2010 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2010 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2010年6月23日 湾奥釣り場新規開拓Part6 石川島公園周辺

 【28//2010】

久々に少しだけ余裕ができた23日。これは行くしかないと思い、夕方から月島にヘチでフッコを狙いに行くことにしました。今回は時間がないので1時間半のみの勝負です。

今回は前々から行きたいと思っていた相生橋真ん中にある中の島公園に決めていたのですが、中の島公園に行く途中相生橋の下を見ると護岸が広がっておるではありませんか!
ちょっと様子を見るため、その護岸に降りてみるとなんだか非常に釣れそうな予感。
IMG_9830.jpg
見てください、この橋脚と護岸の間なんてセイゴ・フッコがたくさんいそうですよ!
IMG_9816.jpg

IMG_9825.jpg
橋の右側の護岸。ぶれてしまいました、ごめんなさい。
そこで中の島公園はまた次回ということで今回の釣り場はこの相生橋下の護岸に変更!ちなみにこの護岸後ろには石川島公園があるのでトイレもすごそこ。
IMG_9831.jpg
しかもコンビニも徒歩1分以内にあります!なんとすばらしい釣り場なんだろう。これで魚も釣れればもうなにも文句ないですよね~。
すごいwktk状態で仕掛けを作り、5分後釣り開始。仕掛けを落とし込むと糸がめちゃくちゃ速いスピードで落ちていきます。ガン玉はいつもと同じく6B。原因が全く分からず疑問に思っているとすぐに解決。どうやら潮が速すぎて仕掛けが流れているようです。う~ぬ・・・。
同じ場所でじっとしていると仕掛けがどんどん流れやがて水面に出てきてしまうので、潮の早さと同じスピードで僕自身も横に歩いていくことにしました。
開始5分、ちょっと止まって荷物を物色しているとなんだか竿がひっぱられてます。どうせ潮だろうなと思ってそのままほっとくと当然ガガガガと糸が出ました。どうやらフッコが掛かっていたようです。荷物の整理をやめ急いで糸を巻くも時すでに遅し・・。まさかこんなに早く掛かるとは・・・。
次は二の舞にならないよう、今度は全神経を竿先に集中させます。すると20分後さっきの当たりと同じく橋を1mくらい通り越したあたりでまたまた竿が引っ張られました。どうやら2匹目がかかったようです。ちなみに2回とも合わせてません。なんと楽なんだろう。今度はバラさないよう少々慎重にやり取りをします。フッコは横に沖に泳ぎまくります。元気よすぎ^^。そして決闘から3分後、やっと魚が疲れて浮いてきました。長かった・・・。当たりからして50cm超の大物かと思ってましたが、予想に反し上がってきた魚は少々小ぶり。それでも1.5号のハリスじゃとても耐えられない大きさなので、タモ網を出動させます。そして無事捕獲。陸に揚げてから大きさを測ってみると45cmでした。
IMG_9818.jpg
リリースしようか迷いましたが隅田川のシーバスは食したことないのでこの機会に食べてみようと思い、このフッコはお持ち帰りさせていただくことにしました。
続けてもう1匹釣りたいのですぐさま餌をつけ再度落とし込み。すると15分後またまた当たりが!今度は針掛かりしてないのでもう一度大きい当たりがあるのを待ちます・・・。すぐに再度当たりが来て合わせを入れたところ見事針掛かり。今回も慎重にやり取りを行います。さっきのより元気に横に沖に泳ぎまくってます。そして格闘開始から4分後、やっと疲れたと見えて上がってきました。さっきのより大きい感じ。今回も迷うことなくタモ網出動させ無事キャッチ!大きさは、さっきのより2cm大きい47cmでした。
IMG_9821.jpg
自己ベストタイ記録。タイ記録よりも記録更新したかったな・・・。これはリリース。
まだ引き上げ予定時刻まで20分あるので、この後も続けようかと思いましたがこんな短時間に2匹も釣れて大満足なので今回はここで終了することにしました。石川島公園下の護岸最高\(>∇<)/。絶対また行くぞ~。

帰ってからフッコを氷水にしばらくつけ、三枚下ろしにして身をラップに包んで1日冷蔵庫に放置した後、刺身と塩焼きにしてみました。
IMG_9835.jpg

IMG_9837.jpg
味の方は問題ありませんでしたが、においがきつすぎる・・・。隅田川の臭いそのままでした(汗;)。おそらく氷水に付けた時間が足りなかっただけだと思いますけど・・・しばらくは隅田川産の魚はリリースしようと思います(笑)。

今回、急きょ釣りをした石川島公園ですがかなりお勧めできる場所です。トイレ・コンビニ至近、魚影濃し、人少なし(僕が釣行した時は貸し切り状態でした)でパーフェクト。まぁこのブログで紹介したので、ほんの少しだけ人が多くなるかもしれませんけど(笑)。ちなみにルアーでも橋脚周りを攻めればかなりいい釣果がでるかもしれませんよ。今度この公園でルアーも挑戦してみます。


本日の釣果フッコ (45~47cm) 2匹

本日の記録
場所:相生橋下の護岸(石川島公園周辺)
時間:18:30~20:40
エサ:アオイソメ
潮:中潮 満潮0:54/15:59 干潮8:35/20:40
天気:
気温:最高25.5℃ 最低21.9℃
風向:南
風速:最大瞬間風速15.5m 最大風速12.1m 平均風速5.6m

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・呉羽化学 seaguarACE1.5号)


ブログランキング参加中
↓クリックして応援お願いしま~す。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ
スポンサーサイト

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年6月20日 今年初の手長釣りin国府台テトラ 

 【27//2010】

最近、更新が遅れてごめんなさい・・・。なるべく早く更新しようとは思っているのですが、忙しくてなかなか更新できません。まぁ少し余裕ができる日もあったのですが、その日(23日・水曜日)は月島の方へ釣りにいってしまいました(笑)。しかしいつまでもためるわけにはいかないのでこの3日のうちで溜まっていた分をまとめてUPしようと思います。もし遅れてしまっても許してくださいねm(。≧Д≦。)m

前々から川越の魚人さんと約束していた手長エビ釣りに20日に行ってきました。本来、僕と川越の魚人さんだけの予定でしたが、前日の学校でよく一緒に釣りに行く友達に「明日手長エビ釣りに行ってくる~」と話したところ、横で聞いていた釣り初心者の友達が「俺も行きたいな~」とかいうので、川越の魚人さんに相談したところ、「友達ご一緒でもかまいませんよ~」と優しい一言を言って下ったので一緒に連れていくことにしました。というわけで今回も前回のうみかぜ公園釣行同様、川越の魚人さんと僕の友達(以下とっぺと表記します)と3人での釣行です。
朝7:00に大塚駅に集合し日暮里で京成本線に乗り換え、8時少し過ぎに国府台駅到着。そこから歩いて10分ほどで国府台テトラ到着です。
IMG_9777.jpg

IMG_9788.jpg
なんという駅近釣り場!こういう釣り場は大好きです。たくさん釣れればもっと好きになりますけどね(笑)。
テトラの水門近くに釣り座を構えることにしました。手長なので簡単なウキ仕掛けを作り早速釣り開始。川越の魚人さんは竿2本、僕らも計2本で挑むことにしました。今回の餌はバリエーション豊かに、サシ・アオイソ・カニカマ・練り餌の計4種を用意。さてなにが一番釣れるかな~。ちなみに釣り初心者のとっぺには僕の竿・仕掛けを貸してさらに釣り方をレクチャーしてから釣りをはじめてもらいました。
釣り開始から10分後、とっぺが荷物を整理するんでおきっぱなしにしていた竿をあげてみると中型のオスの手長が釣れていました。どうやら手長はいる様子。とりあえず釣れてよかったです。この1匹のおかげで俄然やり気がでてきました。
しかし、このあとはあたりがあるもののなかなか針掛かりしてくれません・・・。手長の当たりはウキが一気に沈まずグン、ググン、ググググググンと沈む場合が多くこの最終段階になったらゆっくりあげれば大抵は掛かってくれるのですが、今回は最終段階で上げても針が外れてしまいます。
そんなことを僕らが繰り返していると、隣で川越の魚人さんが本日2匹目の本命をGet!しかもこの後も立て続けに2匹、3匹とGet!さすがは川越の魚人さん・・すごいです。ちなみに川越の魚人さんが釣った時のエサはサシとアオイソ。やはり活き餌の方が有利みたいです。
僕ととっぺは、袖針1号から川越の魚人さんが使っていた手長針に変更し再度開始。すると、10分後僕にもやっと1匹かかりました~。
IMG_9781.jpg
本日初Get!でうれしいです。しかもこのあとすぐにまた追加。この後も、好調に釣れます。どうやら釣れなかった原因は針だったみたいですね。それにしても針でこんなに違うとは・・・。
結局12時頃まではコンスタントに釣れていましたが、その後は潮が満ち始めたこともあり当たりが遠のいてしました。その代りにダボハゼが多くなって結構掛かってきます。
IMG_9793.jpg
最大サイズだったダボハゼ12cm
こいつら針を呑んでること多いので面倒くさい・・。
14時頃、手長エビ復活。少しずつ当たりが多くなってきました。まずは川越の魚人さんにヒット、次に僕にヒット!ちなみにとっぺはここまで1匹のみ・・、しかも本日用事があり15時までしかできないのであと1時間しかありません。このまま1匹のままで終了したら釣り嫌いになってしまう可能性があるのでここからは全力でとっぺをサポート。その甲斐あってか14時半ごろ1匹Get!さらに終了間際にもう1匹Get!しとっぺはここで終了。お土産にここまで3人で釣った手長エビ計15匹をプレゼントしお別れ~。「釣りって面白いな!今後竿一緒に買いに行こうぜ!」という言葉を残し大変ご満悦のご様子で帰っていきました。これで釣り仲間がまた増えるZE~!!。
さてここから後半戦に突入し川越の魚人さんと2人で続行!
朝、釣りを始めた時以上に潮が引いてるのでいろいろな場所が探れます。そのため探れなかった場所を中心に仕掛けを垂らしてみることに。
IMG_9792.jpg

IMG_9786.jpg
すると・・・ばんばんじゃんじゃん釣れます!大きさも大きいのが多く、どうやら僕らの行動は外れではなかったようです。途中、一時的に当たりがなくなった時があったもののすぐに復活。
結局後半戦は3時間で25匹を釣りあげることができ大変満足できたので18時頃納竿することにしました。

帰り際の国府台駅は人が僕ら以外におらず構内にはメジロの鳴き声が放送されており駅名看板が古く非常に趣がありました。
IMG_9804.jpg

帰った後釣った手長の半数を水槽へ、もう半数を下処理して素揚げにしてみました。
IMG_9808.jpg
非常においしかったです。今後機会があれば下処理の方法UPしますね。

今回手長エビは2年ぶりに行きましたが、昔のようにまたハマりました(笑)。今後は何回も何回も手長釣行すると思います。これから8月いっぱいは釣れるので最低でも5回くらいは行きたいな~。ちなみに、今回一番よく釣れた餌はアオイソでした。アオイソを1cm以下に切って針が見えないように付けると活性が良ければじゃんじゃん掛かってくると思いますよ~。

本日の釣果《3人の釣果》

手長エビ  (6cm~19cm)  40匹
ヌマチチブ (4cm~12cm) 10匹程
釣果の一部
写真は釣果の一部

本日の記録
場所:国府台テトラ
時間:8:30~18:00
餌:アオイソメ・サシ・カニカマ・練り餌
天気:時々
気温:最高26.4℃ 最低22.9℃
風向:南南西
風速:最大瞬間風速12.6m 最大風速5.2m 平均風速3.1m

本日の仕掛け
●ウキ1(SASAME 仕掛け同封棒ウキ・SASAME エビ針2号《ハリス付き》)
●ウキ2(会社不明 玉ウキ・SASAME エビ針2号《ハリス付き》)


ブログランキング参加中
↓ポチッっと押して応援よろしくおねがいします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 川釣り

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年6月13日 うみかぜ公園はすっかり夏模様

 【22//2010】

やはり湾奥シーバス釣りより、五目釣りの方が楽しい!そこで13日にうみかぜ公園1ヶ月ぶりに友達と行くことにしました。2日前に川越の魚人さんに日曜日行ってきますと報告したところ、たまたま空いているとのことなので急きょご一緒に釣行することになりました。というわけで今回は、僕の友達(以下本人希望によりKUMATAというハンドルネームで書いていきます)と川越の魚人さんとの釣行です。ちなみに今回は久々の長文となります。

僕とKUMATAは朝早く行って釣り場を川越の魚人さんの分も確保するため6:00に池袋で待ち合わせをし、山手線→東急→京急と乗り換え8:00頃横須賀中央到着。いつもは川越の魚人さんとこの時間に集合するのでとってもはやいです。
まだ上州屋は空いてないので、アオイソを西村釣り具店で買い、途中ファミマによって食糧&飲み物を確保し8:20頃釣り場到着。早く着たにも関わらず、休日と言うこともあり釣り場は混雑してます。
釣り場風景
混雑度を簡単に表すと平日×3倍以上GW未満といったところでしょうか?3人分入れる場所はないかなと思いましたが、探していると結構広いスペースを真ん中に発見!早速そこに陣取り、無事釣り座確保成功です\(^∇^)/。
上州屋情報では投げサビキにサバが来るとのことなので投げサビキを1本、シロギスやタコ狙いで投げを2本、ウミタナゴやメジナ狙いで胴突きを1本の計4本体制でスタート。
一番最初に当たりがあったのは、意外にも投げサビキ!投入後わずか1分たらずで8号のウキが一気に沈みました。早速巻いてみると20cmのサバでした!
サバ
今年初のサバうれしい~です。夏が来たのを実感できる魚ですね。ちなみにタナは2ヒロ。この釣り場は表層付近で釣れることが多いのでめずらしいです。この後も、投げサビキには10~30分に1回同サイズのサバがポツポツ釣れますが、なぜか掛かっているのはいつも1匹だけ。群れで回遊しているはずなのにおもしろいですね~。
そして投げサビキの次は、胴突きに当たりが。強い当たりがあるのを待ち、あげてみるとキュウセンベラでした。
キュウセンベラ
これも夏の魚。この後も胴突きにはフグ・ベラなど夏の定番外道達の中にたまにウミタナゴが混じりなかなか楽しませてくれます。
アカメフグ

ウミタナゴ
胴突き・投げサビキには結構な頻度で当たりありますが、投げにはまったく当たりなし・・・。それ以前にすぐ根掛かりしてしまいます。どうやら根が転がっているよう・・・。これではいくら投げの仕掛けあっても足りないので投げを1本に減らし、減らした分を投げサビキへ。
11:00頃、川越の魚人さん到着。早速釣果を報告をし、取っておいた場所に入っていただきます。川越の魚人さんは胴突き1本、ちょい投げ1本、投げサビキ1本の計3本体制でのスタートのよう。
川越の魚人さんが投げサビキ投入後、すぐにウキが沈みサバをゲット!これで川越の魚人さんもボウズではなくなりました。本日のうみかぜ魚影がすくぶる濃くて楽しいです。しかし、12時頃胴突きも投げサビキも当たりがパタリとやんでしまい急に無生物状態になってしまいました。暇になったので周りの釣果を観察。見える限りの釣果を見ていきますが30cm強のメジナが1尾上がっていますがあとはサバがポツポツとキュウセンベラがポツポツ程度。思ったよりサバが釣れてません。僕らの場所が一番釣れてる?!
観察終了後、昼ご飯を食べKUMATAや川越の魚人さんとベラベラお話して時間を潰していましたが、まったくうんともすんとも言わないウキ、竿。今日は潮が速くウキがすぐ流されてしまうので、3分ほどしたら投げ直さなければならず面倒なので1本撤収。
その後も2時間ほど待ちましたが、隣の方が超遠投でシロギスを釣っただけで周りの人大部分がほとんど何も釣れてないので、前に川越の魚人さんに教えていただいた根魚がよく釣れるという極秘の場所で穴釣りをすることにしました。ナツメに丸セイゴ針だけのシンプルな仕掛けを装着した竿と餌を数匹だけ持ちいざ極秘の場所へ。
おお~いかにも大物根魚が隠れてそうな穴です。早速ナツメ仕掛けを落とします。するとググン!という当たりが。穴が狭く合わせができないのでそのまま巻いてみるとウネウネしたダイナンギンポ《中》が掛かっていました。魚影は抜群のようです。その後も目ぼしい穴を見つけては仕掛けを入れていきますが、途中根魚っぽい当たりがあり急いで巻いたものの根に潜られてしまいナツメ仕掛けジ・エンド。仕方ないのでここからは予備に持ってきたブラクリで探ります。
特大ギンポが釣れた穴
ブラクリにして4個目の穴で特大のギンポが掛かり、さらに2連続で良型ギンポをGET!その後3個目かの穴で本日最大のギンポをGETし、餌がなくなったこともあり終了~。根魚には出会えなかったもののわずか30分で特大ギンポ2匹、大ギンポ2匹、中ダイナンギンポ1匹と言う大漁といってもよい結果で大満足です。このギンポ達は川越の魚人さんが、お持ち帰りするとのことなので小さいの2匹逃がしあとはキープ。
川越の魚人さんが持ってきた氷がとけてしまったので休憩がてらKUMATAと一緒に近くのコンビニへ氷を買いに行くことにしました。そしてコンビニで氷を買ってるまさにその時、川越の魚人さんから電話が!なんだろうと思い出るとイワシが釣れ出したとのこと。急いでレジを済ませ、全速力で駆け抜け途中芝生でつまずいて転んで鉄のポールに足を強打し釣り場へ戻ってきました。が・・・時すでに遅し、どうやらイワシは超々単発だったようで5匹程度で当たりが来なくなってしまったとのこと。残念、今頃になってパイプでぶつけたところが痛んできました(泣)。
16:00頃、相変わらず無生物状態で当たりがまったくなく一か所で粘る釣りは好きではない(笑)のでヘチ釣りをすることにしました。まずは公園右側から落とします。今回は表層、中層、底層の順に探ります。表層・・当たりなし。中層・・当たりなし。底層・・クン・・・?!今のはあたりか?しばらく待ちます。クン・・・どうやらあたりのようです。強いのがあるのを待ちます。クン・・・グン!即合わせ、針掛かりしました。あげてみると厄介者のハオコゼでした。
ハオコゼ
写真は穴釣りしている時に釣れたハオコゼ。
またつまらぬ物を釣ってしまった・・・。なんとか針を取り釣り再開。すると底層でまた当たり、強い当たりを待ちあげてみるとまたハオコゼでした。どうやらハオコゼの巣窟のようなので場所移動。
続いては真ん中の左側よりでやります。しかしここはまったく無生物状態のためさらに場所移動。がここから先はずーっと無生物状態でヘチは一時中断。
続いてはコウイカ狙いでエギングをやってみますが、こちらも不発に終わり時刻すでに18:30。エギングとヘチがダメだということは投げサビキに期待するしかありません。ずっとウキを凝視しますが、僕のウキはまったく変化なし。しかし川越の魚人さんのウキが急に沈み、あげてみるとサバが掛かっていました。さすがは僕の師匠お見事です。とうとう群れが回ってきたかと期待しましたが、単発に終わり19:00になったので納竿することにしました。でも今回は根魚を釣ってない!そこで川越の魚人さんとKUMATAに5分だけ時間を・・・とお願いし暗くなると必ずメバルが釣れるマル秘ポイントへヘチ竿を持っていき中層に落とします。すると5分後ググン!という当たり。キターーー(・ ∀・)ーーー!!間違いなくメバルの当たりです。いつも通り強い当たりを待ちます。ググングン!急いで合わせ、なんとか針掛かりさせます。う~んいい引き。上がってきたのは狙い通りメバル。
メバル
大きさは16cm。これでやっと満足したので本当に納竿。また来よう。

今回は回遊魚から根魚まで幅広い8魚種が楽しめ面白かったです。現段階ではまだサバは小さめですがこのペースならあと2月もすれば脂がのったどっぷりのサバが釣れるかも~。今から楽しみです。

本日の釣果《2人(KUMATAとcoco)の釣果》

サバ       (20cm前後)  10匹
ギンポ     (25cm~40cm) 4匹
ダイナンギンポ  (20cm)    1匹
ウミタナゴ     (16cm)    2匹
アカメフグ    (15cm前後) 5匹程
キュウセンベラ (10cm前後) 7匹程
ハオコゼ       (8cm)    3匹
メバル        (17cm)    1匹
※川越の魚人さんの釣果は≪若洲・お台場周辺&横浜の釣り日記≫をご覧ください。

本日の記録
場所:うみかぜ公園
時間:8:00~18:00
エサ:アオイソ・ジャリメ アミコマセ
潮:満潮4:22/18:29 干潮11:29/23:49
天気:
気温:最高26.0℃ 最低20.2℃ 
風向:南 
風速:最大瞬間風速11.6m 最大風速6.9m 平均風速4.8m 
※横浜観測所の0:00~23:59までの値。気象庁HPより引用。

本日の仕掛け
●チョイ投げ(FUJI ジェット天秤10号・YAMASHITA 投げ釣り屋9号)
●胴突き(YAMASHITA 波止メバル8号・第一精工 ナス型錘8号)
●投げサビキ(YAMASHITA 8号投げサビキ用ウキ・SUZUMI 大特価スキンサビキ5号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・gamakatsu 黒チヌ針1号・呉羽化学 seaguarACE1.5号)
●エギング(YAMASHITA エギスッテ《ピンク・2号》)
●穴1(KAGEYAMA ナツメ1号・SASAME 丸セイゴ9号)
●穴2(OWNER テトラ玉4号)
※本日サバを釣ったのは投げサビキ、ウミタナゴ・アカメフグ・キュウセンベラを釣ったのは胴突き、ギンポ・ダイナンギンポを釣ったのは穴1、穴2、メバル・ハオコゼを釣ったのはヘチです。


ブログランキング参加中
↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: うみかぜ公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年6月6日 湾奥釣り場新規開拓Part5 さくらの散歩道(朝潮運河)

 【16//2010】

更新遅れて申し訳ありません。この頃、提出物→小テスト→体育祭→提出物→小テスト→余裕ができたら気晴らしに釣り→模試→小テスト≪以下省略≫・・・という感じで非常に忙しかったので記事がたくさん溜まってしまいました。でもやっと少しだけ余裕ができたのでやっと更新ができるようになりました。なので今日から1週間で溜まっていた残りの釣行記をUPして行こうと思ってます。もし遅れたらすいません。

前回行った辰巳で餌が10分の9近く余ってしまい、非常に勿体なかったので4日後の日曜日に湾奥へシーバスを狙いに行くことにしました。場所は、朝潮運河のさくらの散歩道に決定。
そして予定日(6日)当日、冷蔵庫に入れて新聞紙でぐるぐるに包んでパックに入れといたアオイソ君をだしてみると、なんと凍ってる・・・。入れていたのは間違いなく冷蔵庫・・・。冷蔵庫の一番上の冷気がでるところの近くに入れたからダメだったのかな・・・。一瞬凍ったアオイソでも使えるかも?と思いましたが、柔らかくなりすぎてるので針に刺さらないし第一魚が食いついてきそうにない感じなのでこのアオイソを使うのを断念。が!しかし釣りに行きたい。というわけで新しい餌を買って行くことにしました。本末転倒のような気もしなくもないですが・・・気にしない、気にしない。
上州屋池袋店でアオイソ買ってから有楽町線で月島へ。月島駅到着後10分程歩いて18:00頃、さくらの散歩道到着。
月島駅

さくらの散歩道
この場所結構釣りにくそうです・・・。なにしろ歩道で釣りをするような形になるのでまだ人通りの多いこの時間だと道行く方たちに注意しなければいけないし、水面がはるか3m~4m下・・・。4.5mの網を持ってきて正解でした。
釣り人風景
釣りにくそうでも落としてみないことには始まらないので、とりあえず仕掛けを作り早速着水~。水深は2mくらいかな?結構浅いです。浅い場所は魚が底にいることがほとんどなので底から10cmくらいの位置に針先を固定させて探ることにしました。
5分後、釣り人のみなさんへと書かれた看板の近くを探っていると早速大きな第1あたりが!早速合わせるも何の前触れもなく急に来たのでタイミングがずれて針掛かりせず・・。まだ明るいのにこんなに早く当たり来るとは思いませんでした(汗;)
看板
気を取り直して落とし込み再開、すると10分後またまた当たりが!今度は集中していたため素早い合わせができました。魚乗ります。横に走ります。沖に向かって泳ぎます。魚に主導権を握られてはたまらないのでバレナイよう糸を出しながらも竿をめいいっぱい引きます。魚つかれたのか水面に上がってきました。目測40cm前半、迷うことなく網出動。網を伸ばしている時、急に魚が潜りだしました!しかし網の方に気を取られていたため迅速な対応ができずプツン。ヴぁ~~あと少しだったのに・・・自分の腕が足りなかったのですね。もっと修行しなきゃ・・。
またまた気を取り直して再度落とし込み再開、しかし結構な頻度であった当たりが皆無になってしました。それでも諦めずタナをは固定したままで左右に探っていると30分後来ました!待望の当たり!!ガツンという強い当たりが車で待ちます。コン コン コン  コン ガツン!即合わせを入れ針掛かりさせます。さっきのより引きが強いです。異常に長かったやり取りの末、魚が疲れて浮上してきました。目測40cm前後。これもタモ網出動です。そして先ほどの二の舞にならないよう竿の方に用心し網を伸ばした後魚捕獲。無事成功。
タモ網
これで本日ボウズは免れました。よかった~。
ちなみに掛かっていたのは42cmのフッコでした。写真を撮った後は即リリース。
42cmフッコ
この時点で本日の目標、『とりあえずボウズを逃れる』ことを達成したので次の日学校だし納竿しようと思いましたが、あわよくばもう1匹釣れるかもしれないので20:30まで粘ろうと思いあと10分間やることにしました。
42cmのフッコが掛かったところに再度落とし込ます、すると3分もしないうちに何の前触れもなくカツンという当たりが。急いであわせなんとか針掛かりさせます。魚乗ってますが、当たりが小さいです。おそらく20cm行くか行かないかくらいのセイゴだと予測。10秒くらいで浮上。案の定小さいセイゴでした。本来このサイズならぶっこ抜きしますが、この釣り場は水面がめちゃくちゃ低いので万全を期してこいつにもタモ網使用。無事捕獲成功。本日2匹目です。セイゴとはいえ非常にうれしい。
掛かっていたのは24cmのセイゴでした。これも写真撮影後即リリース。
24cmのセイゴ
本日は2匹釣って満足したので今度こそ納竿。この釣り場当たり多くて最高~。また行きたいです。


本日の釣果
フッコ (42cm) 1匹
セイゴ (24cm) 1匹

本日の記録
場所:さくらの遊歩道(朝潮運河)
時間:18:10~20:30
エサ:アオイソメ
潮:小潮 満潮11:32/23:56 干潮6:11/17:31
天気:
気温:最高25.3℃ 最低16.6℃ 
風向:南 
風速:最大瞬間風速11.2m 最大風速9.0m 平均風速3.9m 
※江戸川臨界観測所の0:00~23:59までの値。気象庁HPより引用。

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・gamakatsu 黒チヌ針1号・呉羽化学 seaguarACE1.5号)


ブログランキング参加中
↓ポチッっと押して応援よろしくおねがいします
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年6月2日 湾奥釣り場新規開拓Part4 辰巳1丁目の護岸

 【08//2010】

日曜日のオールナイト釣行で使ったアオイソが半分近く残ってしまい非常に勿体なかったので予定がなにもなかった3日後の水曜日に夕方から湾奥へシーバスを釣りに行くことにしました。場所は色々悩んだ末、最近色々な方のブログでなかなか良い釣果が報告されており交通の便もよい辰巳1丁目の護岸に決定!

夕方6:00に家を出発し釣り場には18:40頃到着。有楽町線の辰巳駅から徒歩6分くらいで着くので非常に便利です。
釣り場風景①
釣り場は電気ウキでのヘチ狙いの方たちが4名程、他ルアーマンが3名ほど。結構空いてますニヤッ。僕は今回もヘチ釣りです。他にもヘチ釣りしている方がいるかと期待していたのですが誰もいませんでした(泣)。
仕掛けを作りまずは潮見運動公園と面している側の階段前の出っ張っている場所付近を重点的に探ることにしました。
場所によって結構水深に差がありますね。平均2~3mくらいでしょうか?まずは底から20cmのあたりからスタート。
スー、道糸を出し当たりを待ちます。5分経過・・・あたりありません。少し誘いを入れまた待ちます。5分経過・・・相変わらずあたりなし。場所を右側に移動。あたりないのでまた移動、また当たりないのでまたまた移動・・・これを10回くらい繰り返したものの相変わらず当たりありません。このままではボウズです・・・。
これはまずいと思い暗明の境い目を探しそこらへんを中心に探る作戦に変更。首都高の近くで明暗の境を発見。さっそく仕掛けをいれようと海面を見たとき、なにかが水面をうごめいているのを発見。
なんだろうと思いもっとじっくりみてみるとなんと1匹ではなく大量に泳いでます。なんかの稚魚かなと思いましたが、よく見ると色が赤い。こんな色で湾奥に生息している魚といればカサゴくらいですが、カサゴの稚魚はこんなに大漁に群れませんし、まず第一水面なんかに群れません。じゃあなんだろう?あまりにも気になったので少し離れた場所をLEDライトで照らしてみました。すると、正体判明。群れていたのは魚ではなく、バチでした。
バチ
なるほど電気ウキ師がたくさんいた理由わかりました。本来バチ抜け発生時は餌釣りでもよく釣れるようですが、僕の場合バチ抜け発生時はいつもボウズなので10分だけ餌を落とし場所を移動。
ちょうど明暗の境ができていたので次は護岸の曲がっているところで探ることにしました。しかし・・・ここにもバチが!一応仕掛けを投入してみるも、まったくあたりなし。ここも10分ほどで見切りさらに場所移動。
次は、反対側の先端へ。しかしここにもバチ・・・。どうやら護岸全体でバチ抜けが起こっているようです。こりゃー無理だと思い、ここで10分探ったのち納竿することにしました。Tray Again!

今回ここではヘチ際だけでなく沖でも抜けていたとみえて水面に波紋が無数にできていました。しかも一部の場所ではボイルも起きていたのでかなり多くのバチが抜けていたのでしょう。シンキングペンシルなどの対バチ抜け用ルアーではもしかするとかなり数釣りができた日かもしれませんが、ヘチ釣り(僕の場合)には少し厳しい日でしたね。この釣り場でまたリベンジしたいと思います。


本日の釣果
ボウズ・・・

本日の記録
場所:辰巳1丁目の護岸(潮見運動公園向かい)
時間:18:50~21:00
エサ:アオイソメ
潮:中潮 満潮7:04/21:10 干潮1:53/14:08
天気
気温:最高23.5℃ 最低12.1℃ 
風向:東 
風速:最大瞬間風速9.3m 最大風速7.3m 平均風速3.4m 
※江戸川臨界観測所の0:00~23:59までの値。気象庁HPより引用。

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉10B《合計》・gamakatsu 黒チヌ針1号・呉羽化学 seaguarACE1.5号)

ブログランキング参加中
↓ポチッと押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年5月30日 オールナイト釣行in川崎・水江町公園

 【06//2010】

29日午後11時頃、父が急に「これから釣り行かないか?」と僕に問いかけてきました。一瞬冗談かと思いましたが、どうやら本気な感じ。次の日学校ないしちょうどオールナイト釣行をやりたいと思ってたので断る理由は全くなし、ということで喜んでOKと返事。というわけでオールナイト釣行が決定されました。以上の会話からわかるように僕含めcoco家は全員思いつきでの行動が多いのです(笑)。

23時から急いで釣り具の支度をし場所を東扇島西公園に決め西公園近くの深夜でもやってる釣り具店を探し、0:30頃家を出発。本日は愛犬ココも一緒です。
ココ
出発した途端雨が降ってきました・・・。最悪・・・。しかし雨具を万全に持ってきたので心配はいりません。
まずは近くのガソリンスタンドでレギュラーを満タンに。
ガソリンスタンド
そしていざ首都高速に乗り込みます。この時点で非常にわくわくしてきました。それから3,40分程首都高を爆走(法定速度内)して大師ICで一般道路へ。
高速走行中
その後10分くらい走りシマヤ釣り具店に到着。
シマヤ釣り具店
ここでアオイソ・モエビを購入。しかし店のおばさんに近釣果を聞いたところなんとサヨリが結構上がっているとのこと!そこでターゲットにサヨリも追加しアミコマセとサヨリ用の飛ばしウキ仕掛けを追加購入。ちなみにストロー虫やマメガニ等も完備しておりました。あと自販機もあります。こういう釣り具店が湾奥にもあればなぁ~。
シマヤ釣り具店餌自販機
さて揃えるものすべてそろったし東扇島へ出発だ~と思っているとシマヤ釣り具店に水江町公園という聞いたこともない釣り場の案内が貼られていました。それを詳しく見てみるとなかなかよさげな感じ。しかも東扇島よりも知名度全然低いと思うので他の釣り人も東扇島より圧倒的に少ない予感。というわけで即釣り場を水江町公園に変更~。coco家って本当に思いつきで行動してますよね(汗;)。
シマヤ釣り具店から10分ほどで水江町公園到着。周りに様々な企業の工場がそびえ建ってる中で場違いオーラムンムンで存在する公園といった感じ。しかも入り口が小さく明るければわかりますが夜中だと非常に分かりにくいです。
公園入り口
帰り際撮影
しかし狭いのは入り口だけで公園内は結構広いです。
釣り場風景①

公園内は先客0。貸し切り状態です。釣り座はあれこれ悩んだ末工場排水が出ている付近にしました。
流れ込み
当初2つある突堤のうちの入り口側に釣り座を構えるつもりだったのですがこっちのほうがクロダイをはじめ様々な魚が潜んでいそな気がしたので。
釣り場風景③
まずは父がヘチ釣りをするとのことなので、僕は投げサビキをすることにしました。投げサビキのエサにはアオイソメをつけコマセを入れいざキャスト~。すぐにウキが沈むかと思いましたが・・・そう簡単にはいかず。
釣り開始から1時間経過しましたがヘチにも投げサビキにもあたりなし。さらに1時間経過後もあたりなし。魚が居そうなオーラ全開なのですがまったくつれません。痺れを切らし胴突きを追加することに。この時点でまだ4時なのにもう白み始めていました。しかも雨もいつの間にかやんでいました\(^∇^)/
釣り場風景②
胴突きを追加してもまったくなにも食ってきません。周りにイワシの稚魚と思われる小魚がたくさんいるのですが生体反応のあるものといったらそれくらい。やけくそになって投げも追加。ちなみに投げサビキは胴突き作る前に巻いた時にまさかの高切れをしてしまったのでウキごとなくなってしましました。1500円の電気ウキが~。
5:00頃、だんだんエギンガーが増えてきました。どうやらイカ釣りには有名な場所みたいですね。
5:10頃、僕が手すりに寄りかかって向かいの景色をみてみると水面に群れていた稚魚が急に一斉にジャンプしました。なんだ?と思って水面をみてみるとなんとそこにはコウイカの姿が!どうやら稚魚を捕食するために寄ってきたようです。これはチャンスだと思い急いでエギを取り出しエギングをキャスト~。そしてしゃくりながらゆっくり巻いていきます。するとイカが近づいてきました!がしかし・・・イカはすぐに離れていきすぐにどこかにいってしまいました。この後も数十投投げたものの結局なにも釣れるエギングは断念。
6:00頃、釣り人はどんどん増え投げ釣り師が5組程、ルアーマン・エギンガーが5組ほどでちょうど半々くらいになりました。地元の方には有名な場所みたいですね。そんなことより魚がまったく釣れません・・・。これではまったく深夜に出発した意味がないですよね。
6:30頃、もう魚釣れないかもと諦めかけていた時胴突きに付けていたスズが急にリリ~ンとなりました。キターーーー。しばらくまって再度当たりがあるのを待ちます。そして10秒後、またまたチリ~ンチリ~ンと鈴がなりました。どうやらずっと鳴っているので針掛かりしたようです。今回初の魚なので慎重に巻き取り無事取り込み成功。掛かっていた魚は今年2匹目の18cm程のアイナメ。とりあえずボウズだけは免れました。うれしいです。
アイナメ
7:00頃、さらにもう一度胴つきの鈴が鳴りました。さっきと同じ要領でしばらく待ちます。そして今度は15秒後くらいに次の当たりがあったのでまたまた慎重に巻いていくとさっきより少し大きいアイナメが掛かっていました。どうやらアイナメの魚影が濃いみたいです。その後もアイナメに期待しましたがこの2匹以降釣れなくなってしました。またまた無生物状態に逆戻りです。
まったく釣れなくなってしまったので近くで餌釣りしているをしている方たちに釣果を聞いてみることにしました。聞き取り調査を終え結果は投げ釣りをしている方たちにはシロギス・メゴチが数匹釣れてる程度で足下狙いの方たちは釣果が皆無のよう。結構渋いです。
8:00頃、何も釣れず暇なのでまたエギングを投げていると、流れ出しの先端あたりに投げていた胴突きの竿がかつてないほどしなりました。あまりの衝撃に付けていた鈴が取れてしまったほど。どうやらとても大物が掛かったようです!エギングの竿をほっぽり投げ急いで胴突きの竿を巻きましたが・・・。ハリスごと切られており魚はもういませんでした。悔しい・・・。しかし切られたハリスを見てみると歯型と思われるギザギザが!となると掛かっていたのは・・・クロダイ??
エギングを中断し、もう一度あの大物が掛かってくれないかと流れ出しの周辺をヘチで探りまくることにしました。餌はアオイソとモエビの豪華W掛け。潮が引いてきて水深が2m弱なので底から40cmくらいのところに固定して探っていきます。しかしそう簡単に釣れるはずもなくまったく当たりがありません。1時間くらい探ってもうやめようとしていた時、ブルブルと小さいながらも当たりが。とても大物とは縁遠いあたりですが一応合わせると針掛かり。上げてみると小さい小さいギンポでした。本日2目め。これは写真を撮りリリース。
ギンポ
10:00頃、潮がどんどん引いて一部で底が露出してしまう程になってしまったのでもうヘチ際は難しいだろうと思いヘチ釣り断念。エギングも同じ理由で終了。となると期待は投げ・胴突きのみですが・・・。投げはヒトデばかりで胴つきもあれ以来ずっと無言なので今日はもう諦めたほうがよさそうなので納竿することにしました。愛犬ココももうやめたほうがいいと思ったのかワンワンと吠えてなにかを訴えていました。
ココ②
ちなみにアイナメ2匹は持ち帰り煮付けにしてみました。においが湾奥よりもきつかったのでここの魚は持ち帰らない方がいいかも・・・。

本日は深夜から朝10時頃までやったもののアイナメ2匹とギンポ1匹というとてもむなしい釣果でした。まあボウズよりかは全然ましですが。ここはすぐ近くまでバスが通っており電車Fishingでも行ける場所だったので取り逃がした大物の正体を突き止めることを目標に年数回くらいは行こうと思います。ちなみにこれから水江町公園に行こうと思っているかたは入り口が大変狭く特に夜だと見落とす可能性大なのでご注意ください。実際僕らも入り口が見つけらずウロウロしていました、何回も入り口の前通ってたんですけどね(汗;)。
この頃更新が遅れ気味ですね・・・。申し訳ございません。なるべく早く更新できるように頑張りますので今後も応援よろしくお願いします。

本日の釣果《2人の釣果》
アイナメ (18cm~20cm) 2匹
ギンポ     (15cm)    1匹

本日の記録
場所:水江町公園
時間:2:00~10:00
エサ:アオイソメ・モエビ・アミコマセ
潮:大潮 満潮5:24/19:35 干潮0:04/12:13
天気:
気温:最高16.3℃ 最低12.2℃ 
風向:東 
風速:最大瞬間風速7.9m 最大風速4.6m 平均風速2.6m 
※横浜観測所の0:00~23:59の値。気象庁HPより引用。

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・gamakatsu 黒チヌ針2号・呉羽化学 seaguarACE1号)
●投げ(FUJI ジェット天秤10号・YAMASHITA 投げ釣り屋9号)
●胴突き((YAMASHITA 波止メバル8号・第一精工 ナス型錘8号)
●投げサビキ(panasonic BF-8623《3号・グリーン》・SASAME ボウズのがれ《サビキ》)
●エギング(YAMASHITA エギスッテ《2号・ピンク》)
※アイナメを釣ったのは胴突き、ギンポを釣ったのはヘチです。

Category: その他の釣り場

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年5月28日 湾奥釣り場新規開拓Part3 新芝浦橋下の護岸

 【01//2010】

テストが終わって釣行解禁になった28日。午前中は学校がありしかも次の日も学校だったにも関わらず早速釣りへ行ってきてしまいました。ちなみにテスト勉強中は幾多もの禁断症状に悩まされそれはそれは苦しいものでした(笑)。みなさんならこの苦しさ簡単にわかってくださると思いますけどね。場所は交通費や時間を考えて前々から気になっていた浜松町駅から徒歩5分程の新芝浦橋下の護岸に決定!

今回行く新芝浦橋は新しい場所のため軽く下調べをして17:30頃出発。そして18:00頃釣り場到着。非常に早いです!

釣り場周辺を軽く探索後18:10頃釣り開始。釣り場は僕以外誰もおらず貸し切り状態~。
つり場風景①

釣り場風景②
辺りはまだまだ明るいですがとりあえず底の状況を確認するため落としてみます。どうやら全体的に水深は2m程で急激な海底の変化はない感じ。あるとすればところどころに設置されてるハシゴ周りですね。
釣り場風景③

海底の確認も終えたところで本番です。
まずは一番左側からスタート。ここは水門に近いので結構期待できそうです。10分くらい探りましたが当たりなし・・・。でも水門の下を電気ウキで探ってみると結構良いかも~。
水門

水門近くで探った後はほとんど海底に変化がない場所ばかりなので約3分の間隔で右へ右へと移動していきます。しかしウンともスンともいわない竿先。途中にあるハシゴの周りを5分ほどじっくり探ってみたり、探りを入れてみてもダメ。餌を2,3匹の房掛けにしてみてもダメ。こりゃまずい・・・。

19:30頃釣り場の橋よりで探っていると一人の釣り師が声をかけてきました。
釣り師:「こんばんは~、なにかつれますか~」
coco:「なにも釣れませんね・・・。」
そんな短い会話をしたあと別れ、別々の場所で探っていましたが10分後釣り場真ん中あたりで探っていたさっきの釣り師の方が目測40cm以上のフッコを釣りあげてビックリ!しかもその方、てっきりワームでテクトロをやっている方かと思いましたがなんとヘチ釣りをやってる方でした。

それからはそのヘチ釣り師の方と会話が弾み、色々とお話していると僕にポワンという当たりが。すかさず合わせると針掛かり。するとすぐに下に潜ります。でも深くないのですぐ左へ移動~、次は右へ移動~。しかしあまり大きくないと見えて引きがなんだか弱い・・・。案の定十数秒くらいで上がってきました。大きさは目測で35cm程、陸に上げちゃんと大きさを測ったところ36cm。セイゴでしたが、とりあえずボウズ回避できてうれしいです。
セイゴ

僕がセイゴ釣って満足しているとすぐにヘチ釣り師の方にも当たりが!しかも大きいようです。少々のやり取りの後、魚が水面に上がってきました。目測50cm以上はありそうです!そして無事に引き上げ成功し正確に大きさを測ったところ52cm!立派なフッコです。すごい・・・。

どうやら時合が到来したみたいなので2匹目に期待しましたがこのあとは続かず・・・。それでも頑張って探っていると一緒に探っていたヘチ釣り師の方がお茶を買ってきて下さいました!ありがとうございます。ちょうどのどが渇いていたところです。

早速お茶をいただき元気満点になりましたが、魚の方は全く来ない・・・。そこで休憩がてらベンチに座ってヘチ釣り師の方とお話することになりました。この方、どうやら湾奥でヘチ釣りをしている方に会うのは初めてのようです。なので同じヘチ釣りをしている方に会えてうれしいとのこと。僕もまさかこんな所でヘチ釣りをしている方に会えるとは思いませんでした~。その後もたくさんのお話をしている内にもっとこの方とヘチ釣りしたいなという思いが湧いてきて思わず連絡先をお聞きしたところ快く教えて下さいました!またまた釣り仲間が増えました~。うれしいです(>∇<)。

休憩後すぐに探り始めましたが相変わらずなにも釣れないしヘチ釣り師の方も帰るとのことなので20:30頃に僕も納竿することにしました。

今回は結局セイゴ1匹でしたが、久々にあの引きを体感できたので大満足です。この場所は結構釣れる場所みたいなのでまた近いうちに行きたいと思います。最後になりましたがお茶をくれたヘチ釣り師Sさん、どうもありがとうございました。また行きましょうね!!


本日の釣果
セイゴ (36cm) 1匹

本日の記録
場所:新芝浦橋下の護岸
時間:18:00~20:30
エサ:アオイソメ
潮:大潮 満潮4:08/18:17 干潮10:58/23:25
天気:
気温:最高21.6℃ 最低14.8℃ 
風向:北 
風速:最大瞬間風速9.5m 最大風速6.8m 平均風速4.3m 
※江戸川臨界観測所の0:00~23:59までの値。気象庁HPより引用。

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・gamakatsu 黒チヌ針2号・呉羽化学 seaguarACE1号)


ブログランキング参加中
↓ポチッと押して応援よろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。