2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2010年8月14日 2回目の手長釣り

 【24//2010】

更新遅くなってごめんなさい。今の時期は新学期の準備やら友達との交流やらで結構忙しいのでしばらく更新遅れることが続くと思いますが遅れても必ず更新しますので、多めに見てください。よろしくお願いします。

前日のハゼ釣りで餌が9割5分くらい余ってしまいとてももったいなかったので、次の日に一緒に伊豆旅行に行った高校の友達2人(以下KUMATA、トシ)と国府台テトラへテナガエビを釣りにいってきました。
朝6時半に大塚駅に集合して、8:00頃国府台テトラに到着。
釣り座は、前回の釣行で釣った場所が結構魚影もといエビ影が濃かったのでもう一度そこに構えることにしました。
今回は3人で4本の竿を出し3本はウキで残りの1本ではじめて挑む手長専用のやじろべえ天秤でやってみることに。
KUMATAとトシは海釣りはよくやるもののテナガエビは初めてとのことなので、まずは仕掛けを作ってやり軽く説明をしてからやってもらうことにしました。
釣りを始めたときは満潮でテトラがあまり露出しておらずまだ期待できないかもと思っていましたが、10分後トシがテトラの隙間に入れておいた仕掛けを上げたところ早くも手長エビが掛かっていました。
DVC00105.jpg
なかなか幸先の良いスタートに一同、やる気UP!
ちなみにファーストヒットは15cm程の♂のテナガエビでした。
続いて15分後、僕のウキがモゾモゾと動いたのでしばらく放置してるとク、ク、グ~ンと沈んだので上げたところ20cm程の大きい♂が掛かっていました。
前回の時に比べると釣れるものが大きいです。
さらに15分後、今度はKUMATAにヒット!しかしこれはダボハゼ・・・。
しかしKUMATAは諦めず同じところを丹念に探った結果、10cm弱の♀の手長を釣りあげました。
この後も続けて釣るぞ!と一同意気込んだのですが、KUMATAが釣りあげた手長を最後に本命はお休みモードに。
その代わりにダボハゼの猛攻を受け、ダボハゼが入れ食い状態・・・。
これはまずいと思い一旦竿をすべて上げ昼食を食べることに。
1時間後、昼食を食べ終え再開したところダボハゼは掛からなり手長がポツポツと掛かるようになりました。
しかし手長の当たりもまたどんどん遠ざかり30分~1時間に1匹釣れるか釣れないかくらいになってしました。
でも竿をあげると餌がなくなっているか減っている・・・。
これはもしかすると当たりが小さく今使っているウキの浮力では、当たりが出ないせいでは?と考えさっきのダボハゼの猛攻で上げたまま放置していたやじろべえ天秤を使ってやってみることにしました。
このやじろべえ天秤はミャク釣りの要領で釣るのですが、普通のミャクよりも当たりが大きく出るらしいのです。
ウキ釣りとは違い、テトラの小さい隙間にも入れられる事が出来るのでウキで狙えなかった場所を狙います。
すると・・・5分後まるでダボハゼの大きいのが掛かったような強い当たりがありました。
どうせダボだろうなと思いながらも半分期待して上げてみると、なんと超BIGな♂の手長が掛かっていました。
大きさは、はさみも入れると実に23cm!!こんな大きいのは初めてです。
DVC00108.jpg
23cmの手長を釣った後はすっかりこの天秤仕掛けにはまり、ウキはトシやKUMATAに任せずっとミャク釣り。
しかし、この1匹以外には小ぶりな抱卵していたメスが釣れただけで天秤仕掛けにも当たりが遠のいてしました。
結局こっちの天秤仕掛けを置き竿にしまたウキ釣りに変更。
前回といい今回といい、当たりが頻繁にある時とまったくないときの波があるので今回もまたしばらくするとまた当たりが来るだろうと目論でいたのですが、2時間たっても完全なお休みモード・・・。
しかも前回のときは正午当たりから釣りを終える18:00くらいまで潮がずっと引いて殆どのテトラがかなり露出したのですが、今回は11:00頃から引いて殆どのテトラの頭が少し出るくらいになった14:00にはなぜかもう満ちてきてしまったのでこれ以上の釣果は望めないと思い、少し早いですが16:30頃納竿することにしました。
DVC00107.jpg
一番潮が引いてたとき前後のテトラの露出状況。前回と比べてかなり高いことが分かる
納竿後、キープした手長エビの数を数えてみると18匹で、これに抱卵のため逃がした3匹の手長を合わせると合計21匹。
全体的に当たりが少なかったものの終わってみると結構釣れてました。しかも前回のときに比べると型物が大分多かったので今回は今回で満足です。
時期的に今期の手長釣りはこれで最後かな・・・来期も受験だから行けるわからないけども。

本日の釣果
テナガエビ (10~23cm)    21匹
ヌマチチブ   (5~8cm)  10匹前後
DVC00106.jpg
キープした18匹

本日の記録
場所:国府台テトラ
時間:8:00~16:30
エサ:アオイソメ
天気:時々
気温:最高31℃ 最低24.8℃
風向:南南西
風速:最大瞬間風速10.3m 最大風速5.2m 平均風速2.7m

本日の仕掛け
●ミャク(misaki やじろべえ天秤・SASAME エビ針2号《ハリス突き》)
●ウキ(SUZUMI 玉ウキ・SASAME 袖針2号《ハリス付き》)


ブログランキング参加中
↓クリックして応援よろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ
スポンサーサイト

Category: 川釣り

Theme: 釣り

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

更新お疲れさま。
釣行回数が多いので、大変ですね。
手長エビ。前回と同じ場所のようですが、まずまずの釣果ですね。
手長エビはそろそろ終わりの季節でしょうか?。

Posted at 17:55:13 2010/08/24 by 川越の魚人

Comments

いいですね、手長えび。
都内のちょっとした運河とかでも釣れるんですよね。
意外に知らない人が多い釣りなので、これからメジャーになっていく釣りなのではないでしょうか。

って、もうシーズンも終わりですけどね。汗
お疲れ様です。

Posted at 18:45:22 2010/08/25 by 魚平

Comments

おっ、テナガエビまだ釣れますか?!例年ならハゼがかなりうるさいのでなかなかエビは釣れないんですけどねえ・・・
でも、流石は江戸川水系です!

Posted at 12:37:48 2010/08/26 by Yoshi

Comments

Re: タイトルなし

川越の魚人さん、こんにちは

今日のうみかぜ公園の記事でやっとあと1つになりました。
ブログを続けるのは本当に大変なことですよね。

今回はシーズン終盤に行ったので数よりも型でしたね。
あの大きいのを食べたかったのですが、友達はまだ食べたことないとのことでしたのであげてしまいました。
もう手長は終わりでしょうね。また来年です。ただ今年は水温が上がるのが遅くまだ水温が高い状況なのでもしかしたら9月に入ってても狙えるかもしれません。

Posted at 14:23:00 2010/08/27 by coco

Comments

Re: タイトルなし

魚平さん、こんにちは

手長エビは結構身近な生き物なので知っている人も多そうなんですが、意外と知らないんですよね。
ましてや、手長エビ釣りというとほとんどのかたは知らず釣り人の方でもザリガニ釣りのような感じだと連想するようです。
この釣りは僕的にはメジャーになるより少ないファンが細ぼそとやる方がいいです。あまり有名になりすぎると、エビの数が激減する気がするので。

Posted at 14:27:36 2010/08/27 by coco

Comments

Re: タイトルなし

Yoshiさん、こんにちは

まだ釣れるみたいですよ。6月のときの釣行に比べるとハゼがかなり多くなりましたけどまだ手長も健在してます。でも、そろそろ限界かな?
また来年、行けたら行きたいです!
Yoshiさんは、テナガエビ釣りもお上手なようですのでもしできたらご一緒しましょうね!

Posted at 14:32:27 2010/08/27 by coco

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。