2010 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 08

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2010年7月17日 『第1回 一緒につりしましょう会』

 【27//2010】

前々から計画していた『第1回 一緒に釣りしましょう会』を7月17日に青海南ふ頭公園で開催しました。当初7人が参加する予定でしたが、お二人がお仕事で来れなくなってしまったのでヘチローさん、イッチーさん、ホリさん、川越の魚人さん、cocoの計5人の参加となりました。では当日の模様を簡潔に書きたいと思います。

『第1回 一緒に釣りしましょう会』の開始時刻は14:00からの予定だったのですが、幹事として少し早めにいた方がいいかと思い一緒にいろいろ計画して下さった川越の魚人さんと12:00に青海に行くことにしました。
青海に着くとやはりまだ参加メンバーは着ておらず、他の釣り人が5組だけ。(皆さんサッパを狙っていましたが、あまり釣れていない感じ。う~ん、今日はサッパは少ないのかな?狙う気はないけど。)
DVC00054.jpg

DVC00055.jpg
まずは昼食を取ってから、他の方がやらなくてもいいようにプログラムに入っていたごみ拾いを先に開始。
気合いを入れてごみ袋を数袋持ってきたのですが、予想に反してゴミが落ちてない!釣り場後ろの階段のところに吸殻や小さいゴミが目立つ程度でそれ以外には草むらや植木などに缶や大きめのゴミが少し落ちてるだけ。
なので2,30分ほどで終わってしまいました。嬉しい誤算です♪釣り人や公園利用の皆さん、これからもこの状態を保ちましょ~。
ゴミ拾いも終わりやることがないので、皆さんが来るまで先に釣りをしていることにしました。
ちなみ今日狙うのは大物のみ!だから今日はサビキや胴突きはやらず泳がせとヘチだけ。
この公園の場合、ヘチで夕方以前に釣れたことないのでまずは泳がせをすることにしました。
周りがあまり釣れてない中、川越の魚人さんが糸を垂れてから30秒で釣ったサッパを餌にして釣り開始!
前回は入れたらすぐ来たので今回もすぐ来ると思いワクワクしながら竿がしなる&ドラグが鳴るのを待っていたのですが・・・しばらくたってもまったく変化なし。
20分に1回餌の確認をするも、毎回ついていてしかも元気・・・。これは、粘りの釣りとなる予感。
なので、川越の魚人さんと雑談しながら当たり来るのを待っているといつの間にか14:00になっていました。
でもヘチローさん、イッチーさん、ホリさんの全員から、いろいろな用事で遅れると連絡が来ていたので誰かが来るまでこのまま2人で釣りを続行。
14:00を過ぎたあたりから川越の魚人さんの竿にはコンスタントにサッパが釣れるようになりましたが、僕の竿には何も来ない・・・。
結局何も来ないまま15:30になってしまいました。そろそろ泳がせで餌にしていたサッパが弱ってきたので新しいのに付け変えていると、ホリさんが到着~。
早速ホリさんにあいさつし、現在の釣果を報告。
ホリさんは僕たちの右側に釣り座を構え、投げやウキをやるご様子。
それからホリさんが仕掛け作りを終えたので一緒に雑談していると、遂に泳がせの竿がしなりました!
急いで竿を取って、慎重にヤリトリ。
が!あと少しと言うところでバラしてしまいました・・。あ~あもったいない。
このアタリの後はまた泳がせに当たりがなくなり、またホリさんや川越の魚人さんと雑談していると夕日が綺麗な17:00頃にヘチローさんとイッチーさん登場~。
DVC00056.jpg
お2人に軽く現在の状況を説明し、とりあえず全員揃ったので飲み会をすることに。
真ん中にあるスロープの前にシートを敷き、そこに皆さんが持っていた飲食物を並べよし!これから開始だ~というときに、また泳がせの竿にアタリ!
今度は先ほどの当たりとは違い瞬間的にしなってすぐドラグが鳴りそして竿尻が上に持ち上がりました。
急いで竿のところに向かい、今度はホリさんやイッチーさんのアドバイスを受けながらヤリトリ開始。
まず先攻は相手、糸をものすごい勢いで出してきます。
しかしこっちも負けてられません、ホリさん&イッチーさんのアドバイスの元竿を60°程の角度に保ちテンションをかけます。
DVC00057.jpg
しばらく一進一退の戦いをしているといつの間にか皆さんの心が一つになったように僕のヤリトリをじっと見守ってる!しかも他の関係ない方々も4,5人見守ってる!!
こんな状態の中でバラしたら、皆さん意気消沈してしまいます・・・、ものすごいプレッシャー(汗;)
そのためバラさないよう必死になって戦いましたが、やがて腕がいたくなりプレッシャーもすごいのでこのまま続けても勝ち目ないと思い、やむなくホリさんに交代。ウウ、スイマセン
ホリさんは急に交代を宣告されたにも関わらず華麗なヤリトリで相手をじわりじわりと弱まらせていきます。
しかし、相手も命掛かっているだけあって必死。
戦い開始から30分が過ぎても相手はまったく弱らず・・・、必死に抵抗。
戦い開始から40分後、いつの間にか当たりは暗くなって大物が上がってきても見えない状態になってしまいました。
そこで、イッチーさん&ヘチローさん&川越の魚人さんがライトで水中を照らして援護、僕はタモアミを持ちいつ上がってきてもいいように待機。
参加者全員が助け合って1匹の魚を釣り上げるように頑張ってる様子を見て、新ためて皆さんの心が一つになったことを実感しました。
戦い開始から約60分後、遂に80cmは越すであろう大物が水面に浮いてきました!すかさずタモ網を出動します。
そして、無事タモ入れ成功~。周りからは参加者じゃない方からも安堵と喜びが一緒になった歓声が沸き起こりました。
後半(というか殆どずっと)大物と戦ってくれたホリさん、いろいろ援護して下さったヘチローさん、イッチーさん、川越の魚人さん、そして僕らのことを見守ってくださったその他の方々のおかげで釣りあげることができました。本当にありがとうございます。
さて、掛かっていた大物は胴だけで55cm、尻尾も合わせると90cmを超える大型のアカエイでした。
P7170618.jpg
写真提供:ヘチローさん
IMGP2250.jpg
写真提供:川越の魚人さん
IMGP2247.jpg
写真提供:川越の魚人さん
上から、裏側から、前からといろいろな角度で記念に写真を取ったあと、リリース。
こんな大物を釣って大満足したので、今回はここで泳がせは終了。
ここからはヘチ釣りに専念することにしました。
先ほど、仕掛けは作っておいたので餌をつけて落とし込もうと思ったら風が強すぎで糸が落ちていかない(汗;)
なので前日と同様、さらに4Bを付けて10Bにしたもののこれでもダメ・・・。
さらに4Bを付け14Bにしたところやっと糸が落ちて行きました(汗;)。
まずは公園のワンド部へヘチってみるもまったくあたりなく、次に中央でヘチってみるもこちらも不発・・・、最後にへの字堤防の横でヘチってみるもハゼのあたりすらない・・・。
このままではヘチで1匹も釣れないような気がしてきたので、公園から離れ羊蹄丸の横に川越の魚人さんとヘチローさんと共にプチ遠征することにしました。
羊蹄丸の横についてみると、公園よりも3倍ほど込んでいます。
入りたかった場所に人がいたのでその横で落とし込み開始。
ここならセイゴくらいは来るだろうと思っていたのですが、公園同様当たり皆無・・・。
すると、少し離れた場所で竿を出してたヘチローさんがなにかを釣り上げました。
行ってみると、ここでは初めて見た24cm程の大きいカサゴでした。《写真は掲示板のヘチローさんのレスにあります。》
これをみて俄然やる気UP。しかし結局なにも釣れないまま切り上げ予定時刻の20:45になったので公園に戻ることに。
戻ってみるとイッチーさんがペン型釣り竿でメバルを釣っておりました。凄い!
それをみて釣り座で5分ほど落としてみたもののやはりなにも来ないので、21:00前に僕と川越の魚人さんは終了~。
参加してくれた方々に挨拶をして、2人で帰路につきました。

『第1回 一緒につりしましょう会』は参加者は少なかったものの大物が釣れたので僕の中では大成功だったと思います。これからは年に4回(各季節ごと)定期的に開催したいなと思っています。『第2回 一緒につりしましょう会』を早くても計画しております。掲示板に〈『第2回 一緒に釣りしましょう会』会議所〉という名前のトピを近いうちに開設しようと思っておりますので、参加したいと思っている方、興味のある方はこちらに目を通していただきご意見があれば遠慮なくお書きください。
最後になりましたが、今回お忙しいなか参加してくださったホリさん、イッチーさん、ヘチローさん、川越の魚人さん本当にありがとうござました。また参加くださいませ!


昨日、川越の魚人さんと若洲にクロダイを狙いにいってきました。
残念ながらクロダイは釣れなかったものの、フッコが釣れてなんとかボウズは回避できました。
僕は、明日から2週間沖縄に行くためおそらく更新できないので詳しくは川越の魚人さんのブログをご覧ください。

本日の釣果
【cocoの釣果】
アカエイ (約80cm) 1匹
【全体釣果】
・カサゴ×1(ヘチローさん) 
・メバル×1(イッチーさん) 
・サッパ×56(川越の魚人さん) 
・コッパ×2(川越の魚人さん) 
・アカエイ×1(ホリさんとcoco)

本日の記録
場所:青海南ふ頭公園
時間:12:00~21:00
エサ:アオイソメ
潮:中潮 大潮8:34/20:51 干潮2:34/14:40
天気:
気温:最高29.3℃ 最低24.6℃
風向:南
風速:最大瞬間風速13.9m 最大風速10.7m 平均風速7.4m

本日の仕掛け
●泳がせ(FUJI ジェット天秤10号・丸セイゴ針10号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉12B《合計》・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)


ブログランキング参加中
↓ポチっと押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年7月16日 湾奥釣り場新規開拓Part7 高浜運河

 【23//2010】

大人数で釣りに行った次の日、5月の芝浦釣行の時、知り合ったヘチ釣り師Sさんと共に釣りへ行くことになっていました。場所は、ヘチ釣り師の方の推薦で高浜運河に決定。そういえば、高浜運河って業務KCさんのブログでも紹介されてましたね。

18:15に品川駅港南口に待ち合わせだったのですが、電車が信号待ちだの時間調節だので遅れ、僕が待ち合わせ場所に着いたのは25分頃・・・。10分も遅刻してしまいました・・・。でもヘチ釣り師の方は、全然大丈夫ですよ~と言って下さりました。本当にありがとうございます。
釣り場には待ち合わせ場所から、徒歩10分くらいで到着。
IMG_0135.jpg
ヘチ釣り師の方は、ここで何匹もバンバン釣っているとのことで期待が膨らみます。
早速、ガン玉6Bをつけチヌ針1号を付けアオイソを針に刺し釣り開始。でも、風が強くて思うように操れず仕方ないので4Bを追加し合計10Bにして今度こそ釣りスタート。
まずは御楯橋付近から落としてみますが、当たりなし。
そそくさと御楯橋下にある吊り橋に移動。
IMG_0136.jpg

IMG_0139.jpg
非常に釣れそうです。早速落とします。う~ん水深2m弱かな。すると底付近でブルブルと言った当たり。でも、当たり的にほぼ100%アカオビシマhz。案の定、いくら待っても針掛かりせずただ餌がなくなるだけ。仕掛けを中層に変えたものの今度は当たりがまったくなくなってしまったため上流方面に場所移動。
お次の場所はテトラがゴロゴロ入っている新港南橋下。ここは排水がものすごい勢いででているためテトラがあるのですが、この水の流れにのせて仕掛けを流すと大型が食ってくるとのこと。早速やってみると、おお!本当に当たりきました。合わせずに乗ったのですが、糸を巻こうとした瞬間針からはずれてしまいました。あ~あ残念。でもその10秒後ヘチ釣り師Sさんの竿にヒット!そして無事岸に寄せ、僕が横からタモアミのアシストをし無事取り込みに成功。さすがです!!
掛かっていたのは44cmのフッコ。失礼して写真を撮らせていただきました。
IMG_0141.jpg
写真では45cmですが、それは撮影時メジャーが曲がっていたためです。
ルアーや餌釣りで何回も釣りあげられたようで口がボロボロでした。そんな状態でも餌に食いついてくるとはよっぽど強欲なんですね・・・。
この1匹で僕のやる気もヘチ釣り師Sさんのやる気もUP。しかし、さっきと同じように流してもこの1匹以外は釣れず、新港南橋対岸へ移動。
対岸はテトラはありませんが吊り橋があるのでその付近はよさげな感じです。なのでその付近に落とし込みます。すると、入れてすぐググっという当たり!しかし合わせたものの針掛かりせず。もう一回同じ場所に落とし込むと3分後、またまた当たりが。今度はしっかり針掛かりしました。随分と表層で掛かったので水の中で暴れまくる魚が丸見え。屈折から小さく見えたのかもしれませんが、大きさは小さめで30cm程。それでも横に行ったり沖に行ったり元気いいです。1分くらい遊んだ後、そろそろ取り込もうと思いヘチ釣り師Sさんにタモ網を用意してもらったのですが、吊り橋の橋脚を魚が一周し、糸が絡まって巻けず挙句の果てに針ごと魚脱走・・・。遊んでいないで、掛かった時点でちゃんと取り込んでいればよかった・・・。coco一生の不覚・・・。
この後、気を取り直して続けようかなと思いましたが、もう一度ハリスと針を結ぶのに時間掛かるし先ほどヘチ釣り師Sさんと納竿すると決めていた時間になっていたので悪あがきせずここで終了することにしました。

今回は僕はボウズでしたが、高浜運河は釣れそうな場所がたくさんあるしなかなか良かったです。唯一の難点は、ヤブ蚊が多いこと!特に橋の下はむちゃくちゃ多いです。当日はサンダルで行ったのですが、足の裏も刺されていました(汗;)。なのでこの場所に釣行する時はお出掛けカト○スとか持って行った方がいいですね。
今回ご一緒して下さったヘチ釣り師Sさんいろいろとありがとうございました。また一緒に行きましょうね!


本日の釣果
ボウズ・・・

本日の記録
場所:高浜運河
時間:18:30~20:30
エサ:アオイソメ
潮:満潮0:10/16:09 干潮8:24/20:40
天気:
気温:最高28.9℃ 最低24.7℃
風向:南
風速:最大瞬間風速12.7m 最大風速9.5m 平均風速7.5m

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉10B《合計》・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・呉羽化学 seaguarACE1.5号)


ブログランキング参加中
↓ポチっと押して応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年7月15日 大人数釣行inうみかぜ公園

 【20//2010】

いままでの釣行時の最高同行者数は最高4人まででしたが、過去最高を上回る7人で15日に釣行に行ってきました。この7人は1人以外すべてクラスメ―トですが全員ある共通点があります。それは極度のアニヲタだということ!みんな『俺の嫁』が数人~数十人います(汗;)。この中の内2人(以下とっぺ、AIGIS)は前に釣りに来たことありますが、他の5人(以下ちー、kazuki、0BNN、やましょー、やっさん)は完全に初めてという状態。だったらいっぱい魚を釣らせて釣りを楽しませてあげようという友達心から今回の釣り場はいままでの釣行でボウズが一回もないうみかぜ公園に決定。さてさて、結果の方は・・・・。

朝6:30に池袋駅集合後、渋谷で東急に乗り換え、さらに横浜で京急に乗り換えるという一番安い(けど面倒くさい)ルートで行き横須賀中央駅に8:00少し過ぎに到着。
IMG_0084.jpg
駅に着いた瞬間AIGISをはじめとした5,6人が急にwktk状態(わくてか状態)に突入!なぜwktk状態になったかわかります?釣りをするのが楽しみだったから?いえ違います。正解はこの横須賀中央駅とその周辺は某PCゲームのモデルとなった場所だから。実は同行者の半数は、このモデルとなった場所を巡る(俗に聖地巡礼と呼ばれる)ために横須賀に来たようなものなのです(汗;)。
そんなことは置いといて、この時間まだ上州屋はやってないので途中にある西村釣具店で餌を購入しようと思っていたものの残念ながらこっちも開店前・・・。
IMG_0085.jpg
しかたがないので10時までは餌を使わない釣りをすることに決め、8:30頃釣り場到着。
IMG_0104.jpg
平日だけあってそこそこすいてますが海にはミズクラゲ&アカクラゲがたっぷり。
IMG_0091.jpg

IMG_0095.jpg

IMG_0090.jpg
釣り場についてそうそうAIGIS、やましょー、やっさん、kazukiは聖地巡礼へ、というわけで残った0BNN、ちー、とっぺ、cocoで釣りをすることにしました。
まずは0BNNとちーには投げサビキを投げ方からウキの沈みかたまで伝授して、とっぺは前回の手長釣行で釣りに魅力を感じ自分の竿を買ったのでその竿に天秤を装着し投げる練習をしてもらい、僕はエギをひたすたキャストすることにしました。
計画では、投げサビキにはやくもサバが掛かり0BNNとちーが投げサビキに夢中になるというのを想定していたのですが前回のうみかぜ公園釣行とは打って変わって、まったく掛からず暑さで二人とも早くもダウン↓僕もダウン↓、とっぺは相変わらず投げていましたけど(笑)。
その後、投げサビキにはなにもか掛からないまま10時になったのでとっぺと上州屋に買いにいくことに。エサはアオイソメ100g、アミコマセ2袋購入。それ以外のはイソメつかみ器などを買い、さらに途中の激安スーパーで残ってる2人のためにアイスボックスを購入し釣り場に戻ると、あれれ、早くも聖地巡礼組が帰還しておりました。(アイスボックス4つしか買ってないお・・・。)
餌を購入したのでとっぺの竿には胴突き仕掛けをつけ、足下に落としてもらうことにしました。すると、はやくも魚がヒット!上がってきたのは手のひらサイズのウミタナゴ。
IMG_0105.jpg
これは写真だけとりリリース。
続いては、キュセンベラ。
IMG_0093.jpg
これも写真だけ撮りリリース。
ここまで釣って他の方達が俺もやりたいと言ってきたので、AIGISの竿にも胴突きをセット。さらに僕の竿にも胴突きをセットし計3本体制で胴突きをすることにしました。他にチョイ投げをセット。
胴突き3本にしてからは、フグを2匹、キュウセンベラを5匹ほど、アサヒアナハゼを2匹、ハオコゼを2匹追加したものの正午頃には当たりが遠のいてしまいました。
IMG_0116.jpg

IMG_0111.jpg

当たりがなくなったら、当然飽きてきます。これはまずいと思い、例の丸秘の場所で穴釣りをしに行くことにしましたが、こっちも不発。しかたがないので公園右側にあるキャンプ場の正面でみんなで水遊び^^。
IMG_0100.jpg
でもすぐに飽きて釣り座に帰還。
その後、釣り場後ろのH○MESの中にあるマ○クで昼食を取って、15:00頃釣り再開。
先ほど誰かが投げサビキを投入した際ウキの上から糸が切れてしまったのでもう一回作り直し、チョイ投げはなにもこないので片づけてエギングを再開し、胴突きを4本に増やして計6本に。
ここからは僕はエギング担当、やっさんは投げサビキ(後に大活躍する)担当、それ以外は胴突きをやることにしました。
まず後半戦最初に釣った魚はとっぺのウミタナゴ、次にAIGISのウミタナゴ、次にとっぺのウミタナゴ、次にAIGISのメジナ。
IMG_0114.jpg

IMG_0108.jpg
この2人、さすが経験者だけあってすぐにコツをつかんでいきます。がしかし、ここで餌がなくなってしまうというアクシデント発生。急いで買いに行ったものの時刻はすでに17:00。終了予定時刻は19:00なのであと2時間しかありません。
急いで釣り再開。餌を買ってきてからはまずkazukiがフグをゲット!このフグkazukiの初の魚です。おめでとう!というわけで記念にパチリ。
IMG_9728.jpg
そして次は、AIGISに大物がヒット!がしかしまさかのバラシ・・・しかもAIGISの竿が見事に真っ二つ(汗;)。御愁傷様です・・・。
IMG_0118.jpg
竿を折り、悲しんでいるAIGIS
この後、AIGISは釣りをやめPSPに専念した模様。まぁ竿折ったらそうなるわなぁ・・・。
AIGISの大物の次はとっぺの独壇場、ウミタナゴ、キュウセン、25cm近いメジナ、親指サイズのカサゴを次々とゲット!
IMG_0124.jpg

IMG_0125.jpg
ところでこの頃僕はというと・・・2年くらい使っていたお気に入りの餌木をロストしてさっきのAIGISと同じ状態になっておりました(笑)。
時刻18:00、とっぺがウミタナゴを3連続くらい釣った後胴突きは当たりがまた遠のいてしまいました。となるとあとは回遊魚に頼るしかない・・。しかし周りもイワシ1匹上がっていません。正直期待できそうにありません。でもやっさんは投げてはサビいて5分ほどで上げて、また別の場所に投げてはサビいてを飽きずにコツコツ繰り返しています。初心者がこれだけ執念深くやるだけでもすごいのに飛距離が他の投げサビキ師よりも長い!しかもウキは投げ専用のウキではなく普通の安い8号ウキ。あまりにもうまいので『本当に初心者なんか?』と聞いたところ『小さい頃、父さんのが投げるのをみていた』とのこと。イヤイヤイヤそれだけ!?だとしたらあなたかなりの素質ありますよ。ちなみに僕はやっさんに、ほとんどアドバイスしていません。そしてさらに驚くべきことが起こるのです。それは納竿間近の18:40のこと、急にやっさんが「キタ!」といいました。「え?何がきたの?」、「多分魚」。え・・・マジすっか。ちなみにウキの沈みかたも詳しく教えていません。やっさんが巻いて来るのをみてみると、たしかになにかキラキラしたのが掛かってる!岸まであげて正体発覚。なんとこの釣り場では初となるマアジでした。大きくないものの正真正銘アジ。しかもただのマアジではありません。なんと居着きのアジ。
IMG_0128.jpg
これはすごい!一同(主に僕)びっくりです。やっさん、君は何者なんですか・・・?
やっさんのアジ騒動の後、とっぺがウミタナゴとコモンフグを追加し19:00になったので納竿となりました。帰り際東京湾をバックに8人で記念撮影。今回は特別に写真公開~。どれがcocoかは秘密です(笑)。
IMG_2116.jpg

今回は、回遊魚が来なかったもののメジナ2匹や居着きアジなどまぁまぁの釣果でした。竿を折ってしまったAIGISは少しツンツンしてましたが、kazukiは釣りっておもろいな~と言ってくれて自分的にみんなで釣りいった甲斐あったなと思います。僕の釣行に付き合ってくれたAIGIS、とっぺ、ちー、やましょー、やっさん、0BNN、kazuki楽しい1日をありがとう~。また行こうね。


本日の釣果《9人の釣果》
アサヒアナハゼ (13cm~15cm)    2匹
メジナ       (18cm~24cm)     2匹
キュウセンベラ (10cm~20cm) 10匹前後
ウミタナゴ    (15cm~20cm)     5匹
マアジ         (19cm)       1匹
カサゴ          (5cm)       1匹
ハオコゼ      (3cm~7cm)     2匹
コモンフグ       (15cm)       3匹

本日の記録
場所:うみかぜ公園
時間:8:00~19:00
エサ:アオイソメ アミコマセ
潮:満潮6:36/19:50 干潮0:57/13:14
天気:
気温:最高31.3℃ 最低25.1℃ 
風向:南西
風速:最大瞬間風速14.5m 最大風速8.5m 平均風速6.1m 

本日の仕掛け
●チョイ投げ(FUJI ジェット天秤10号・YAMASHITA 投げ釣り屋9号)
●胴突き(YAMASHITA 波止メバル8号,9号・第一精工 ナス型錘4号)
●投げサビキ(YAMASHITA 8号投げサビキ用ウキ・SUZUMI 大特価スキンサビキ5号)
●エギング(YAMASHITA エギスッテ《ピンク・2号》)
●穴(OWNER テトラ玉4号)
本日アサヒアナハゼ・ウミタナゴ・ハオコゼ・コモンフグ・キュウセンベラ・メジナを釣ったのは胴突き、マアジを釣ったのは投げサビキです。


ブログランキング参加中
↓クリックして応援お願いしますm(。≧Д≦。)m
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: うみかぜ公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (12) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年7月11日 2週間ぶり釣行in青海南埠頭公園

 【12//2010】

6月27日に父とオールナイトでアオリイカ狙いで土肥港に行ったのを最後に期末テストがあったので釣行できず、やっと9日にテストが終わったので早速11日に『一緒に釣りしましょう会』開催にあたっての下見を兼ねてHGでもある青海南ふ頭公園に川越の魚人さんと行ってきました。青海南埠頭公園は4月に開催されたGett!杯以来なので約3カ月ぶりです。

10時に上州屋池袋店集合後、そこでアオイソを買ってからいざ釣り場へ!有楽町線、都営バスと兼ねて釣り場には11:50頃到着。釣り場は親子連れが2組と本気投げ釣りが1人の計3組で非常に空いていました。
IMG_0036.jpg

IMG_0037.jpg
写真は到着してから1時間後の公園。このときにはもう誰もいませんでした。
ちょうど大潮の干潮のピークなので、水面ははるか4mほど下。こんなに水位が下がってたのは初めてです。
まずはサッパを釣ってボウズを回避しようと思い、上州屋の3個入り190円のサビキをセットしてコマセもオキアミつけずいざ投入。すると・・・わずか10秒でウキが寝たので上げてみると、まぁまぁの型のサッパが1荷で2匹掛かっていました。
この公園で釣りを始めたのが去年の10月からなので、サッパを釣ったのはこの公園では初めてです。
IMG_0024.jpg
さらにまた落とすと、今度は10秒たたずウキがビューと沈んで1荷に3匹掛かっていました。
IMG_0023.jpg
3匹ともなると30cm級のセイゴよりも強い引きです。ただサッパの場合あっちこっちに泳ぎ回るのでセイゴのような引きではないですけども。釣りまくってる間に、自転車に乗ったルアーマンがやってきて「どうですか?」と聞いてきたので「サッパがいっぱい接岸していますよ~」とご報告すると喜んでワンドの方で探りに行きました。
この後も入れ食いが続き、途中フッコやセイゴやコッパが針に掛かったりしながら(セイゴ・フッコはすべてバラシ)わずか2時間経たずで早くも80匹に。ちなみにうち3匹にはサッパヤドリムシという寄生虫がついていました。
IMG_0029.jpg
(サッパヤドリムシというのはサッパの頭部に寄生して体液を吸う虫で大きさは1~2cm、湾奥ではよく見かけます。)
これだけサッパがいっぱい回遊しているのだから、もしかすると大型のフィッシュイーターが接岸しているかもと思いサビキを終了してサッパを使って泳がせをしてみることに。仕掛けはSimple is BESTだと思ってジェット天秤と丸セイゴ針だけとしました。
さらに泳がせと併用して、水が濁っているのでアナゴも行けるかと思いこちらも狙うことに。こっちの仕掛けもSimpleに丸型ナツメ錘とウナギ針のみ。
さぁ、はたしてこの2本の竿はしなってくれるでしょうか!ドキドキです。
30分後、両者とも変化なしと思ったら泳がせをしていた竿がしなってます。急いで竿を引いてみると、大物の手ごたえ!がしかしすぐに軽くなってしまいました。仕掛けを回収してみると天秤ごとなくなっていました。悔しい・・・。気を取り直してもう一度仕掛けを作りなおし、元気なサッパを引っかけもう一度投入しておきました。
ちなみにこの10分前に餌確認のために上げたサッパはこんなになってました↓絶対に何かいると確信。
IMG_0042.jpg
さらに30分後、そろそろヘチのころ合いかな?と思ってヘチ竿に糸を通して準備していると、突如泳がせに付けておいた鈴がけたたましい音で鳴っていました。そして次の瞬間深々と立てかけ置いた投げ竿が海中に引っ張られて180度に!つまりリールのところが上に上がっている状態。作業を中断し、急いで30mくらい離れた投げ竿のところに猛ダッシュ!間に合わないかと思いましたが、火事場の馬鹿力のような感じでいつもとはくらべものにならないくらい早いスピードで走りなんとか間に合いました。リール部が公園の柵の部分に引っかかってくれてよかった~。
しかし間に合ってホッとしてはいられません、持っている竿には大物が掛かっています。まずはドラグを緩くしてハリスプッツンを防ぎます。ガガガガガガガガガガガ~~~と糸が出ます。それにしてもすごい引きです。いつまでも主導権を握られせるわけにはいかないので時折巻いて弱まらせていきますがなかなかへばらない・・・。そんな時、先ほどのルアーマンの方が来て相手と真正面になるといいよ~と教えてくれました。そこで早速真正面に移動。この時点で、手は疲れ果て震えていますが、ここまで来て勝負放棄はできません。最後の力を振り絞り、やりとりすると、相手は疲れた模様で引きがストップ。今だチャンス!と巻いて行くとザブトンのような茶色の魚?が水面に一瞬見えました。と次の瞬間魚がもう一度抵抗したようでプツンと切れてしまいました。あと10mだったのに・・・。掛かっていた魚は、シルエット的にも引き的にもほぼ間違いなくアカエイだと思いますがなんとか陸に揚げてせいぜい大きさだけは測りたかったな。しかもバラシた少し後に雨が降ってきてかつ風も強くなったので、かなり凹んでしました。
もう一度大物を上げたいのでまた泳がせを投入し、僕はヘチで先ほどのルアーマンの方と一緒にスズキ系を狙うことにしました。このルアーマンの方も《釣りが好きな人のブログ》というブログを書いていらっしゃるようです。しかも、この方昔住んでいたところが現在の僕の家のすぐ近くだということが発覚!これで完全に意気投合してしまいました(笑)。
この後はこのルアーマンの方と世間話や釣りのお話をしながら探っていたので楽しいですが、肝心の当たりがない(汗;)。しかも雨も本降りに。急いでレインコートを着込み、ヘチ再開。そろそろ18時になり当たりもうす暗くなってきたので期待しましたが、ワンドの角でも、への字堤防の角でもどこでも当たりなく、というか風が強くて当たりがあってもわからず、雨もますます本降りになってラチがあかないので、本日は仕方なく納竿することにしました。余談ですが片付ける際に上げた泳がせの仕掛けが天秤ごとなくなっていました。ということは・・・また大物が掛かってた?!
IMG_0046.jpg
帰り際の一枚。雨がすごかったです。写真じゃわかりにくいけど。

最終結果はサッパ110匹ではたから見たら大漁な釣果だと思いますけど、なんだか納得行かない釣りでした。要因としてアナゴが釣れなかったこと、大物をばらしたこと、ヘチで何も釣れなかったこと・・・(ry でしょう。とはいえ、『一緒に釣りしましょう会』が近づいている中でサッパ110匹や泳がせでの大物と言う釣果は参加者の方々の士気が上がるものではないでしょうか?参加者のみなさん、ぜひサッパを釣ってそれから泳がせで大物釣っちゃってください!!もちろん、まだ参加者募集しております!ご遠慮なく参加表明しちゃってくださいね。一緒に釣りしましょう会の詳細は上の記事をご覧下さい。
IMG_0044.jpg
一緒に釣りしましょう会、飲み会予定地

本日の釣果《2人の釣果》
サッパ (10~18cm) 110匹
コッパ (10cm以下)   1匹

本日の記録
場所:都立青海南埠頭公園
時間:12:00~18:50
エサ:アオイソメ
潮:大潮 満潮4:58/18:48 干潮11:47
天気:
気温:最高28.1℃ 最低23.1℃
風向:南
風速:最大瞬間風速18.2m 最大風速13.5m 平均風速5.6m

本日の仕掛け
●サビキ(YAMASHITA 8号投げサビキ用ウキ・SUZUMI 大特価スキンサビキ5号)
●投げ(KAGEYAMA 丸型オモリ5号・SASAME ウナギ針10号)
●泳がせ(FUJI ジェット天秤10号・丸セイゴ針10号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・gamakatsu 黒チヌ針1号・呉羽化学 seaguarACE1.5号)


ちなみに27日に行った伊豆の釣果は、アオリイカ0でした。周りが結構釣れている中でのボウズので悔しいかったです。
あとは序盤にやった胴つき&投げサビキでアイゴ、サササノハベラ、小メジナ、サビハゼ、ネンブツダイでメジナ以外はすべて外道・・・。トホホ
でも、周りの人がイカを結構釣れていたので、イカの魚影は濃そうですよ。


ブログランキング参加中
↓よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。