2010 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 01

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2010年12月27日 若洲にて2010年の竿納め

 【31//2010】

今まで書いていた2010年最後の釣行の記事があと3行くらいでUPできるぞというときにパソコンがフリーズして執筆中の記事がお無情にも跡形もなく消えたので、誠に申し訳ありませんが釣果だけ報告いたします・・・。
2010年最後の記事がこんな粗末なものになってしまうなんて本当に悲しい・・・泣きたい気分です・・・。
紅白も見ずに文字打ってたのに・・・。

2010年竿納めは湘南に行くつもりだったのですが、変更して若洲に行きました。
それで釣った魚は、カサゴ(14cm)×1 セイゴ(27cm)×1 久々のフッコ(40cm)×1でした!
しかも東京23区内とは思えない程綺麗な星空や夕日に照らされた富士山も堪能でき大満足で2010年の竿納めができました。この分なら、2011年の初釣りもよい結果になりそうです♪
IMGP0867.jpg


今年はいろいろな方に大変お世話になりました。
当ブログに多くの方が訪問してくれ、多くの方がコメントをくれ、そして僕が主催した釣り大会に多くの方が参加してくれ本当に嬉しい限りです。
来年も精いっぱいの誠意をこめてブログ運営に努めてまいりますので、ご声援のほどよろしくお願いします!
最後に、今年ご一緒してくださった川越の魚人さん、へちべぇさん、ホリさん、ヘチ釣り師Sさん、しんさん本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
では皆さん、よいお年を!



本日の釣果 《4人の釣果》
カサゴ (14cm) 1匹
セイゴ (26cm) 1匹
フッコ  (40cm) 1匹
IMGP0870.jpg

IMGP0872.jpg

IMGP0883.jpg

本日の記録
場所:若洲海浜公園
時間:12:00~20:30
エサ:アオイソメ・ジャリメ
潮:小潮 満潮9:36/21:27 干潮2:58/15:46
天気:
気温:最高11.9℃ 最低4.0℃
風向:西南西
風速:最大瞬間風速13.0m 最大風速10.5m 平均風速3.6m

本日の仕掛け
●チョイ投げ1(FUJI ジェット天秤15号・OWNER 同体カレイアイナメ9号)
●チョイ投げ2(FUJI ジェット天秤12号・SZM 投づりだ~い好き!!)
●胴付き(HAYABUSA ちょっと底までコツコツ行こう!6号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)



ブログランキング参加中
↓ポチッと押して応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ
スポンサーサイト

Category: 若洲海浜公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年12月19日 フッコ狙いin相生橋下の護岸&中の島公園

 【28//2010】

更新大幅に遅れてます。本当に申し訳ありません。年末のため、来年に向けての準備やら年賀状作成やら学校の莫大な量の宿題やらで非常に忙しく更新もコメント返信もできずリンクさせて頂いてる方のブログにもお邪魔できないほどです。そんで少し余裕ができたら釣りに行ってしまうというありさまなので・・・。しかしこれ以上遅らせると今年の釣行の様子を年内に更新できないかもしれないので今日から急ピッチで更新致します。

15日に行った若洲ではプチ大漁に恵まれたのですが、大きな当たりには恵まれなかったのでいまいち満足できず(かなり贅沢)、4日後の日曜日に中学の友達であるりょうけと一緒に隅田川の派川へフッコを狙いに行ってきました。場所は、6月末に行ったとき1時間半でフッコクラスを1匹バラして、2匹釣った僕の中では鉄板釣り場の相生橋下の護岸です。
 日が沈む前の16:30に到着。先客は1名。
IMGP0770.jpg
今回、僕はヘチOnlyで、りょうけはルアー2回目であるもののルアーOnlyでフッコを狙います。
ちなみに僕の餌は若洲の時に余った少々鮮度が落ちたアオイソ。りょうけのルアーは僕のお勧めでもあるmariaのマールアミーゴRHHとi-maのSS-95のRHP。
仕掛けを作りおえ早速アオイソをつけて橋下の真ん中くらいに落とすと・・・5分後早くもあたりが!!
しかし掛かっていたのはフッコとは程遠い非常に痩せた23cmのセイゴでした。
IMGP0780.jpg
普段なら湾奥でセイゴでも釣れたら満足なのですが、今日はセイゴの2倍も3倍も引きが強いフッコ狙いなわけなので全く満足できません。
大きさをはかり写真を撮ってからリリースしてまた気を取り直して釣り開始。
すると10分後また当たり!しかし、これもセイゴでした。今度は21cmとさっきよりも小さめ。
IMGP0771.jpg
これも撮影後リリースしヘチを続けます。
今度は橋の右側を探るとしばらくして、またまた当たり!でもこれもまた22cmのセイゴでした。
IMGP0779.jpg
僕が40分ほどでセイゴとはいえ3匹も釣っているのをみたりょうけは、エサ釣りが恋しくなったらしくやらせて~と言ってきました。
仕方がないのでヘチ竿を貸してあげると、りょうけは20分ほどでセイゴ2匹を釣りあげ満足気味。大きさはそれぞれ23cmでした。
こんなにセイゴがいるならフッコも必ずいると思い、かなり期待しながらヘチ釣りを再開。
するとその直後ものすごい大きなスズキが10m程沖で跳ねました。これでさらに期待度UP!
しかし、入れた直後に小さいあたりがあっただけでなぜか当たりが全くなくなってしまいました。
橋から300m~500m離れたところに落としてみても状況は変わらず・・。
この後30分ほどめげずに続けてたもののあたりひとつなくなってしまったので、りょうけと相談し相生橋渡ってすぐのところにある中の島公園に移動することになりました。
IMGP0794.jpg

IMGP0795.jpg

IMGP0793.jpg
しかし、ついてみて驚愕!先ほどの相生橋下の護岸よりも沖にあるので深いと思っていたのですが、予想に反して浅すぎる~~。
干潮だから仕方ありませんが一部の場所では5m先くらいまで水がほとんどない状態・・・。普通の場所でも余裕で底が見えてしまうくらいです。
IMGP0802.jpg
しかも人が僕ら以外におらずそれだけでも霊が出そうな雰囲気を出しているのに、人がいないことをいいことに害獣としては最強レベルのドブネズミがうじゃうじゃ走り回り、そんでもってさらに追い打ちをかけるように不気味な花束が流れてきて、りょうけが試しにルアーをキャストしたら髪の毛のようなものがくっついてきたり(今思えば海藻の可能性が99%)、さらにさらにりょうけが嘘か真か変な光を放った石が流れてきたとか真顔で言い出して・・・もう完全に恐怖度MAX!
重度の怖がりであるcocoはこの場所で竿を出すことなくすぐに釣り道具を片づけ、早足で帰路に就きましたとさ。
 今回は恐怖体験をしたことにより、フッコが釣れなかったことは全く気になりませんでした。しばらくはトラウマで中の島公園は行けなくなりそう・・。
でもこれから中の島公園に釣行予定のある方はご安心ください。
満潮時なら人がたくさんいますので怖くありませんし、cocoが重度の怖がりなだけで普通の方は貸切状態でも問題にならないレベルだと思います。
最後に、りょうけが見たという光を放った石の件ですが、ずっと本当だと言い張っていたりょうけに厳しい尋問をした結果、実は嘘だったと白状いたしました。
恐怖を抱いてしまった読者様、りょうけの代わりにこの場を借りてお詫びします。
大変怖いおもいをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした!!


本日の釣果 《2人の釣果》
セイゴ (20~23cm) 5匹

本日の記録
場所:相生橋下の護岸、中の島公園
時間:相生橋下の護岸17:00~20:00 中の島公園20:10~20:20
エサ:アオイソメ
潮:大潮 満潮4:28/15:07 干潮9:53/22:21
天気:一時
気温:最高10.2℃ 最低4.7℃
風向:北
風速:最大瞬間風速6.5m 最大風速4.5m 平均風速2.0m

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)



ブログランキング参加中
↓クリックして応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ



現在、沖縄お土産キャンペーンを実施中!!
沖縄のお土産『紅芋ちんすこう』と『星の砂』を1名様にプレゼントいたします!!
ご希望の方は、コメント欄、掲示板、メールフォームにてお気軽にご応募ください。
詳しくは、http://turiinoti.blog7.fc2.com/blog-entry-182.htmlの下をご覧くださいませ!!
たくさんの応募、心からお待ち申し上げております。

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (14) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年12月15日 若洲海浜公園で4目ゲット

 【21//2010】

12月9日~13日に行った修学旅行では、当然のことながら一切釣りができず釣りに行きたい病が帰ってからずっと出ていたので修学旅行から2日後の15日に友達のKUMATAと共に、僕の中では最近好釣な若洲海浜公園に行ってきました。ちなみに今回の釣行ではメジャーを忘れてしまったのでメジャーなしです。
 若洲では始発のバスが7時半なので、どんなに早く行っても必ず地元の人にいい場所を取られ早く行く意味がないので、近所の釣り具屋が開いてから行くことにしました。そのためKUMATAとは10時に待ち合わせ。
まずは上州屋池袋店に寄りアオイソ2パックを購入、さらに新木場のエサ自販機でジャリメを1パック購入。
それからバスに乗り12:00頃若洲海浜公園到着。早速海を見ると水がかなり澄んでいました。
IMGP0693.jpg
水が澄んでいるとあまりよくないと言われるけど今日の釣果ははたしてどうだろう・・・。
ちなみに釣り堤防もキャンプ場前護岸も平日だけあってかなり空いていました。
IMGP0694.jpg

IMGP0719.jpg
それでも、堤防にはいつもの竿を広い間隔で何本も並べている常連が何人もいましたけど。
でもその常連の方達は、真ん中の反対側に柵のある所辺りから先端だけに集中していたので僕らは柵の手前に釣り座を構えることにしました。
若洲の場合竿は1人2本という規則があるので、僕はチョイ投げを2本、KUMATAは胴付きを1本から開始。
チョイ投げではとりあえず本命でカレイ、準本命でマハゼを狙い、胴付きでは本命で根魚、準本命でメジナを狙います。
ちなみに今回のチョイ投げは、動体カレイアイナメという新しい仕掛けを使います。
IMGP0723.jpg
しかし、30分・・・1時間経過・・・全く当たりなし。餌がなくなったりつつくような当たりもないです。
まあ若洲でお昼に釣ったことはあまりないので予想はしてましたが。
おそらくこの先も夕マズメまでは釣れないと思うので、暇つぶしにモンハン3rd(ゲーム)を・・じゃなかった(滝汗;;)他の方が釣れているか様子を見に行くことにしました。
まず入口寄りの人たちの様子を見てみた(&聞いてみた)ところ、全体で釣果は17cm程のハゼのみ。
次に先端寄りに行ってみましたが、見たところバケツに入れたりストリンガーを下げてる人を見かけませんでした。
しかし相変わらず常連の方は遠慮なく竿を広げてますね~。興味をもったので最高何本出しているか調べてみることにしました。
IMGP0698.jpg

IMGP0702.jpg

IMGP0711.jpg

IMGP0710.jpg
その結果・・少ない人で4本この時点でもすでに規定数の2倍多い人でなんと10本も出しておりました!!もう本当に、よくぞ悪びれる様子もなくどうどうと多数の竿を並べられるなと思いますよ・・。
いくら空いてるとはいえ、規定数があるのだからそれは守っていただかないと・・。1000歩譲って4本は見逃しますが、さすがに10本は見逃せません・・・。
それから釣り座にもどり、ギンポでもいいからつれてくれと願っていたのですが結局この場所ではまったく釣れず、16:30頃先端部が空いたので先端に移動。
先端に移動後まもなく、雨雲が広がってきました・・orz。
IMGP0725.jpg
このまま雨が降らなければいいな・・と思っていると、ケーソンのつなぎ目部に落とした胴付きの竿に付けておいた鈴がリ~ンリ~ンとなりました。
急いで上げてみると根に潜られた模様・・・。
しばらくテンションを掛けましたが一向に動こうとしないので、あきらめてぶっこ抜き!
するとラッキーなことに魚が着いたままでいてくれました。
掛かっていた魚を見るとダイナンギンポ。
《一時写真を消去します。》
大きさは21cm。この魚種では良型の部類です。
とりあえず、これでボウズは回避なので一安心。
1匹が釣れたということはそろそろ時合いかもしれないので、ここでヘチもやることにしました。
すると、ヘチを開始後10分で23cmのセイゴをゲット。
IMGP0737.jpg
さらにしばらくしてまた同サイズのセイゴ!本当に時合いが来たようです。
しかし、この2匹連続セイゴの後は音沙汰なし。
19:00になり辺りはもう真っ暗。そして堤防出入り口を見るともう見える範囲では誰もいません。
IMGP0730.jpg
貸切状態なのに、KUMATAは怖いとか言ってモンハンやってます(笑)。
それからさらに1時間程全く当たりがない状態が続きます。
何も来ないので、ヘチを置き竿にしてKUMATAとモンハンをやっていると遊んでいると、突然ヘチに装着してあった太鼓リールがガガガガーと音を立てました。
すぐに竿のもとに行き上げてみると、本命のカサゴでした~♪。
IMGP0740.jpg
大きさは、ぎりぎりお持ち帰り可能サイズの17cm。まあまあの大きさです。
しかしながら、根魚を釣ったのは9月26日に行ったうみかぜ公園以来。かなり嬉しいです。
でもカサゴが釣れた後はまた静かになってしまいました。
やがて、8時半になりこれ以上釣りをしていると最終バスに間に合わなくなるのでここで終了~。
そして、片づけるため投げ竿を上げてみると最後の最後で17cmの準本命マハゼが掛かっていました!!
IMGP0742.jpg
本日はこのハゼも合わせて4目。いままで不釣だったこともあり大満足で帰路に就きました。結局雨にも降られずよかった♪♪よかった♪♪
IMGP0752.jpg
帰り際、若洲海浜公園管理棟を見ると綺麗なイルミネーションが灯されていました。今年もクリスマスがくるのか・・・。はぁ~。。。
 前回の若洲釣行の際もイシモチが大量に釣れ満足でしたが、今回も4目も釣れ大満足です。
最近は若洲との相性がかなりいいです。この時期に限ってはうみかぜ公園とかよりもいろいろな魚が釣れますし。
でもあと少しで閉鎖になってしまうので本当に悔しいです。なんとか閉鎖前にもう一度行きたいな。
あと、釣った魚はKUMATAがすべてお持ち帰りしました。セイゴは塩焼き、それ以外は天麩羅にするそうです。

本日の釣果 《2人の釣果》
ダイナンギンポ (21cm) 1匹
カサゴ       (17cm) 1匹
セイゴ        (23cm) 2匹
マハゼ       (17cm) 1匹

本日の記録
場所:若洲海浜公園
時間:12:30~20:30
エサ:アオイソメ・ジャリメ
潮:長潮 満潮11:42 干潮5:17/19:10
天気:
気温:最高14.2℃ 最低6.2℃
風向:北東
風速:最大瞬間風速10.2m 最大風速6.3m 平均風速3.4m

本日の仕掛け
●チョイ投げ(FUJI ジェット天秤15号・OWNER 同体カレイアイナメ9号)
●胴付き(HAYABUSA ちょっと底までコツコツ行こう!6号)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)



ブログランキング参加中
↓気が向いたらポチっと♪ポチっと♪
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ



現在、沖縄お土産キャンペーンを実施中!!
詳しくは、http://turiinoti.blog7.fc2.com/blog-entry-182.htmlの下をご覧くださいませ!!
たくさんの応募、心からお待ち申し上げております。

Category: 若洲海浜公園

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (16) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

若洲海浜公園釣り堤防3月末まで一部を除き閉鎖!(オマケ有り)

 【20//2010】

湾奥で釣りをしている皆さま大事件です・・・。

突然ですが、この写真をご覧ください。ちなみにこの写真は、まだブログにはUPしていませんが12月15日の釣行で撮影したものです。
IMGP0718.jpg
クリックで拡大

この案内によると魚が住みやすい環境をつくるための工事をするので、湾奥釣り場の大御所というべき若洲海浜公園の釣り堤防の一部を閉鎖するとのことですが・・・。

ここで問題なのは閉鎖場所・工事の目的・そして工事期間です。

まず閉鎖場所ですが、この地図で見る限り一部なのは通常通りの方です(汗;)。しかも通常通りの方はちょっと投げるとすぐ根掛かりする入口側です。つまり可能な釣り方は、投げることを必要としないヘチや胴付きなどしかありません。まあこの辺は、スズキ系が多いのでちょうどいいかもしれませんけど。

次に工事の目的です。この案内によると魚を棲みやすくするためとのことですが、工事の期間中は水の中が騒がしくなるため逆に魚は遠ざかってしまいます。そして、工事終了後もしばらくは帰ってきてはくれないです。結果的には今より増えるかもしれませんけど、こんな工事はたして必要なんでしょうかね?土を掘ったり、魚が棲みやすくなる人工的な魚礁を設置したところで多大な効果があるとは思えませんし・・、僕には都費の無駄使いにしか感じないのですが・・・。

そして一番問題なのが何といっても工事期間です。この案内では1月5日~3月末とのことですが、この時期ってちょうどカレイ・アイナメの最盛期です!!僕が今年若洲で釣ったカレイは1月25日で、アイナメは3月15日で両日とも工事予定期間です。しかも場所はどちらとも先端寄り。これは根魚・カレイが大好きな僕のような釣り人にとっては大問題です。カレイ・アイナメは青海や有明なども釣れないことはないですが、若洲に比べれば数が圧倒的に少ないです。なのでこれは大変な事態なのです(汗;)。

でも、若洲にはまだキャンプ場前・人工磯・新木場テトラがあると思う方、いると思います。

たしかにキャンプ場前と新木場テトラは大丈夫ですが・・・なんと人工磯も別の工事を行っているため閉鎖中なんです!!

この写真をご覧ください。同じく12月15日に撮影したものです。
IMGP0717.jpg
クリックで拡大

IMGP0715.jpg
クリックで拡大

このように人工磯は復旧工事のため3月14日まで閉鎖中なのです。工事の内容は詳しく書かれていませんが、僕が見たところ人工磯に岩をひたすら積んでいました。人工磯は居ついているクロダイや根魚が結構いるのにこれではどこかに去ってしまいます。

以上の点から、今冬の若洲海浜公園は釣り場がめっきり減ってしまうことがお分かり頂けたと思います。

冬場は若洲をHGにしているcocoにとってはかなりの痛手ですよ・・本当に・・・。

そして、僕以外にも毎冬若洲でカレイを狙っている方にはかなりの痛手だと思います。

しかしカレイ狙いの方!落ち込むのはまだ早いです!!

今回は、特別にcocoが若洲以外のもそこそこの実績がある湾奥カレイ釣り場をいくつか紹介いたします。

なお、あくまでcocoが独自で調べたものや釣り場でカレイ狙いの方から聞いた情報ですので参考までにお願いいたします。


1.荒川砂町水辺公園 3月いっぱいまで


2.水の広場公園 3月いっぱいまで
―㊙情報―
有明客船ターミナル寄りの角は毎年クリスマス前後になるとカレイ釣り師でごった返す。
なぜなら、この25日前後3日限定で多数のカレイが接岸するためだ。つまり今日から、続々と接岸してくるだろう。
そのため20mくらい投げればよい日だと1人で1日に10枚も上げることができる。
ちなみに接岸数や活性は年によりばらつきがありまた日によってもばらつきがある。
しかしなぜカレイは接岸してくるのか。それはずばり産卵のためだ。
なので今後のカレイ釣りが続けられるためにまた今以上に発展するために、最高でもキープは3枚までとか自分で制限を設けていただきたい。
あとこの現象は例年同じ時期に起こっているが、今年は夏場の酷暑の影響で海水温の上昇が著しく長い間海水温の高温状態が続いていたため、もしかすると接岸が遅れるかもしれない。

3.東海ふ頭公園 3月いっぱいまで


4.南砂町運河(荒川側角~若洲橋下周辺) 3月いっぱいまで


5.夢の島東少年野球場(夜に限る) 3月いっぱいまで
―㊙情報―
遠投が必須なもののカレイの魚影はかなり濃いらしい。
しかし過去に自殺があり霊が出るとの情報もあるため、霊的なものが苦手な人は釣行を控えること。
なにか問題が起こっても、自己責任でお願いします。

6.新木場ふ頭公園 3月いっぱいまで


ここで上げた場所以外にも湾奥のカレイ釣り場は数多く存在します。若洲が使えない来年は、いろいろな場所で調査がてら竿を出してみるのもおもしろいでしょう!!


ブログランキング参加中
↓クリックして応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログへ


※この記事はしばらく一番上に表示させておきます。



現在、沖縄お土産キャンペーンを実施中!!
詳しくは、http://turiinoti.blog7.fc2.com/blog-entry-182.htmlの下をご覧くださいませ!!
たくさんの応募、心からお待ち申し上げております。


Category: 釣り全般

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (16) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【番外編】2010年12月9日~13日 沖縄修学旅行

 【18//2010】

なま、けーやびたん
↑どういう意味だと思います?

はい、出だし早々沖縄の方言であいさつしたすっかり沖縄ボケして帰ってきたcocoです(笑)

僕は、9日から13日まで学校の修学旅行で沖縄に行っておりました。

沖縄は海が綺麗で山も美しくなにより気温が日中だと25℃程あり本当にすごしやすい場所でした。(まあ30℃前後に上がった時もあったので、暑いと感じた時も多々ありましたけど。)

修学旅行だったので釣りはできなかったのですが、鍾乳洞やら美ら海水族館やら農村体験やら平和学習やらいろいろ見学したり体験してまいりました。

平和学習は気が重くなりましたけど、それ以外は楽しかったですよ~~。また行きたいですね。

それでは、ここから前回の記事でお約束した通り沖縄の写真をちょっとした解説も交えてUPしていきます。ちょっと長くなってしまいますがご覧いただけると嬉しいです。

あ!ちなみに出だしで言った『なま、けーやびたん』は『ただいま帰りました』という意味でした~。

写真はクリックすると大きくなります。(※一部大きくならないものあり。)


~1日目~
沖縄ワールド

伊江島

修学旅行で一番最初の目的地は沖縄ワールド。そこで沖縄の民族舞踊『エイサー』を見学。残念ながら『エイサー』は撮影禁止だったで写真ありません。
IMGP0414.jpg
お昼を沖縄ワールド内で摂った後、次は同じく沖縄ワールド内にある鍾乳洞『玉泉洞』へ。
IMGP0390.jpg
この玉泉洞は数百万の鍾乳石と数万の大石筍が神秘的に林立しており、綺麗な小川も流れています。そういうこともあって、東洋で1番美しい鍾乳洞と言われているとか。以下三枚玉泉洞の内部写真です。
IMGP0396.jpg

IMGP0398.jpg

IMGP0403.jpg
玉泉洞の小川には、オオウナギ、フナ、コンジンテナガエビ、ゴカイなどいろいろな生物が生息しているようです。もし釣りOKなら絶対釣りしちゃいますね(笑)。
IMGP0406.jpg
ご覧の通り沖縄ワールドの売店で売っていたハブ酒です。ハブ酒よりも値札にご注目!
IMGP0412.jpg
沖縄ワールドの出入り口にあるハイビスカス。optioが得意な動植物の撮影だけにとても綺麗に写りました~。やはり沖縄に来たらこれを撮らなくては^^。
IMGP0418.jpg
上のハイビスカスの雄しべ・雌しべを1cmマクロで撮影したもの。デジタル顕微鏡モードで撮影したらもっと鮮明に撮れたな・・。撮っとけばよかった・・。
IMGP0417.jpg
伊江島に向かうフェリーで見た夕日。東京の夕日とはなんか違いました。
IMGP0433.jpg
本島側にある本部港の防波堤。クロダイがいっぱいいそうです。ちなみに実際にウキフカセ師がいました。
IMGP0428.jpg
フェリーから見た伊江島。真ん中の山は伊江島タッチューという山。太平洋戦争期はこの山で激戦が繰り広げられたとか。
IMGP0437.jpg
1日目の宿泊先、YYYリゾート。修学旅行で泊るとは思えないほど豪華なホテルでした。
IMGP0454.jpg
ホテルの庭の昼間の様子。
IMGP0449.jpg
ホテルの庭の夜間の様子。イルミネーションかなり綺麗でした。
IMGP0448.jpg


~2日目~
伊江島一周サイクリング

美ら海水族館

東村で民泊(2泊で農村体験)

2日目は伊江島一周サイクリングからスタート!写真はニャティヤ洞の外。
IMGP0464.jpg
ニャティヤ洞の入り口。海が本当に綺麗ですね~。
IMGP0460.jpg
伊江島にあった大きな港。ウキサビキ師と思われる釣り師が数名おりました。
IMGP0456.jpg
ニャティヤ洞の次は湧出展望台へ。断崖絶壁ですごい怖かったですけど、その分景色は最高でした。
IMGP0470.jpg
湧出展望台の正面。海側、180°水平線でした。
IMGP0474.jpg
お次は、リリーフィールド公園へ。広大な公園なんですけど、僕を含めた班員6人以外は誰もいませんでした。うまく表現できないわくわく感でしたね。
IMGP0480.jpg
リリーフィールド公園にあった誰かの詩が書かれた石造物。どなたか詳しく知っているかたいますか?戦争関連かな?
IMGP0483.jpg
近くで見た伊江島タッチュー。30秒ほど黙とうしました。
IMGP0485.jpg
伊江島サイクリングの次は本島に帰ってお待ちかね美ら海水族館へ!指が・・・・。
IMGP0511.jpg
これサメに見えるでしょ!でもヌムリブカっていう名前の魚なんですよ!まあメジロサメ目メジロサメ科なんですけどねw
IMGP0490.jpg
三浦や湘南にも少ないながら生息している有名な毒魚、ミノカサゴです。
IMGP0493.jpg
たしか、ニセゴイシウツボだったかな・・。すいません忘れてきてます・・。
IMGP0499.jpg
ハダカハオコゼです。釣れるんならこういう綺麗なハオコゼがいいな~。
IMGP0500.jpg
トラフシャコ。右側にいる奴です。正直この大きさは気持ち悪いです・・・。
IMGP0501.jpg
はい、美ら海水族館で一番有名な場所『黒潮の海』の巨大水槽です。
IMGP0502.jpg
これが美ら海水族館で一番有名だと思われる魚、ジンベイザメです。すいません、人が多すぎてうまく撮影できませんでした。←いいわけ
IMGP0506.jpg
水族館からも伊江島が見えました。さらば~伊江島、2日間ありがとう~。
IMGP0514.jpg
この後は、4人1組で一般の農家で3日間お世話になります。民泊を行う学校は結構珍しいかも。


~3日目~
全日農村体験
・農業体験
・東村見学(博物館や福地ダムなど)

お世話になったお家の方が飼っているネコちゃん。本当にかわいいです~。ちなみにこの子以外にもあと4匹おります。
IMGP0520.jpg
お世話になったお家ではユッカという植物を育てております。本土出荷もしており、
IMGP0524.jpg
農業体験の様子。結構真剣にやっております。これは葉っぱをむしっているところですね。
IMGP0530.jpg
ワンちゃんも飼っています。本当に幸せ~。
IMGP0544.jpg
これはネコちゃんのベストショット!永久保存版です。
IMGP0545.jpg
これはワンちゃんのベストショット!同じく永久保存版です。
IMGP0547.jpg
ワンちゃんVSネコちゃん。本当は非常に仲がいいそうです。
IMGP0541.jpg
農業体験終了後は、お世話になっている東村(ひがしそん)の見学。写真のダムは福地ダムといい、沖縄でかなり重要なダムだとか。
IMGP0571.jpg
サツキマスオウノキという天然記念物の木。板根という長い根があります。かなり珍しいとか。
IMGP0566.jpg
道路の横に柵を発見。見るとそこにはウリボーが飼われていました。小さいのはかわいいんだけどな。
IMGP0563.jpg


~4日目~
全日平和学習
・アブチラガマ
・ひめゆり資料館
・平和祈念資料館

今まで一番美しい朝焼けでした。このあと、お世話になったお家の方とお別れし戦時中沖縄の方がずっと避難していたアブチラガマへ。アブチラガマは撮影禁止だったので写真ありません。
IMGP0594.jpg
アブチラガマの次はひめゆり平和祈念資料館へ。写真は有名なひめゆりの塔です。この前でクラス全員で1分黙とう。
IMGP0598.jpg
続いては沖縄県平和祈念資料館へ。
IMGP0601.jpg
資料館入口にはこんなものが・・・。沖縄県で発見された不発弾だそうです・・・。かなり大きくてびっくりしました・・・。
IMGP0599.jpg
次は資料館から出て平和祈念公園へ。この建造物も有名ですよね。沖縄平和祈念堂です。
IMGP0623.jpg
これも有名、国籍・軍人・民間人を問わず沖縄戦の戦没者の名前が彫られた平和の礎です。
IMGP0607.jpg
平和祈念公園にある平和の火。この火が灯っている部分は噴水になってその周りには世界地図が描かれています。そしてよくみると噴水が建てらている部分は沖縄県にあたる部分になっています。これには激戦地のあった沖縄から世界に平和を流そうという意味が込められているとか。ちなみにこの火は、被爆地広島の「平和の灯」・被爆地長崎の「誓いの火」そして最初に米軍が上陸した地である座間味村阿嘉島から採取した火を合火したすごいものだそうです。
IMGP0604.jpg
平和祈念公園一番奥にある第32軍司令部壕跡。最初首里城にあった司令部ですが、1945年5月末にここに撤退。その後6月23日(違ったらごめんなさい)にここで沖縄戦の最高責任者である牛島司令官が自害し日本軍の組織的抵抗は終了しました。
IMGP0619.jpg
第32軍司令部壕跡の上にある黎明之塔。この塔は牛島司令官及び長参謀長を慰霊する目的で建てられました。ちなみに牛島司令官が正座をして海の方を向いている姿をモデルにして建てられたものです。※写真は裏側。
IMGP0611.jpg
平和祈念公園管理棟。綺麗な空ですね。ずっと今のような平和が続くといいな。
IMGP0625.jpg


~5日目~
首里城公園

国際通り

最終日は首里城公園へ。写真は有名な守礼門(しゅれいもん)です。本物は国宝に指定されていたものの沖縄戦で破壊され現在の門は1958年に復元されたものです。(以下で紹介する門はすべて復元されたもの。)人がある程度いなくなってから撮りました。かなり待ちましたよ(汗;)。
IMGP0633.jpg
歓会門(かんかいもん)。首里城の城郭に入る一番最初の門。歓迎するという意味の門だそうです。これも復元されたもの。ちなみにこれも人がある程度いなくなってから撮りました。守礼門以上に待ちました(汗;)。
IMGP0636.jpg
園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)。国宝が外出するときにこの前に立ってお祈りしたとか。門の形ですが、人が通るものではなく神が通る門だそうです。
IMGP0634.jpg
冊封七碑(さっぽうしちひ)。これは説明がちんぷんかんぷんだったので略します。
IMGP0638.jpg
龍樋(りゅうひ)。ここから湧き出る水はかなりの良水で、王室の飲料水にも使われたとか。現在の水は残念ながら飲めないそうです。
IMGP0639.jpg
広福門(こうふくもん)。福を行き渡らせるという意味で建てられた門だそうです。
IMGP0643.jpg
有名な正殿(せいでん)。1階は国王自ら政治や儀式を執り行う場所で、二階は国王や親族・女官などが儀式を行行う場所で、三階は屋根裏部屋だったそうです。せっかく人が全くいなくなるまで頑張って粘ったのに工事中でした・゚・(ノД`)・ ゚・
IMGP0645.jpg
御差床(うさすか)。首里城内は、撮影禁止の場所が多かったためあまり撮影できませんでした。ここは、だいたい予想が着くと思いますが国宝が座る席です。
IMGP0651.jpg
首里城公園をクラス単位で見学した後は、班単位で修学旅行最終イベントである国際通りへ。首里からゆいレールに乗り牧志まで向かいます。
IMGP0658.jpg
ゆりかもめと同じような車内かと思ったら全然違いました。ちなみにゆりかもめが6両編成なのに対し2両編成しかありません。
IMGP0660.jpg
20分くらいで牧志に到着。牧志に降りてすぐそこにあったお土産店でいろいろと購入。そういえば沖縄といえばシーサーと言われるほど有名なシーサーを撮っていないことに気付いたので売っていたシーサーを撮影しました。
IMGP0661.jpg
別のバージョンも撮影。こっちの方がよい感じですね。やはり高かったですけど・・・。ちなみに後ろの鏡に撮影している僕が写っていることに家に帰ってから気づきました。やってしまった~。
IMGP0662.jpg
以下3枚の写真は国際通り。案外空いていました。
IMGP0663.jpg

IMGP0669.jpg

IMGP0665.jpg
一通り国際通りを回った後班単位で那覇空港へ。食事は、国際通りではなく空港で摂ることにしました。
IMGP0670.jpg
県庁前から再度ゆいレールに乗り、那覇空港に向かいます。
IMGP0674.jpg
20分後、那覇空港に到着。沖縄旅行もそろそろおしまいです。
IMGP0676.jpg

IMGP0679.jpg
昼食はあれこれ悩んだ結果、アメリカのハンバーガーショップで日本では沖縄にしかないA&Wで摂ることになりました。写真は友達が注文したホットドックのポテト・ジュースセット。ポテトはカーリーフライというものでジュースはルートビアというもの。
IMGP0681.jpg
ルートビアは、Drペッパーにハーブの匂いが追加されたされたような味の飲み物でした。好き嫌いがはっきりする飲み物ですね。ちなみに僕は無理でした(笑)。でも友達と学年主任の先生は大好きな味と言っていました。
IMGP0680.jpg
僕は、メルティリッチというハンバーガーのポテト・ジュースセットを注文。週に1回は必ずファーストフードを食べる僕ですが、ここのは某M、某MB、某R、某K、某B、今はなき某Wでいままでに食べたどのハンバーガーよりも美味しかったです!!ちなみに僕は2種類あるポテトのうちスーパーフライを注文したのですが、これはあまりおいしくなかったかな・・。ちなみに友達が注文したカーリーフライは美味しかったですよ。
IMGP0683.jpg
食事も終え、いよいよ修学旅行の行事はすべて終了。往きもそうでしたが、帰りもJALで羽田へ向かいました。沖縄県へ 5日間楽しい思い出をありがと~う。
IMGP0685.jpg

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました!!


実は今回はいつもブログを読んでくださってる方にもお土産を買ってきました。
そのおみやげとは・・・これ↓
IMGP0759.jpg
紅芋ちんすこうと星の砂です~。
本当は読んでくださってるかた全員に差し上げたいのですが、学生の身分なので金銭的余裕がなく1人分しか購入できませんでした。
そこで、お土産をお渡しする方は抽選できめさせていただきます!!
ご希望の方は、コメント欄・掲示板・メールフォームのどれかに『お土産希望』と書いてご応募ください。
なおご応募は以下の注意事項を読んだ上でお願いします。
それでは、多数のご応募心よりお待ちしております!!

~注意事項~
・応募対象者は当選後に本名・住所・郵便番号・連絡用メールアドレスまたは電話番号等をcocoにお伝えできる方に限らせていただきます。
・当選者発表はブログにて行う予定ですが、行わない場合もあります。
・応募締め切りは12月31日までとさせていただきます。抽選は1月4日~6日のどこかで行う予定です。



ブログランキング参加中
↓クリックしてください。お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


Category: 未分類

Theme: 沖縄

Genre: 旅行

Comments (12) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2010年12月5日 三浦界隈でタコ・カレイ狙い・・・。

 【07//2010】

へちべぇ 夜釣りの釣り》のへちべぇさんからお誘いがあり、《若洲・お台場周辺&本牧の釣り日記》の川越に魚人さんとへちべぇさんとへちべぇJrさんと共にテストが終わった次の日曜日に三浦界隈へ行ってきました。狙いは、カレイ・タコ・あわよくばイカという目論見だったのですが結果は・・・。
 今回の釣行はへちべぇさんが車を出してくださるので、僕らはまず池袋で6時に集合。それから高速に乗って一路三浦へ。
早朝の首都高湾岸線は何回か父と乗ったことありますが、この日はかなり空気が澄んでおり、いままでとは比べ物にならないほど景色が綺麗で、富士山もくっきり見えていました。
IMGP0347.jpg
車がちょうど重なってしまいました・・・。
やがて池袋から2時間くらい走り、最初の釣り場である津久井浜に到着。
IMGP0349.jpg

IMGP0352.jpg
釣り場はかなり空いていましたが、僕らは駐車したところからすぐにある津久井浜観光公衆トイレの前に釣り座を構えることにしました。
IMGP0366.jpg
ここでの狙いは、何といってもカレイ。なので最初は何本も竿を出し置き竿にしておく予定でしたが、地元の方曰くカレイはあまり釣れずシロギスが中心だよとのことなので、1本の竿で投げてサビいていく釣り方に変更。
早速10回ほど投げてみたもののなにもあたりなし。
場所をかえ、右側にある流れ込み前に投げてみるとあたりが!しかしその直後、根に引っかかって錘ごとおじゃん・・。
その後仕掛けを作り直しましたが、結局なんの当たりもなし。
僕のタックルは上州屋で買った2000円以下の超激安投げ竿でなおかつ3000円ほどの超激安リールでしかも500mで500円くらいの超激安ナイロンなので飛距離が40m程しか出ません。
やはり、砂浜で魚を釣りにはそれなりの値段のするタックルがないと駄目なんだろうな・・・。
ここまで釣った魚はへちべぇJrさんの釣ったハオコゼとへちべぇさんの釣ったメゴチのみ・・・。
周りも釣れていないのであきらめかけてきたとき、へちべぇさんがなにかが掛かっている竿を持ってこちらに歩いてきました。
最初、形的や色的に落ち葉が引っかかったのだと思っていたのですが、反対側が白いことに気付きました・・・。え・・・まさか・・・。
へちべぇさんに掛かっていたものを見してもらうとやはり落ち葉なんかではありませんでした。
掛かっていたのはなんと約35cmのクロウシノシタ!しかもでかい!ちなみに近縁種がたくさんいるので総称してシタビラメと呼ばれ、イタリア料理の素材として有名でかなり美味です。
IMGP0356.jpg

IMGP0357.jpg
上:へちべぇさんより許可を得て全体を撮影。
下:顔の部分。ヒラメだけあってちゃんと歯がはいてます^^。

たしかに金田湾はシタビラメが結構生息してますが、それでも数は少ない方だし、この時期に釣れることは稀だし、なにより大きいのには驚きました。さすがへちべぇさん、おそるべし。。。
この1尾で低迷気味だった僕のやる気はMAXに!
するとすぐに川越の魚人さんが、コトヒキをヒットさせました!続いてすぐにロウニンアジ(メッキ)も。
この時合いを逃すわけには行かないと思い、僕も頑張ります。
しかし、なぜか僕には何も掛かりません。
そんな中、へちべぇさんは20cm程のメゴチをゲット。
自分の腕が最悪なのか、他の方がうまいのか・・。おそらく両者なんだろうな・・。
結局、僕には何も掛からないまま津久井浜でのチョイ投げ釣りは終了~。
さてここからは、お待ちかねBBQタイム~
へちべぇさんが持ってきてくださった食材をその場で飯盒炊爨(はんごうすいさん)し、その場で炭火で焼いきました。飯盒炊爨で炊いたご飯・炭火で焼いた肉はまさに絶品!しかもこれに海の景色が追加されるわけですよ。本当に幸せでしたね。
IMGP0363.jpg

IMGP0364.jpg
昼食を終え、一路第2の釣り場である三崎港へ。
30分ほど走り三崎港の一番奥である超低温冷蔵庫前に到着~。
IMGP0368.jpg

IMGP0367.jpg
ここは、津久井浜とは違い結構混雑いておりました。(某陸っぱり専用雑誌に載ったからかな。)
釣り座を確保し、早速へちべぇさんとJrさんはヘチを、川越の魚人さんはサビキと胴付きとウキを、僕はタコ狙いのエギングを開始。
護岸の空いてるいろいろなところから、投げまくりますがまったく掛かる気配なし。しばらく投げていると根掛かりして早くもロストさせてしまいました。あ~あ・・。
もう1個あったタコエギも早々にロストしてしまい、しかたなくタコは断念。
続いてさっきのリベンジとしてチョイ投げをやることにしたのですが、こっちも同じくロスト・・。しかも3回連続天秤ごとだったので投げも断念。今回はアオコガネという投げ専用餌を買ったというのに・・・。
次は懲りずにイカのエギングをやることに。狙いはコウイカだったので底ギリギリを探っていたのですが、こちらは根掛かりしなかったものの取り込むたびに海藻が着いてくるのでコウイカは断念。
次はアオリに狙いを変更して、表層~中層を狙ったのですがこっちは30分やってんもあたりなし。もう少し暗くなってからやろうということで、いったんアオリも終了。
ここまで、見事なまでの惨敗・・。こうなったら最終手段だ。。というわけで次は僕も本業(?)のヘチをやることに。
が、ヘチも激渋状態・・。底を探るとすぐ根掛かりするし、中層とかにしてもなぜか引っかかる・・・。なんだか今日は呪われているみたいに調子が悪いです。なんかやったかな・・・。
ヘチでなにも釣れず、かなり焦っていると少し遠くでヘチっていたへちべぇさんから救いの電話が。
「今、こちらのヘチでネンブツダイが爆釣です。きませんか?」とのこと!
三崎港に来るとネンブツダイは大量に釣れてしまうので、厄介物だと思っていたのですが今回の場合は特殊です。
何も釣れないよりかはネンブツダイを釣った方がいい!ということでへちべぇさんのもとへ急いで向かいます。
早速、へちべぇさんの近くで釣り糸を垂らすと、、きました!!あたりです!それから合わせを入れネンブツダイゲット!
IMGP0375.jpg
ぶれてしまいました・・。
この魚を釣ってこんなにうれしかったことは、小さい頃にこの魚を初めて釣った時以来です。本当にうれしい!
この後も立て続けに2匹ネンブツダイを釣り、もといた場所に帰還。
帰還すると川越の魚人さんが、サビハゼと名称不明の25cm程の魚を釣っておられました。
(※名称不明の魚は後ほどネットで調べ、クロサギと判明)
その後しばらくして釣り座にもどってきたへちべぇさんも、このクロサギをゲット。
僕も、クロサギゲット!とは行かず・・・ネンブツダイすら釣れなくなってしました。川越の魚人さんはネンブツダイを大量に釣っているのに・・・。なぜ??
18時になり辺りはもう真っ暗。
IMGP0376.jpg
周りを見回すといつの間にか街頭の周辺にエギンガーがたくさんいます。しばらくして一人の方がアオリイカを釣りました!しかも300gの大きさはありそうです。
これはキターーーと思いすぐにヘチを終了、すぐにエギング再開。
それでも予想はしていましたがやはりそう簡単には釣れず、30分が経過。
それからしばらくしてすぐ横でエギングをしていたへちべぇさんから掛かりました~というお声が!見てみると竿がすごいしなってます。どうやら大きなイカを掛けた模様!!
しかし、水面まであとちょっとというところでまさかのバラシ・・・しかもエギングごと強奪されてしまいました。
エギングに収まらないほどのイカともなれば、おそらく500gサイズのアオリイカ・・・。自分のことのようにかなり悔しいです(T△T)
それでもこれで大きいイカがいることはわかったので、気を取り直してへちべぇさんも僕も再び投げまくります。
でも、それっきりあたりはなし。
それでも頑張って投げ続けましたがやはり当たりはなし。
やがてあらかじめ決めておいた終了時間の19:00になったので、ここで納竿~。
 結局、僕はネンブツダイ3匹という悲しい結果に終わってしました。せっかく三浦に来たのに・・・。
前回のうみかぜといい、この頃は貧釣果ばかりですね・・。
おそらく今回は自分のような未熟ものが大物だけを狙ったからこのような結果になってしまったのだと思いますけど・・・。
それでも、へちべぇさんとJrさんと川越の魚人さんといっぱいお話ができたし、BBQも催してくれたので本当に楽しかったです。
この度は、何から何まで計画してくださり、しかも車を出して下さった上になおかつ最寄駅まで送ってくださったへちべぇさん、飽きもせずに一緒に釣りをしてくださったへちべぇJrさん、そして今回も一緒に来てくださった川越の魚人さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m。
また、一緒にいきましょう!!

※なお、明日から修学旅行で沖縄に5日間行ってくるのでそれまではコメントの返信できません。帰ってきたら、沖縄の写真をUPする予定ですのでお楽しみ。

本日の釣果《cocoのみ》
ネンブツダイ (5cm前後) 3匹
※他の方々の釣果は個々のブログにてご確認くださいませ

本日の記録
場所:金田湾・津久井浜、三崎港・超低温冷蔵庫前
時間:金田湾は8:00~13:00 三崎港は14:00~19:00
エサ:アオイソメ・アオコガネ
潮:大潮 満潮6:01/16:26 干潮11:07/23:35
天気:
気温:最高16.9℃ 最低7.4℃
風向:東北東
風速:最大瞬間風速4.7m 最大風速3.4m 平均風速1.4m

本日の仕掛け
●チョイ投げ1(FUJI ジェット天秤15号・SASAME 飛炎カレイ11号)
●チョイ投げ2(FUJI ジェット天秤12号・YAMASHITA 投げ釣り屋8号)
●タコエギング(YAMASHITA タコもエギ好きやねん2.5号23g オレンジ)
●イカエギング(YO-ZURI アオリQRS3.5号 レッドエビ)
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B・HAYABUSA プロバリューチヌ金1号・KUREHA seaguarACE1.5号)



ブログランキング参加中
↓よろしければ、ポチッとお願いするのですよ。(●´▽`●)ニパー。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 三崎港

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (16) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。