2011 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 01

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2011年12月11日 久しぶりに隅田川テラスへ! 

 【31//2011】

この日は、大学のすでに決まっている友人のりょうけとトーテムポールJrに参加を打診。すると、2つ返事で行くと言って来たので3人で釣行することになりました。ちなみにトーテムポールJrはりょうけと同じく中学からの友人なのですがあらかわ遊園の釣り堀を除けば釣りは初。ただ、ずっと前から本格的なつりをしたいと言っていたので、今回誘うことにしました。
今回の釣行は『第4回 一緒に釣りしましょう会』以来2ヶ月弱ぶり!場所は、僕の中では鉄板中の鉄板釣り場である相生橋下の護岸とヘチ釣りは初となる中央大橋下~水門横の護岸です。ターゲットはとにかく魚の引きを味わいたいのでセイゴということにしました。
場所移動が楽な点と勉強で運動不足の体を動かせる点で隅田川までは自転車で行くことに。まあ、一番の目的はたかが460円の電車賃の節約なのですが(^ ^汗;。
隅田川シーバスは夜釣りが基本なので、16時頃自宅を出発。途中東京駅周辺で道を間違えながらも、ちょうどいい17時半頃に相生橋下の護岸に到着。友人2人はルアーをやるのでそのまま相生橋下の護岸に残り、僕はヘチ釣りなので自転車で2分ほどの春海屋釣具店へ向かいます。
春海屋釣具店はたまにやっていないことがあるので心配でしたが、営業しており一安心。
ここの春海屋釣具店は多様の餌が相場価格で売っておりなかなか気に入っている釣具屋です。僕は、大中小3種類あるアオイソメの内の400円の小を購入。

IMGP2922.jpg
このサイズで小。ヘチ釣りなら1日やっても十分残る量です。

ついでに営業時間と休みをお聞きしたところ、大事な用事がない限りはシーズン中は基本営業しており夜の19時頃まであけているとのことでした。

IMGP2920.jpg

IMGP2921.jpg
個人経営の釣具店は値段が書いてないことが多いですが、春海屋さんはちゃんと値段が書いてあるので安心。

さて、えさを無事に購入し相生橋下に帰還。ここの釣り場は休日でもあまり先行者がいないのですがこの日は何故か4人もいました。狭くて流れが速い釣り場なので先行者が多いとやりにくいのです。しかも、驚いたことに相生橋から釣っているマナー違反者もおり唖然。【注意:相生橋のような交通量の多い橋はもっての外ですが、人や車などの通行のために作られた橋からの釣りは道路交通法違反となりますので絶対にしないでください。また、このような行為が釣り人の貴重な釣り場を無くす原因となります。自分に帰ってくるだけならまだしも釣り人全員に迷惑をかけます。釣り禁止と書いてなくても、多くの方に迷惑をかけるし、大変危険なので大抵の方は社会的ルールとして分かっておられると思いますが・・・。一昔前までは、黙認される場合が多かったですが最近は取締りが強化されております。昔、釣り人が大量にいたわかす橋から釣り人がほとんどいなくなったのもそういう理由です。】
それでも来たのだから先行者と橋上アングラーを避けながら30分ほど、友達はルアーを僕はヘチをやってみたのですが、やはりやりにくく且つあたりもまったくないので場所移動を決意。この釣り場でのぼうずは初なのでちょっとショック…。

IMGP2927.jpg

さて次なる場所をどうしようか…。対岸の越中島公園でもいいし、橋の途中にある中の島公園でもいいなと色々考え、結局前にルアーの練習で行ったものの何もかからなかった中央大橋下~亀島川水門右岸にリベンジしてみることにしました。
ここには相生橋から勝鬨橋方面にひたすら自転車を漕げば、3分で着くので楽チンです。到着してみると、ルアーマンが多数…。日曜日なのでやはりどこも多いようです。
りょうけとトーテムポールJrはルアーなので、中央大橋下の川上の明暗の境で釣ろうとしたのですが、すでにルアーマンが入っていたので川下の明暗の境でキャスト。僕は、その周辺で落とし込み。

IMGP2929.jpg

IMGP2928.jpg

すると、5分後りょうけになにやら大きい魚がフッキング。が、ドラグを活用できず痛恨のバラシ…。引きからしてかなりの大きさだっただけにりょうけは大ショック…。ヒットルアーはSASUKE SF-95のレッドヘッドです。この後は特に何もなく流れが相生橋下以上に速くてヘチ釣りもかなりやりづらいので、対岸へ移動。

IMGP2939.jpg

対岸は、誰もおらず貸しきり状態。まずは、亀島川水門の横でやってみることにしました。ここは、ストラクチャーがあり、前に来たとき居着きがいるのではないかと期待していた場所です。橋下とは違い、流れもなく船も通らず水面も鏡状態なのでやりやすいのですが、多少波っ気が合った方が魚も釣れやすいし、第一真っ暗なので霊的にも不審者的にも非常に怖い…。ガタイがいい二人(cocoの体格はもやしと言われても反論できないレベル)と一緒だからいいものの、cocoは極度の怖がりなので単独釣行だったら中の島公園より行きたくないですね…。

IMGP2935.jpg

IMGP2933.jpg

IMGP2931.jpg

IMGP2932.jpg
上2枚はナイトモードで撮影したため、昼間のような明るさですが実際はこの写真より真っ暗!

そんなことはさておき、早速ストラクチャーの周辺に落としてみます。第一落とし…あれ?おかしいな・・・第二落とし…第三落とし……まったく当たりなし。非常によさげな建造物だけにあたりがないのは驚きです。
ルアーの2人は、マールアミーゴを使い沖の潮目を狙って2回ほどバラしているのでこの場所にも確実に魚はいるのですが、ヘチにはいないのか、それとも僕の腕が悪すぎるのか…。
ネガティブになりながらもせっせとヘチを探っていると待望のあたりが!急いで合わせた所無事針がかりした模様。
しかし、あまりのも力強く合わせすぎたのと魚が小さすぎたのとタナが浅かったため小さいな引きも味わうことができずそのままずっぽ~~んと引きあげてしまいました。大きさは15cmのセイゴにも満たないコッパサイズ。
このコッパ針を奥まで飲んでしまいこのままでは魚が息絶えてしまうので急いで針はずしではずそうとしたのですが、よっぽど奥まで飲んでしまったようで一向に取れないのでハリスを切って急いで逃がしました。最初の方は、浮かんでしまいだめかと思いましたが、やがて無事に泳ぎだして一安心。ただ、針を取らずに逃がしてしまったことに非常に罪悪感…、そして写真を撮るのも忘れてしまいました。

IMGP0737.jpg
写真がないのは申し訳ないので1年前に相生橋下で釣ったほぼ同サイズのコッパ写真をどうぞ…。

あと15分ほどで納釣する予定だったので、針もなくなってしまったし今から結んでももったいないし面倒なので僕はここで納竿。残りはトーテムポールJrとりょうけに釣らせてあげようと、色々アドバイスしたのですがルアー釣りに関しては初心者同然なので力になれず…。結局この日は、僕の釣ったコッパだけで2人はボウズのまま終了。
今回はえさよりルアーのほうがヒットは多かったので、今後は僕もヘチ竿を持たずルアー竿だけで挑んでみようと思います。



本日の釣果
コッパ (約15cm) 1匹

本日の記録
場所:相生橋下の護岸、中央大橋下の護岸~亀島川水門右岸
時間:18:00~12:30
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均8.1℃ 最高14.0℃ 最低2.6℃
水温:不明
湿度:平均49%
風向:西北西
風速:最大瞬間風速4.9m 最大風速3.6m 平均風速1.5m
潮:大潮 満潮6:03/16:48 干潮11:19/23:36
20111211.png

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B/SASAME ヤイバチヌ2号/VALCAN クロハリス2号)



ブログランキング参加中
↓みんなも押してアラモード
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ


なんとか2011年に間に合いましたね。よかったです。今年は、あまりブログ更新できませんでしたが、それでも多くの方が拙ブログにきて下さりうれしい限りです。本当にありがとうございました。先の記事のように、来年も勉強の年となると思いますが、定期的に釣行したりブログを更新して気分転換しながらがんばっていきたいと思いますのでよろしくお願いします。また来年も『一緒に釣りしましょう会』を開催したいと思っておりますのでこちらの参加と『釣りサークル』のご参加お待ちしております。それでは皆様よいお年を。日本では東日本大震災や台風被害等が発生し世界でも地震・集中豪雨・洪水など多くの自然災害を受け2011年はお世辞にも良い年とは言えなかったので2012年はよい年であることを願っております。
スポンサーサイト

Category: その他の湾奥釣り場

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2011年7月9日 「第3回 一緒に釣りしましょう会」in青海南ふ頭公園

 【30//2011】

7月に開催された川越の魚人さん幹事の『第3回 一緒に釣りしましょう会』の模様をご報告いたします。大会からかなり時間が経ってしまいましたので一部フィクションが含まれてしまったかも知れませんが、お許しを。なおかなりの時間が経った釣行記のため、今回はコメント欄は設けません。

当日は梅雨のため雨が心配でしたがお天気に恵まれ釣りをするにはちょっと暑すぎる日和になってしまいましたが無事に予定通り開催することができました。なお今回の大会は釣った魚の大きさに応じて東北大震災の被災地に募金をしてもらうとチャリティー大会です。
13時半に集合してもらったところ今回の参加者である川越の魚人さん、臥龍さん、調布さん、にっくさん、龍猫さん、達人さん、cocoが無事に集合。horiさんも5分ほど遅れて到着し、今回の参加メンバーが全員揃いました。
全員集合後は自己紹介・大会概要の説明等を経て、各々目ぼしい釣り座へ移動し大会開始!釣り場には僕たち以外にほとんどおらず、皆さまお目当ての場所に無事入れたよう。

IMGP2041.jpg

IMGP2042.jpg

僕は、川越の魚人さんや達人さんが中央の階段前でサッパを狙うとのことなのでそのサッパを餌にさせていただき大きいスズキを釣るためにお二人の横で投げと泳がせをすることにしました。
大会開始後10分程経った頃、調布さんが大きなギマをゲットして戻ってきました!調布さん曰く26cmとのことで、ギマの中ではかなりのBIGサイズ!しかもそれだけではなく、臥龍さんが26cmと27cmのギマを釣ったという報告も入り幸先いい感じです。
僕もギマを狙うべく、投げ仕掛けを足下~沖10mまでの範囲に投入することに変更。しかし僕には全く釣れず。
この後なかなか釣れなかったサッパを川越の魚人さん、達人さんが立て続けにヒットしすかさず僕もそのサッパを頂き泳ぎ開始。(ちなみに達人さんは、この大会がサビキ釣り初とのこと。にもかかわらず、とても初心者とは思えないオーラでサッパをどんどん釣っておられました。本当にすごいです。)
サッパも手に入ったしあとは大物&ギマが掛かるのを待つだけ!しかし、30分‥‥60分と待っても一向に竿は揺れず…。常に新鮮な餌を保つべくこの間に投げでは4回ほど、泳がせでは3回ほど餌を交換したのですが全く意味なし。前述の通り、今日は暑すぎるのでただ当たりを待っているだけでは退屈で体力を奪われる一方です。このまま待ったままでは熱中症になりかねないのでコンビニで水分を買いに行きがてら退屈を紛らわすため公園内をぶらぶらすることにしました。
散歩するため公園内を見渡すといつの間にか僕たち以外にもたくさんの釣り人がいました。

IMGP2055.jpg

IMGP2056.jpg

そこでまずは釣り人がたくさんいるワンド側へ。マハゼとメバルとギマが釣れていたので通常の青海よりも活性は高い模様。僕はその活発な活性の恩恵を受けてませんが、他の方は活発な活性の恩恵を受けている様子なのでとても惨めな気持ちに…。
次はへの字堤防の周辺へ。への字堤防周辺に釣り人は誰もいませんでしたが、堤防を越えた緑色の道の方を見てみるとサッパがジャンプしながら泳ぎ回っており、その下にフッコやボラが!どうやらベイトであるサッパをフィッシュイーターであるフッコが追いかけているようです。

IMGP2049.jpg

だとしたら、僕の泳がせでも釣れそうな気がするものですが…。それにしても本当に活性高いですね。僕が魚たちが泳いでいるのをぼーっとみていると龍猫さんがやってきて、いろいろタメになることをお話してくれました。ありがとうございます。

IMGP2051.jpg
散歩中に見つけたショウリョウバッタの子ども

散歩を終えて、戻ってみると僕の泳がせ竿の糸が高切れしていました。川越の魚人さん曰く、泳がせの竿に魚が掛かったので上げようとしたもののプツッと糸が切れてしまったようです。竿&リールが海に落ちなくてよかった…竿&リールを保守してくださり感謝感謝です。
急いで糸を結び直し、再度泳がせを投入。するとすぐに大物がヒット!しかしまた糸が切れ終了…。この後もこの動作を3回ほど繰り返し、太陽が沈み始めた17時半のヒットを最後に静まりかえってしまいました。

IMGP2057.jpg

自分のへたくそな腕を改めて実感させらせましたよ…ハイ。その後、僕の隣で竿を出していた達人さんは弩ビックリの尺ギマを釣りあげました。しかし僕には海藻以外なにも掛からず19時になったので大会終了~。

IMGP2059.jpg
達人さんが釣ったギマ。画像ではわかりづらいですが、たしかに30cmありました。

IMGP2060.jpg
ギマの撮影をするときの定番ポーズ

中央階段横の植え込みの前に参加者全員が戻り、いよいよ川越の魚人さんによる結果発表です。
さあ気になる結果は…。

第4位調布さん ギマ1匹 サッパ2匹 120pt

第3位達人さん ギマ1匹 サッパ12匹 220pt

第2位川越の魚人さん ギマ1匹 サッパ17匹 270pt

第1位臥龍さん ギマ3匹 300pt

おめでとうございます
川越の魚人さんは、すでにお持ちしているということで調布さん、達人さん、臥龍さんに被災地の高校生が歌っているという『あすという日が』のCDが贈られました。このCDは売上を被災地復興に使うということで今回の大会の趣旨に合っていると思い、川越の魚人さんが選んでくださいました。


この後は、一旦解散し帰宅するもよし釣りを継続するもよしということで僕は釣りを継続することにしました。向かった先は、羊蹄丸横(9月30日で羊蹄丸の展示は終了しました)。ここは、カサゴやスズキの大物、チヌの実際も高くかなり期待できる場所です。
大会では投げと泳がせしかやらなかったので、新たにヘチを作り直しいざ第1落とし。今回はかなり気合を入れ、クロハリス&黒針にストロー虫という豪華絢爛なエサ&仕掛けです。すると1落とし目ですぐに小さい当たり!急いで合わせると無事に針掛かりしたようですが直後にものすごい勢いで横に下に抵抗しまくります。どうやらかなり大物の様子。僕はこれは絶対にバラしてはならないと思い、太鼓リールのドラグをONにして対抗します(かなりの音なので周りの方にかなり迷惑をかけてしまったと思いますが…)。2度3度水面に上がってきてもまだ体力はあるようで必死に抵抗します。そして5度目くらい水面に上げて、やっと疲れ果て果てた模様。もう抵抗もあまりしなくなりました。そこで先ほどからずっとタモ網を持って待っててくれた調布さんがすかさずタモ入れをしてくれ、無事取り込み成功!
さて上げってきた大物はといいますと…自分の相生橋下と有明西で釣った自己記録47cmを余裕で上回る59cmのフッコでした。

IMGP2061.jpg

大会時間外ということとあと1cm大きければスズキだったこともあり若干悔しさはありましたが、自分のような未熟者にこんなすごいフッコが釣れたのでうれしさが当然勝りました。これもご自分の釣りの時間を割いて僕のためにタモ網を構えて待ってくれた調布さんのおかげ。僕だけだったら絶対に取り込むことができなかったと思うので本当にありがとうございました。ちなみに、このフッコは川越の魚人さんがお持ち帰るとのことでしたので差し上げました。
さてこの調子で今後もばんばん釣ろうと思ったのですがハリスがボロボロ…。これは結びなおさないといけないと思ったらクロハリス&黒針を阿保なことに集合場所の荷物置き場に置いてきてしまったのに気付きました…。そこで、ポケットに緊急用として入れておいたいつも使っている透明ハリスに金チヌ針の仕掛けをつけて釣り再開。
しかし、さっきのすぐに来た当たりが嘘だったように当たりが皆無に…。20分くらい続けたもののその後も状況が変わらないので羊踏丸横は見切り、仕掛けを落としながら羊蹄丸の裏から宗谷丸横を通り潮風公園に行くことにしました。
そし40分ほどかけて潮風に到着。結果はと言いますと、釣果なし・当たり皆無…。餌に付けたストロー虫もかじられてる形跡すらありません。さすがにこれだけ長いヘチを歩ければ1匹くらいは追加できるだろうと思った僕がバカだった。ダメもとで潮風公園で20分くらいヘチって見たところ当たりが連発!しかし全く掛からないorz。30分ほど前から潮風で釣っておられたhoriさんもさっきから当たりが連発しているものの全く釣れないとのこと。どうやら小さいのがうじゃうじゃいるものの針が大きすぎて掛からないようです。これでは多分追加は望めないだろうと予測し、あまったストロー虫3本をhoriさんにでっかい発砲スチロールごと差し上げ(今から思えばかなり迷惑でしたね(汗;)ここで川越の魚人さん、調布さんと共に納竿。
帰りは、調布さんが豊洲まで車で送ってくださいました。タモアミの件といい本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。

本日の釣果(cocoのみ)
フッコ (59cm) 1匹

本日の記録&本日の仕掛けは省略


ブログランキング参加中
↓ハイサ~イ、ぽっちと押して♪。
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ



次回:第4回一緒に釣りしましょう会又は12月11日隅田川に久々釣行のどちらかを予定
更新日時:今年中~1月上旬を予定

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (-) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

生存報告&近況報告

 【21//2011】

皆様、お久しぶりです。そして当ブログを愛読してくださっている方々、そしてコメントを下さった方々2ヶ月間もの間放置してしまい申し訳ありませんでした。

実は自身の将来に不安を感じ、自分の進路等の選択で受験前になって悩み始め、ブログその他を放置して考えておりました。

考えた結果、自分の将来・進路を決め精神的に落ち着くことができましたので報告いたします。

私は、当初なるべく楽をして大学に入り早く釣りを思う存分しようと考えておりました。

しかし、努力したくないから釣りをしたいからという理由で自分の将来に重要となる大学を決めるのは遅ればせながら浅はかな考えだと気づきました。

それでも最初は努力することが大嫌いなため抵抗はありましたが、やがて自分の将来重要となるのだから努力して自分の本当に行きたい大学に行こうという考えに行き着きました。

私の本当に行きたいと思っていた大学は農学部がある私立大学の中では一番レベルの高いM大学なので、進路変更しこちらを目指すことにしました。

ただ、こう考えたのは12月の中旬…。今までは偏差値50近辺の大学用の勉強しかしていなかったし、今から2ヵ月弱がむしゃらに勉強しても到底追いつけるようなレベルの大学ではありません。

それに一夜漬けのような急ピッチで頭に叩き込むということはできず何度も何度も同じ場所を学習する方法が私に適しているので一年間浪人することに決めました。

でも、今まで勉強してみてひたすら勉強するのではなく途中途中に息抜きを入れた方が頭に入りやすいことがわかりました(これはこのブログの何人もの読者さんから言われていたことなのですが、私が未熟なため息抜きなんかしたら忘れてしまうと思い込んでいました。)ので来年は釣行もブログ更新も定期的に行いたいと思います。(当然、たくさん釣行できるわけじゃないですが…。)

もちろん、一緒につりしましょう会も釣りサークルの計画も行っていく予定ですのでご安心ください。

以上が報告でした。最後まで読んで下さりありがとうございました。志望校に入るべく頑張りますので暖かい目で見守ってくださるとうれしいです^^。



最後に来年も釣りに行くときはぜひ私を誘ってください。予定が合えば、喜んでご一緒しますよ!というかしたいです!!
そして前回記事にコメントを下さった方々、まことに申し訳ないですがいまさら感がありますので今回は返信を控えさせていただきます。




第3回・第4回その他釣行の記事はちゃんといつかUPします(汗;)

Category: 未分類

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。