2011 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2011年2月26日 夢の島公園で半夜釣り

 【23//2011】

今回は短編です。4月22日から23日にかけて未完成の記事が当方の誤りで公開されておりました。ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません。

テスト2週間前のとある土曜日、そろそろ勉強を開始するかと思っていると、先日江の島に釣りに行ったやまびっちとしげが急に釣り行こう!と行ってきました。実はこの2人、この前の江の島釣行ですっかり釣り(主に仕掛けを投げる釣り)にハマったようで、この前日My投げタックルセット購入したのです。しかし、さすがにテスト2週間前に釣りに行く気になれないので無理と言ったのですが、新しい釣りタックルを購入した後に釣りに行きたくなる気持ちは非常によくわかるしあまりにも釣りいこ!釣りいこ!としつこいので、20時までという条件付きで仕方なく行くことにしました。

学校(公立ではないので土曜日もばっちり学校あり)が終了し一旦各自の家に帰って準備した後、有楽町線の池袋駅ホームで16:00に集合し、前回行った夢の島海浜公園へ。なぜ、夢の島公園にしたかというと砂地だし人がいないし、投げ釣りのデビューには持って来いだと思ったからです。

16:30頃新木場到着。

IMGP1381.jpg

その後、定番の自販機でアオイソを2パック買い17:00頃釣り場へ到着。相変わらず人はゼロ。

今回も前回と同じ場所に釣り座を構え、各々投げを1本ずつの計3本体制で挑むことにしました。

IMGP1384.jpg

今回は江の島の二の舞にはなりたくなかったので、しげとやまびっちに餌のつけ方や投げ方や巻き方などなどを詳しく何回も教え、今回は大丈夫だろうと思ったその矢先にオマツリ・・、そして解決したと思ったら今後はスプールの裏にラインを絡ませるなど僕に釣りをさせる隙を与えずたくさんトラブルを起こしてくれます。

しかし1時間くらいで扱いに慣れてきたのか、もうほとんどトラブルを起こさなくなりました、本当にうれしい。これでやっと釣りができます。

しげは正面、やまびっちは右方向に投げていたので、僕はオマツリ回避のため水門方向に投げることにしました。仕掛けは、cocoオリジナル対湾奥スズキ用決戦仕掛け(前回の記事参照)を残念ながら忘れてしまったので一般の市販仕掛けです。

ちなみに釣りとは一切関係なのですが、この日のしげの格好があまりにも面白かったのでここで特筆します。なんと釣りに来ているはずなのにつなぎに地下足袋です!そして右腕には日章旗のワッペン。(実は彼、日本大好き、旧日本軍最高、天皇陛下万歳という方です。学校で僕と一緒にいつも軍歌歌ってます。歩兵の本領と日本陸軍が大好きだそうです。太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男~は名作だと言ってました。こういう方ではありますが、一応まともな人ですのでご安心ください。)とにかくこの格好はすごいです。あ!ちなみに怖い顔してますが、実際は全然DQNではないのであしからず。

IMGP1383.jpg

30分後・・ルアーマンがやってきて僕たちより400mほど奥の方で投げ始めました。

その1時間後ルアーマンが早くも帰っていきます。僕が釣果が聞いたところ、なんとフッコが釣れたとのこと!そのルアーマン曰く、公園奥の方でスズキ系が跳ねており結構活性よかったとのこと。

これを聞いていた、しげとやまびっちは早速移動を要求してきたので僕らは陥没危険と書いてありパイロンで囲いがされている場所の50mほど右側に移動することにしました。

IMGP1390.jpg

しかしここでも魚は全く釣れない・・。魚がとび跳ねる音も全く聞こえないので、どうやら活性が悪くなってしまったようです。

僕は、しげとやまびっちに釣りを教えたり、しげとやまびっちが釣りをしている姿を撮影したり星空を撮影したりして暇をつぶしていると・・・いつの間にか20時が経過していました。

IMGP1391.jpg

そこで僕は、しげとやまびっちに約束時間になったから帰ろうと言ったところなぜか逆切れ!

色々交渉したのですが全く動じずいくらなんでも酷すぎるので僕はひとりで帰ることにしました。

夢の島公園は大通りに出るまでの公園内の道が真っ暗に近いので、本当はひとりで帰りたくなったのですが・・・頑張って一人で帰りました。正直怖かったです・・。

結局、今回もしげとやまびっちに殆ど振り回された釣行でしたので全く釣りを楽しめませんでした。でも冬の夢の島公園は、昼も夜も釣果が殆ど変わらないということがわかったので良かったです。ちなみにこの後、しげとやまびっちは自販機でアオイソメを2パック買いたし23時までやって最終電車で帰ったそうです、結局坊主だったそうですが・・。こんなこと言うのもなんですが僕は日帰り釣行の場合は東京青少年育成条例をしっかり守ってます。しげとやまびっちもまだ未成年なんだから遅くとも23時には家に着いてるようにしようよ。未成年だけで深夜まで暗闇の海辺で釣りをしているところを警察に見られたら完全に補導されちゃうよ・・。


本日の釣果《3人の釣果》
ボウズ・・・

本日の記録
場所:夢の島公園(夢の島競技場裏)
時間:17:00~20:00
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均7.0℃ 最高10.8℃ 最低3.5℃
水温:不明
湿度:平均32%
風向:北北西
風速:平均風速5.0m 最大風速9.1m 最大瞬間風速18.0m
潮:小潮 満潮9:23 干潮3:35/18:28
20110226.png

本日の仕掛け
●投げ(FUJI ジェット天秤20号/YAMASHITA 投げ釣り屋9号)



ブログランキング参加中
↓ポチッと押してくれたら管理人の士気が上がります。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ
スポンサーサイト

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (10) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年2月14日 湾奥釣り場新規開拓Part9 夢の島公園

 【16//2011】

2月6日に行った夢の島緑道公園はお世辞にも魚がつれるような雰囲気ではなかったので、また新しい釣り場を開拓することにした結果、前回は夢の島緑道公園に行ったのだから今後は夢の島公園に行こうということでまとまり、早速2回目のテスト休みである14日に電車でGo“東京湾釣り日記”の管理人である川越の魚人さんと高校の友達であるKUMATAと共に行ってきました。
 
9時に池袋で待ち合わせをして9時半ごろ新木場に到着。まずは、餌の自販機でアオイソメ×1、ジャリメ×1、ミミズ×1を購入し、夢の島公園ではなくちょっと気になっていた曙水門を覗いてみることに。
IMGP1297.jpg

IMGP1298.jpg
ここは狭い水路に水門があるという地形であまり目立たない場所にあるのでハゼやらフッコやらがバンバンつれるんじゃないか?と期待していたのですが、手前は50cmにも満たないほど浅い・・。でも水路の真ん中辺りは船頭になっておりそこそこ深い感じなので試しに投げてみることにしました。
IMGP1301.jpg
しかし、20分程待っても当たりは愚か餌さえ食われていない状態・・。結局、この場所は昼はかなりの頻度で船が通るため釣果は望めないけど夜はあまり船が通らないので結構望めそうという結論を出し、また後日夜間に再挑戦することを決めてメイン釣り場である夢の島公園に移動することにしました。
5分ほど歩き夢の島公園到着。
IMGP1303.jpg
夢の島公園は結構有名だから平日とはいえさすがに何人かの釣り人はいるだろうと思っていましたが、釣り場に着いてみると夢の島緑道公園と同じく釣り人はゼロ。スカイツリーが見えたりと意外と景観がよいのにジョギングや写真家や散歩してる人もゼロ。緑道公園以上に人の姿なし・・。
IMGP1305.jpg
さすがにこれは魚が釣れないフラグだろ・・と思いつつも竿を出さないことには始まりません。とりあえず、夢の島競技場裏の海を前にして左端に釣り座を構え、一応今回の狙いはカレイ&マハゼ&フッコなのですが足下が浅いので投げだけを3本出すことにしました。
IMGP1308.jpg
ちなみに投げ仕掛けの内1つは久しぶりに作ってみた当ブログでははじめて登場するcocoオリジナル対湾奥スズキ用決戦仕掛けです。餌はちょっと変化をつけマハゼ用にミミズの房掛けを1本、残りの2本はカレイ用に定番のアオイソメを房掛け。さあ果たして夢の島緑道公園のリベンジができるのか!
釣り開始から1時間・・・2時間と経過・・。勿論、この間をこうやって簡素に書いているということは当たりすらないということです。まあUMATA氏は電車が大好きなのですぐ目の前を通る京葉線を見て、「あ!205系だww久しぶりだな。ほらE231系が導入する前に山手線で走ってたやつだよ。あ!今度は205系の別バージョンだよ。珍しいんだよあれ!ほら窓が十字型でしょ?あれは0番台の量産型初代車でなんとかかんとか」とか「あ~E233系だよ・・あれが今一番新しい奴なんだ。。」とか「おお!205系の京葉線オリジナルだww今2本しかなくてさ。顔が面白いでしょ。メルヘン顔って呼ばれてるんだよ」とか「ほら!特急のわかしおだよ。曽我まで京葉線の線路を走ってあとは外房線を通って安房鴨川まで行くんだ。」とか「キタ━━━━━━(・∀・)━━━━━━!!!! キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! 201系!!国鉄時代の車両でね。4月に廃車されるからこれは貴重だ。(201系は、たしか4月5日に廃車回送され201系はJR東日本からはなくなりました。)」と熱く語ったり乗り鉄のはずなのになぜか写真を撮りまくっていたりで全然退屈はしていなかったと思うのですが、僕は電車より釣りとアニメの方が全然いいので退屈でしょうがない・・。
IMGP1306.jpg
写真は特急わかしおだと思われます。
そこで僕は、この公園を詳しく探索することにしました。とりあえず、まずは海に面する反対側の端まで行こうと思ったのですが公園があまりにも長すぎて、なかなか端までたどり着けないので夢の島大橋までで引き返すことにしました。帰りは公園の内側を探索し、釣り座に帰還。結構時間かかった・・。
1
IMGP1338.jpg

2
IMGP1340.jpg

3
IMGP1332.jpg

4
IMGP1337.jpg

5
IMGP1328.jpg
自然が多く雰囲気もかなりいいので気にいりました。夏はセミがうるさくて釣りに集中できないかもしれませんけど(汗;
1・2:夢の島大橋周辺 3~5:公園内側、かなりいい雰囲気ですね。

釣り場に戻った後は釣りを再開。単調に投げても意味がないので投げる方向を変えたり、距離を変えたり色々変化をつけたもののやはり当たりすらなし。他に何か変化をつけようと思い、先ほど買っておいたジャリメをつけようとジャリメのパックを開けてみるとすべてふにゃふにゃになって死んでいました。さすがにこれは交換してもらおうと思い、川越の魚人さんと自販機にもう一度行き、自販機に書いてある電話番号に電話してジャリメが死んでいたという趣旨の話をすると、自販機を管理している裏の釣り具屋の方がこの日お店が定休日であったにも関わらず即座に来てくださいました。そして丁寧な接客をしてくださり、ジャリメ代を返してくださりしかも元気なジャリメ1パックを無料で下さいました。とても感じがよく丁寧だったので新木場に行くときはこれからも毎回利用したいなと思いました。
この後アオイソメが無くなりかけていたので僕らはアオイソを追加でもう1パック買い、釣り場に引き返すことに。引き返している途中、突然KUMATAから電話が。どうせ仕掛けを無くしたとかどうしようもない電話だろうと思って電話に出てみると、なんと、かなり大きい魚が釣れたという内容でした。え?本当に?!今その魚どうしてる?というか魚ってスズキ系?と聞いたところ、多分スズキだけど、ハリスが切れて逃げちゃったとのこと・・。とりあえず、一旦電話を切り釣り場に急いで戻って事情を聴くと、cocoオリジナル対湾奥スズキ用決戦仕掛けに大きさ40~50cmくらいのフッコが掛かってタモ網で掬おうしたらばらしちゃったらしいです。魚の姿を僕が拝めなかったのは残念ですが、自分の作った仕掛けでしかもスズキ系用に作った仕掛けでフッコが掛かったのだからとてもうれしいです。いつもは面倒臭いのとコスト的に市販の仕掛けと自分で作った仕掛けとはあまり変わらないのでヘチ以外はずっと市販を使っていましたが、自分で作ると魚が掛かった時のうれしさが倍になることがよくわかりした。
あ!ちなみにcocoオリジナル対湾奥スズキ用決戦仕掛けは、全長約70cm(モトス3号・ハリス2号どちらもナイロン)で針(丸セイゴ12号)は2本で先端の針の上にオレンジ色の大き目のシモリウキを装着した超シンプルなものです。仕掛けの作り方を覚えたばかりの頃、この仕掛けと似たものを作って実際に若洲だかで使ってみたらセイゴやフッコが結構釣れたので今回もその時の仕掛けを思い出しながら作ってみました。とはいっても結構釣れたのは時合が良かっただけだと今までは思ってたんだけどね・・まさか本当に掛かるとは。意外と特仕掛けなのかもしれません。とにかくこれでこの場所に魚がちゃんと生息していることがわかったので一安心ですがオリジナル仕掛けは生憎1つしか持ち合わせてなかったのでハリスが切れてしまった状態でもう一度投げておくことに。
予想はしていましたがフッコが掛かった後また無生物状態に逆戻り。また2時間・・3時間と経過したもののエサが全く食わない状態。まあ昼間の内にフッコが掛かったんだから、夜になればなにかしらは釣れるだろうと思ってかなり油断していると、まさかの雨がポツポツと振ってきました・・。急いでレインウエアを着こみ、これくらいの小降りなら全然問題ないですね~と3人で話しているとやがて本降りに・・。こんな冷たい雨が降る中で釣りをやってもただのMプレイとしか思わないので仕方なく4時半頃に納竿しました。その後、暖を取るため新木場駅近くの喫茶店シャノアールでお茶した後帰路につきました。
IMGP1366.jpg
余談ですが、この日の夜、東京ではこの冬一番の大雪となり5㎝の積雪を記録しました。

結局、今回も坊主でしたが魚が掛かっただけ1週間前の夢の島緑道公園への釣行よりかははるかにましでした。激渋の中、オリジナル仕掛けに魚が掛かっただけでもなかなか手ごたえがあったと思います。ちなみにこの公園でテスト間近の2月26日に夜釣りを某人物たちによってさせられました。まあ釣果は・・・ですが、こちらの釣行記も近日中にUPします!


本日の釣果《3人の釣果》
ボウズ・・・

本日の記録
場所:曙水門・夢の島公園(夢の島競技場裏)
時間:9:50~16:30
エサ:アオイソメ・ジャリメ・ミミズ
天気:
気温:平均3.3℃ 最高6.5℃ 最低0.3℃
水温:不明
湿度:平均
風向:北北西
風速:平均風速3.4m 最大風速5.5m 最大瞬間風速9.4m
潮:若潮 満潮3:37/12:58 干潮8:02/20:34
20110214.png

本日の仕掛け
●投げ1(FUJI ジェット天秤20号/YAMASHITA 投げ釣り屋9号)
●投げ2(FUJI ジェット天秤23号/港内・湾内カレイアイナメ9号)
●投げ3(FUJI ジェット天秤20号/cocoオリジナル 対湾奥スズキ用決戦仕掛け)



ブログランキング参加中
↓ポチッと押して応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: その他の湾奥釣り場

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年2月10日 カレイを狙いに片瀬江の島へ!

 【02//2011】

今回は、遠征釣行なので長文となります。今回は(も)急いで打ったため表現のおかしいところ、誤字が多々あると思いますが適当に流して下さい。宜しくお願いします。毎度毎度駄文で申し訳ないです。

2月10日は平日ですが高校の入試日で生徒は休み。ということは・・・・釣りに行くしかない!!そういうわけで、前から釣りに行きたいと言っていた高校の友達であるやまびっち・しげ・わび・たかかずの4人と共に片瀬江の島へ釣りに行ってきました。狙いは一応カレイ!ちなみにやまびっちは僕が新芝浦橋下の護岸に単独釣行したとき遊びに来たあのやまびっちです。
 朝の6時半に新宿の小田急線ホームに集合し、相模大野&町田で乗り換えして8:00に片瀬江の島到着~。
IMGP1108.jpg

IMGP1109.jpg
ここに釣りに行くときは殆ど夏で休日なので駅前は超が10個以上はつくほど混んでいるのですが、今日は冬でなおかつ平日なため明らかに地元民と思える方が数人しかいません。
IMGP1114.jpg
夏場はレジに長蛇の列ができる駅前のサンクスで飲料水を購入後、釣り場へ向かいまいます。
IMGP1113.jpg
サンクスの入口に置いてあったレンタサイクル。前はなかったので新しく始めたようです。電車釣行派にとってはありがたいサービスですね。でも期間限定と書いてあったので試験的なものなのかも。
そして5分ほど歩き、今日竿を出す予定だった片瀬漁港の左側の堤防先端付近に到着~。
IMGP1122.jpg

IMGP1128.jpg
早速竿を出そうと準備してながらカレイを絶対に釣ろうぜ!とみんなで意気込んでいると・・・隣で釣りをしていた方が話しかけてきました。その方曰く、ここに何日間も通っているけれどヒイラギがポツポツ釣れる程度で殆ど釣れてないよとのこと。もしカレイが釣りたいなら、江の島にある小さい堤防の方が釣れるよと教えてくださり、昨日も大きいのが上がったということまで教えてくださいました。そこで、僕らはその方の話を聞いて竿を出す前に場所変更。その方は大体の位置まで教えてくださり、早速そこの堤防に向かうことにしました。
IMGP1134.jpg
本来は江の島に行く予定がなかったのですが、江の島大橋を渡ってるときみんなちょっと興奮気味。どうやらやまびっちやしげが前から江の島に行きたかったらしいです。そこで、僕らは釣りをする前に江の島を少し観光することにしました・・というは嘘で本当は小堤防に向かう道が全く分からなかったので、探していただけです(汗;)。
最初参道の裏道やらいろいろな場所に行ったのですが小堤防へ続く道は全く見つけられず・・しかたがないので本当に観光することになり随所で記念撮影をしたり最後には江島神社へ・・。
IMGP1140.jpg

IMGP1141.jpg
参道で見つけた猫。猫を見つけたら撮ってほしいというご意見を頂いたのでこれから見つけたら載せていきます。

IMGP1142.jpg
江島神社では、長い階段をタックルを持ったまま上がり頂上に着いてお参りをしてからおみくじをやって(結果は吉)江島神社をちょっと散策。いざ散策をしてみるととてもいいところでいつも釣りに来ていたのにこんなところをしらなかったなんてもったいないなかったなと思いました。
IMGP1143.jpg

IMGP1149.jpg

IMGP1152.jpg

IMGP1146.jpg

IMGP1147.jpg

IMGP1148.jpg
たくさん観光ができたので面白かったですが、本来の目的である小堤防を見つけられてないことを思い出しました・・。十分観光したので、小堤防へ続く道の捜索を開始。この時点で10時半・・。
そしてついに!ダメもとで江島神社の近くにある海に面した高台にある墓地をすすんでいったら・・海に降りられる階段を発見。
IMGP1153.jpg
早速その階段を下りてみると、そこにはポツンと佇む目的の小堤防が!!ちなみ階段の上からでは崖に隠れて見えませんでした。
IMGP1154.jpg

IMGP1155.jpg
ちなみに堤防はこんな感じ。
IMGP1157.jpg
この小堤防の周りには墓地と磯場とあと何かの建物しかなく人もいないので、江の島の穴場的釣り場のようです。江の島にこんな場所があるとは思いもしなかった・・・。(ちなみに、この堤防の名前を後日調べたら西浦漁港堤防でした。)
そしてみんな早く釣りをしたかったので、早速この堤防の先端に釣り座を構え、チョイ投げを4本を用意してそれぞれ1本ずつを友達に持たせ、僕は4本作った後、投げ竿がもうないのでヘチ釣りでもしていようと思っていたのですが・・やまびっちとしげに最初竿を持たせて釣り方を教え実際に釣りをしてもらっていたら、何と開始1分経たず糸をどうやったらそうなったんだ?と思うくらい絡ませました・・しかもほぼ2人同時。たまたま高価な糸を巻いていたリールだったので、絶対に切るのはやだと思い丁寧にほどき、やっと40分後2本とも終了~。
そしてわびとたかかずの分を作れると思っていたら、今度はしげとやまびっちがオマツリ・・。さすがにこれはもうほどく気力がないので、糸を切り対処。それでも10分掛かりました・・。
今度こさできると思ったらまたまた(×5回前後)・・。最初の方は釣り始めてだし何も言わずやっていましたが、どうやら僕の教えたことを無視してやっていたとわかりもう怒り寸前・・。でもここはぐっとこらえ、オマツリや絡まし対策にやまびっちには胴付きをやってもらうことにしました。
そしてやっとこさ、たかかずとわびの分の仕掛けを作ることができました・・。釣りを開始してから約2時間後にやっと完成ですよ。その間、わびとたかかずは江の島を観光してしておりました。2人とも本当に申し訳ない!
次は、やっとヘチ釣りをできると思ったら腹痛&頭痛が急に襲ってきましたorz。ちょっと堤防で横になっていたものの一向に良くならないのでもう釣りをやる気力もなくなり、完全に病人状態。しかし、そんな僕に全く構わず10分に1度は誰からが絡ましたり、オマツリをしたり・・もちろんこれらを全部直し、気力も体力も極限状態まできたのでずっとー横になっているとやまびっちがヒイラギを釣りました!
IMGP1164.jpg
大きさは15cm前後。しかし、とても喜べる状態ではないので大きさと写真だけ撮りそのままリリース。
この後、また横になっているといつの間にか1時間くらい寝ていました。でも寝たおかげで体調も大分良くなり、よしヘチ釣りをやるかと思っていると、潮がすごい引いており先端を除きほとんどの場所が底が見えている状態・・。これではヘチなんてとてもできる状態ではないので、やまびっち達の釣りを見てやることにしました。
さっきよりも大分上手くなりオマツリも殆どなくなりましたが、魚が釣れない・・。事前に買っておいたアミコマセを撒いたりして魚を寄せてみるも何も釣れません。しかしそれから30分後、やまびっちとしげがヒイラギとフグをほぼ同時に釣り上げ、おお!これは時合到来か!と思ったのですが、その2匹以降はまた無生物状態に。
IMGP1156.jpg
普通の釣り人だったら魚が釣れなくてもずっと粘っているものですが、4人とも初心者なので魚が釣れないと当然飽きてきて・・たかかず・わびは根がかって仕掛がないのに投げの練習だとか言ってひたすら投げまくったり、やまびっち・しげは仕掛けはついているのに餌をつけず真似してすら投げまくったり、もうめちゃくちゃ・・。魚もいなくなるし天秤もなくなるからやめろ!と何回も言ったんだですが一向にやめようとしないのでこいつらはもう駄目だと思い、僕はひとりで堤防の右側にある磯場を探索することにしました。
潮が満ちてる時は、すぐ手前まで水が入っており奥まで行けなかったのですが今は干潮1時間前なので潮も引け、大分奥まで行けるようになっていました。奥に進んでみると、伊豆の磯場のような雰囲気の場所もありなかなかいい場所もあったので今度ウキフカセも持ってきてやってみようと思います。
IMGP1161.jpg

IMGP1162.jpg

IMGP1163.jpg
釣り場に戻ってみるとまだやまびっちやしげは投げまくっていましたが、たかかずとわびはもう投げるのをやめていました。どうやら、天秤を沈み根に引っかけ無くしてしまったらしいのです・・。
もう新たに投げ仕掛けを作っても意味ないと思ったので、たかかずとわびの竿をかたずけていると・・ふと水中がきらきら光っているのに気付きました。
IMGP1169.jpg
どうやら回遊魚が回ってきたようです。そこで奇跡的に持ってきていた4号のスキンサビキを急いで装着しコマセを撒いてしゃくしゃくしてみると、早くも魚がヒット!魚の正体はボラの幼魚のオボコでした。
IMGP1165.jpg
実はボラは釣ったことなかったので生涯初魚種です!!もちろん、写真撮影後リリース。
僕が釣った瞬間にみんな集まってきて竿を強奪されいつの間にか、僕は蚊帳の外・・。まあ全員が引きを楽しんでくれたので良かったですけど・・魚の針はずしだけやらされるってのは納得できない・・。
やがてこのオボコの群れも10分くらいでさり、またまた無生物状態になってしまいました。しかし、やまびっちとしげがまたまたやる気を出し釣りを再開。大分暗くなってきたしこれは期待できるかもと思ったのですが、辺りが真っ暗になった18時を過ぎても何も釣れないので、これ以上の釣りは危険だと思いここで終了~。
帰りはみんなで相談しかなりリッチに小田急線の特急ロマンスカーで帰ることになったのですが、僕が定期としても使っていたSUICAをどこに落としてしまったらしく無くしてしてしまいました(´Д⊂ヽウェェェン。中に1000円以上入っていたのですが、しょうがないので止むなく現金で交通費を払い乗車しましたとさ・・。
IMGP1178.jpg
 穴場的な釣り場を知ったことは良かったですが、今日はや天秤・仕掛け等合わせて3000円分近く紛失されたり誰かがタモ網を無意味に水の中に入れまくってたためタモ網もぶっ壊れ、腹痛・頭痛が襲ってきて、挙句の果てに定期を無くし、そのくせ超貧釣果で・・もう散々でした。いつの間にかカレイを狙いに来ていたなんて忘れていましたよ。今から思えば、カレイなんて夢のまた夢でしたね・・。でもなんだかんだ言って楽しかったので結果的には良かったのかな・・・と思うことにします。ちなみに後日ちょっとしたミステリーがありまして、それは定期を再発行して3日後に起きました。僕が学校から帰ると、新宿駅から手紙が届いておりその手紙をみると新宿駅で僕の定期が落ちているのを発見されたという内容のものでした。僕が定期を無くしたのは、江の島ですからこれはおかしいのですよね・・。行きはちゃんと江の島駅の改札を通ったわけですから、それまでは持ってたわけじゃないですか。んで、帰りに改札前に定期がないことに気付き、僕のポケットを全部探し、リュックの中も全部ひっくりかえし、クーラーボックス・竿ケースの中も念入りに探したのになかったんですよ。それなのに、新宿駅で発見されたというのですから、もう訳がわかりません・・。だれかこの謎を解いていただけませんか?ちょっと怖いです。


本日の釣果《5人の釣果》 ( )はcocoが釣った数
オボコ   (10cm前後) 10匹以上(2匹)
クサフグ (15cm前後)  1匹
ヒイラギ  (13cm前後)  2匹

本日の記録
場所:西浦漁港堤防
時間:8:00~17:30
エサ:アオイソメ・オキアミ アミコマセ
天気:
気温:平均6.4℃ 最高10.7℃ 最低3.5℃
水温:不明
湿度:平均
風向:北北東
風速:平均風速2.5m 最大風速4.5m 最大瞬間風速8.5m
潮:小潮 満潮8:39/22:43 干潮2:00/16:06
20100210.png

本日の仕掛け
●チョイ投げ1(FUJI ジェット天秤15号/YAMASHITA 投げ釣り屋9号)
●チョイ投げ2(FUJI ジェット天秤15号/OWNER 港内・湾内カレイアイナメ9号)
●胴付き(HAYABUSA ちょっと底までコツコツ行こう!6号)



ブログランキング参加中
↓クリックして応援お願いしま~す。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ

Category: 片瀬漁港・江ノ島

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (14) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。