2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

2012年釣行まとめ

 【21//2013】

だいぶ時間が経ってしまったので、2釣行を簡潔にまとめます。



2012年12月26日 春海橋公園

福浦岸壁以降釣りに行っておらず、今年釣ったものは小物ばかりで40㎝以上の大物の引きを一回も味わってなかったことにも気づいたので久々に友人りょうけと共にヘチ釣りの半夜釣りに行ってきました。狙いは勿論フッコ以上の大物。今回は久々に新規開拓してみたい気分になり、google先生のMAPを使いよさげな場所を調べることにしました。ただ調べて行った場所が釣り禁止だったり、釣りができないような場所だったら徒労に終わるので釣り可能な春海橋公園が近くにある豊洲駅近辺を調査することに決定。その結果、春海橋公園対岸の豊洲6丁目第2公園とちょっと離れたところにある豊洲6丁目公園の2公園が運河に面しておりなかなか良さそうです。いつもはさらにgoogle先生の検索機能を活用し目ぼしい場所をもっと詳しく調べるのですが、今回は冒険心であえてノーサーチで向かうことに。と言っても近くに春海橋公園があるから余裕だっただけなんですけどね(笑)

18:30頃自宅を出発、途中池袋の上州屋でアオイソメを購入し豊洲駅に着いたのは19:30頃。まずはデイリーヤマザキで軽食を買い、豊洲6丁目第2公園に向かいます。公園は駅からすぐなので5分ほどで到着。

IMGP3814.jpg

まずは公園の案内で公園の形状&釣りOKorNGかをチェック。まず形状はgoogle先生の地図通り、海に面しておりクリア。釣り禁に関しても特に記載がないのでクリア。

IMGP3815.jpg

これで釣りはできるということです。
ワクワクしながら、公園の海側へ。が…公園の海側はゴロタ石が2,3m先まで入っており、ヘチ釣りは不可の模様・・・。

IMGP3817.jpg

IMGP3816.jpg

暗いので写真はわかりにくいのですが、柵の外側が水の広場公園の右側のような感じです。
ただ写真にもちょこっと写っていいますが公園の海側の両側には長い長い遊歩道が…。この豊洲6丁目第二公園も最近できた新しい公園ですが、豊洲駅周辺は新開発が進みどんどん整備されています。現在は残念ながら封鎖されておりましたがおそらくこの両端の遊歩道も近い内に解放されるのではないでしょうか?

dsc09127.jpg
google画像より引用。左右の護岸はフェンス式の扉で閉鎖されていました。

そして公園の海側もゴロタの真ん中に1mくらいのゴロタの切れ目がありなんとか投げ釣りや胴付きができそうです。こちら側は釣り場がないので案外こういう場所でカレイやらクロダイやら大物が釣れるんですよね。
結局この公園でヘチ釣りはできませんでしたが、今後新釣り場がオープンしそうということ、そしてなんとか投げ釣りができそうという2つの収穫がありました。今度、時間があれば明るい時にもう一度行って試しに竿を出してみようと思います。
次は豊洲六丁目公園へ。こちらはそも。そも公園と運河の間に土手がありさらにその奥に遊歩道があり完全に釣り不可。第二公園からそこそこ歩くのでこの区間は無駄足でした。ただ、僕は本当にこの臨海エリアが大好きなので散歩できたと思えばよかったと思います。横浜・若洲・城南島・有明・豊洲辺りのベイエリアはそれぞれ雰囲気が違うのですが、言葉では表現できないのですがなんだか好きなんですよね~~。ちなみに後日地図を見てみたところ第二公園の遊歩道がここまで続いているようです。ただ、もし解放されても遊歩道の奥にゴロタが結構続いているのでやはり釣りは無理かもしれません。いつもゆりかもめで上を通るときいかにもカレイが潜んでそうな雰囲気なんだけどなあ。
そういうことで両者ともヘチ釣りは不可だったので、結局豊洲まで戻りいつもの場所の春海橋公園で釣りすることになりました。いつも通り貸し切り状態でしたが風がめちゃくちゃ強い…。

IMGP3820.jpg

IMGP3829.jpg

IMGP3825.jpg

ヘチ竿に糸を通すことも困難…。しかもこの日はこの冬一番の冷え込みとのことで糸を通している最中から手足が麻痺し顔も痛い…。
なんとか糸を通すことができましたが、当然ながら当たりがわからない…。ルアー釣りのりょうけは10分くらいでそそくさと納竿。僕はそれでも耐えてつづけましたが、先述の通り手足が寒さで麻痺している状態。かなりの苦痛です。
そこで僕は竿を置き、一旦竿を置き走って体を暖めながらららぽーと内に避難。もうね、暖房ガンガンでオアシスでした。ららぽーと中を五分くらい歩いて手足を完全に回復させた後、また釣り場へ帰還。
すると、奇跡的に風がなくなっていました!!ヒートテック二枚重ねき&上着三枚来ているのでこれならできる!と思ったら残念ながらすぐに風がやってきました…。どうやら一時的に止んでただけだったようです。
折角、手足を完全に回復させたものの再開5分でまた麻痺状態に…。顔もまた痛くなりこんな拷問のように釣りをやっているのがふとバカらしくなり、僕も納竿することにしました。実釣時間僅か30分以下…。実はりょうけはこの日はやめた方がいいと言っていたのですが、僕はどうしても釣りに行きたかったので強行しました。事前に気温や風を調べりょうけの忠告を聞いておけばよかったものを、こんな短くてばからしい釣行は初めてです。猛反省。
最後はマミった手足を治すべく豊洲駅前のマックでお茶することにしたのですが、ついつい小中学校時代(りょうけと同じ学校)の思い出話で盛り上がり帰りは山手線の終電ギリギリに。最悪池袋まで行ければ帰れますが本当に危なかった…。




2012年12月29日 若洲海浜公園

春海橋公園釣行はボウズという以前に釣りをしていない状態に等しく、あれで竿納めというのは非常に情けないので、川越の魚人と29日に若洲に行くことにしました。しかも今回は他にもNAOYA君、七原君、サッサ―君、yukigiants君が来るため大集合です。

釣行予定前日、僕はもとから扁桃腺が弱いのですがこの日も扁桃腺が腫れのどが痛くなってしまいました。しかも軽い発熱も…。とりあえずうがいをしたり医者からもらっていた抗生物質を吞んだりしてなんとか治すために最善を尽くしました。しかし結局翌日29日も熱は下がったものの体調は優れず…。それでもこの日を逃したら2012年中はもう行けないのでちょっと無理して行くことにしました。
川越の魚人さんたちはもう行っているので、一人で若洲へ向かい3時半ごろ若洲に到着。川越の魚人さんたちは、テトラとゴロタの間にいるとのことで、僕もそちらへ向かいます。
歩くこと10分、川越の魚人さん達の場所へ到着。既にみなさん集合しており、みんな思い思いの釣りをしておりました。
この角はシーバス・クロダイ・根魚が一番よく釣れるポイントなので、本当は前打ちをしたいのですがまだ竿を買っていないので…仕方なくチョイ投げでシーバス・根魚を狙うことにいました。

IMGP3847.jpg

僕がチョイ投げをしている間、川越の魚人さん達は穴釣りでドロメを釣っておられました。

IMGP3845.jpg

NAOYA君も大漁に釣っており満足そうで何よりです。そしてテトラの一番角っこでウキフカセをしていたおじさんが40cmくらいのフッコをゲットしていました。気持ちよさそうな引きで羨ましい限り…。
一方僕の方はといえば案の条全くかからず予想通り巻くたびに根掛かり。1時間以上続けても一向に同じ状況なので、諦めてチョイ投げ終了。僕がチョイ投げをやめた直後に七原君が帰るとのこと。僕らはちょっとうす暗くなってきたし、ついでにみんなで場所移動することに。

IMGP3841.jpg

今度の場所はゴロタの真ん中付近で、釣り方は全員ウキフカセ。僕はみんなからちょっと離れ、1mくらい先に大きな沈み根があるところを流し根魚を中心に狙うことにしました。そのためタナは深めの1.5ヒロに設定。
釣り始めて10分…20分…30分とどんどん時間が経過。ウキはうんともすんとも言いません。時間はこの時点で17時半頃なので夕マズメ真っ只中なのですが、かなり激渋です。さすがにこんな状況では他の人たちもつれていないのではないかと思い、様子を見に行くとな川越の魚人さんが大きなカサゴを釣ったとのこと!こんな激渋の中で釣るとはさすがとしか言いようがありません…。
僕も釣果を聞いてちょっとやる気復活。ウキを円錐ウキから棒ウキに変え些細なあたりも取れるようにいつも以上に注視。しかし、結局その後釣れることはなく川越の魚人さんはNAOYA君がいるので18時20分には納竿するとこので、僕も磯での釣り終了。
一緒に帰ろうかと思いましたがこのままボウズなのは嫌なので、今回は一緒に帰らず川越の魚人さん達と別れキャンプ場前の護岸でヘチ釣りをすることにしました。

IMGP3856.jpg

キャンプ場前護岸についてみると残念なことに一番のポイントであるハシゴ周辺に釣り人がいたので、その10mくらい先から竿を出すことに。しかも風が吹いていないので水面は鏡状態です。若洲が鏡状態のときに釣れたためしがあまりないんですよね…。

IMGP3854.jpg

IMGP3853.jpg

とりあえず第一投もとい第一落とし目・・・予想通りうんともすんとも言わず。第二落とし目・・・同じく。第三落とし目…以下略。相変わらず、何も釣れず。それでもめげずに第四、五、六…と続けていきます。エサのアオイソメを2本掛けでやっているのですが、どちらも第一落とし目から変えていないのに1mmも食われている様子はなく元気いっぱい…。ボウズ臭がぷんぷんしてきました…。
そして、時間をふと見てみると乗る予定のバスの時間まで残り30分、他の荷物は全部仕舞い、ヘチだけなので片付け自体は5分掛かりませんがまだ端まではかなりあるので全部探れそうにありません。そこで残り15分はフェンス側の端だけを重点的に攻めることにしました。
端に移動してから第一落とし目…はい当たりなし。二落とし目…同じく。三落とし目…これが時間的にラスト…





案の条当たりなし!!ボウズが確定しました…。

というわけで2012年釣り納めは完全なるボウズでした。悔しいですが僕の腕がすべての原因なのでしょうがないですね…。まあ2012年の最後にホームグラウンドで釣りができましたし釣りに行ったら体調もいつの間にか良くなっていましたし、春海橋公園釣行とは違って風がなく全く寒さも感じず快適な釣りでしたので釣果面以外ではよかったです。それでも釣りで一番肝心なのはなんと行っても釣果。その釣果は最悪だったのですから、帰りのバスの中で次回若洲行くときは絶対に魚を釣ってやると心に誓いました。そして・・・今年の初釣り(正確にいうと初釣りではないですが…)は若洲に行ったのですがちゃんとリベンジを果たしました!!その時の釣行記を頑張って執筆中ですのでお楽しみに。

そういえば初釣りの釣行記は中旬までには書きたいとか言った記憶が…すみませんがあれは忘れてくださいね!!テヘッ←




ブログランキング参加中
↓この中にこの記事を読んだ人がいたらこのボタンを押しなさい。以上!
にほんブログ村 釣りブログ 餌釣りへ
スポンサーサイト

Category: 未分類

Theme: フィッシング

Genre: 趣味・実用

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

初めまして。ブログ拝見させていただいております。
私もこの日、若洲のテトラにいました。ウキで何も釣れず、チョイ投げでセイゴが1匹だけ釣れました。磯の方にも行きましたが釣果はありませんでした。若洲は激渋ですね。でも行きやすいので良く行ってしまいます。これからもブログを拝見させてください。よろしくお願いします。

Posted at 14:05:43 2013/01/21 by パパちゃん

Comments

やはり今の時期の湾奥は厳しいですよね…


ブログ開設しました
「鯛で海老を釣る」
http://blog.livedoor.jp/wildwind007/archives/22478081.html

リンクさせてもらってもよろしいですか?
また、リンクして頂いてもよろしいですか?

Posted at 18:23:32 2013/01/21 by 七原

Comments

冬の湾奥はどこも激渋ですね。
でも、ボウズも釣りのうちと思ってせっせと通えば思いがけない大物にあたったりするかも。
そこが釣りの面白いところだと思う事にしましょう。
ご一緒の前日に、体調があまり良くないと聞いていたので、悪化しないかと心配していたのですが、調子が良くなったようで良かったです。
多少調子が悪い時は釣りに行くと治るという人もいるようですね。
新年の若洲の記事に期待したいます。

Posted at 18:32:29 2013/01/21 by 川越の魚人

Comments

Re: タイトルなし

パパちゃんさん、はじめまして
当ブログをご覧くださっているようでうれしい限りです。

この時期の磯&テトラは昼夜通してコマセを撒かないとあまり釣れないですよね…。わかってはいるのですが磯に行ってしまうんですよね。ただ今回の釣行で磯は期待できないことがはっきりわかったので若洲に行く際、当分は堤防通いになりそうです。実際に初釣りもそうでしたからね。

パパちゃんさんのブログを拝見させていただきました。どうやら結構な頻度で若洲へ行かれているようですね。もしかしたら近いうちにお会いできるかもしれません。あと、貴ブログを勝手ながらリンクさせていただきました。もしご都合が悪いようでしたら申し訳ございませんが、ご一報くださいませ。
こちらこそよろしくお願いいたします。



Posted at 16:17:05 2013/01/28 by coco

Comments

Re: タイトルなし

七原君、こんにちは

この前はお誘いいただいたのに、ご一緒できず申し訳ございません。
今度はきっとご一緒いたしましょう!

魚の活性がよくなる春まではあと1か月強となりましたが、海の中は地上の1か月遅れなので2か月強ですね…。それまではよっぽど遠征しない限り好釣果は難しいと思いますが…まあお互い頑張りましょう!!

早速ブログ拝見させていただきました。なんだか中学生とは思えない難しいお話を…。それもかなり大人っぽい文体で…。正直、大学生目前にもなってこんな幼稚園児の感想文のようなブログを書いていることに凹みましたよ(笑)
当ブログはリンクフリーですので大歓迎です。もちろん、こちらからもリンクさせていただきますね。あとRSSにも登録しておきます。


Posted at 16:24:33 2013/01/28 by coco

Comments

Re: タイトルなし

川越の魚人さん、こんにちは

確かに釣りに行って必ず魚が釣れたのでは釣りはここまで病み付きになるほど面白いものにはならないと思います。釣れないこともあるからこそ、切磋琢磨しいろいろ工夫を凝らしなんとか魚を釣ろうと努力する。この努力が案外一番面白いのかもしれませんね。

高校の頃、結構重度な風邪を引いたものの皆勤賞を逃したくなったので学校に行き体育まで受けたところいつの間にか治ってました。だから、僕はもしかしたらそういう体質なのかもしれません。ただ、また結構重度な風邪の時に学校に行ったら途中で気分が悪くなり帰ったことがありました。その後すぐに病院に行ったところインフルエンザと診断され、誰のせいか(とぼけ)その1週間後には学級閉鎖に…。そういうこともあるので、やはり冬場はあまり無理しない方が賢明かもしれませんね。

新年の記事本当にすみませんがもう少々お待ちくださいませ…。

Posted at 16:35:16 2013/01/28 by coco

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks