2016 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 02

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2017年1月17日 第2回バチ抜け調査in荒川

 【31//2017】

第1回バチ抜け調査では早くもバチが抜けているのを目撃したもののまだ魚が少なく不発に終了

そこで今度は潮がちょうどいい時に行こうと思い、後中潮で19:45に満潮を迎えるまさに完璧な潮となった1月17日に2回目の調査を行なってきました

調査隊(といっても隊員は俺一人)は前回調査を行なった場所からもう少し下った場所からエントリーし満潮とほぼ同時刻に実釣調査開始

まずは水面を照らしバチを確認してみると、前回よりも気持ち多めの7cm程の中バチを発見

これは期待が持てそう!!

まずはエリ10のホロパールバックグローベリーで満遍なく探る

探る

とにかく探る

探ってる最中に活性が上がってきたのか5分に1回程度ではあるものの足元から10m~20m以内のところでボイルが発生し出し時合の到来を告げる

しかーし、去年大活躍した絶対的信頼を置いているクリアーレッドやいかにも"バチ"って感じのグローバチ等へのカラーチェンジやリトリーブスピードを変えたり色々試行錯誤するもバイトを得られず…

今度はエリ10ではカバーしきれない距離まで探るべく、マニック95をチョイスしロッドを立てての引き波アクションやミドルレンジをスローリトリーブで探るもこちらも変化なし

ボイルが発生しているということは間違いなく魚は表層を意識しているはずなのですが…

抜けているバチは目視で7~8cm、投げているルアーは9.5~10cm。。。よし!それならとことんMatch The Baitを追求してやろう

抜けているバチとほぼ同じ大きさのアルデンテ70Sに変え探ってみる、、、、も不発

この時点で22時を周り、いよいよバチ抜けも終わりに近付く時間

ヤ・バ・イ

しかしシーバスに関してはそもそも知識量が少なく早くも万策が尽きてしまったcoco

為すすべなくルアーボックスを無意味に物色していると奥に去年のバチ抜けシーズン終了時に大学近くの釣り具屋で半値で投売りされているのを購入しずっと温めておいたヤルキバを発見!

『見た目を裏切るエライやつ!』というキャッチフレーズでソフト素材なのかと疑うほどのバチっぽいアクションをするらしいこいつに全てをかけいざキャスト!!




まあ、そんなドラマなんて簡単に生まれるはずないよね…

時すでに遅くヤルキバをキャストする直前で起きたのを最期にその後ボイルが起きることもバチの姿ももうなく、何より激寒で爪先と指先が凍える一歩手前だったのでここでゲーム終了

《結果および考察》
下流に近いからかは分からないが,第1回調査時に比べ明らかに魚の活性は上がっているように見受けられた.本格的なシーズンに突入する日も近いのではないかと考えられる.
今後,足繁く通い調査を行なっていくことでさらに知見を深めることが出来ると考えられるため,引き続き調査を行なっていきたい.



本日の釣果
ボウズ・・・

本日の記録
場所:荒川中流域
時間:20:00~22:30
エサ:-
天気:
気温:平均5.4℃ 最高10.9℃ 最低0.7℃
水温:不明
湿度:平均56%
風向:北西
風速:最大瞬間風速2.3m 最大風速5.4m 平均風速10.4m
潮:中潮 満潮8:16/19:45 干潮1:47/13:58
20170117_1302_02_r6VsrPna.png

本日のタックル
【ロッド】
DAIWA morethan 86LL-X
【リール】
DAIWA 15フリームス2506
【ライン】
Rapala ラピノヴァX マルチゲーム0.8号
【リーダー】
TORAY シーバスリーダーパワーゲームフロロ 14lb
【ルアー】
・Gaea エリア10
→ホロパールバックグローベリー
→クリアーレッド
→グローバチ
・DUO ベイルーフマニック95
→マットポップチャート
→透けギーゴピンクベリー
・ima アルデンテ70S
→ハッピーレモン
→カフェラテ
・邪道 ヤルキバ78
→きなこレッド
など他
スポンサーサイト

Category: シーバス

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2017年1月9日 第1回バチ抜け調査in荒川

 【25//2017】

シーバサーが胸躍るイベント、それがバ チ 抜 け

普段土中でひっそりと暮らしているゴカイ等の環体動物が産卵のために大量に出てきて水中や水面を漂うというイベントでピークは初春から梅雨前後までですが、早い場所だと1月には抜け始めるそうで

しかしある程度の予想は出来るもののいつ・どこで・どのくらい抜けるかは不明で、実際に現地に行ってみないとわからないのが厄介なところ

しかもcocoは去年からシーバサーになったわけで真冬のバチ抜けを経験したことがないのでなお更

そ、こ、で、今年はシーズン開幕から参戦しようと思いたち、早速バチ抜け調査をするべく都内で最も早くバチ抜けが起こる場所の一つで自宅から最も近い荒川で密着取材することに

バチ抜けとの遭遇確率が高くなる第一条件はズバリ潮周り

基本的には前中潮~大潮~後中潮の暗くなってからの満潮~2,3時間程度に起こるといわれているので、ファースト調査はセオリー通りこのタイミングで入ろうと思ったのですが、如何せん出撃を思い立った9日は中潮ではあるものの20:53に干潮というバチ抜けには最悪の潮周り

まあでも一度釣りにいこうと思ったら、如何なる場合でも何かと理由をつけて行きたいと思うのが釣り人の性

ぶっちゃけ長潮だろうが若潮だろうが干潮だろうが夜であれば起こるときは起こるしとりあえず一度行ってみるべってな感じで、結局大地・涼太と共に強行出撃を決め込み20:30頃荒川中流域に到着

ここは前回ハクレンを引っ掛けたちょうど対岸に当たる場所で、岸際には荒川では一番良く見るアクモンという名のフラットタイプの消波ブロックが並べられているためそのブロック上での釣りとなり足場があまりよくないのが欠点ですが、ハクレンの猛攻がほとんどないので今回セレクト

到着早々まずはバチをチェックするべく足元を照らしてみると。。。

IMG_9987.jpg

おお!!バチいるやんけ!!(画像では大変分かりづらいですがw)

これは期待!!

早速、実績と信頼のエリ10を満を喫して流すもバイトすらなし

飛距離の出るマニック95で引き波を立てるもなんもなし

それならちょっと大きめのバチを演出するかとMAXRAP13を流すも当たりなし

足元では浮いてるバチより水中で泳いでいるバチの方が多かったため、ローリングベイト(中華のパチもんw)で中層を探るとバチがフックに

IMG_9989.jpg

あれ、去年のピーク時は投げる度に引っ掛かってきたけど・・・まさか予想以上に多くのバチが抜けてるのか?

ローリベ(もどき)でもダメだったらバチパターンは諦めてバイブレでひたすらボトムトレースしようと思いましたが、これはまだまだ攻め甲斐があると判断

ひたすらエリ10、マニック95、ローリベ(もどき)をメインに下流に移動しながらバチパータンと同じ攻めを繰り返すことに

しかしエリ10をいわゆるほっとけ流ししたり、マニックで引き波を作ったりボトムをデットスローで巻いたり、ローリベ(もどき)をボトムまでフォール→ファーストリトリーブ等々中層を中心に表層・ボトムと全レンジでバチ抜け時のセオリー攻めを行なうも不発

大地と涼太は早くもバチパターンを諦めバイブレや鉄板でのボトム攻めにシフトしているご様子

だが殆どが産卵に出かけたとはいえ少ないながら残りシーバスは存在するはず!!という根拠のない自説の元、俺はあくまでバチパターン攻めを継続

なんとしてでも獲るべくここで究極のソフトルアーを投入

・・・

・・・

・・・

しかし、ちょっと先の橋下まで行き明暗なども攻めてみたものの努力虚しくバイトにすら遭遇することはなく、無念の納竿

この時期はバチ抜けが起こっても、それを狙うシーバスがいないから厳しいんだろうなあ。。。

でもでも!バチ抜けが発生しているという事実を知れただけでも大収穫

バチ抜け序盤は難しいながら産卵からいち早く帰ってきたランカーを狙うのに最適とも言われているので、これからは定期的に通っていきたいと思います

今年10尾上げるという目標を調子こいて掲げたからにはなんとかバチパターンの時に数を稼がないとだしね・・・



本日の釣果
ボウズ・・・

本日の記録
場所:荒川中流域
時間:20:30~22:30
エサ:-
天気:
気温:平均7.2℃ 最高11.1℃ 最低3.8℃
水温:不明
湿度:平均85%
風向:北北西
風速:最大瞬間風速3.3 最大風速7.6m 平均風速15.7m
潮:中潮 満潮2:40/13:59 干潮8:03/20:53
20170109_1302_02_Gms6M6Uk.png

本日のタックル
【ロッド】
DAIWA LATEO 86ML
【リール】
DAIWA 16セルテート 2510R PE-H
【ライン】
TORAY シーバスPEパワーゲーム 0.8号
【リーダー】
TORAY シーバスリーダーパワーゲームフロロ 14lb
【ルアー】
・Gaea エリア10
→ホロパールバックグローベリー
・RAPARA MAXRAP13
→CPSD
・中華製ローリングベイトもどき
→キャンディ?
・DUO ベイルーフマニック95
→マットポップチャート
→透けギーゴピンクベリー
・OWNER 静ヘッド10g/MARS R-32
→サラサラベジー
など他

Category: シーバス

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

2017年1月3日 今年の初釣りは如何に・・・

 【11//2017】

まだ正月気分の漂う三が日最終日、行ってきました初釣りへ

ただね。。。この初釣りというイベント、思い返してみると全くいい想い出がない・・・

去年は三浦海岸へカレイを狙いに行き、そして撃沈

2年前はふれーゆへカレイを狙いに行きシンペン並みのアナゴを釣っただけ、つまり撃沈

3年前は若洲へ五目釣りをしに行き、そして撃沈

(4年以上前は・・・もう覚えていませんです)

直近3年だけ見ても分かるとおりcocoの初釣りは今まで散々たる釣果だったため初釣りとかそういうのどうでもいいから変に意識せず普段と同じ釣りをしようぜってことで初釣りからボウズ上等!のルアーでのシーバスゲームに決定

というわけで生粋のルアーマンで小中学校時代からの友人である大地と共にまずは若洲海浜公園へ

15:00頃現地到着

ファミリー層やヘチ釣り師、もはや若洲名物にもなっているルール度外視カレイ釣り師達による投げ用タックル展示会もあちらこちらで催されておりまずまずの人手だった堤防でしたが、先端近くにスペースがあったためそこからスタート

IMG_9980.jpg

IMG_9981.jpg

ただでさえ大多数の個体が沖合いに出張している冬でしかもさらにヒットの少ないデイゲームのため表層・中層を飛ばし即効でボトル攻め

風が強くバイブでもキャストするのに一苦労するレベルでしたがルアーチェンジ、カラーローテションを頻繁に行いボトムトレースを繰り返す

ひたすら繰り返す

ひたすらひたすら繰り返す

・・・

・・・

そうして堤防付け根近くまでランガンしてきましたが、まあ当然のようになんのドラマも生まれることなく場所移動

日の入りも終わりこれからいい時間ってとこだったのですが如何せん風が強すぎてね・・・

この風では海岸線はまず無謀だしかといって河口に近い河川も不安だったので、一気に移動し荒川中流域へ

到着すると先釣者は2名

我々は邪魔にならないよう彼らの上流側からスタート

ボイルが多いのでまずはガルバで表層をスローにチェック

すると一投目からロッドをひったくるような強烈な当たり

フッキングには至らなかったもののこれは期待!!

続けて2投目

・・・

ググググググッ~~~ ピチッ!!




は???ルアー持ってかれた?!!

すぐさま回収し確認してみるとなんとPEとの結束部から切れリーダーごとなくなってる・・・FGノットで結んだにも関わらず・・・

一瞬何が起きたか分かりませんでしたが、魚が掛かってリーダーごと奪いさっていったのは間違いなし

シーバスであればランカークラスの引きでしたがそれにしては余りにも強すぎる…

とにかく善は急げということで即効で結びなおし今度はエリ10を投入

すると4投目でまたもや謎の怪魚が掛かり格闘するもものの5秒でリーダーごと強奪される。。。

しかしその5秒のファイトの間に引きを確認しシーバスではない何かと確信

さらに、この直後大地も謎の怪魚を引っ掛けリーダーごとロスト

うおおお、ここまでされたら例えシーバスではないとしてもなんとしても面を拝みたいゾ・・・

再びリーダーを結びなおし今度はなんとしても仕留めるべくST-46#6を装着したMAXRAP13を投入、さらにドラグももう一段階緩くし怪魚を迎え撃つことに

そして一投目から怪魚がヒット

掛かった瞬間ジジジジジジジジとけたたましくドラグがなり掛かっているのがとんでもなくデカイ魚だというのを確信

今度は絶対に奪われないよう全神経を集中させファイトに挑む

が、ここで引きからスレ掛かりだと判明・・・ヤバイこれは非常にヤバイ・・・

それでもなんとか耐え抜き10秒・・・20秒・・・30秒・・・と経過

ようやく水面に魚体を見せたものの全く衰える素振りを見せず再び潜る・・・

ロッドかラインかピーーーンという風切り音が響き渡り大変危険な状況

しかしここでもなんとか耐え抜き手前まで寄せることに成功!

タモを持ちスタンバっていた大地がランディングしようとした瞬間またまた走る

もはやここまでか・・・と思ったもののここでも耐え抜き、再び浮いてきたところですかさずネットイン!!

勝った・・・勝ったぞ・・・

しかし、一体全体何が掛かってたんだ・・・引きからして鯉系の何かだと思ったけど

とりあえず魚が逃げないよう一段高いところに連行しいざライトオン!!

IMG_9983.jpg

はい、馬鹿でかい中国四大家魚の一角をなすハクレンでございました。

画像ではイマイチ伝わらないのですが、80cmは悠に超える大きさ

いやーこれが掛かったら確かに14lbのリーダーなんて瞬殺だわ・・・

兎に角正体が分かって大満足、良い戦いを繰り広げてくれたハクレンをそっとリリースし気を取り直して本命シーバスにシフト

ハクレンは群れでいる魚であり、表層・中層はハクレンばかりだと予想しリアルスティール26をボトムに流すと・・・

ググググググッ~~~ ピチッ!!

・・・・

あ、ライン切れた・・・

・・・・

・・・・

どうやらボトムもハクレンさんばかりだったようで・・・

この直後大地もハクレンにリーダーごと持っていかれ我々二人は完全に戦意喪失・・・

リーダーを結びなおしてから場所移動するもそこは荒川、藪ばかりで他に竿を出せるところがなく、仕方なくちょっと歩いたところにある橋下までいったものの既に先釣者がいて断念

場所を移動しもう少し下流側で竿を出してみたもののこちらは先ほどのハクレンの猛攻が恋しくなる程な~~んの反応もなくこのまま釣り終了


帰宅後メンテのためMAXRAPをケースから出すとなんとST-46#6フックが折れてる!!!

IMG_9985.jpg

フック交換したばかりだったにも関わらず伸びて折れているなんていかに激しい引きだったか・・・我ながらPE0.8号でよくぞあんな巨体をあげられたものだと感心してまうわ・・・


とまあ2017年初釣りはこんな感じでございました

分かりきっていたことだけど例に漏れず今年もひっどい釣行だったなあ・・・

一体今年はいつ初シーバスをゲットできることやら。。。



本日の釣果
ハクレン 80cm以上 1尾(スレ掛かり)

本日の記録
場所:若洲海浜公園・荒川
時間:15:00~1:00
エサ:-
天気:
気温:平均8.0℃ 最高13.7℃ 最低3.5℃
水温:12℃前後(若洲)
湿度:平均54%
風向:北北西
風速:最大瞬間風速2.2m 最大風速5.4m 平均風速10.7m
潮:中潮 満潮8:36/19:37 干潮1:39/14:06
20170103_1302_02_3UHqK3yM.png

本日のタックル
【ロッド】
DAIWA LATEO 86ML
【リール】
DAIWA 16セルテート 2510R PE-H
【ライン】
TORAY シーバスPEパワーゲーム 0.8号
【リーダー】
TORAY シーバスリーダーパワーゲームフロロ 14lb
【ルアー】
・DAIWA モアザンリアルスティール26
・DAIWA モアザンガルバ73S
・Gaea エリア10
・RAPARA MAXRAP13
・Bassday レンジバイブ70ES
・ima SW230Vgaur
など他

Category: シーバス

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

あけましておめでとうございます!

 【01//2017】

新年明けましておめでとうございます!

本年もどうぞ宜しくお願いします!


と何にもなかったかのように新年のご挨拶させて頂きましたが、お前半年もの間更新サボってなにしてた?と言いたい方沢山いらっしゃるでしょう。いやはや、誠に仰るとおり・・・


まあ実を言うと最期に更新した6月の釣行記からハイシーズンを迎えたにも関わらずかなーりボウズが続いたため更新を怠ってしまいました(どうせボウズの記事なんて書いても読者以前に俺がつまらないので・・・

そして去る11月末、久々に釣果をゲットしたのでその模様をアップしようと卒論の合間にチミチミ書いてはいたのですが・・・・結局年を越えてしまったので諦めることにしました・・・
非常に申し訳ない!!

でもどうせ釣った貴重な魚、このままお蔵入りももったいないので釣れた日時と魚だけでも自慢させて・・・

11月25日 20:30/21:00
S田川某所
シーバス 68cm

IMG_9953.jpg

シーバス 48cm

IMG_9954.jpg

HITルアー 2尾ともDAIWA モアザンリアルスティール26 チャートバック


基本的にS田川は50cm前後がアベレージなんですが、まさかの70cmに肉薄する68cmを上げられたことに感動
当然ながら自己新記録です。因みに今までの自己新は青海のヘチで釣った59cmのためスズキを釣ったこと自体初めてだったり
しかもこの日は5ヶ月ぶりに釣果を得たにも関わらず1時間後にもう一尾を同パターンで釣り上げ久々にアドレナリンが出まくりの釣行となりました、いやーたのしかったー!


さらに釣れる時は何回も続くものでこの約1週間後にもシーバスをGET!

12月2日 21:00頃
大田区/K浜運河
シーバス 39cm

IMG_9968.jpg

HITルアー OWNER 静ヘッド10g+ecogear グラスミノーL 湾奥オレンジ


ここは昨冬のストイック釣行時に一度行ったことがあり釣れる雰囲気プンプンだったもののバイトすら得られなかった場所で、この日は兄を羽田まで送った帰りにリベンジがてら寄っただけなので大して期待してなかったのですが、ヘチ際をワームでネチネチ探っていたところゲット!!
大きさはフッコにも満たないセイゴサイズではありましたが、一度大敗を喫した場所であり、この日もプラグではまったく反応せずあとはここをワームで探って終わらせようと思っていたところでのHITだったので非常に嬉しい一尾となったのは言うまでもありません。

はい、以上で釣果自慢コーナー終了っす

更新を怠った半年間の釣果は本当にこれだけ
23-68cmのシーバス5尾と40-50cm前後のマルタ4尾の計9尾がcocoの2016年の合計釣果でした
まあ、超ハイプレッシャーな湾奥において本格的にルアーを始めて1年目の新参がこれだけ釣れれば御の字ということにしておきましょう、いやさせてください!!!

2015年の竿納めからcocoのシーバサー人生が始まったので早くも転向してから1年が経過し今年は2年目に突入
湾奥の五目ヘチ釣りでは殆ど気にする必要のなかったベイトや潮といった釣り場環境に敏感にならなくてはならず、1年目はかなり四苦八苦しましたが、経験を重ねるごとに状況に応じたルアー選びや攻め方ができるようになってきたので今年は2倍の10尾ゲットを目標に頑張っていきたいと思います。
あ、勿論完全にシーバサーに転向したつもりはなくエギング、エサ釣りもちょくちょくやりたいとは思っていますのでお誘いいただければ喜んでお供します
どうぞ宜しくです


それと最期に重要なお知らせを・・・
今までは釣行記を主体をしていたため更新頻度が限りなく少なくなってしまっていましたが、2017年からは独断と偏見に満ち溢れたものになってしまうかもしれんが釣り全般のことを書いていきたいと思っております。それに伴い、新たなスタートを切る気持ちでブログデザインを変更させていただきました。また、今後ブログタイトルも変更したいと思っておりますので宜しくお願いします。まだ今後どういう方向に行くのか全く定まっておりませんが、温かい目で見守っていただけると幸いでございます。
ではでは~~

Category: 未分類

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。