2012 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 01

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

来年もよろしくおねがいします。

 【31//2012】

皆様、今年も当ブログをありがとうございました。

今年は自分にとって受験勉強の年となりましたが、11月には合格をもらうことができとてもHAPPYな年でした。
そのため今年の終わりには釣りにも行くことができよかったと思います。
ただ残念ながら今年の釣り納めまでの釣行の記事を2012年中に書くことはできませんでした…。それは本当に申し訳ございません。
なるべく早い段階で、書いていきたいと思いますのでもう少々お待ちください。

それでは皆様よいお年を!
スポンサーサイト

Category: 未分類

Comments (5) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2012年12月8日 今年初のカレイ釣りin福浦岸壁

 【26//2012】

大変遅くなって申し訳ございません…。合格したら合格したでいろいろ忙しいものですね…。


大黒で釣りしている最中に一本の電話が…。その電話は『心にうつりゆくよしなしごと』の管理人である調布さんからでした。調布さん曰く「明日、カレイを釣りに福浦へ行きませんか」と。僕は折角のお誘いを断るのは申し訳ないと思いかなり迷った末(実際は二つ返事でした)「わかりました、ぜひご一緒しましょう」と漢気あふれる返事をし大黒と合わせて2日連続で横浜での釣りがその場で決定されました。

朝7時に大崎駅で調布さんと待ち合わせをし、調布さんの車でいざ福浦までLet`s GO!!電車で行くと結構時間がかかる福浦岸壁ですが、車だと呆気ないほど早く着いてしまい驚きです。
実は僕は福浦岸壁は今回が初めてだったので早く福浦で釣りしたくて車の中でわくわくしていました。ただ、調布さんや川越の魚人さんのお話や雑誌の情報から土日はかなりの混雑ことを知りちょっと心配…。でもついてみるとあまり人がいませんでした。

IMGP3745.jpg

IMGP3746.jpg

IMGP3753.jpg

IMGP3754.jpg
下二つは2時間後の様子、この日は一日中人が少なかったです。

今年の2月ごろ釣りバカ青年さんに投げ方の指導をしていただいたものの長いブランクがあったのですっかり投げ方を忘れ投げるのがまた下手糞になってしまったので快適に釣りをする上ではオマツリなどを気にする必要がないので空いているのはいいことなのですが…、前日の大黒も空いておりそして貧釣果だったので嫌な予感が頭をよぎります。しかも、今回は長潮&超暴風&前日M7.4級の大きな地震とかなり最悪なコンディション。
しかし折角来たのだからカレイが釣れることをひたすら祈り、テトラ近くのトイレから右へ100~200m当たりのところに釣り座を構え釣り開始。それに今日は快晴でとても暖かくダウンを着ているととても暑く上着一枚で釣りができるほどした。気象の面では最高のコンディションなんですけどね…。
さて僕と調布さんは早速投げを2本ずつ出しカレイへの迎撃準備完了。平常時でもあまり飛ばないcocoなのに今回は右から来る暴風だったのでさに飛ばせませんでしたが…。ちなみに僕は市販仕掛けよりも自作の方がコスパがいいことや仕掛けを作った方が楽しいことに気付いたので最近は自作仕掛けを使うことが多くなりました。今回も赤糸&黒糸の組み合わせでビーズ、発行玉、エッグボール、フェザーリングなどを装着。さらに段差をなくし2本が同じ高さになるようにすることで餌をより大きく見せるよう工夫してみました。結構力作です。

IMGP3757.jpg

投げの準備を終え投入した後、どうせカレイは長期戦になるので持ってきたのべ竿のウキ釣りで小物と戯れることにしました。

IMGP3762.jpg

あえてのべ竿を使ったのは小物でも当たりが大きく出て楽しめるからです。そして、仕掛けを落として早々15cm近くのウミタナゴをゲット!!

IMGP3750.jpg

その後もすぐに同サイズのウミタナゴが釣れて面白いです。風が強くのべ竿が風に押されなければもっと最高なのですが、仕方ありませんね…。その後、5匹くらい釣り風との戦いに着かれ、贅沢にも飽きてきたので一旦のべ竿は終了。
放置していた投げ竿を上げてみると1本にはお星さまが一荷で掛かり、自作の自信作である仕掛けをつけたもう1本の竿はというと…まさかの根掛かり・・・・。

IMGP3759.jpg

かなりきつく掛かっており取れません…。数分格闘しなんとか取ったもののちから糸ごと無くなり、力作の仕掛けは開始30分で殉職…。これにはかなりショックで、もう仕掛けを作る気力がなくなったので仕方なく市販の仕掛けをセットし再投入しておきました。
それからは釣れるのはお星さまだけ。もうバンバン釣れます。これがカレイだったらどんなにいいことか…。

IMGP3751.jpg

そして調布さんが用意してくださった餌が12時ごろに早くも全部消費してしまいました。しかし調布さんが近くのセブンでアオイソが売っていることを携帯で調べ、買ってきてくださり餌の問題は解消。
ただ、相変わらず☆以外はま~~たっく釣れず…。僕はまたのべ竿でウミタナゴ達とちょいちょい遊んでいましたが、今度ははさっきのようにすぐには掛かってくれず1,2匹釣ったところで風が遠慮なく吹き、相変わらずやりにくので終了。
しかもこの後、僕の出していた投げが2本とも根掛かりして仕掛け消失…。前日時間がなく、仕掛けを作る時間や買う時間があまりなくこのペースだと持ち合わせの仕掛けがすべてなくなりそうだったので仕方なく1本だけカレイ用に残し、もう1本はcoco特製のボウズのがれ風仕掛けをつけて胴付きに。
ここで、事前に買っておいた飲み物がそこをついたので最寄りのセブンに買いに行きがてら、ほかの方の釣果を見たり聞いて回ることにしました。それにしても釣り具の近くにコンビニがある釣り場は本当にうれしいですよね!ホームグラウンドの湾奥なら、結構コンビニがあるところ多いですがちょっと遠くいくとない釣り場多いですから。釣り場近くのコンビニは寒い時期は特に重宝します。
そんなわけでコンビニに買いに飲み物を買いに行き、釣果を見聞きしながら釣り座に帰還。結果、ほとんど釣れている方はおらずウミタナゴを釣った方とシロギスを釣った方がぱらぱらいるだけでした。よっぽど、渋いようです…。
これはウミタナゴ以外ボウズかなと思った矢先、調布さんが投げでイシモチをゲット!!さすがです、が…なんかこのイシモチおかしい…。実は尾びれがそっくりなくなっているんです…。しかも調布さん曰く鱗が再生しているようで、結構前に何かに食われたとのこと。写真は調布さんのブログでご覧いただくとして、こんな状態で泳げフィッシュイーターからも逃れられるもんなのかと僕も調布さんも驚きました。結局このイシモチは調布さんがお持ち帰りして、唐揚げにしたとのことです。
しかしその後、僕には全く釣れません。そこで少しでも釣果を稼ごうと左側のテトラ帯で穴釣りをすることにしました。
IMGP3755.jpg

ブラクリとジャリメを持ち早速テトラ帯で探ります。しかし、1落とし目で根掛かりしブラクリは殉職…。二つ目もわずかな期間で殉職し、生憎ブラクリも持ち合わせがなくなってしまったので穴釣りも終了…。結局、テトラではテトラの前に墨跡があることを発見したことが唯一の収穫となりました…。

IMGP3756.jpg

釣り座に帰ると調布さんが、僕の特性胴付きでアイナメを釣っておりました。

IMGP3768.jpg

大きさは19cmと大きいとは言えないもののまずまずのサイズ。さすがです!そういえば、何故か僕が誰かと釣りに行くと僕が釣り場を離れている間に同行者が釣れていることが多々あるんですが…。ナニコレ?魚の僕に対する新手のいじめ?
でも時合が来たのかなと淡い期待を抱いたのですが、結局これ以後は全く釣れず当たりが薄暗くなった16:30頃までなにもかからず…。しかもさっきのポカポカ陽気が嘘だったように寒くなってきました…。
この場所に居座ってもこのまま釣れない可能性が高いと調布さんが判断し、僕にテトラの横に移動しませんかとご提案。もちろん、このご提案に反対する理由が全く見当たらないので、調布さんのご提案通り、テトラ横に移動。移動したころには真っ暗に。

IMGP3785.jpg

IMGP3782.jpg
トイレに行く途中、ニャアと呼んでくる猫を発見。そのまま素通りしたらついてきました。そして僕の近くに来てまたニャア!非常に可愛く何かあげようと思ったのですが、生憎猫が食べられそうなものは持ち合わておらず…。ごめんね…。

僕はテトラから3mくらい離れたところに胴付きを、10mくらい離れたところに投げを放置。そんで持ってきた釣り具たちを整理したり、ヘッドライトを探していると早速胴付きにでかい当たり!!急いで駆け寄るも、根に潜られてしまった模様…。しかし、ここで諦めるわけにもいきません。糸を張りテンションをかけ魚との持久戦開始。
1分…2分…と経過。まだ魚は出てきません。3分…4分と経ち、もう諦めようかと思いはじめた時、ふと糸ふけができました。この機会を逃すまいと急いで巻き巻き。無事魚を上げることに成功~~!魚は2匹同時にかかっており、1匹はまずまずのサイズのカサゴ、もう1匹は手のひらサイズのカサゴ。

IMGP3772.jpg

久々の外道とされる魚ではない対象魚を釣りうれしいです。ただ3年前は根魚を釣ったらとてもうれしかったのですが、最近はそこまでの喜びはなくなってしまったことに気づきました…。根魚が増えてよく釣れるようになり飽きてきたのかわかりませんが、根魚ましてウミタナゴなどの外道とされる魚を釣っても大喜びしていた初心を忘れてしまい自分が強欲になっているようでちょっと悲しくもなりました…。ちなみにこのカサゴは大きい方は調布さんにご進呈し小さい方は解放(リリース)。
その後小さいカサゴをもう1匹追加し、胴付きは静かになりました。

IMGP3768.jpg

その代り、テトラの先端の際にウキを流していた調布さんに、メバルやカサゴが連続HIt!
それを見た僕も早急にウキを作り、流してみるも僕にはな~~にんも掛からず。反対側のテトラの際に移動して流してみましたが、こっちもな~~にもかからず。やがて調布さんにも掛からなくなってしまいました。
それでもそれから30分ほど二人ともなんとか魚を釣ろうと奮闘しましたが、遂にcocoと調布さん二人とも寒さで限界となり納竿することにしました。
結局カレイは釣れませんでしたが、新しい釣り場である福浦で釣りすることができてよかったです。調布さん、この度は車で念願の福浦にわざわざ連れて行ってくださりありがとうございました。貧釣果でしたが、大変楽しい1日となりました。大変感謝いたします。ぜひまたご一緒しましょう!!そして釣り場で話したように、暖かくなったら釣り友のみなさんでどこか遠征しましょう!!


本日の釣果(調布さんの釣果は数えていなかったので今回はcocoのみ)
ウミタナゴ  (15cm前後)  7匹
カサゴ   (10cm~20cm) 3匹

本日の記録
場所:福浦岸壁((株)ブラスト前)
時間8:00~19:00
エサ:アオイソメ・イワイソメ・ジャリメ
天気:
気温:平均10.0℃ 最高15.7℃ 最低4.7℃
水温:15℃
湿度:平均44%
風向:南西
風速:最大瞬間風速24.7m 最大風速13.2m 平均風速6.7m
潮:長潮 満潮11:46 干潮5:16/18:44
20121208.png

本日の仕掛け
●胴付き1(ボウズのがれの仕掛けをクロハリスにしたもの)
●胴付き2(hayabuya 堤防メバル五目2本針7号/第一精工 ナス型錘5号)
●投げ1(FUJI ジェット天秤20号/hayabusa キスカレイ投げ天秤式7号)
●投げ2(《小物:第一精工 キング天秤23号/がまかつ エッグボール(M)レッド/SASAME フェーザーリング緑/SASAME スパークビーズ(3)ライトブルー/SASAME ナツメビーズ(M)ゴールド/東邦産業 タイプ8H 5号&2号》《糸:VALCAN クロハリス2号&5号/YAMATOYO REDFIGHTER2号》《針:OWNER 抜投カレイ11号》)
●ウキ(冨士灯器 FF-A3/がまかつ メバル王9号/KUREHA seaguarACE1.5号)



ブログランキング参加中
↓ニヒヒッ♪ボタン押さないとお仕置き決定ね♪
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ


ブログ更新遅くなり申し訳ございません。教習所やら友人との付き合いやらでこのところ結構忙しくなかなか更新できませんでした。大変失礼しました。

そしてお知らせが少々ございます。まず次の一緒に釣りしましょう会ですが、来年3月~4月頃を予定しております。冬期は釣りをお休みされる方もいらっしゃると思いますので春にさせていただきます。ご都合が合う方は奮ってご参加ください。一緒に釣りしましょう会に関してはまた後日お知らせします。

次に一緒に釣りしましょう会参加者で作る釣り会の件ですが、最近、メンバーが一同に集まる機会がないため細かい部分を決められずブログ等もずっと放置したままとなっており全く機能していない状態です。せっかく形だけでも発足した会ですからこのまま消滅させてしまうのは非常に惜しいので、細かい点などは今後cocoと川越の魚人さんを中心に決めさせていただこうと考えております。勿論ご一緒したときなど計画に参加できる方はぜひご参加いただきたいと思います。そして、今ある告知用ブログの処遇も考えて行きたいと思います。こちらはメンバーの方は僕や川越の魚人さんのブログは基本的に見てくださっているので、僕らのブログを告知ブログの代わりとして使いメンバーの方がいつでも見れるようにできたらなあと考えております。相当時間が掛かるかもしれませんが、こちらも決まり次第ご報告します。

そして最後はうみなかみるぞう君についてです。やっと新しい代替品が届きました!この記事の釣行以降釣りには行ってないのですが、次回海釣りに行くとき新しいうみなかみるぞう君で水中映像を早速撮ってみようと思いますのでお楽しみに。ただ、場合によっては持っていけない場合もありますのでその時はご容赦くださいませ(> <)

ではでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました~~。

Category: その他の釣り場

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2012年12月7日 久々の横浜釣行in大黒海釣り施設

 【15//2012】

合格後すぐに川越の魚人さんと横浜・横須賀方面に釣行の約束をし、場所は前日の釣果情報で一番よさそうな場所にすることにしました。
そして前日となり、本牧・磯子・大黒・うみかぜどれも釣果はあまりよろしくなかったのですが、その中でも一番マシだった大黒海釣り施設へ行くことに決定。
今まで、ずっと湾奥で釣りしてたので横浜方面に行くのは1年ぶり以上。そして釣りも受験後青海に行って以来2回目だったので、今回は特に狙いを定めず五目釣りをすることにしました(本当は、チヌ狙いだったなんて言えない…)。


9時半に大塚駅で川越の魚人さんと待ち合わせし現地到着は11時半頃。非常にいい天気です!

IMGP3696.jpg

IMGP3698.jpg

IMGP3699.jpg

この日は快晴だったものの潮が悪いせいか、大黒にしては珍しいくらいに人が少ないです。釣り人が少ないときに釣果がいいことは今までほとんどないので今回も…と嫌な予感が頭をよぎります。

IMGP3707.jpg

IMGP3709.jpg

IMGP3708.jpg

IMGP3712.jpg />

IMGP3711.jpg

とりあえず、僕らは夜のアジに期待し外側の中間あたりに釣り座を構え、まずは胴付きを一本配置。残りの一本はヘチで探り歩くことにしました。

1時間…2時間…と時間が無残にも経過。この間、胴付きの餌は全く食われた形跡もなくヘチにも全く当たりなし。周りでもでっかい赤目フグと思われる個体をバラしたおじさんがいただけで、ほとんど無生物状態です。

でも、ここでヘコたれたら釣り人cocoの名が廃ります。その後も無生物状態の海にひたすら挑み続け、20分後内側の管理棟側でブルッと小さいながらも待望のあたりが!これを逃すわけにはいきません。しかし、何回合わせても全く針掛かりしない…。

それでも約20分格闘の末、遂に針かかりさせることができました。掛かっていたのは10㎝にも満たない手のひらに乗るサイズのメバル…。

IMGP3715.jpg

このメバルは速攻リリース。かなり小さいですがまあ・・ボウズは回避したからいいや。。

この後、さらに1時間探ったのですが全く当たりがなく体の芯から冷えてきたのでついにヘコたれて管理棟の中の休憩室でいったん休憩することにしました。さっきヘコたれたらcocoの名が廃ると言ったことなんて記憶にございません、もしそのようなことをわたくしが申していたとしたら大変遺憾です。

休憩場ではココアを飲みながら去年5月の発売と同時に買ったものの1巻から読み直ししかも時間がなかったので全く読めなかった涼宮ハルヒの驚愕(下)を読んだり今話題のとびだせどうぶつの森で現実とは異なり、スズキ、アジ、タイ、クリオネ、イシダイ・・・etcを釣りまくっていました。

IMGP3723.jpg

IMGP3718.jpg
ネタバレが若干含みますが…。やっぱり佐々木は最高ですね。ハルヒキャラの中で私的ランキング1位か2位です。新キャラの渡橋泰水もかなりgoodです。いとうのいぢさんいい仕事しすぎワロタw

15時になり、釣り場に帰還。相変わらず、周りで釣れている様子はなし。僕は、先ほど同様ヘチをあっちこっち探りましたが全然当たりなし。ただ、この間川越の魚人さんは内側中程で群れているマイクロカタクチイワシと格闘し数匹つり上げておりました。

IMGP3720.jpg

IMGP3722.jpg

そのまま16時半になり、辺りがうす暗くなってきたとき、先端内側で突如当たりが。10分くらい格闘したのちなんとか針掛かり成功、上がってきたのは中くらいのウミタナゴ。

IMGP3724.jpg

続けて同じ場所でもう一本今度は大き目のウミタナゴをゲットしあわよくばのアジを狙うため釣り座に帰還。

IMGP3728.jpg

僕が電気ウキの仕掛けを作っていると、川越の魚人さんがウミタナゴ3匹を連発。ずっと胴付きを垂らしたままなのに何も食わなかったのでどうやら時合が来たようです。仕掛けを作り終わったらヘチでまたいろいろ探ってみるかと思っていたものの、僕が電気ウキ仕掛けをちんたらちんたら作っていたため仕掛けを作り終わったときには既に時合は終了したようでお通やモード。ウウッ、時合短すぎる…。

仕方がないのでヘチは一旦やめ、アジ狙いに専念。しかし、周りでは全くかかっていません…。アジは回遊魚なので周りが釣れていないとやる気が出ない…。

それでもほとんど惰性でコマセを入れては投げ入れては投げを繰り返していると…突如僕の携帯がブウウウウウウウと物凄い音を奏でました。慌ててみてみると、M7クラスの地震が発生という旨の緊急地震速報…。結構外れるので川越の魚人さんに報告しつつも危機感なく構えていましたが、程なくして地震が来襲…。1分ほど揺れた後、津波の危険があるという放送があり全員休憩室に避難。

いやー結構強い揺れにかなり驚きました。でも一番驚いたのは揺れている最中にもほとんどの人が何食わぬ顔で釣りをしていたこと。釣り吉恐るべし…。僕も、もし津波が着たら大切な釣り具たちが流されるうう!と考えて釣り具を片付けており川越の魚人さんに促されて我に返るまで自分の命<釣り具という思考でした…。相当毒されてますね…。もし本当に津波がきてたらと思うとぞっとします…。

休憩室につき、早速ラジオをつけウエーザーニューズやyahoo天気を確認。横浜は震度4で津波警報・注意報が東北に出ていましたがこちらにはなし。これでひとまず安心(結局、警報が出ていた東北の方も被害がなかったようでなによりです)。20分後、案の定、安全が確認されたので釣り桟橋へ戻っていいが今後の情報に十分警戒をという放送があり釣り座に帰還。辺りはすっかり真っ暗です。

IMGP3737.jpg

IMGP3740.jpg

ただ地震の後あまりやる気が起きず、とりあえず胴付きと投げサビキは終了しいつでも帰れるようにすべて片付け、ヘチだけすることに。

あっちっこっち探ること30分、地震の影響か暗くなって魚が期待できる時間にもかからずうんともすんともいいません。バスの時間も1時間に1本だし、僕も川越の魚人さんも魚が全く釣れないし、寒いし、やる気が起きなくなってしまったので6時半で納竿することにしました。

施設を出るとき、係りの人に聞いてみると最高で45cmのアジが50匹以上釣れていたようです。そして釣れていた場所はどうやら外側先端だけの模様。なるほど、僕が釣れているのを目撃しなかったわけです。夏は結構どこでも釣れるので甘く見ていました…。今回15時くらいまでは先端がガ~ラガラだったので、次回冬に行くときは絶対に先端に陣取ろうと思います。

そして釣果も悪かった僕をさらに悲しませる出来事が…。それはバス停に向かうときです。大黒公園の入り口にポツンと2本のツリーが非常に物悲く立っていました。

IMGP3744.jpg

それで年に一度の(正確には年に4回くらいありますが…)リア充のための日が近づいているのに気付いてしまったのです!僕も非常に悲しい気持ちになりましたヨ…。だいたい、クリなんとかスマスはキリストの誕生日であり、本場の欧米では家族と過ごすのが一般であり、日本の企業がそれをうまく利用しただけです。そんな企業の戦略に騙されるなんて言語道断ですよネ、ハイ。本当はもっともっと言いたいことありますが、書いてて悲しみが倍増してきたのでもうやめときます・・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!。



本日の釣果(2人の釣果) ※()内はcocoの釣果
ウミタナゴ (15~20cm) 5匹(2匹)
メバル     (8cm)   1匹(1匹)
シコイワシ   (5cm)   4匹(0匹)
IMGP3730.jpg
本日の釣果の一部

本日の記録
場所:大黒海釣り施設
時間:11:30~18:30
エサ:アオイソメ アミコマセ
天気:
気温:平均8.0℃ 最高11.4℃ 最低4.9℃
水温:15℃
湿度:平均45%
風向:北
風速:最大瞬間風速7.8m 最大風速4.6m 平均風速2.4m
潮:小潮 満潮10:46/23:39 干潮4:05/17:39

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉3B/SASAME ヤイバチヌ2号/VALCAN クロハリス2号)
●胴付き(Hayabusa 堤防メバル五目7号/第一精工 ナス型錘8号)
●投げサビキ(冨士灯器 FF-B8/上州屋 数つり自慢8号サバ皮/第一精工 ナス型錘8号)


ブログランキング参加中
↓ボタン押さないと、罰金よ罰金!


次回:福浦岸壁への釣行記を予定

Category: 大黒海釣り施設

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2012年11月28日 合格後初釣りin青海南ふ頭公園

 【01//2012】

翌日に更新する予定でしたが、どうぶつの森をやったりアニメ化まで全√クリアを目論んでいたものの結局本格的に受験勉強に入るためにクド√途中で終わってしまっていたリトバスEXをやったりしているうちにいつの間にか時間が過ぎていました…。遅くなってしまってごめんなさい。

大学から合格をもらった26日。この日で僕の受験生生活は終了を迎え勉強という魔の手から完全に解放されました。ということは我慢していた釣りに堂々と行けることができます!そこで、川越の魚人さんとskypeで連絡を取り合い早速2日後に釣りに行くことに決定。場所は僕の湾奥釣り場の原点である青海南ふ頭公園。第3回一緒に釣りしましょう会以来行っていなかったので、気になってもいました。ただ最近はボの可能性が高い場所とのことで、魚を釣るというよりは手馴らしという名目で行くことにしました。

水曜日は予備校は2時間で終了ですがチュートリアルがあるのでそれを受けてから、池袋で川越の魚人さんと待ち合わせ。この時点で、予報とは全く異なり結構本格的な雨が降ってきました。どうしようか悩みましたが川越の魚人さんの晴れ男パワーを信じ、釣行を決行。
すると、有楽町線からゆりかもめに乗り換える際に雨足がさっき以上に強くなっていたもののテレコムセンターに着いた頃には雨が止み、コンビニに寄ってから青海南ふ頭公園に着いた頃にはお天道様が顔を出していました!おそるべし、川越の魚人さんパワー…。でも予報とは異なって雨が降ったということは僕が雨男ということですかね…、前は晴れ男だったはずなのですが…。

IMGP3649.jpg

IMGP3650.jpg

IMGP3651.jpg

兎に角晴れてよかった!これで何の支障もなく釣りができます。
今回、青海にはベテランそうなカレイ釣り師とサビキでセイゴ等を狙っている方の2人の先客がいらっしゃいましたが、幸いワンド部で竿を出している方はいらっしゃらなかったので僕らはワンド部で竿を出すことにしました。

IMGP3655.jpg

IMGP3652.jpg
ワンド前の街頭の下には明らかに釣り人のものと思われるゴミが…。こういうことする奴は本当に釣りする資格ないのでもう2度と釣りしないでください。(このあと片付けました。)

僕はまずメバル狙いで胴付きを1本とマハゼでも期待して(ココ重要!決してカレイなんか狙ってないんだからね!)投げを1本の計2本。
それにしても久々の青海にかなり感動。全く変わってなくてよかったです。こうして竿を出すのを3日前までの自習室に籠って勉強していた僕には当然ですが全く予想できませんでした。もし推薦に落ちてたら、この釣りしている時間も自習室に籠ってたわけですから本当に嘘みたいです。
これで魚がすぐに釣れたらさらに感動なのですが、さすがにそううまくいくはずもなく相変わらず明るいうちは激渋の釣り場であることも変わらないようで…。相変わらず暗くなってから期待するしかないですね。
ただ暗くなるまでぼっーとしているのは、非常に寒く暇なので今回はある秘密兵器を持ってきました。前にチラッとお教えしたと思いますがその秘密兵器とは…水中カメラ『うみなかみるぞう君』です。どういったものか説明するのはちと面倒なので詳しくはHPをご覧ください。ちなみに僕は現在は販売していないのですが、これの録画機能付きバージョンを購入しました。
さて、早速うみなかみるぞう君を落としてみます。が、ノイズがひどくカメラのピントがあっておらず何が何だかわからない状態になっていました…。実は、最初に若洲で使った時青と黄色のノイズがちょっと気になり初期不良の疑いがあったので問い合わせて修理してもらったのです。そして、本格的に受験勉強に入ったのでその後1回も使わず箱に厳重にしまっておいたのですがさらに悪化していました。青海の水中は前から気になっていたので残念。
でも前回若洲で試し撮りしたときの動画はyoutubeにUPしてあるので6月ごろのものですが興味のある方はご覧ください。






※3つの動画ともノイズが結構ありますが、これは電波を拾ってしまっているためで今販売されているものはノイズが生じずもっときれいに表示されるとのことです。

仕方ないのでうみなかみるぞう君は仕舞い、今度は去年9月30日をもって展示を終了し今は跡形もなく消え去ったという羊蹄丸跡地が前々から気になっていたので竿の番を川越の魚人さんにお願いし見に行くことにしました。

IMGP3667.jpg

IMGP3669.jpg

IMGP3673.jpg

写真の通り船は本当に消えており非常にすっきりしていました。でもまだ船を固定していたストラクチャーは残っているんですね。船にのるための階段も残っていたので新たな船とか持ってくる計画でもあるのですかね?だとしたらミリタリー好きとしてはぜひともたかつき型とか退役した自衛艦を設置してほしい…。まあ退役後は速やかに解体又は練習用に沈めるのでもう残ってないでしょうけど…。でもさわかぜくらいは残っているかもしれない!!あとはつゆき型もそろそろ退役するからぜひ展示してほしいですね。羊蹄丸が132mだから130mのはつゆき型も楽勝ですよ!今回はいけませんでしたが、夜どのような感じになるのか気になるので今度は夜に下見に行ってみます。
釣り座にもどる途中、夕日が非常に綺麗でので何枚か写真をパチパチ。これも川越の魚人さんパワーですね!

IMGP3660.jpg

IMGP3677.jpg

IMGP3659.jpg

釣り座に帰って投げや胴付きの餌を付け直しているうちに、辺りはすっかり真っ暗に。冬至まであと20日近くありますが、もう5時になる前で真っ暗になるんですね。
さて、暗くなったということはここからお魚さんがなんか釣れるのが期待できる時間となったということです。僕は早速ヘチを用意。実はブログ休止中川越の魚人さん・釣りバカ青年さんとハゼ釣りに1回、中学の友人りょうけと共に豊海運動公園(本当は豊海水産ふ頭で釣りしたかったのですが、釣り禁止の気がしたので移動しました)にルアー釣りに1回行ったのですがヘチはめちゃくちゃ久しぶりです。
まずは、EVER GREENと公園の境目のワンドの一番端からスタート。ちなみにこの時期なのでさすがに表層には上がってこないだろうと思いタナをべた底に固定し探ることにしました。
左から二つ目の柵内臓の電気の前まで探った時、ブルブルと違和感が。竿をちょっと上にあげてみるとおお!なんか掛かってる。急いで糸ふけができないように巻いていくとなかなかの重量感。水面から3m近くありましたが大きさは小さそうなのでぶっこ抜き。どうせコッパだろうと思ったら青海では初お目見えの種類でした。その正体は・・・これ↓

IMGP3678.jpg

なんと19cmのメジナちゃんでした。若洲なら普通ですが、青海ではかなり貴重ですね。驚きました。ただ、このメジナは針を奥まで飲んでいたのでちょっと小さいサイズではありますが川越の魚人さんにお持ち帰りしていただくこととなりました。
最初に言ったように今日はあくまで手馴らしだったので思わぬ珍客に大満足です。ただ自分で合わせたわけではなく向こうアワセだったのがちょっと悔しいですね。
その後、メジナが釣れた場所はウキ釣りの川越の魚人さんにお譲りし僕はへの字堤防の際の方まで遠征。への字堤防に向かう途中、突如空に大きな火球が現れました。すぐに消えましたが、ななめ下に向かって落ちていく感じだったのでかなり焦りましたが途中で消えたので隕石にはならずに済んだようです。それにしても火球をはじめてみました。当初、ネットでの騒がれてないし見間違いかなと思ったのですがこのサイトを見るにやはり火球でまちがいないようです。長野県上空ということは、かなり広範囲で見れたみたいですね。
火球は神出鬼没でめったに現れないので見れて非常にラッキーです。これはもしかすると、大物が釣れるかもしれません。
への字堤防に付き、わくわくしながら角に落とします。・・・・あたりがないのでワンド側に向かって蟹歩き…。ジョギング用の100mの目印まで着きましたが全くあたりなし…。どうやら火球効果は全くないようです。
そろそろ餌の確認のため仕掛けを上げようかと思っていると急に来ました。強い当たりが!急いでアワセましたが残念ながらスカッ…。長い間やってなかったのでコツを忘れ腕が落ちてしまったようです。まあ前から底辺に近かったですけどね(笑)。
エサを確認すると幸い半分残っていたのでこのまま続行。今度は200mの目印のところで弱弱しい当たり。今度は逃がすまいと素早く合わせたところ見事に針掛かり。釣れたのは21cmのセイゴ。

IMGP3681.jpg

ただ、針を呑んでおり針外しを釣り座に忘れてきたので急いでダッシュして戻り針外しで取ったのですが相当奥まで吞んでおりなんとか外した時にはお☆様に…。というわけでこの子も小さいながら川越の魚人に持ち帰っていただくことにしました。
川越の魚人さんもコッパを2匹釣っており、全体的にセイゴ・コッパサイズがいるようです。久々のヘチでボウズ覚悟で青海にきた僕にとってはコッパ・セイゴでも大満足。ただ、やっぱりできることなら大物を釣りたい!そこで早速餌をつけ大物も結構潜むはずのへの字堤防にまた行こうと思ったのですが時間はすでに納竿予定時刻の19:30の5分前。もっと遅くまでやってもよかったのですが、浪人生の間は暖房のついた自習室でぬくぬくと勉強をしていたので寒さ耐性がかなり弱くなってしまったようでこの時点で足先・手先が凍えるほど寒く鼻水やらくしゃみが連発で出て風邪をひきそうだったのでやはりあと5分で終わることにしました。ネットはちょいちょいやっていたので相変わらずグロ耐性と煽り耐性は抜群ですけど(笑)
そのため真ん中のスロープの辺りに落としてワンド側に探っていき餌がなくなったらor魚が釣れたら終了することにしました。スロープまで行き落とします。すると…10m歩かずすぐに弱弱しい当たりが!すぐに合わせるととても小さく大した引きもなくいとも簡単に上げることができました。掛かっていたのは15cmのコッパ。これは上唇に針掛かりしていたのですぐに逃がすことができました。
というわけで、無事に魚を釣ったのでこれにて終了~~。最後の最後で川越の魚人さんがナイスサイズのマハゼを釣り終わってみれば2人合わせ4目というこの公園では十分な釣果を得ました。ちなみに他の方もセイゴ・コッパを結構釣っていたのでいま青海はコッパ・セイゴパラダイスのようです。結局投げと胴付きのチョイ投げには最後のハゼ以外全くかからずどれも際だったのでやはりこの公園で数釣りしたいならヘチが有効ですね~。
帰りは豊洲で川越の魚人さんが合格祝いで豊洲の珈琲館でホットケーキとココアをごちそうしてくれました。いつもいつも本当にどうもありがとうごさいます。余談ですが、ここのホットケーキかなり量が多くておなか一杯になってしまいました…。

本日の釣果《2人の釣果》  ※()はcocoの釣果
コッパ (15~18cm) 3匹(1匹)
セイゴ  (21cm)  1匹(1匹)
メジナ  (19cm)  1匹(1匹)
マハゼ  (17cm)   1匹(0匹)
メバル  (10cm)   1匹(0匹)

本日の記録
場所:青海南ふ頭公園
時間:15:00~19:30
エサ:アオイソメ
天気:
気温:平均6.1℃ 最高8.2℃ 最低4.0℃
水温:15℃
湿度:平均58%
風向:北北東
風速:最大瞬間風速6.8m 最大風速4.3m 平均風速2.2m
潮:大潮 満潮5:20/16:19 干潮10:45/22:57
20121128

本日の仕掛け
●ヘチ(YO-ZURI ガン玉6B/SASAME ヤイバチヌ2号/VALCAN クロハリス2号)
●胴付き(Hayabusa 堤防メバル五目7号/第一精工 ナス型錘8号)
●投げ(FUJI ジェット天秤20号/OWNER 動体カレイアイナメ9号)


ブログランキング参加中~
↓(クリックしないなんて)こんなの絶対おかしいよ↓
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ


ちなみにうみなかみるぞう君ですが、その後問い合わせたところ、非常に丁寧に対応してくださり、録画機能付きは修理してもノイズが発生する可能性があるとのことで新みるぞう君(30m)と録画機械セットでの交換で修理とかえさせて下さいました。ご丁寧な対応、この場で重ねてお礼申し上げます。というわけですので、新しいものが届き次第水中動画を撮っていこうと思います。あまり遠くはいけませんが、ここの水中がみたいという方がいましたらどしどしリクエストしていただければと思います。

ここからは釣りとは関係ないですが…ちと近状を述べさせてください。
まず、最新の模試が帰ってきました!結果は総合56で前回よりも5UP!英語も5UPの46でかなりうれしいです。さらに生物は63、国語も61と着々と学力がついてきたのでこの調子なら大学に行っても大丈夫そうです!!
そして、早速教習所に入所してきました!

IMGP3684.jpg

今日から学科と技能が早くも始まります♪今はぶっちゃけニートに近いので予備校の授業がなく空いてる日はすべて学科と技能を受け、一刻も早く免許を取りたいと思います。そうしたら、遠くまで釣りに行きます。今まで磯・投げ情報の伊豆の記事とか常磐の記事とか他人事だったのですが、これからは自分で行けると思うとうれしいです。とにかく頑張りますね~!

そして最後に。過去の一緒に釣りしましましょう会の案内やアンケートなどの記事は順次消去させていただきますのでご了承下さい。
ではでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

あ、次回は横浜又は横須賀に行く予定ですのでお楽しみに~。

Category: 青海南ふ頭公園

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (16) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。