソメの内の400円の小を購入。

IMGP2922.jpg
このサイズで小。ヘチ釣りなら1日やっても十分残る量です。

ついでに営業時間と休みをお聞きしたところ、大事な用事がない限りはシーズン中は基本営業しており夜の19時頃まであけているとのことでした。

IMGP2920.jpg

IMGP2921.jpg
個人経営の釣具店は値段が書いてないことが多いですが、春海屋さんはちゃんと値段が書いてあるので安心。

さて、えさを無事に購入し相生橋下に帰還。ここの釣り場は休日でもあまり先行者がいないのですがこの日は何故か4人もいました。狭くて流れが速い釣り場なので先行者が多いとやりにくいのです。しかも、驚いたことに相生橋から釣っているマナー違反者もおり唖然。【注意:相生橋のような交通量の多い橋はもっての外ですが、人や車などの通行のために作られた橋からの釣りは道路交通法違反となりますので絶対にしないでください。また、このような行為が釣り人の貴重な釣り場を無くす原因となります。自分に帰ってくるだけならまだしも釣り人全員に迷惑をかけます。釣り禁止と書いてなくても、多くの方に迷惑をかけるし、大変危険なので大抵の方は社会的ルールとして分かっておられると思いますが・・・。一昔前までは、黙認される場合が多かったですが最近は取締りが強化されております。昔、釣り人が大量にいたわかす橋から釣り人がほとんどいなくなったのもそういう理由です。】
それでも来たのだから先行者と橋上アングラーを避けながら30分ほど、友達はルアーを僕はヘチをやってみたのですが、やはりやりにくく且つあたりもまったくないので場所移動を決意。この釣り場でのぼうずは初なのでちょっとショック…。

IMGP2927.jpg

さて次なる場所をどうしようか…。対岸の越中島公園でもいいし、橋の途中にある中の島公園でもいいなと色々考え、結局前にルアーの練習で行ったものの何もかからなかった中央大橋下~亀島川水門右岸にリベンジしてみることにしました。
ここには相生橋から勝鬨橋方面にひたすら自転車を漕げば、3分で着くので楽チンです。到着してみると、ルアーマンが多数…。日曜日なのでやはりどこも多いようです。
りょうけとトーテムポールJrはルアーなので、中央大橋下の川上の明暗の境で釣ろうとしたのですが、すでにルアーマンが入っていたので川下の明暗の境でキャスト。僕は、その周辺で落とし込み。

IMGP2929.jpg

IMGP2928.jpg

すると、5分後りょうけになにやら大きい魚がフッキング。が、ドラグを活用できず痛恨のバラシ…。引きからしてかなりの大きさだっただけにりょうけは大ショック…。ヒットルアーはSASUKE SF-95のレッドヘッドです。この後は特に何もなく流れが相生橋下以上に速くてヘチ釣りもかなりやりづらいので、対岸へ移動。

IMGP2939.jpg

対岸は、誰もおらず貸しきり状態。まずは、亀島川水門の横でやってみることにしました。ここは、ストラクチャーがあり、前に来たとき居着きがいるのではないかと期待していた場所です。橋下とは違い、流れもなく船も通らず水面も鏡状態なのでやりやすいのですが、多少波っ気が合った方が魚も釣れやすいし、第一真っ暗なので霊的にも不審者的にも非常に怖い…。ガタイがいい二人(cocoの体格はもやしと言われても反論できないレベル)と一緒だからいいものの、cocoは極度の怖がりなので単独釣行だったら中の島公園より行きたくないですね…。

IMGP2935.jpg

IMGP2933.jpg

IMGP2931.jpg

IMGP2932.jpg
上2枚はナイトモードで撮影したため、昼間のような明るさですが実際はこの写真より真っ暗!

そんなことはさておき、早速ストラクチャーの周辺に落としてみます。第一落とし…あれ?おかしいな・・・第二落とし…第三落とし……まったく当たりなし。非常によさげな建造物だけにあたりがないのは驚きです。
ルアーの2人は、マールアミーゴを使い沖の潮目を狙って2回ほどバラしているのでこの場所にも確実に魚はいるのですが、ヘチにはいないのか、それとも僕の腕が悪すぎるのか…。
ネガティブになりながらもせっせとヘチを探っていると待望のあたりが!急いで合わせた所無事針がかりした模様。
しかし、あまりのも力強く合わせすぎたのと魚が小さすぎたのとタナが浅かったため小さいな引きも味わうことができずそのままずっぽ~~んと引きあげてしまいました。大きさは15cmのセイゴにも満たないコッパサイズ。
このコッパ針を奥まで飲んでしまいこのままでは魚が息絶えてしまうので急いで針はずしではずそうとしたのですが、よっぽど奥まで飲んでしまったようで一向に取れないのでハリスを切って急いで逃がしました。最初の方は、浮かんでしまいだめかと思いましたが、やがて無事に泳ぎだして一安心。ただ、針を取らずに逃がしてしまったことに非常に罪悪感…、そして写真を撮るのも忘れてしまいました。

IMGP0737.jpg
写真がないのは申し訳ないので1年前に相生橋下で釣ったほぼ同サイズのコッパ写真をどうぞ…。

あと15分ほどで納釣する予定だったので、針もなくなってしまったし今から結んでももったいないし面倒なので僕はここで納竿。残りはトーテムポールJrとりょうけに釣らせてあげようと、色々アドバイスしたのですがルアー釣りに関しては初心者同然なので力になれず…。結局この日は、僕の釣ったコッパだけで2人はボウズのまま終了。
今回はえさよりルアーのほうがヒットは多かったので、今後は僕もヘチ竿を持たずルアー竿だけで挑んでみようと思います。



本日の釣果
コッパ (約15cm) 1匹

本日の記録
場所:相生橋下の護岸、中央大橋下の護岸~亀島川水門右岸
時間:18:00~12:30
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均8.1℃ 最高14.0℃ 最低2.6℃
水温:不明
湿度:平均49%
風向:西北西
風速:最大瞬間風速4.9m 最大風速3.6m 平均風速1.5m
潮:大潮 満潮6:03/16:48 干潮11:19/23:36
20111211.png

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B/SASAME ヤイバチヌ2号/VALCAN クロハリス2号)



ブログランキング参加中
↓みんなも押してアラモード
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ


なんとか2011年に間に合いましたね。よかったです。今年は、あまりブログ更新できませんでしたが、それでも多くの方が拙ブログにきて下さりうれしい限りです。本当にありがとうございました。先の記事のように、来年も勉強の年となると思いますが、定期的に釣行したりブログを更新して気分転換しながらがんばっていきたいと思いますのでよろしくお願いします。また来年も『一緒に釣りしましょう会』を開催したいと思っておりますのでこちらの参加と『釣りサークル』のご参加お待ちしております。それでは皆様よいお年を。日本では東日本大震災や台風被害等が発生し世界でも地震・集中豪雨・洪水など多くの自然災害を受け2011年はお世辞にも良い年とは言えなかったので2012年はよい年であることを願っております。

Category: その他の湾奥釣り場

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年4月3日 涙の受験前最終釣行(の予定でした)

 【27//2011】

みなさま、お待たせしました!やっと更新できました。お待たせして申し訳ありません。4ヶ月程前の釣行なのでこの釣行から海も温度もすっかり変わってしまい皆様の参考にはならないと思いますが、もしよろしければご覧ください。今後、どんどん釣行記を投下していきます~。

-3月25日に行った城南島釣行の帰りのバスでの会話-
(*´д`*)KUMATA \(^o^)/coco
\(^o^)/「今日も全く釣れなかったな…。もう受験終了まで魚釣りできないな…。」
(*´д`*)「本当に悔しいな。せっかく城南島まで来たのに。兄さん(cocoの学校でのあだ名)の場所選びが悪いせいだぞ!」
\(^o^)/「なんだと!俺だってなちゃんと情報収集して釣り場を選んでんだよ!」
(*´д`*)「そのわりに兄さんの今年の釣果は最悪だな。たしか初釣りに雑魚を釣っただけで今日までずっとボウズじゃなかったかい?」
\(^o^)/「うっ!それはだな・・・、ええいうるさい。今はな冬なんだよ!魚が一番少ない時期なんだよ。だからしょうがないの!」
(*´д`*)「そんなの絶対おかしいよ!実際に沢山釣れてるところもあるじゃなイカ。なぜ、そういう場所に行かないんだい。」
\(^o^)/「そういう場所はな遠いんでゲソ。冬は寒いから遠征したくないし、運賃も高いし。」
(*´д`*)「近場で釣れる場所とかないの?兄さんは釣り好きだし仮にもブログをやっているんだからひとつやふたつは知ってるだろ。」
\(^o^)/「少なくとも湾奥じゃ冬場にいっぱい釣れる場所を俺は知らないね。一か所を除いて」
(*´д`*)「じゃあその一か所に行こうぜ。」
\(^o^)/「沖堤防なんだけど、渡船代高いし、朝早いし、寒いし、余震多くて津波の心配もあるし嫌だ。しかもそれでもしボウズだったらかなり凹むし・・・。」
(*´д`*)「所詮、兄さんの釣りに対する思いはその程度か。がっかりだわ。」
\(^o^)/「な ん だ と!よしわかったよ!行ってやるよ。行ってやりますとも。じゃあ今度の日曜日でどうだ?」
(*´д`*)「OK!でも朝早いんだろ?何時だよ。」
\(^o^)/「う~んとね。たしか朝は6時の便しかなかった希ガス。その次は12時の便があった気がするけど、せっかく沖堤防に行くんなら朝一の方がいいだろ。ちなみに発着場は新木場な。」
(*´д`*)「たしかに…。でも俺、住んでるの東京の西だぞ!絶対に6時に新木場なんかに行けるないわ!」
\(^o^)/「わかった。そこは俺が何とかしよう。とりあえず日曜日な。行くと決まった瞬間楽しみになったよフヒヒwwww」
長い前振りでしたが、そういうわけで急きょ4月3日に沖堤防に行くことになりました。

今回の釣行の目標は(も)当然ながらクロダイ!!しかも、今回は他のどの場所よりもクロダイが多い場所であるためかなり期待できます。そのためcocoも本気を出すことにしました。
まずは対クロダイ用の道具をそろえるため行くと決まった次の日に近所の上州屋へ。
上州屋では今までは五目ヘチ用の1号チヌ針しか持っていなかったのでクロダイ専用の3号チヌハリと安い1.5号・3号のナイロンしかもっていなかったので2号のチョイ高級なクロハリスを購入、この2つの他にもガン玉等の消耗品を少々購入し準備万端。合計1500円くらいの買い物でしたが、完璧です。あとは当日を待つだけ。

IMGP1894.jpg

そして釣行当日、4時20分ごろ家を出て池袋駅まで歩き、昼間の喧騒がうそのような池袋で有楽町線に乗って5時半ごろ新木場に到着。(ちなみにKUMATAは、自宅からでは到底6時前に新木場に着くのは無理!とのことだったので僕の家に泊りました。)

IMGP1482.jpg
6時前の池袋駅東京メトロ有楽町線改札付近

IMGP1483.jpg
池袋駅東京メトロ改札

IMGP1485.jpg

新木場に到着してからは、まずコンビニに向かい水と食料を購入してから乗り場となる夢の島乗船場前へ向かうことにしました。

IMGP1487.jpg
夢の島乗船場前までは明治通りをただひたすら歩くだけ。

IMGP1491.jpg
ひたすら歩き…

IMGP1493.jpg
この歩道橋を右に曲がって

IMGP1494.jpg
T字路を左に曲がると…

IMGP1497.jpg
乗船場に到着~。

IMGP1496.jpg
上の写真の道は地震の影響か地割れがひどかったです。

20分くらい歩き乗船場に到着。6時まであと2分までだったのでギリギリでした、危ない危ない…。乗船場にはもうすでに10人近い方が待機しておりました。
皆さんきちんとした装備をつけており僕らはなんだか場違いな感じがしましたが、気にしたら負けだと思ったので気にしないことにしました(笑)
ほどなくして今回、中央防波堤の青灯堤防に渡して頂く釣八乙女丸が乗船場に到着。

IMGP1498.jpg

到着後は、渡船料4000円を支払い、渡船許可証を頂き、連絡先を書いて、いざ沖堤防に出発!
湾奥の海を船に乗って移動するのは、初めてなのでついついカメラで撮りまくってしまいました。周りからは痛い目で見られてた気もしなくもないですが、気にしない気にしない。

IMGP1500.jpg
川越の魚人さんややまびっち達と釣りをした夢の島公園競技場裏

IMGP1502.jpg
夢の島公園競技場裏の沖にある建造物。この建造物ってなんなんだろ?この場所ず~っと気になっていました。釣りできないのかな…。

IMGP1504.jpg
そこそこ有名な釣り場である新木場公園。海から見ると景色が違いますね。

IMGP1507.jpg
釣りできるできないは置いといてすごく良さそうな雰囲気の場所。ところでここどこなんですか?おそらく貯木場じゃないかと思うのですが?

IMGP1508.jpg
ここもどこなのかわかりません。ただ、右に見える木々が生い茂ってる所で釣り人にいました。

IMGP1510.jpg
ちょっとわかりづらいですが、そで堤防です。ここにも言えば渡してくれます。

IMGP1513.jpg
これは船の係留する場所。別名トーフ。なんと夏の半夜限定ですがここにも渡してくれます!

IMGP1517.jpg
ここはパイプ堤防です。ここにももちろん渡してしてくれます。

IMGP1518.jpg
別角度から見たパイプ堤防。堤防全体がこの形状のためクロダイがかなり居ついているとか。

IMGP1522.jpg
見なれた橋&堤防が見えてきました。青灯はもう目前!

20分くらい船に乗りやっとこさ青灯堤防に到着。僕とKUMATAの他には年配の前打ちと思われる方だけ。ほとんど貸切状態です。

IMGP1523.jpg

風が非常に強く海もかなり荒れており時折堤防にまで波が届く程なのでこれ大丈夫か…と思いましたが、時間がもったいないので早速ヘチ釣り開始。

IMGP1525.jpg

見るからにクロダイが釣れそうな雰囲気でかなり期待できます。ちなみにヘチ用の餌にはモエビを用意。本当はストローが良かったのですが、さすがにこの時期にストローはないので…。

IMGP1544.jpg

さて早速モエビをつけ期待100%の状態で第1落とし。
おお!早速当たりがきた!なにこれ、スズキ系とは違う引き!だけどすごい強い!20分格闘の末、やっと上がってきた!うお~真っ黒いタイみたいな魚だな。え!これがクロダイ!?マジで!?やった~!!早速クロダイ釣っちゃたよ~~!………となるシナリオを頭の中に描いていたのですが、実際は全く当たりなし。
あれ…おかしいな…ハハハ。もっと探ってみよう…。結局、KUMATAと共に約550mほどの堤防を端から端まで探ってみたのですが2人とも一向に当たりなし!
第1落としから早くも2時間ほど経過しているにも関わらず、本当にちい~さい当たりすらありません。
釣り開始から30分後くらいにはさっきまでの海の荒れと強風が嘘だったかのように海面は静かになっていたので、当たりはとてもとりやすい筈なのですが…。

IMGP1554.jpg

しかし!釣り人たるもの、2時間当たりがないだけでへこたれてはいけない!さらに当たりがあるまで続行します。
堤防の若洲側の端を時間をかけて重点的に探ったり、その逆の中央防波堤側の端を時間をかけて探ったり、さらにその先にある幅1mあるかないかくらいのすっっごい長い堤防を3分の1くらいまで探ったり、一生懸命ヘチ釣りを頑張りましたが全くダボハゼのような当たりすらなくついにヘチを断念。(ここまで簡潔に書いておりますが、釣りを始めてから6時間経っております。)

IMGP1576.jpg
灯台側の端。ちょっと前に突き出ており、ヘチがとても期待できそうなのですが…。

IMGP1551.jpg
反対側の端。何やら不気味な機械が設置されていますがこれは一体何?

IMGP1553.jpg
不気味な機械の下部。かなり釣れそうな雰囲気でしたがここも全く当たりなし。

IMGP1552.jpg
ここから2,3km以上続いている超細い堤防。ここも釣れそうですが、途中で無性に怖くなり挫折。

KUMATAもおにゅーの黒工のヘチ竿&PROXの波堤チヌを最大限駆使し、いろいろと探りまくっていたのですが当たりすらなかったようで…。
せっかく沖堤防まで来てボウズだったら2人とも海に飛び込んでしまうかもしれないくらいの精神的ショックなので、ダボハゼ様でもなんでもいいからとにかく釣れてくれという願いを心に秘め、投げ×2、ブラクリ×2を急きょ用意。
投げは前打ちの方の迷惑にならないように若洲の堤防方向へ、ブラクリは見るからに魚が釣れそうなケーソンとケーソンのつなぎ目に落としていくことにしました。
まずは一番広い灯台があるケーソンと隣のケーソンの隙間にブラクリを底まで落としてみると…さっきまでの渋さが嘘のように1秒かからずに当たりが!すぐに合わせを入れると、ものすごい重量の魚が掛かったことがわかりました。やった~~嬉しい!
しかし喜んだのもつかの間、僕に糸を巻く隙も与えず根に潜ってしまいました。う~ん的ながら相手もなかなかやるわい…こうなれば持久戦じゃ~!そうと決まればテンションを最大限まで掛けて竿をしばし放置する作戦を実行じゃ!!
待つこと10分、テンションを掛け限界の一歩手前まで曲がっていた竿先が急に直線に。いまじゃ~!ニイタカヤマノボレ!!うおりゃ~~~~チュドン!ボン!ドガン!(※糸を巻いています)、トラ・トラ・トラ!大本営発表!敵艦隊に甚大なる損害を与えたり!(※釣りあげることに成功しました)
激戦の末釣りあげたのは大きめのカサゴ。掛かった時は30cm越え?!と思いましたがいざ測ってみると思ったより小さい20cm、ただでっぷりと太っていたのでとても20㎝とは思えませんでした。

IMGP1532.jpg

沖堤防では本来普通サイズの大きさの魚でしたが久しぶりに体験した強い当たりに大興奮。沖堤防に上がった時には『ただの魚には興味ありません、この中にクロダイ・巨大アイナメ・巨大カレイがいたら私のとこr(ry』状態のcocoがまさか標準サイズのカサゴでこんなに興奮するとは…ちょっと複雑な心境です。
これで連続ボウズ記録を脱したcoco&KUMATAはすっかり自身が付き、というか狙いをクロダイからカサゴに完全にシフトし、次から次にケーソンとケーソンの隙間に軍を進めていきます。すると、ほぼ全戦負けなし!ブラクリを落とせば毎回カサゴが釣れます。しかも釣れるカサゴは最高28cmでどんどん掘っていき小さくなった時でも18cm前後と陸っパリからでは十分すぎるレベルの大きさ。結局2時間ちょっとで良型のカサゴが15匹以上を釣りました。な
んという面白さ!こんなに楽しい穴釣りは初めてです!

IMGP1527.jpg

IMGP1571.jpg

IMGP1541.jpg
本日、最高の28㎝!写真では25cmとなっておりますがそれは先端が3cmほどずれていたためです。

IMGP1550.jpg

この後は、ちょっと遅い昼食をとるため30分ほど休憩。この間に、釣り場の写真を撮ったり、前打ちの方とちょっとお話させていただきました。

IMGP1545.jpg
この堤防の灯台側を見ると若洲海浜公園がすぐ近くに見えます。

IMGP1540.jpg
東北東に見えた地震雲みたいな雲を発見したので撮影。結局、大地震は起こらなかったので良かったです。

この方曰くいつもならヘチでもシーバス系の当たりくらいはあるものの今日は何にもないから今日は大ハズレ日だとのこと。僕が釣り場に行くと地元の方や常連の方にいつも「今日はハズレ日だね~」と言われます…。よっぽど運が悪いんだろうな…。某コ○コーラの15秒に1人、着うたが当たる!というキャンペーンで100回以上連続で応募したのに1回も当たらなかったくらいだもんな…。ちなみにこの方は14時の便でお帰りになりました。
30分ほど経ちよし!休憩終わり!これから釣りを再開するか!というときに、突然携帯がピョーンピョーンとなりだしました。DOCOMOのエリアメール機能が付いている携帯をお持ちの方なら1回は聞いたことはあるであろうあの音です…。そう、簡潔に言うと緊急地震速報ですぅ(((( ;゚д゚)))アワワワワ、マジカヨココデ…。
ここで緊急地震速報をならされてもどうしようもないのですが、とりあえずマニュアル通りしゃがんで頭を押さえる格好をした直後揺れがやってきました。どんどん強くなっていく揺れに3・11の揺れが重なり、『ああ!俺はもう終わった~~!ここで死ぬのか…』と一瞬本気で覚悟しましたが、結局は震度3止まりでなんとか助かりました。しかし、寿命は間違いなく縮まりました。
気を取り直して、穴釣り再開。さっきよりかは、当たりが少なくなりましたがまだ魚はいるようで10分に一度くらいのペースで釣れます。
かなり贅沢ですがカサゴにも飽きてきたころついにカサゴとは違う魚が釣れました。その魚とは・・ムラソイ!ムラソイを湾奥で釣ったのは初なので、今日釣った中で一番小さい魚でしたがとてもうれしいです。

IMGP1559.jpg

ムラソイを釣った次の落としで、今後は根魚とは明らかに違う当たりを体感しました。この当たりは間違いなくあいつだと思いながら上げてみると案の定あいつでした。そのあいつとは…ダイナンギンポです。

IMGP1557.jpg

大きさをはかろうと思ったのですが、釣ってから体をずーっと180°に曲げて測らせてくれませんでした…。最後の抵抗とでも思っているのかわかりませんが、結局潔く負けを認めて測るのを諦め針を外してお帰り頂きました。
この後も、1時間ほど続けましたがさすがに当たりが無くなってきたので、穴釣りをやめヘチ釣りに再びシフト。KUMATAはまだ穴釣りにハマっているようだったのでそっとしておきました^^
時刻16時を回り、夕マズメ効果でそろそろクロダイがウヒヒヒという下心丸出しでヘチに変更したのがいけなかったのか、モエビを2匹掛け&極太アオイソメ1本チョン掛けの超豪華cocoスペシャルW掛けで攻めても全く駄目…。今日は本当にヘチハズレ日だな…。
この後も諦めずヘチを続けていると、突如携帯が鳴りました!一瞬、また地震!?と思いましたが今度は着うたである月月火水木金金だったので一安心。電話に出てみるとKUMATAで、「なんだかわからんメジナみたいな変な魚をブラクリで釣ったから来て~」とのこと。
ヘチ釣りを中断しKUMATAの元に光の速さで向かうと、掛かっていたのはメジナみたいな変な魚ではなくメジナそのものでした。

IMGP1543.jpg

まさか、ケーソンとケーソンの隙間にブラクリを落としてメジナが釣れるとは…。しかも湾奥でメジナを釣ったことも見たこともなかったのでかなりびっくりです。大きさも22㎝とまあまあサイズ。
メジナが釣れるのを知ったcocoは、メジナも視野に入れ(というかメジナが主)ヘチの針を3号から1号に変えることに。
針を変え終わり、『よし!メジナ釣りへ出征しようwktk』と思ったところで、KUMATAが一言「そういえば投げ竿放置してあるけど、あげなくていいの?」と重要なことを言ってきました。あ…すっかり・・・わ す れ て た~~!
急いで、投げ竿の元に向かい、お!重いぞ!なんか魚掛かってね!?これ絶対魚掛かってるよwwとか心の中でつぶやきまくりながら巻き巻きしてみると、案の定マハゼが掛かっていました。

IMGP1574.jpg
計測忘れた…。

大きさは17cm前後と冬の投げで釣れるハゼの中では小ぶりでしたが、マハゼを釣ったのは約3ヶ月半ぶりなのでとてもうれしい!
ちなみに、このマハゼで2人の釣果合計であるものの五目釣り達成!湾奥連続ボウズから奇跡の復活!あ…でもこの堤防に来たのは、五目釣りをするんじゃなくてクロダイ釣りをするのが目的だったよね…。ま、いいか…。
この後、ヘチ釣りを再開。しか~し、針を小さくしてもヘチでは全く当たりなし。辺りが暗くなってもなお当たりなし。
お隣にある若洲の赤灯でもさすがにそろそろヘチで釣れ始める19時になったにも関わらず、全く当たりなし。20時に沖あがりなのであと1時間しかありません。五目釣り達成でも沖堤でヘチ釣りボウズでは、あまり喜べないので頑張って探ります。しかし、あと30分になっても当たりがない…釣り具の片付けをしなければならないので、涙を呑んでヘチ釣りを終了。
その後、急いで片づけを行い10分ほど余裕ができたので、諦めの悪いcocoは最後まで片付けずに取っておいたヘチで5分だけヘチをしてみることに。すると…あと1分で完全終了というところで、小さい当たりが!!念願の当たりを逃すまいと即合わせを行い針掛け成功~。
上がってきたのは、17cmの小さいカサゴ。

IMGP1583.jpg

今回一番小さいカサゴでしたが、ヘチ釣りで釣れた唯一の価値ある魚。このカサゴにはヘチ激渋の中よく釣られてくれたと最大限の感謝をし、もっと大きくなってくれよと最大限の願いを込め海にお帰り頂きました。
ヘチも片付け終えあとは船を待つだけというときに、前打ち師の方が沖に上がったと同時にやってきたルアーマンに丸々と太ったメバルを頂きました。

IMGP1603.jpg

本当にありがとうございました。そういえば、湾奥では比較的珍しいソイ・カサゴを釣ったのに、根魚の中では湾奥で一番釣れるメバルは釣れなかったな。
やがて20時10分頃、船がやってきて無事沖あがりしました。楽しかった~~。

結局、クロダイの宝庫とも言われる中央防波堤の沖堤でもカイズサイズのクロダイすら釣ることができませんでした…。cocoはどんなだけクロダイに嫌われているのだろう‥。え!?クロダイに嫌われているわけではなくcocoの腕と運が悪いだけだって?そ、それは言わない約束でゲソ!それに、ちゃんとクロダイ以外の魚は釣ったじゃなイカ!え?そういう問題じゃない?たしかにそうだけど…さっきからうるさい!ホビロン(ほんとびっくりするほど論外の略)!
そういえば、今回の記事のタイトル気になった方いると思います。実はですね、この釣行を最後に大学に入るまでは釣りをやめようと思っていたんですよ。しかしながら、テナガエビが釣れてるという情報を聞いた瞬間、居てもたってもいられなくなり釣りに行ってしまいまして…。で、それから一気に気がゆるんでしまい立て続けに釣りに行くようになってしまったのです…。で、このような記事タイトルになったわけですよ。
最後に話変わりますが、ふといままでの釣行を振り返ってみるとKUMATAにはいつも迷惑をかけていますね…。一緒に釣りに行ってくれるのに釣果はしょぼいことばかり…。そして、帰りに文句を言ってくるものの結局また釣りに来てくれる、いわば『わたしの、最高の友達』だと思ってます。KUMATA君、これからもよろしくね♪

※前文、本文、末文含め一部アニメネタを含めてみました。こいつは何を言っているんだ?と思った方大勢いたと思いますので、反省はしてます。しかし後悔はしてません!(キリッ
※この堤防は本来、釣り禁止ですが公安に渡船を黙認してもらってます。しかし、この堤防は別の細い堤防によって陸続きになっているため中央防波堤内から入ってくる人がいるので公安が見回りに来ます。その時に船長からお借りする渡船許可証を身に着けていれば大体は問題ないですが、中央防波堤内から入ってきた人は捕まることがあるとのことですので、絶対に入らないでください。なお、渡船の場合でも自己責任でとのことです。


本日の釣果《2人の釣果》
カサゴ      (18cm~28cm) 20匹
ダイナンギンポ  (推定20cm)  1匹
マハゼ       (推定17cm)  1匹
ムラソイ       (16cm)    1匹
メジナ         (22cm)     1匹
IMGP1588.jpg
カサゴの釣果。この他に9匹逃がしました。

本日の記録
場所:中央防波堤・青灯堤防
時間:6:30~19:50(実釣時間)
エサ:アオイソメ・モエビ
天気:時々
気温:平均気温7.7℃ 最高気温10.3℃ 最低気温6.4℃
水温:13℃
湿度:平均%
風向:北北西
風速:平均風速3.5m 最大風速7.9m 最大瞬間風速14.3m
潮 :大潮 満潮5:13/17:44 干潮11:19/23:29

本日の仕掛け
●投げ(FUJI ジェット天秤20号/YAMASHITA 投げ釣り屋9号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉5B/gamakatsu 一刀チヌ3号/VALCAN クロハリス2号)
●穴(OWNER テトラ玉4号)
今回カサゴを釣ったのはヘチ、メジナ・カサゴ・ムラソイ・ギンポを釣ったのは穴、マハゼを釣ったのは投げです。



ブログランキング参加中
↓ポチっと押して応援お願いします~。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (12) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年3月25日 湾奥連続ボウズ記録を止めるため城南島へ・・・

 【12//2011】

テストやら塾やら受験勉強やらで更新が非常に遅れております。申し訳ございません。なお、記事の最後にお知らせがありますので最後まで読んでくださるとうれしいです。

地震発生からしばらくは津波の危険もあるし釣りを自重していたのですがこのまま自重しているのも日本経済に悪いし津波の方ももう大丈夫だと思い地震発生から2週間後の3月25日に城南島海浜公園にKUMATAと共に行ってきました。最初は新規開拓をする予定だったのですが、今年はまだ湾奥で一度も魚を釣ったことがなく連続ボウズ記録を更新中なのでそれを早急に食い止めるべくこの時期少しでも釣れやすい陸っぱり釣り場である城南島海浜公園に行くことに決定。

9:30に池袋駅に集合し山手線、京浜東北線と乗り継ぎ大森駅に10:00頃到着。

IMGP1432.jpg

IMGP1433.jpg

大森からバスに乗り11:00頃城南島2丁目バス停に着き、とことこと歩いて城南島海浜公園に到着。

IMGP1438.jpg

IMGP1439.jpg

それにしても今日はとてもいい天気です、雲ひとつない快晴!しかも気温も暖かいしなかなかの釣り日和。これで釣れれば文句なしの日です。
しかしそんな天気であるにもかかわらず平日のためか震災の後のためか公園内は人がまばらで駐車場に至っては端の端で作業員の方が修復工事?をしているのみ。まるでド田舎の寂れた公園みたいな雰囲気です。いつも休日のシーズンの頃に行っていたのでギャップが激しすぎる・・。

IMGP1440.jpg

IMGP1445.jpg

これだけ人が少ないと地震の影響で城南島海浜公園での釣りが禁止されているのかも・・と心配になってしまいます。そこで公園事務所に行ってみると釣り禁止はないものの人口浜が閉鎖中とのお知らせが掲示されておりました。釣り禁ではないことを知りなんとか一安心。

IMGP1443.jpg
釣り可能エリアに向かう途中に撮影。実際に閉鎖されている人工浜。

釣り禁ではないなら地元の釣り師が何人かいるかもと思いながら第2駐車場前の釣り可能エリアへ向かうとなんと貸切状態!例年ならこの時期でもメジナ狙いのウキ釣り師やヘチ釣り師がチラホラいるのですが今日は釣り人はZERO。さすがにここまで人がいないのは、震災の影響なのでしょうね・・。

IMGP1444.jpg

他の釣り師が震災で自粛しているのに自分だけ釣りを楽しもうとしていることに対し罪悪を感じながらも、沖のテトラが一番露出している場所に釣り座を構えまずはウキ釣りを開始。
前回行ったとき、メジナを沢山釣っている人がエサをアオイソメにしてテトラの際ギリギリを潮に任せて流す釣り方をやっていたので、今回は僕も真似してこの釣り方をやってみることにしました。
まずはテトラの内側の際からやってみるも、こちらは全く反応なし・・。続いて沖側の際でやってみるも、同じく反応なし。

IMGP1468.jpg
画像左側にウキがあります。わかりますか?

僕だってそこまで馬鹿ではありませんから1回目で釣れるとは思ってもいません。なのでめげずに入れてはテトラが切れるまで流し、入れてはテトラが切れるまで流しを繰り返していたのですが、タナを変えても餌のつけ方を変えても2時間・・・3時間たっても一向に当たりなし。
さすがにここまで当たりがないとこの単調な作業が段々嫌になってくるので、上げ7分のいかにも釣れそうなときにKUMATAと同時にヘチをやってみることにしました。餌は、同じくアオイソメ。
まずは一番左端から落とし込み、タナを変えて行きながら右側に向かってカニ歩きを水深が浅くなるまで続けてみました。するとなにやらカツカツと当たりが多発。
ついに連続ボウズから脱したか!と喜んでいたのですがKUMTATAにも僕にも一向に針掛かりしない・・。しかも、10分くらいしたら当たりが止んでしまいましたorz。
結局、突いていた魚はわからず仕舞いでしたが、毎回、1回だけズズ!と弱く引いて終わりの引きだったので木端メジナだと思います。悔しい思いしたな・・。
この後、第2駐車場前の釣り可能エリアを2往復したのですが全く当たりがないので、前に大きいクロダイらしい魚が針に掛かりかけた公園の再奥部に移動してみましたがまだ浅すぎて釣りにならないので引き返すことにしました。ちなみに公園の最西部にも清掃員しかいませんでした。どんだけ過疎化してるの・・。

IMGP1455.jpg
この画像に写っている奥の工場の下はかなりの穴場ポイントです。電気ウキでストラクチャー周辺を流すと大型メバルがよく釣れます。一度、お試しあれ!

IMGP1452.jpg

第2駐車場前に引き返した後、右側にある畳み状のケーソンが崩れた後みたいなものの際を流してみましたがこちらも全く当たりがない・・。
この後は同じ場所でしばらくヘチをしたのですが相変わらずこれっぽっちも当たりがなく飽き飽きしてきたので暗くなるまで休憩することにしました。それにしてもいつもこの時間になると地元の釣り師が2,3人スクーターや自転車に乗ってやってくるのですが今日はひとりも来ません。広大な釣り場には相変わらず僕とKUMATAだけ。

IMGP1459.jpg

ちなみに休憩中はせっかく飛行機見物のメッカ的場所に来ているのだからということで、航行している船とひっきりなしに飛んでくる飛行機を激写しました。

IMGP1449.jpg
青海南ふ頭公園でもよく見かける『MOL』。この『MOL』は商船三井グループのMOL JAPANという貿易会社の貿易船です。韓国を初めタイやインドなど主にアジア諸国へ出港しておりますが北米・南米・欧州・アフリカなどその他数多くの国・地域へも出港しています。ちなみに青海南ふ頭公園のお隣の貿易会社『EVER GREEN』略してエバグリは台湾の会社です。

IMGP1465.jpg
お分かりの通りJALの航空機です。主翼の先端が上を向いている新主翼を採用しているのでおそらくボーイング737-800だと思います。

IMGP1446.jpg
こちらはお分かりの通りANAの航空機です。2階がついていることからボーイング747-400だと思われます。ちなみにJALでは2011年2月28日にジャンボが40年間もの長い仕事を退役いたしました。JALのジャンボは今後中東や東南アジア等の航空会社が買い取って使用するそうです。

IMGP1462.jpg
こちらはSKYMARKの飛行機です。上のJALの飛行機の機種と同じボーイング737-800だと思われます。

IMGP1460.jpg
こちらもANAの飛行機。このような形状の飛行機はたくさんあるので素人の僕には識別できません・・。おそらくボーイング777-300だと思うのですが・・・もし違いましたらご存知の方ご一報をお願いします。

IMGP1461.jpg
こちらはちと珍しい国土交通省の飛行機です。機種名はボンバルディアDHC-8-300。空港等の施設を点検する飛行機でフライトチェッカーと呼ばれています。以前はYS-11が使用されていましたが、現在YS-11はすべて退役しています。

IMGP1466.jpg
こちらは他の釣り場でもたまに目にする海上保安庁の飛行機です。機種名は上の国土交通省の飛行機と同じボンバルディアDHC-8-300です。ご存知の通り日本の海上の見回りをしています。この飛行機達が目を光らせてくれているおかげで日本の海では安心してレジャーや漁ができると言っても過言ではありません、本当にお疲れ様です。

IMGP1471.jpg
この画像は雲の隙間から日光が出て海を航行いている船を照らしている風景を撮った写真です。画像にするとわかりにくいのですが、実際この光景はかなり綺麗でした。僕のお気に入りの一枚です。ちなみにこの白い船の名前はシンフォニー東京湾クルーズのメデルナだと思うのですがもしかしたら違うかもしれません。

さてやっと辺りが暗くなったのでウキを電気ウキに切り替え釣り再開。昼間のようにテトラの際をピンポイントで流すことは困難なのでダメもとでテトラから若干離して流してみたのですがやはり魚は掛からず・・。
続いて期待大のヘチ釣りをやってみようとチヌ針にアオイソメを2匹房掛けにして落とし込んだ瞬間、さっきまで雲ひとつない快晴だったのに突然大粒の雨が降ってきました。急いで、釣りの際に重宝する東京アメッシュというリアルタイムの雨雲分布情報がわかるサイトをチャックするとなんと海岸部だけ雲で埋もれていました・・orz。それでも最初の方は小降りだったのでまだまだ大丈夫と思っていたのですが、すぐにザザザーと音がするほどの雨に変わったので小うりゃもう駄目だと思い急いで納竿することにしました。
納竿を終えたころにはこれなら開き直って釣りを続行してもいいじゃないというくらいずぶ濡れでした。しかもバス停まで向かうときは誰もいない節電して暗くなっている雨の公園を歩か無くてはならずかなり怖かったです・・。

連続ボウズ回避のはずが結局連続ボウズ記録を更新してしまいました・・。今回の釣行は正直言って魚も釣れないし雨に打たれるし連続ボウズ記録を更新するし行かない方が良かったです。でもそれでは悔しく惨めなので飛行機を見に行ったのとヘチとウキ釣りで際を流す練習をやりに行ったということにしておきますので、皆さまそういうことでよろしくお願いしますね^^


本日の釣果《2人の釣果》
ボウズ・・・

本日の記録
場所:城南島海浜公園
時間:13:15~18:00
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均7.7℃ 最高14.2℃ 最低3.3℃
水温:不明
湿度:平均52%
風向:南南東
風速:平均風速4.8m 最大風速13.3m 最大瞬間風速18.0m
潮 :中潮 満潮7:49/21:58 干潮2:08/14:59
20110325.png

本日の仕掛け
●ウキ(拾い物1号ウキ/SASAME 丸セイゴ10号《ハリス付き》)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉5B/プロバリューチヌ金1号/TORAY 銀鱗3号)



ブログランキング参加中
↓クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ

次回予告
最終記事?!湾奥㊙最強釣り場でクロダイ狙い!(4月3日釣行)
お知らせ
海悠出版から4月25日より発売されている磯投げ情報の6月号に恥ずかしながらcocoが載っております!4ページの人気連載のコーナーに出演させて頂きましたので興味のある方はどうぞ見てみてください。なお、顔写真&実名が載っておりますので掲載されている詳しい場所については書きませんが個別でならお答えいたしますよ(笑)。

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。